ここから本文です

書庫少女クラス

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

9月9日、少女クラスU-10は北見方サッカー場において、トレーニングマッチを行ってきました。

お誘いくださいました さぎぬまスワンズSCさん、ありがとうございました。

GK みーちゃん(かな)
DF そのみ(きらり) はるほ
MF きらり(そのみ)くれは はんな
FW ゆきほ かなっぺ

今日のテーマは 2つ。
システムの強みを活かすこと
ジャンケンの法則
この二つでした。

どちらも 意識していたようでしたね。

AC等々力の少女たちは 先輩たちのプレーを観ていること、日頃のトレーニングから年代に応じてサッカーの原理原則を始め、ボールをオープンに持つこと、正しい身体の向きを作ること、チームとしては幅と深さを取ることなどをしっかりと 頭に入れているため、たとえ4年生以下でも同じイメージが共有できていました。

あらためて君たちに安心感とワクワク感を感じたと同時に、各年代のコーチに感謝する気持ちになりました。
そして、このクラブ内のスタッフ間でのサッカー感の共有がAC少女の強みなのだと感じました!





さて結果は、前半は3-1で勝ちだったかな?!
後半はどうだったのだろう?!

ごめんなさい。
次の公式戦の準備のため後半は見れませんでした。

内容は まずはGKに入ってくれた みーちゃんが DF陣のビルドアップのために気を利かせてくれました。ありがとう。

DF陣は ただ前に蹴るということは ほぼありませんでしたね。
しっかりと味方前線の選手に付けてくれました。

中央の選手は コネクターとしては まだまだまだまだ向上していかなければなりませんが、守備の部分では力強さを見せてくれました。
そのみ と きらりは 常にどこにいてもパスラインを引くことを意識しましょう!
くれは は もっと強い守備と ボール持った時は 顔を上げてみてね。

ハンナは ポジショニングとボールを持った時は チャンスメイクできますね!あとは ボールの奪い方をトレーニングしてみよう!いつ、どのように奪いに行くのか…

カナッペは コーチがみたゲームの中では初ゴールを上げました。おめでとう!
あのポジションにいることが大事です!

ゆきほは パスの受け方が良かった!身体の向きですね。そして力強いドリブルとゴールに向かう姿勢はどんどん武器になっています。

さあ、29日には招待杯があります。

脈々と受け継がれて行くACマーメイド少女クラスのフットボールをさらに進化させてください!

期待しています。



OK!
TJ

この記事に

9月9日、少女クラスは北見方サッカー場において、県U12リーグ(後期)を戦ってきました。


昨日の松村杯明けの試合。
昨日の結果は難しいものになりましたが、君たちがどんな顔で会場に来るのか楽しみでした。


すると、さすがに君たち…
すでに切り替えている様子がわかりました。


本日の相手は、常に神奈川の上位を維持するクラブ、SHガールズさんと金沢ガールズさんでした。

どちらも 挨拶ができ、ゲームも声が出て、そして強い。
応援したくなるチームです!


結果は…


第3節
AC等々力マーメイド vs SHガールズ

怪我人や 学校行事などで ポジションや システムに変更を加えなければならない状況の中、一進一退のゲームでした。

前半に 失点をしてしまいましたが、後半に決定的なビッグチャンスを2回作ることができました。

ともに、クロスボールに対して中盤から前線への飛び出し!
シホですね!

ポテンシャルの高さをあらためて感じさせてくれました。
ゴールにはなりませんでしたが、難しいクロスボールに対してのファーストタッチの正確性。
相手DFが追って来ることを感じての判断変更。
シュートコースの選択。
どれも素晴らしかった。
ただ、相手も一生懸命です。
相手の方がさらに気持ちで上回り、ビッグチャンスをものにできなかった…

また、その前の今回初出場の4年生ハンナと みーちゃん、あいなの右サイドでの崩しもシンプルで良かった。



AC等々力マーメイド 0ー1 SHガールズ










第4節
AC等々力マーメイド vs 金沢ガールズ

琵琶湖大会(全国大会)出場が決まった金沢ガールズさん。
いつも勉強になります。
また、挨拶と自主性が素晴らしい!
ピッチ以外でも勉強になります!
見習いたいものです。

試合ですが、CBに ちえみ と しほ。
中盤に あいな みーちゃん はるほ という布陣で臨みました。

この試合では CBの ちえみ と しほが本当にファイトしてくれました。
まず、底が安定してくれることで、中盤の あいな と みーちゃんも献身的に守備をしゲームを組み立てましたね!
こうやって文章にすると、押し込まれていたけど耐えた。と思われてしまうかもしれませんが、そうではなく まさに攻撃的な守備(ハント)で高い位置でボールを奪う。跳ね返す。ことに成功していました。

そして、もう完全に※4代目AC右サイドの槍に成長しつつあるカナを誰も止められません!
今までで一番のスピードだったのではないでしょうか!
何度もチャンスを作りだしました。
(あとは、自分でもゴールを奪いに行けるともっといいですね!)

最前線では ほのか と まさきが交替しつつボールを追いかけました。

そして、GKに入った みつき !
決定的なピンチもビッグセーブで防ぎましたね!





AC等々力マーメイド 0-0 金沢ガールズ





2試合目のピッチから引き上げる 君たちの表情は 西鶴間戦と同じような やりきった感溢れるものでしたので、コーチとしては満足でした。
が、テントで ある選手が言った言葉!ここでは書きませんが、とても頼もしい言葉でした!


彼女たちは 少しずつ少しずつ、3歩進んで2歩下がりながら、でも着実に成長していると感じています。

しかし、これからもっと大きく、深みのある選手、本当の強さのあるチームに成長するためには、個人のハートの部分もとても大切になってきます。
スキルの部分では、判断力や 判断を実行する直前にまた変更できる能力。
常に冷静であり、献身的にプレーできるハート。味方のミスもひたむきにカバーできるハート。
チームスポーツですから、仲間への声かけの質。
素直で謙虚なハート。
あげればきりがありませんが、今君たちに必要なのはズバリここだと思います。
武士道でいう 「仁」とか「礼」ですね。

また、オフザピッチでの あいさつ の部分。
ここは絶対に大切です。


さあ、ここからが勝負です。


気合い入れていきましょう!




OK!
TJ

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4





※AC等々力マーメイドの 右サイドの槍
初代…たえ(2013年)
2代目…さくら(2014年)
3代目…なゆ(2016、2017年)
スピードと技術、得点力を備えている選手

この記事に

9月2日、少女クラスはかもめパークにて神奈川県U12リーグを戦ってきました。
前期の戦いにより、後期は上位リーグにて戦うこととなりました。


第1節
AC等々力マーメイド vs   西鶴間FCレディース

関東大会予選では真夏の3試合目に対戦ということもあってか、0−5で敗戦というとても残念な結果でした。

今回は人工芝という最高のピッチで自分たちのストロングポイントが発揮できる場所での戦いはどうなったのでしょうか?

試合前に話したいくつかのことがありましたが、まさに前半3分にこの現象が起きましたね。

チエミのゴールキックから右サイドのカナに。
カナからアイナへ。
アイナからカナへ。
カナのクロスボールに対して逆サイドのミツキが猛スピードでゴール前に飛び込んできてドンピシャに合わせてゴーーーーーーーーーーーーーール!!!!!!

まさに目指そうとしていたことが、現実に起きたプレーでした!!!!

カナに渡れば必ずクロスボールが来る!
そのクロスボールに何人が飛び込めるか??!!
まさにこれでしたね!!

その後も熱い熱い いいゲームを繰り広げてくれました!

前半を1−0で折り返しましたが、前半を終えてベンチに戻って来る君たちの顔は今シーズンで最高の顔でした!!
まさに充実感にあふれていました!!


しかし後半の入りの最も気をつけていたい場面に 相手の方が1枚上でした。
ゴール前でなんとかクリアしたボールが拾われ強烈なシュートを決められてしまいました。
拮抗したゲームでは一瞬のスキが命取りになります。

後半の5分、耐えることができれば。。。

まさに タラレバになりますが、もったいなかった。

後半8分にも失点してしまいましたが、押され気味のゲームも何度も右サイドからチャンスを作りましたがゴールは遠く。。。


AC等々力マーメイド 1−2 西鶴間レディース
得点
みつき



ゲームが終わりベンチに引き上げて来る君たちの顔は前半終了時と同じ 充実感にあふれた最高の顔でした!
この顔が観れたことはコーチとしても本当に満足でした。


やりきること!大事ですね!







第2節
AC等々力マーメイド vs   さぎぬまスワンズSC

川崎市同士の戦いは、まさにダービーと言えるスコアで終わりましたが、この試合での君たちの内容としては ???と言ったように見えました(泣)

AC等々力マーメイド 2−1 さぎぬまスワンズSC
得点
あいな、しほ

ただ、GKのミツキの2本のファインセーブと アディショナルタイムでの カナのハードボールで相手DFのギャップを突くパスと 裏に抜け出そうとしていた シホのポジショニングはワンダフル!!
そして、シホのファーストタッチが 完璧に決まった瞬間、「勝った!」と思えました!

7月の関東大会予選では 得点力不足に悩みましたが、「かなクロ」がこのチームを一つ上に引き上げてくれそうです!

ミツキも ゆっくりと着実に力をつけて来ました。4年生のキラリはウイングとセンターバックとGKと大車輪の活躍でございます。




最後に、、、
君たちにあらためて気付かされました。

勝手も負けてもいい。

勝手も負けても 最高の顔で ベンチに帰ってくる…
これが一番うれしい!!

この姿をたくさん見れるようにトレーニングだったり 声掛けだったり オフザピッチの過ごし方だったり、サポートしていきたいと思います。





OK!
TJ



イメージ 1


イメージ 2


この記事に

8月25日土曜日、少女クラスは いよいよ川崎市松村杯が始まりました。


まずは 明け方に 少女クラスの先輩でもある 植木理子選手が U20日本女子代表(ヤングなでしこ)として、U20ワールドカップの決勝戦を戦い、見事に優勝を勝ち取りました!

そんな熱い戦いをテレビで観戦してからの松村杯。

いろんな想いが 込み上げてきました。
リコが6年生になり、初めて少女チームを結成し、初めて臨んだ大会がこの松村杯でした。
よく覚えているのが、リコの初めての松村杯の試合も、今日戦った等々力補助競技場のでした。
相手は FC VISOさんでした。
(のちにVISOさんからは AC女子トップの歴史を作り上げる ミナツ(背番号31)選手も中学からチームに加入してくれました)


さて、試合の方は同じ等々力補助競技場ですが、今日の相手は野川キッカーズエルマーナさんでした。

リコの時は、北見方で接戦の末PK戦でなんとか勝利した元気のあるチームでした。



さあさあ、試合ですが、、、

チームのために献身的に頑張ってくれている みつきをGKに。


AC等々力マーメイド 7-0 野川キッカーズエルマーナ
【得点】
カナ、カナ、カナ、アイナ、アイナ、みーちゃん、みーちゃん


カナが完璧にフィットしました。
ここ最近ポジションを固定することで、自分の役割がはっきりしました。
完璧なハットトリックです。

アイナの 相手GKをよく観察していたからこそ打てたミドルシュートも完璧でした。
(観察することはACのサッカーでは絶対に必要ですね!)

みーちゃんは、常にボールに関わり続けました。


もちろん、ちえみ、えりん、しほについても、しっかりと戦い抜いてくれました。


ピッチはデコボコでしたが、その分ていねいにボールを出す、受けるをアップの段階から意識していたため、こちらもスムーズに入っていくことができました。

また、清水カップ決勝戦を観たことから、選手によっては積極的にゴールを狙う選手もいたことは評価が出来ますね!

でももっともっと狙ってもいいんだよ!
頑張って行きましょう!



イメージ 1


イメージ 2




OK!
TJ

この記事に

8月15日、少女クラスは 清水草サッカー大会の第2日を戦ってきました。


予選リーグ 第3節

AC等々力マーメイド 0-1 熊本ユナイテッドエーマ(熊本県)

この試合に勝てばまた明日もナショナルトレーニングセンターで試合が行えるという頑張りたい試合でした。

しかし、相手は強かった!
前半に先制されるものの、後半に入り少しずつ自分たちのペースに持っていくことができました。

夜のミーティングでも出ていましたが、戻りが遅い(攻守の切り替えが遅い)と強い相手では一瞬にしてやられてしまいます。





5位決定戦
AC等々力マーメイド 1ー0 清水FC(静岡県)

出場機会の少なかった選手を中心に臨みました。

前半の途中で雷による中断。
中断明けはなかなかモチベーションの問題をクリアできませんでした。

誰が 声をかけていくのか…
こう言ったところが君たちが自ら解決できるようになると本物だと思うのですが…

しかし、後半から出場の あいながフリーキックを直接決めて先制!


ここで試合終了。

出し切りましたか…?



明日、後1試合戦います。

全員でどんな状況でも頑張っていきましょう。







OK!
TJ

イメージ 1



イメージ 2

この記事に

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事