なぜ記録?・・・それは時の流れを生きた証(・。・;

最近の出来事や気になるツマラナイ話 ・・・・・・温かい目で見てやってくださいw

乗りっぷ!(乗車旅行記^^)

すべて表示

終わり名古屋は知ろで待つ・・・(;・∀・)? 往路編

今年の夏季のお出かけは『名古屋』 

見学したいところもたくさんある(≧▽≦)
現地での時間を稼ぐため、勤務終了後に夜行バスを利用しよう・・・


バスタ新宿は初めて利用する・・・(南口にあるのは調べておいたので迷子にはならなかった(当然かっ^^;)
イメージ 1
近くのコンビニでパスタを買い、《バスタでパスタ》ってやろうかと思ったけど、
夕食も済ましたのでビールとおつまみを購入して集合時間まで待機!(*'▽')

バスタ新宿を24時に出発する『さくら観光 NA25便』に乗車するのだ
イメージ 2
(なぜこの便かというと・・・3列シートのなかで価格が手ごろであったから・・・
大柄なオイラには4列シートは無理! 隣席の人も気の毒だよね(;^ω^))

イメージ 3
今夜のバスタ新宿も多くの夜行バスが行き来しているのだろう・・・

ここができる前は多くの夜行バスが新宿駅から離れた場所からの出発で地理的に非常にわかりづらかったが、一カ所に集中させることで非常に便利になったね(もう少し早い時代に出来ていてもよかったのでは?(;^ω^;))

イメージ 5
三菱のエアロキング、今は生産終了した2階建てのバスだ、カッコイイね全廃になる前に乗っておきたい1台!



イメージ 4

エアロキングを見た後に、我々が乗るバスはどんなバスが来るのかな?
日野自動車の新型セレガがいいなぁ〜などと、期待もしていたが・・・

今回乗車したのは、ヒュンダイ自動車のユニバースという韓国製の車両、
正直言うと少しがっかり?もしたが、韓国製のバスに乗れるいい機会じゃないか・・・(;・∀・)マエムキ!

イメージ 8
大きな荷物は国産バス車同様に貫通トランクに格納する

今回の乗車位置は乗り心地が一番良いとされる前から3分の1の位置で、快適さが期待できる。
イメージ 6
座席は横方向に左から1座、通路、2座の配置で、1座づつの3列車とは異なり座席の幅がさらに大きい
大柄のオイラでも快適であった。

座席のクッションは堅めで快適ではあったが、終着の2時間前位で若干、お尻が痛くなってきたが合格としよう(画像は下車時に最前列席を撮影、左端のカーテンの中に1人掛けシートがある)

イメージ 7
消灯時の室内照明は天井に埋め込まれた青色のLEDのみが光る
暗すぎず眩しすぎず色も綺麗で上手い演出だ。

このユニバースという車両はコストの関係で独立懸架サスペンションを採用していないらしいが、今回は路面の良さもあってか乗り心地に不満はない、

ちょっと路面が荒いところを通過するよな場面や段差があるようなシーンではバイクのウォブルに似た不快な振動を感じるが、なんせカーテンも閉め切りで路面状態も詳しくわからないし、振動を感じるようなシーンは短時間だし、合格。

イメージ 9
途中、2カ所のサービスエリアで約20分間づつトイレ休憩を行う。
乗務員も1名なので運転手さんの休憩も兼ねているのであろう。

1回目の足柄サービスエリアには1時半頃到着し、多くの乗客が外出した。

外には同様の夜行バスが多く駐車しているので迷子にならないようにするのは過去に利用した広島行きのバスと時と同じ、ナンバーやバスの色やデザインを覚えておくとよい。
ま、今回は車種でヒュンダイのユニバースは1台しかいなかったけどね(*'▽')
*そーいえば、昔、ネオプラン社製などの欧州メーカーのバスなんか見かけないね、日本の使用条件に壊滅?

2回目は3時半ころに浜松サービスエリアで休憩し再度20分間の休憩、
この時には多くの乗客は熟睡!、外出(トイレね)したのはオイラを含め2名のみ!
*オイラの場合、バスが減速して停車すると起きる体質になっているみたいw
(Gを感じるというより音の変化に反応?)
イメージ 10
せっかく来たので明日のビールのおつまみを購入した (^^♪

再度、出発!
すぐ寝れる体質でもあるが走行音を聴くと、これまたデフやトランスミッション、サスペンションやらの作動状況が頭の中に浮かび考えてしまう困った体質なのでイヤホンを着用し外乱を消去し睡眠! (;^ω^)

この後は休憩もなく、四時半ころに岡崎、五時ころに愛知豊田、に寄り、ほぼ定刻の6時半ころに名古屋に到着!(名古屋といっても駅から少し離れた『ささしまライブ』という所に到着した。
イメージ 12

イメージ 11
乗客を降ろし、回送で車庫に向かうバス・・・運転手さん、無事に運行してもらい、ありがとうございました。

さて、いよいよ名古屋見学がスタートする・・・(`・ω・´)

その他の最新記事

すべて表示

トヨタ博物館(車両中心)には訪問したことがあり、過去を探せば数年前に、このブログにも記事があることだろう。 今回、訪問するのはトヨタ産業技術記念館、 名古屋駅から名鉄で一駅の栄生(さこう)駅より徒歩約3分の位置にある この記念館は自動車館と繊維機械館に大別されており、今回は時間の関係で自動車館を中心に見学(^^♪ ...すべて表示すべて表示

名古屋港にあるガーデンふ頭に永久係留されている『南極観測船ふじ』 1965年から18年間にわたり、南極観測のために活躍した砕氷船である 最初は正直言って、船は狭いし見学もすぐに終わってしまうし・・・ などと、そんなに期待していなかったが、いい意味で期待を裏切るような演出が効いて、怖いくらいな迫力が伝わってきたのである ...すべて表示すべて表示

朝の6時半に夜行バスで名古屋入りして、最初にすることは・・・? そう、朝食!(≧▽≦) 名古屋といえばモーニングという文化が有名だそうで(同行のK氏談) ぜひファーストフードチェーン店ではなく、ここはモーニングを・・・と周囲を検索! ところが、周囲には7時からというお店も少なく、場所を移動しつつ周囲を検索しウロウロす ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事