ここから本文です

書庫男子JYクラス

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

U-14・15の週末の試合予定です。
ご確認のほどよろしくお願いします。


・11月17日(土) U-15リーグ 最終節 in 横須賀市立神明中学校
・9:00現地集合 10:45キックオフ
・対戦相手・・・横須賀シーガルズ2nd
・対象学年・・・U-14・15全員
・担当・・・永元

・11月18日(日) トレーニングマッチ in 上平間グランド
・9:00現地集合 10:00キックオフ 12:00終了
・対戦相手・・・港北FC
・対象学年・・・U-14・15全員
・担当・・・永元

・11月23日(祝金) トレーニングマッチ in ビックサーカス
・13:00〜16:30
・対戦相手・・・現在調整中
・対象学年・・・U-14・15全員
・担当・・・原田

・11月24日(土) トレーニングマッチ in ビックサーカス
・13:00〜16:30
・対戦相手・・・現在調整中
・対象学年・・・U-14・15全員
・担当・・・原田

・11月25日(日) トレーニングマッチ in 古市場グランド
・10:00〜12:00
・対戦相手・・・現在調整中
・対象学年・・・U-14・15全員
・担当・・・原田

※土日の担当コーチに関しては変更する事もあります。

この記事に

開くトラックバック(0)




U-13クラス
週末予定となります(^^)/


◇11月17日(土)◇

内容】TM
場所】富士通厚木総合グランド
集合】8:30 ※第2第3駐車場にてお待ちください。
解散】12:30頃
相手】未定
対象】全員


◆11月18日(日)◆

内容】TM
場所】上平間サッカー場
集合】6:45 駐車場
解散】10:30頃
相手】未定
対象】全員



以上となります!






イメージ 1






 Alive Revolution〜AC原田〜 

この記事に

開くトラックバック(0)

U-15クラス TM



本日は
横浜栄さんとのトレーニングマッチ!

ありがとうございました!



◆参加者◆

くぼ
むちょす
もと

たすく
むとぅ
けんと
こうへい
ゆらさん
こすけ
ともき
あきと
だいち
けいと
ひびき
だいき
あおやぎ係長


◆結果◆

1−1
その後、敗戦。


◆Comment◆

試合開始前の苦言しかり。
3本目以降の苦言しかり。

君たちに言いたいのは、
他人や環境のせいにするなということです。

周りに流されるのも自分。
やらないのも自分。

自分で自分の体を動かしているのでしょう。
だとすれば、自分の行動の責任は自分でとりましょう。
てことです。


今日も前後半での闘いをしましたが、
君たちの前半はとてもクレバーで素晴らしいものでした。
ディフェンスラインが集中し、ゲームを締め、
前線が身体を張り、劣勢から優勢に試合内容を変えていきました。

日頃のトレーニングから
「ハードワーク」が染み付いてきて、
味方の声掛けに反応できる選手が増えてきました。

球際の激しい両チームの激突だからこそファールも多かった。
でも、君たちのスタンダードが少しずつ変わり始めていることを実感しました。


欲を言うのであれば、
攻撃を変えたい。

複数人が関わる攻撃ができれば、
もっと面白いのに。

出した選手が止まらない。
人数を前に前にかけていく。
後ろから湯水のようにACの選手たちが出てくる。

こんな攻撃をするための選手は、正直言ってそろっています。

誰かに任せるのではなく、「自分が相手の背後を取りに行く」とい姿勢が今求められている気がしています。

それができれば、
サイドバックの攻撃参加も増え、厚みのある攻撃が観られるようになってくるのではないでしょうか?



どちらにしても今君たちには、
「日常」と「スタンダード」を変えてほしい。

チームとは、
頑張る選手のためにあるはずです。

そして主役は君たち一人一人です。


変化してきている選手たちが多くいます。


今こそチームを変えよう!


変えるのは、君だ!!!!!!!










また来週、厚木や上平間あたりで会いましょう(^^)/











イメージ 1






 Alive Revolution〜AC原田〜 

この記事に

開くトラックバック(0)

〜 Comments 〜



今週は
私から関わった男子JY選手たちへComments!!!!!!!


≪U-13≫

・なつむ

なつむは土日ともに、何点かの失点に関わった。
確かになつむの責任が重い失点がほとんどかもしれない。
でもなつむは、何度も失点を防いだ。これも事実。
間違いなくシュートストップに関しては上達している。
自分に自信を持てているのがわかる!
ただ、GKでもありFootballerであるポジションだからこそ、もっとFootballの理解を求めたいところ!ビルドアップやポジショニング、コーチングの面で上達してほしい!

・ゆうすけ

今週のゆうすけはディフェンスに対するモチベーションが変わった。
あと少し、あと一歩を変えていかないといけない。
ただ、間違いなく変わり始めている。。。
攻撃時はたくさんのことを求められるゆうすけ。
ボールを失わないからこそ、選ぶ場所をもっとこだわろう。
慌てずに、ゴールに近づく道を見つけ出して欲しい。
今日のこうだいとのコンビネーション(アシスト)は見事でした。


・なつや

女心と秋の空となつや。
なつやのエンジンがMaxでかかったときの相手に与えるプレッシャーと、チームを前に運ぶパワーは素晴らしい。
でも、今日はそれが止まるときがあった。
その理由はOff the pitchにあり。
いつも自分がチームにできることを考えなければいけないのに、なつやはそれができない。おうちの中でもきっと同じ現象が起きているのでしょう。
それではいけません。それが変われば、予測もできるようになる。走り続けるようになる。すぐにピッチに倒れこむのも変わる。すべてが変わるカギは「考え方」にあり。


・しょうご

いつも全力でトレーニングに臨むしょうご。
だからこそ、ディフェンス面での発展が毎週見られます。
裏を取られるポジショニングは要改善です。
ただサイドで多くの仕事ができるようになってきたからこそ、「プラスアルファ」を求めたい。クロスボール?相手をやっつけるドリブル?
ボールがあるときにできることが増えていけば、しょうごの見る目もおのずと変わってくる!


・こうだい

練習前、練習中、試合前、試合中、すべての時間帯で、欠かせぬ存在となっているこうだい。「勝ちたい」というチームへの気持ちが、表現できるようになってきました。だからこそ、自分のプレーにももう一度目を向けよう。
要するに相手の背中を取れればいいんです。その方法は、ドリブル・ワンツー。3人目、です。シンプルにその方法を選べていない現状を打開するには、やはり「観ておくこと」。味方の位置と相手の位置を観て、Spaceを認知しておくことができるようになれば、1stタッチが変わり、武器が変わり、結果としてゴールやアシストが増えていくことでしょう。


・りゅうのすけ

りゅうちゃん。
最近よく伝えているけど、あなた、変わってきた。
何がって「ディフェンス」が。今までと変わってきたのは「ボール状況」が見えるようになってきたこと。だから、ボールの移動中に寄せれるようになってきたのです。
そしてボールを受ける前のポジショニングも変わった。それも「状況」が見えるようになってきたからです。Footballのスピードとは、技術と戦術で上がるものなのです。もっともっと速くプレーできるようになっていきましょう。


・おのけん

今、「うまくいってねぇ」とか思っていませんか?
はい。うまくいっています。心配するな。
ボールをもらう位置・1stタッチ・ターンの仕方。これらを試行錯誤している姿がピッチで表現されています。それでいい。君のプレーの根幹は、「全力」。
だからこそ今のミスは起きているのです。言えることは、もっと状況に耳を傾けなさいってこと。必要なプレーのみに集中しなさい。いらないプレーをそぎ落としてみなさい。するとあらたなプレースタイルが身につく。本日足の裏を使わずにXaviターンを試みていましたね。あれ、いいヒントです。


・げんた

げんちゃり、今日は間違いなくACで一番のリーダーでした。
君がいなければ間違いなくACは崩れていた。チームを変えるほどの力がありながら、波の激しいのがげんたのもう一つの特徴。この悪い方の特徴を改善できれば、さらにいいね。自分の立ち位置に自覚を持ちなさい。
さすれば、やるべきことがきっと見えてくる。そしてもっともっと欠かせない存在になってくるはず。今一番直してほしいのは、「ボールを雑に扱うこと」。これも、自分に対する自覚が変われば、おのずと変わってくるよ。


・れん

精神的に幼いのが特徴。
それは奇想天外で、チームに新たな創造性をもたらしてくれるという意味では欠点ではなく「欠かせない点」です。
そして幼いからこそ、感情が表に出る。集中したときの貢献度が高い。
ただ、Footballerは往々にして平均点で評価されるものです。れんの場合は、やはり自分がよくないときに誰かが助けてくれているということを忘れないことが大切ですね。そこを忘れることは許されない。その気持ちがあればきっと自分をコントロールできるようになる。期待してます。


・ひろと

ひろとのスピードとパワーは、間違いなくAC随一。チームの全員が「ひろとなら」と思っているのです。それは素晴らしいことだしありがたいことですね。
問題は、その自覚がヒロト自身にないこと。もう一年前のひろとではないんだよ。気づいているかい?ビルドアップも変化してきて、Footballを理解してきている今だからこそ、もう一度上に書いたひろとの最大の強みを、チームのために発揮してほしい。そして、もっともっと1つの試合に夢中になってほしい。ホイッスルが鳴る前に集中を切らせてはいけない。野球のように裏も表もないFootballだからこそ、いつも次を予測する集中力をもってほしいです。


・るい

るいも、橙魂が入っている時とそうでないときの差が激しい選手。
るいが集中すると、チームが自然と集中するんですね。その自覚を持つべし。
るいは「相手の逆を獲りたい」が強い選手。相手を抜き去るとき、快感を覚える選手。でも、最近のるいは、ポジショニングが変わってきたから、持った時にすでに「勝っている」ことが増えている。それに気づいていない本人(笑)目的はゴールだし、相手の背中に入ること。そしてボールを前に送ること。だとするならばもう少しシンプルに判断をしてほしい。もらう前に前にいる味方とつながって欲しい。もう少しで、君のプレーの変化が見られそうな予感がしております。


・ゆくも

ベストネーミング賞です。
空を行く雲のようにつかみどころのないゆくも。でもディフェンス時は、相手をしっかりつかんでおいてください。ディフェンス時に行うことは、そんなに複雑じゃない。相手とボールを同一視し、そして狙うはインターセプト・1stタッチの瞬間!これを理解できればおのずと変わります。そしてゆくもの武器は、ビルドアップね。Openな1stタッチから相手のプレッシャーを切るパスを入れられるのは大きな武器。だからこそ「ボールの移動中に観ておく」が足りないのが残念。観ておくというのはFootballerにとっては最大の必需品です。攻守両面においてボールの移動中にこそチャクラをためて、ONのときに発揮するのです。


・だいち

すずのだいち、目下成長中。これは間違いなく復帰後にはプレーも変わっていることでしょう。だって彼は怪我をしてからというもの、チームへの貢献度が上がった。
「今自分に求められていること」が瞬時に判断できるようになってきた。私の経験上、間違いなくこれはピッチ内でも発揮される。
今はプレーできないもどかしさにあふれているでしょうが、心配なし。Footballはボールのない時にこそ成長するのですから。


・れっか

おにいさん。今日も機能も明日も明後日も、そのままでいてほしいと思うくらい、タフで闘える選手。ACの屋台骨となっております。船で言うところの「竜骨」ですよね。AC等々力の「サウザンドサニー号」には、麦わら海賊団のような多種多様な人間が渦巻いております(笑)その個性を支えているだけのれっかから、少しの成長を見せております。それは、麦わら海賊団を、活かせるようになってきたということ。ディフェンス時にはコーチングで引っ張り、オフェンス時には良い配球で活かす。段々とれっかというプレースタイルにプラスアルファが見え始めております。これは普段のトレーニングのたまもの。休まず続けてきたことの成果です。ゴール・D・ロジャーではなく、シルバーズレイリーを目指してください。


・ゆうき

プレーが大好きなゆうき。腕が折れてもプレーしたがるその根性は称賛に値する。
そしてゆうきは勝ちたい。活躍したい。だから集中したときのゆうきは走る走る。心臓が飛び出しそうな時でも、勝利と活躍を目指して、走ることができる。
その欲にもいつも驚かされます。
でも、だからこそ、自分を輝かせるためにも、ゆうきは仲間のことをもっと理解しなくてはいけない。Footballは周りと調和して初めて自分が輝けるスポーツ。
もっともっと味方の特徴を知り、活かし、活かされるようになってほしいものです。
もっとピッチで躍動して皆を盛り上げるゆうきをみたいです。


・かずき

最近、簡単に裏を取られることが減ったかずき。
簡単にボールを失わなくなったかずき。その原因は練習への取り組みが変わってきたからです。もともと何事にも楽しもうとするかずき。だからこそ、Footballにも周りの選手たちよりも詳しくなっているのです。今和樹に一番持ってほしい興味の矢印は、「自分自身」。身体能力は必ず今より上がる。それだけではないよ。
限界ギリギリまで自分を追い込むことができないという「弱点」にも目を向ければ、Footballerとしてもっとステップアップできるはずです。日常を変え、自分の成長に矢印を向けることができれば、1か月後のかずきはもっとすごい。


・しんたろう

しんたろうには最近かなり厳しいこと、言ってます。
君の良さは、素直さ・真面目さ。そして最近身についてきたビルドアップ。遠くまで結ぶことのできる左足は、今後絶対に武器になってくる。
だからこ気になるのは1対1の球際。ディフェンスですね。寄せるが、奪いきれない。このシーンを何回見たことか。そして、ディフェンスのポジショニング。スライドとカバーも含めて。ここが改善されれば、君はさらなる武器となってAC等々力を強化してくれることでしょう。
もっと自分を表現していい。もっともっと強くなれ!





ということで、
また明日から頑張りましょう(^^)/








イメージ 1








 Alive Revolution〜AC原田〜 

この記事に

開くトラックバック(0)

本日は絶好のサッカー日和。
先週に引き続きU-15リーグが開催されました。
今日の相手は現在首位を走っているFCパルピターレJrユース2nd さん。
前節は惜敗・・。
さて、今節の結果や如何に!?

【参加者】
伊藤心宙 中野大地 森岡大喜 渥美堅斗 山上滉太 木村宥良 奥脇大翔 
鈴木康佑 岡田光平 山田祐援 青柳凛音 有留大騎 藤井敬人 馬田響 
谷口智樹 佐藤啓太

【スターティング11】
GK 佐藤
DF 有留 森岡 岡田 木村
MF 伊藤 渥美 山上
FW 鈴木 中野 馬田

【SUB】
奥脇 青柳 藤井 谷口 山田

【交代】
渥美→奥脇
有留→谷口
鈴木→藤井

【スコア】
前半0−1
後半3−2
合計3−3

【得点者】
中野×2 伊藤

試合開始からいい守備は積極的だった。
前線からのダイチを中心とした前線からのチェイシング、そして複数で人数をかけて挟み込んでボールを奪う事ができていた。
MFのコウタ、ティーニ、モト、FWのダイチ、ひびき、こすけの6人は運動量豊富に走り続け、相手の攻撃の芽を摘み、高い位置からの攻撃を可能とした。
FWの3名は時に自陣の深い位置まで戻り守備に奮闘。
アンカーの位置にいたモトも運動量を活かして守備範囲広くよく戦った。
ただ、攻撃時には持っと積極的に、しかし冷静な判断を持ってプレーしてもらいたい。
ティーニも守備に攻撃に奮闘。さすがに疲れたな。
ただ、いつも安定したプレーの質はさすがだ。

こすけも守備に攻撃に奮闘。よく走ったぞ。
しかし、攻撃時はもっとゴール前へ飛び込んでいって欲しい。

さすがに中盤の選手達は終盤、ガス欠だったかな?

センターバックのおか、だいきは今日も広いピッチを良くカバーし、相手FWの自由を奪う事が出来ていた。
熱く戦い、チームを鼓舞する事のできるおか。
冷静にクレバーに守れるだいき。
センターバック2人の活躍でチームは支えられている。

ゆーら、アリエルの両サイドバックも前節から引き続き安定した守備を見せてくれた。
2人のパフォーマンスは間違いなく向上している。
継続は力なり。

そして、なんといってもGKのケイタ!
試合開始直後は動きが硬い場面も見られたが、時間が経過してく中で緊張もほぐれ、ビックセーブでピンチを防ぐ場面もあった。
正確なパントキック、大きな声でのコーチング。
終盤は1年生とは思えない堂々とした立ち振る舞い。
素晴らしい取り組みだったと思う。
しかし、その活躍の裏にはアップを積極的に手伝ってくれたタスク、そしてピッチで声を掛け続けてくれた先輩たちの力があった事を忘れてはいけない。

途中出場のネギはもっとボールに関わる時間を増やすべし。まだまだできる。
トモキ、ケイトはプレー時間は短かったもののミスもなく安定したプレーを見せてくれた。地道にトレーニングを重ねよう。
リオンはトレーニングに集中している時間も多くなってきている。
継続して頑張ろう。
ケガ明けのタスクは、まずはコンディションを戻して週末を迎えよう。


攻撃面では今日の試合でも中盤のコウタのテクニックが冴えわたった。
そこから左右に展開したり、スルーパスを狙ったりとチームに流れを生んだ。
次は本当のゴールパフォーマンスが見たい。

ひびきの個人技は誰も止める事が出来ず、何度もシュート、クロスボールとたくさんの決定機を作った。
次節は守備でも頑張ろう。ハードに戦うべし。

そして、ダイチのスピードを活かしたドリブル突破からのゴール、チェイシングからのゴール。
まさに自分の武器を最大限に生かしたゴールだった。
素晴らしいゴールだった。

ゆーらは前節よりもタイミングよく攻撃参加する事が出来た。
トレーニングから意識高くプレーできている証拠だ。
クロスボールの本数。質の向上が今後の課題だ。

前節の課題だったポゼッションからの崩し、FWのアクションの部分は改善され、タイミングよくFWが相手の裏に飛び出したり、多くのチャンスを作った。
この調子でもっと精度を上げて行こう。

いい攻撃も、いい守備もあったが改善しなければならないポイントもあった。
まずは守備の部分・・・。
球際の強さ、アプローチの速さと言った部分は良い。
しかし、意図的にボールを奪うために全員が連動してボールを奪う必要がある。
特に前線から中盤での守備の改善は相手チームにポゼッションさせないために必要であり、改善が必要。

攻撃ではクロスボールに対してもっとパワーを持って中に入ってくること。
動き直す事や、クロスボールに対してのポジショニングも改善が必要。
本日の試合でもクロスボールからチャンスが生まれていたので、これを改善していこう。


さて、今回の試合・・・。
本当に苦しい試合でした。
前半は先制を許し、後半は体力的も消耗し心が折れそうな時間帯もありましたが、決して諦めずに最後まで戦った結果が今日のドローです。
勝点3を逃したものの、最後まで戦えた事は良い事です。
最後まで諦めずに戦えた理由の一つに先日のミーティングがあったと思います。

先日のミーティング・・・。
我々の長所は・・。
「試合になるとスイッチが入る事、試合になると集中し、強い力を出す事ができる」事を自ら導き出し・・。

そのためには・・。
「試合、練習の態度を変える事、忘れ物をしない。」
が課題という事が理解できた。

さらに、集中して戦っているときは・・。
「守備はハードにプレーしている。試合では前線からアプローチを掛けている。」
という事にも気付けた。

今日の試合・・。
前半から積極的な守備で相手に自由を与えなかった事も
「守備はハードにプレーしている。試合では前線からアプローチを掛けている。」という部分を意識して試合に臨めたからだと思う。

全てはチームのために!
変化を起こす時は今!
高いモチベーションを持って戦える集団に変化していこう!!!

前節は敗戦、今回はドロー、という事は、次節は当然・・・・勝利!!!!!

17日(土)は最終節!!
相手は横須賀シーガルズ2nd!!!

気合入れて頑張っていこう!!

今日はお疲れさん!!!

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9

AC等々力 永元郁真

この記事に

開くトラックバック(0)

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事