ここから本文です

書庫男子JYクラス

記事検索
検索

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

U−15クラスTM



5月19日(日)
U−15クラスは古市場に東京小山さんにお越しいただき
TMを行ってまいりました(^^)/

ありがとうございました(^^)/



◇参加者◇

こうHey!
たすく
だいき
ともき
ぽぽ
ゆらさん
こすけ
てぃーに
だいち
けいと
こうた


◆結果◆

①1−1
②2−3


◇Comment◇

面談を経て、
君たちがどのように変化しているのか?
ここが気になる。

人数は少なかったものの、
1年生の力を借りて行ってまいりました。

闘う基準 をもう一度確認しようと。
そしてそれができなければ、ピッチには立てない、そう伝えました。

最初の1本は、基準を下回る選手がいましたね。
すかさず1年生を投入。
やっていない3年生を出し続けるわけにはいかない。

それでも、
2本目以降は、3年生らしさを発揮してくれました。

特に、変わったのは ともき。

君がスイッチをOnにしたときは、
相手を圧倒していました。
そして味方を救い続けていました。
それでいい。
自分でスイッチを入れなさい。
できることをやりなさい。

この日のMVPは たすく。
たすく は、選手に灯りを渡せる選手。
そうだ、それでいい。
ロウソクの日を誰かにあげても、
自分の火が減るわけではないのだから。
君の素晴らしさを、もっと皆に分けてあげてくれ。


この2人が、
この日は印象的でした。


いつもチャレンジャーであれ、3年生。
受験とFootballと、自分と味方と、、、

向き合って向き合って、
逃げずに向き合って、、、

我々Staffは君たちから逃げませんので(^^)/


攻撃に関して。

やはり中盤でのパスワークが君たちの肝。
そしてだいち がポイント。
でもそれだけではいけない。

「逆サイド」への攻撃がつながるようになってくれば、
「前向き」の選手へボールが渡るようになれば、
きっと攻撃は上向く。


守備に関して。

前線からの守備。これは武器。
ただ、それだけではいけない。

奪う の次は「進ませない」
スペースをつぶしながら、相手を意図的に追い込み、
複数人で奪う。

それを達成するには
一人一人のディフェンスの「眼」が必要不可欠。
後ろの選手たちの「言葉」が必要不可欠。

今週のトレーニングで積み上げていきましょう。



変われ、3年生。
変われ。



イメージ 1








 燃えろ、橙魂!!!!!!!〜AC原田〜 

開くトラックバック(0)



今週末
男子JY【週末予定】です(^^)/



◇5月25日(土)◇

・U-13

内容】TM
場所】テクノスポーツ広場
集合】12:30
解散】17:00頃
相手】秦野FC
対象】全員

・U-14

内容】TM
場所】浅野中学校
集合】11:30
解散】17:00頃
相手】浅野中学校サッカー部
対象】全員

・U-15

内容】TM
場所】浅野中学校
集合】11:30
解散】17:00頃
相手】浅野中学校サッカー部
対象】全員


◆5月26日(日)◆

・U-13

内容】TM
場所】神明台スポーツ公園
集合】8:00
解散】12:00頃
相手】瀬谷インターナショナル
対象】全員

・U-14

内容】U−14リーグ
場所】横山公園
集合】10:00
解散】13:00頃
相手】GEO−X
対象】全員

・U-15

内容】U−15リーグ
場所】鵜野森中学校
集合】13:45
解散】16:45頃
相手】和光ユナイテッド川崎B
対象】全員



以上となります!







イメージ 1





 燃えろ!橙魂!!!!!!!〜AC原田〜 

開くトラックバック(0)

ナンジーです。

私は長坂谷公園に。

男子U-14リーグの開幕戦。

結果やいかに。

【スタメン】
GK:なつむ(けいた)
DF:しょうご こうだい れっか しん
MF:おのけん れん だいち
FW:ゆうすけ なつや るい(げんた)

【スコア】
vs海老名FC 2−1 ゆうすけ オウンゴール


あれは開始10分たっていたか。

ふんわりと、しかしながらゆるやかに枠を捉えたボールがなつむを襲う。

次の瞬間、レフリーはセンタースポットを指し示す。


不用意な失点。先制点を献上。


焦る。

増えるファウル。前半でイエロー2枚。


コントロールできないものを操作することほど疲れることはない。


しかし徐々に試合をコントロール。

中盤の数的優位を感じ取り、徐々に押し込む。


レンから相手の背後を襲撃。

得点の匂いが漂う。


良い雰囲気のまま前半を折り返す。


ハーフタイムで改めて良い流れができている理由を整理。

間違いなく、試合の鍵を握るのは中盤でしたから。



そして狙っていた形がどんどん再現される。

レンから相手の背後をわずかにとったユウスケ。結ばれるボール。


飛び出してきたGKの上、ゴールネットを揺らして同点。


俄然、勢いづく。

再び同じ形。

中盤が前をむく。

サイドバックと1vs1をつくっているユウスケへ。


持ち込む。右足一閃。

枠は捉えずも、ディフェンスのクリアミスを誘い、勝ち越し。


不思議なもので、勝っている時にはファウルは減る。


影のMVPはディフェンスラインで。
特にコウダイ・レッカの2人は最後まで集中力を切らさず。

ピンチを迎えるもカバーに無理が聞く2人。大いにチームを引き締める。


交代で入ったゲンタも推進力を発揮。チームを進めることに成功。


最後はうまく時間を浪費して、ドタバタする時間はあったものの、しのぐ。

試合終了。


まずは勝ち点3を得ることができました。


新年度、公式戦の開幕。

久方ぶりの緊張感ある試合を、
逆転勝利で終えられたのは大きいのではないでしょうか。


流れが相手に傾きかけた時、

それを救ったのは君たちのサッカーの目であり、
そしてディフェンスであることをお忘れなく。


きっとこの試合をベースにしていけば、勝ち点は積み上がる。


ただ、アップは要改善。まるで良い試合はできる雰囲気はなかったのは正直なところ。
そしてファウルね。あの態度とファウルの数は、君たちの目指すものなのでしょうか。


これはコーチのワガママです。

君たちには理想高くあってほしい。


120%で闘う。それはピッチ内に出れば試合練習関係なく。

そして綺麗事か?と言われるかもしれませんが、
スポーツマンらしく、相手へのリスペクトを求めます。


勝ち点3をゲットした先を、勝った時だからこそ求めたい。


とはいえ・・

よく頑張りました。逆転勝利は本当に大きい。

君たちの底力を見せてもらいました。

NICE GAME!!



南條






開くトラックバック(0)



男子JYクラス
週末予定となります(^^)/


◇5月18日(土)◇

全クラスOFF!!!!!!!
※体育祭の選手が多く開催できないため


◆5月19日(日)◆

・U-15

内容】TM
場所】古市場サッカー場
集合】9:00
解散】12:30頃
相手】未定
対象】全員

・U-14

内容】U-14リーグ開幕戦
場所】長坂谷公園サッカー場
集合】8:45
解散】11:30頃
相手】海老名FC
対象】全員

・U-13

内容】TM
場所】古市場サッカー場
集合】6:45
解散】10:30頃
相手】未定
対象】全員


以上となります!





 燃えろ!橙魂!!!!!!!〜AC原田〜 

開くトラックバック(0)

本日は25度を超える夏日となりました・・。

体育祭の影響もあり人数が少なかったのですが・・。

トレーニングマッチは実施いたしました。

相手チームは神奈川県立百合丘高校サッカー部。

百合丘高校には一昨年、AC等々力を卒業した屋比久コーチが体育科の教員として勤務している高校です。

今日は屋比久コーチもサッカー部の監督として等々力第2グランドに参上!!
体育教師として屋比久コーチも日々戦っているようです。

さて、結果や如何に!?

トレーニングマッチ
vs 百合丘高校サッカー部
25分×3本
1−1 ▲ りおん
0−2 ●
1−1 ▲ なつや

GK 助っ人
DF 助っ人 こうだい しんちゃん るい
MF おのけん れん こうた
FW しょうご なつや りおん
審判 おかだ

まずは、助っ人で参加してくれた百合ヶ丘高校の選手に感謝です。
ありがとうございます。
礼儀正しく挨拶をしたり、自分たちでモチベーション高くアップする姿はさすがでした。

みんなも良く頑張ったと思います。
高校生相手に少ないチャンスから点数をとれたこと。
そして、防戦一方だったが粘り強い守備を見せた選手たちは苦しいなかでも一対一の対応や守備のポジショニング、カバーリングの意識など、高校生相手でもプレー出来た事は収穫だったとおもいます。
さて、サッカーはチームスポーツです・・・。
勝利を目指すためにはチームの長所を生かす事が大事。

中盤にはボールを持てる、こうた&れん。

この2人が前を向いてプレーする事ができれば3枚のFWが積極的に相手の背中を取ってチャンスが生まれる・・。

だからこそ、中盤の選手たちはマークを外す動きを何度も入れないといけない。
タイミングよくアクションを起こす事が大事。

ボールを入れる選手も大事。

ボールを持つ前に前線を気にしないといけない。
いつも観ていないとパスは入れられない。
幅と深さを取って観る準備はできていただろうか?
ボールの持ち方は?オープンにボールは持てていただろうか?
パスの強さや方向はどうだったか?

トレーニングは「マークを外す、パスを受ける」という所にフォーカスをしています。

トレーニングの成果が出てくればもっと中盤や前線で前を向いてプレーできる選手が多くなってくるはずです。

トレーニングと試合のイメージをリンクさせる事が大事。


試合の中で多くの選手が前線を意識してプレーすることにチャレンジしていたと思う。
FWの選手達もいい準備をしていたと思います。
いい準備はFWだけでなく、サイドバックの積極的な攻撃参加とサポートの意識も持つ事が攻撃にリズムが生まれる。

ボールを保持してドリブルで前に運べる選手は当然、相手選手達のプレッシャーを多く受けやすい。
だからこそ、パスをさばいて、周りを生かしながらよりゴールの近くでボールを受けなおしてドリブルで仕掛けて突破していけばいい。

最後は、やはり走力の部分・・。
守備も攻撃も走らない事には戦えない。

今日は暑さもあり体力的にはかなりハードにだったが、ここは最後までやり切って欲しいと思う。

今シーズン初の夏日でのトレーニングマッチ。
良く走ったとは思う。

走力の部分は普段のトレーニングでも十分に補える。
常にハードに走り回り、体をぶつけて戦う事で補える。

これから高校生との試合も数試合あることでしょう。
その時に体の大きな屈強な高校生にも太刀打ちできるハードさを持てるように成長していこう。


今日はお疲れさん。


AC等々力 永元郁真

開くトラックバック(0)

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事