ここから本文です

書庫Lクラス

記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【5年生】in丸子橋

こんばんはトシCOACHです。

7月22日、5年生はバオムFCさんに、お越しいただきトレーニングマッチを行いました。


バオムFCさん、ありがとうございます。


【メンバー】
ゆうたろう、みなみ、りゅうと、りょうすけ、たくみ、てっぺい、そうすけ、ゆうた、ゆうま、はるや、あつし


【結果】
0-0▲
1-1▲
得点者:はるや
1-2●
得点者:りゅうと
0-2●?
0-3●?


最後は離されてしまいましたが、最初の方は、良かったと思います。


ゴールに一番近い選手

即ち

トップになった選手から動き出す


ボールを出す選手もトップの選手から選びだす。


ワンタッチパスや、スルーボールでトップの選手が背中を取りにいけたシーン等は、少なからずありました。


じゃ何故、ゴールを決められないかは


皆が言った通り

●決定力

●判断力

●コミュニケーション能力


でしょう


今回はちょっと狭めにコートを作りましたが、


遠くてもシュートを考えましたか?

遠くても、何とかトライしようとキックしてみる判断・決断はありましたか?


遠くても、自分の所にボールを呼びこめるような声かけがありましたか?


攻撃は最大の防御


もっと貪欲にゴールを目指してトライするべきです。

ゴールを決めるために呼びこむべきです。


相手のディフェンス強度が上がろうとも



しっかりと


観て・判断して・実行する


試合の最後にも言いましたが


何か一つでも

自分で、しっかりと試合の目標を持ち


そこに↑対してトライし続けていきましょう


闘志あるものグラウンドで吠えろ



顔晴っていきましょう

この記事に

【L】ぶっ壊せ!

ナンジーです。

まずは謝らなければなりません。

3連休の最終日のブログ、やってない。

さっき気づきましたね。

3連休、やりきった!選手偉い!!コーチも偉い!!!
という感情に溢れて、
忘れていました。

そう、あの最終日は激アツな月曜日。

今日その成果は十分に感じたから、
許してねm(_ _)m


・・ごめんなさい。ナンジーポイント減点!!

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4





そして昨日は良いものを魅せてもらいました。ありがとう3年生!

富士山を登るためにはやっぱり1番良い準備が必要です。
どんな目的を持って、何を日常から変えて行くのか?

富士山を登る力は持っている。
あとはその自覚と、さらなる登山力アップ!


ガイドはしっかりしています。
前田コーチの指し示す道を信じるのです( ´ ▽ ` )
期待しております( ・∇・)
イメージ 5




さあ、Lは1日のOFFを挟み、今日は5年生と6年生が別れての活動。

まず午前は丸子橋にて、プレミアリーグとTM。


先週月曜日の継続、という点でどちらの試合も見てみました。

先週学んだことは、
ボールを入れるタイミングとは?
ディフェンスの意味とは?
攻守を何故早く切り替えなければならないのか?

継続している部分と、そうではない部分と。

特に両チームとも、
今日は攻守の切り替えにおいて苦しんだ。

とんでもない暑さでしたから。
ピッチ上はさらに暑かったのでしょう。


「サッカー」という枠組みから外れることはやってはいけない。

2つのゴールと、
1つのボールを、
8vs8でスペースを駆使しながら争うスポーツ。

それがサッカー。

それ以上でも、それ以下でもない。


この「争う」というポイントが大切。


争う意思、
争う駆け引きの術を持たないこと、
争うことを放棄をすると、
「サッカー」は途端に「サッカーっぽい」ものに変化を遂げてしまいます。

そういう意味で、
コーチが見た午前の丸子橋の試合は「サッカーっぽい」時間があったと思います。

もちろん・・暑さは考慮すべきなのですが、
考慮に入れた上で、
休養を入れたこととと負荷を抑えたことを考えてると、

その点は欠けていた、
つまりはもっと上手くなる余地があると言わざるを得ません・・


プレミアリーグはその中でも、
勝ち点3をもぎ取ったことは素晴らしいこと。

やはり・・簡単な試合ではありませんでしたから。

まずは無失点に抑えたヒロトを含めたディフェンス陣を評価しないといけませんね!
先週の津田山戦から得たインテンシティが非常に利いていた。


コガはすべての1vs1を完封。文句なし。言うことなし。

ダイキもタイガもボールコントロールに苦しみながら、自分のミスに溺れることなく粘り強く対応していました。


GK、CBが集中していたことは攻撃にも良い影響を与えました。

ミロクのボールの引き出し方、タイミングの取り方はゴールという結果にも現れたし、
何より他の選手にスペースを与えた、という観点でも大きい。

中盤の選手がフリーな局面が多かったこと、
サイドの選手から効果的にいいクロスボールが配給されたこと。

ここは練習の成果、先週の試合の成果が出た部分だと思っています( ・∇・)


横浜ユナイテッド戦の、ユタカのゴールは理想が現実になったしね( ^ω^ )


課題もある。
しかし成果と勝ち点3もこの暑さで得たこと。
ナンジーポイントもあげたいところですが、
夏休みも始まったばかりなので、
お預けといきましょう( ^ω^ )


トシコーチ班もきっと成果はあったはず。
暑い!苦しい!だけでは・・勿体無い。
その中で、
君たちがトライして、
協力すればパワーは生まれることをコーチは先週バッチリ目撃しましたから( ^ω^ )

今日もユウタロウは先週MVPをもらった意味を完璧に理解して、行動に移していた。
何かのキッカケに気付いて、
行動できる選手が1人でも入ればコーチは成功だと思うんです( ^ω^ )



【プレミアリーグ結果】
vs FC JUNTOS  
2−0 たま ミロク

TM
vs横浜ユナイテッド(20分1本)
5−0 ミロク コガ 林 ユタカ2


イメージ 1


スイスイっと移動して、
6年生の試合。

まずはトシコーチ班の6年生TM。

15分4本でも、あの時間であればお腹いっぱいだったでしょう??
それは君たちが質にこだわったから。

コーチが審判をしながら聞いていても、
君たちの言葉には、

「もっとこうしたほうがいい!」
という意思に満ち溢れていましから。

ゴールという成果が今日たくさん生まれたことは、
必然だったとコーチは思うのです。

高津FCさんの助っ人に入っても、面白いものが見れました。

君たちは他人の中に紛れない。
「俺はこう思う!」を表現できる。

他人の行動に身を委ねる回数が本当に少なくなってきた!
よく頑張りました( ^ω^ )


さて、南條班の試合。
相手はリバティFCさん!遠いところありがとうございました!


【スコア】
15分ハーフ
1−0 リクト
3−2 かなと クラッチ しょうた
3−0 Hirayama ケンスケ2


いい試合を見た!!
率直な感想としてね( ・∇・)


新たに試した(表現を変えただけですが)フォーメーションの中で、
今やっている前線の崩し。

非常によく、表現できていた。

再現性を持って攻撃していましたから・・


FWが落ちてきたら、ここが空く。
FWが裏へ抜けたら、ここが空く。

知ってかしらずか、君たちのボールは自ずとフリーへ運ばれていきました。


相手のカウンターに対しても、
わずかな綻び以外は隙を見せる事無く。

素早い攻守の切り替えから何度も攻撃を繰り返すことが出来ました。



そして何より自信を深められたのは、君たちはその変化を捉えながらも、
ゴール方向を意識することが増えたこと。

ただ走った選手に出すのでは無く、
走った選手のさらに奥の変化を捉えること。

今日は変化を捉えた上で、
それを利用するようなプレーが増えた。


得点が増えた理由は、
チャンスが増えた。
いや、チャンスを増やしたという表現が今日はふさわしい。


君たちのサッカー理解を自信に変えて行くことです。


今はゴールに向かうための「気づき」を増やしている最中。
あ!俺ゴールに進めるんだ・・という「気づき」があったはずです。


今までの固定概念をぶっ壊す。

つまりは成長するためのトライをする事。
恐れず、進めい!

明日も頑張りましょう( ^ω^ )


イメージ 6






 



今日も本当に暑かった。
保護者の皆様には感謝してもしきれません。

拘束時間や試合の本数をコントロールできる範囲で、
最善は尽くしますが、
やはりこの暑さは怖い。


今日の1日を無事に大きなトラブルなく過ごせたのは、
保護者の皆さまあってのこと・・
頼ることがあるかと思いますが、
何卒宜しくお願いします。

本当にありがとうございましたm(_ _)m

南條



この記事に

開くトラックバック(0)

更新遅くなってすみません。
3連休の中日の15日(日)は苅宿フットサルリーグが行われました。

今回は南條コーチの代打という事で、5年生と6年生のネイビーチームの監督をさせてもらいました。
蒸し風呂のような体育館での試合・・。
はてさて、結果や如何に!?

6年生ネイビーチーム 参加者
けいし、けいた、しゅうま ひかる かなと りょうへい 

vs AC等々力ネイビー
5−4 〇 ひかる しゅうま りょうへい けいし×2

vs FCバモス
8−2 〇 けいた×2 ひかる×2 しゅうま×2 けいし かなと

まずは6年生チームから・・。
久しぶりの再会した6年生チーム・・・。
数か月の間に体も大きくなり、スピードもパワーも付いていました。
その成果はサッカーの場面でも大きく表れていました。
速いアプローチから強くボールを奪う。
どの距離からでも狙えるシュートの意識とその力強さ。
観ていて、非常にスピーディでいい試合でした。

しかしながら、課題もあったと思います。
それは戦術的にどうのこうの・・・という事ではなく、個人の問題。
どの試合でも速く強いチャレンジしてくる相手のプレッシャーを回避しながらゴールを目指すには、観て判断する事と、正確な技術力だと思っています。
ボールを奪われずにゴールへ進めるときは、多くの場面で正確な技術力と判断力が発揮されているのです。

パワーやスピードは間違いなくアップしているし、メンタル的にも強い気持ちで戦っています。
ただ、ボールを受ける前に観てるだろうか?ファーストタッチやキックのキーポイント、ボールの中心を触る事や、キックの瞬間にボールを観る事などの細かい部分を意識しているだろうか?
こういった部分の正確性がチームの力を大きく変えるのです。

もう一度、基本に立ち返る事も必要だと思います。
基本に忠実に・・。
頑張れ6年生チーム!!



5年生ネイビーチーム 参加者
せな りゅうと てっぺい かずき ひろと しゅうご だいき しほ かな

vs 中原ブルー
1−6 ● てっぺい

vs 中原ホワイト
6−7 ● てっぺい×2 かな ひろと せな

多くの選手がダブルヘッダーという事もあり、体力的には非常に苦しかったと思いますが、本当によく集中し、よく戦いました。
そのタフさとチームのために献身的に戦う姿勢は素晴らしかったと思います。

さて、サッカーの内容ですが・・。
こちらも6年生と同様にパワーもスピード感もあり、非常にいい試合ができていたと思います。
体がきつい中、相手を両サイドに追い込んで意図的にボールを奪おうとしていました。
本当によく走り、よく戦っていました。

今回の試合のようにチームで意図的にボールを奪うためには、チームでコミュニケーションと取りながら全員で動かないといけません。
コミュニケーションとは「声」の部分・・。
相手選手に対してどこのパスコースを切ったほうがいいのか・・。
これがあれば、チーム全体で予測を持って奪う事ができるのです。
実際に声を掛け続けてる時間帯ではボールを奪う事が多かったでした。

この日の試合は、大きな声でよく伝えていました。
しかし、それが連続して続ける事がで来ませんでした・・。
非常にもったいない試合が続きました・・。

いいプレーが単発的に行われるのではなく、連続で続けていけるチームが強いチームです。
そして、一人ひとりが自分自身のプレーに精一杯になるのではなく、チームのために関わり続ける事が大事になってくると思います。

たくさんの試合でさまざまな経験を積んで成長をしていく5年生チーム・・。
多くの場面でチャレンジし続ける事が選手にとって大きな成長につながるのです。
暑い中よく頑張りました!!



AC等々力 永元郁真
 

この記事に

開くトラックバック(0)

【7月21日(土)】
OFF!!!

【7月22日(日)】
内容:TM(バオムSC)
集合:9時15分
解散:12時頃
対象:5年生選抜
場所:丸子橋第一G
コーチ:平中

内容:プレミアリーグ
集合:7時15分
解散:12時頃
対象:5年生選抜
場所:丸子橋第一G
コーチ:南條

内容:TM(高津FC)
集合:13時
解散:15時ごろ
対象:6年生選抜
場所:川崎市民広場
コーチ:南條 平中

内容:TM(未定)
集合:15時半
解散:18時頃
対象:6年生選抜
場所:川崎市民広場
コーチ:南條 平中

この記事に

開くトラックバック(0)

【6年生】in八王子市

こんばんはトシCOACHです。


本日(7月16日)三連休、最終日6年生は白百合SCさんに、お誘いいただきトレーニングマッチを行いました。


白百合SCさん、ありがとうございます。


【メンバー】
りな、りょうへい、りょうた、かいせい、ゆいと、りくと、けいた、ひかる、けいし、かつあき、はぎ、くらっち


【結果】
1-0○
得点者:りくと
0-1●
0-1●
1-0○
得点者:けいた
0-1●?
0-0▲?
1-0○?
得点者:りょうた

4試合目以降は結果が曖昧です。


体は疲れていても、やれる事は、あると思います。


細かい技術のミスは、自分でも考え
ないといけません。


間に合っているから、ミスだとは思わないかもしれませんが予定のバスに乗り遅れたのは確かですよね?


一人一人の

●気配り

●自立

が皆を成長させてくれると思います。


人生、ミスはつきものですが



そのミスをどういうふうに改善し成功させられるか


今後の皆を見てみたいと思います。


三連休、お疲れ様です。

この記事に

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事