ここから本文です
パリを歩くために
通りにある城壁、馬車の車輪よけ、日時計などに心奪われる。歩きつくせないパリ。一昨年年6月のパリ紀行がまだ続きます。

書庫全体表示

  
 
イメージ 1
 
 1867年万国博覧会の来賓。右から2人目は将軍慶喜の名代として
            出席した徳川昭武、ナポレオン3世は左から3人目。
 
 
 
 スエズ運河は工事中で、船は紅海に入りスエズで上陸、蒸気車でカイロを
 通過してアレクサンドリアへ。そこからフランス郵船の船に乗船して
 マルセイユまで、マルセイユからパリへは汽車で。
 
 1月11日午前に横浜港を出港し、パリに着いたのは3月7日の夕方だった。
 
 
 
            徳川昭武が宿泊したのは1862年に完成した、オペラ座の正面に
            ある 「インターコンチネンタル・パリ・ルグラン」だった。
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 パリで撮影された
                     衣冠姿の徳川昭武
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 6月ころになると、日本家屋(茶店)が姿を見せた。茶店はすべて檜造りで
 木材を日本から運び、パリに来てから組み立てた。
 
 物見高い見物人の注意をいちばん引いたのは3人の日本娘である。
 
 彼女らは江戸柳橋松葉屋の芸者で、日本髪を結い、振袖に丸帯を締め、
 日本にいるときと同じようなしぐさをして見せた。  
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                        日本茶屋の芸者の図。
     
 
 
 
   第二帝政の最盛期に行われ、900万人余りの訪問者を集めて真に
  世界的な広がりを持つにいたった万博といえる。
 
  江戸幕府が薩摩藩、佐賀藩とともに初めて公式参加した万博。
 
   
イメージ 3
 
パリ、1867年の思い出(カルナヴァレ美術館蔵)
 
右端にアンバリッド。その手前が楕円形の主会場で
現在エッフェル塔がある場所。
 
イエナ橋を渡ると現在シャイヨー宮があるトロカデロ広場。
 
 
イメージ 1
 
モリゾ「トロカデロからのパリの眺め」
                        (1872年、サンタ・バーバラ美術館蔵)
 
万博が終わって主会場は更地になっている。6年後の第3回万博では
ここに巨大なトロカデロ宮が出現する。
 
 
 
  シャン・ド・マルスの広い敷地内に巨大な楕円形の主会場を作り、
  その周辺には異国情緒を醸し出す個性豊かな諸国のパヴィリオンが      
      幾棟も建てられた。
 
  オスマン男爵により改造された近代都市パリを持つ、成熟した文化、
  産業大国としてのフランスのイメージを世界に広めて、政治的には
  大成功を収めた。
 
 
 
イメージ 2
 
    カバネル「ヴィーナスの誕生」
                                          (1863年、オルセー美術館蔵)
 
 
  ナポレオン3世のお気に入りのカバネルは代表作「ヴィーナスの誕生」
      出品し、コロー、ミレー、ドービニー、テオドール・ルソーらと
      ともに賞を受けた。
 
  印象派の人々は万博美術展から排除され、クールベは再び個展会場を
  設け100点余りの作品を展示した。
 
  またクールベ以上にサロンで冷遇されてきたマネがやはり個展を開き、
  「草上の昼食」「オランピア」を含む作品を一般に公開した。
 
 
イメージ 4
 
     マネ「草上の昼食」(1862−3年、オルセー美術館蔵)
 
 
 
イメージ 5
 
       マネ「オランピア」(1863年、オルセー美術館蔵)
 
 
 
イメージ 7
                                                                 
 
                                        
      
   

     1863年のサロンに落選した絵の山のなかに、                                                     マネの「草上の昼食」も含まれていた。
 
                                                                                           
   マネは1866年のサロンで「笛を吹く少年」「悲劇役者」が落選と
   なり、1867年1月にはすでに個展開催を決意していたことをが
   エミール・ゾラあての手紙で知られている。
 
 
 
イメージ 6
 
                                                
 
 
 
 
母親から借金を
   してまで資金を
                 作り、
 
木造の個展会場は
    5月24日に
     オープンした。
 
  
 
 
 
 
 
 
 
    ティツイアーノ、ティントレット、ベラスケスの模写を含む油彩53点と
  エッチング3点であった。
 
  万博会期中の6月19日、ナポレオン3世に擁立されたオーストリア出身の
  メキシコ皇帝マクシミリアンが、フランスが撤兵した直後に共和派に
  処刑されたニュースがパリにもたらされた。
 
 
イメージ 8
 
  マネ「皇帝マクシミリアンの処刑」
                                   (1868年、マンハイム市立美術館)
 
 
  マネ「皇帝マクシミリアンの処刑」を描いたが、この作品にはゴヤ
  対するマネの賞賛の念も表れている。
 
 
 
イメージ 9
 
 ゴヤ「1808年5月3日、プリンシペ・ピオの丘での銃殺」
               (1814年、プラド美術館蔵)
 
 
 
  ナポレオン1世が引き起こしたスペインとの戦争のさなか、
     1808年5月3日の反乱における銃殺を絵画において告発
      したのはゴヤだった。
 
  マネはこの絵を1865年のマドリード滞在中に目にしたであろう。
 
  マネがこの絵を1868年のサロンに出品するのは問題外だった。
 
  彼は1870年から71年にかけてアメリカでこの作品を」披露した。
 
 
 
 
 
 <引用、参考文献>
 
    「世紀の祭典 万国博覧会の美術」
                              (2004年 東京国立博物館ほか)
 
    「マネとモダン・パリ」(2010年 三菱一号館美術館)
 
            「プリンス昭武の欧州旅行 慶応3年パリ万博使節」
                                                 (200年、宮永孝著、山川出版社)
 
 
 
 
 
 
 

  • 顔アイコン

    パリ万博…歴史を感じます1800年代の事なんですね!ヴィーナスの誕生は見たことあります本かな…ゴヤ凄いな〜怖い時代!今日から又…雪が本格的に(T_T) 削除

    [ ゆう☆ ]

    2012/2/8(水) 午後 3:59

    返信する
  • 顔アイコン

    片道二か月の旅、想像できません。パリのホテルではこのころから続いているところが何軒かあります。インターコンチネンタル・パリ・ルグランはオペラ座の隣にあり、日本人の利用も多いです。

    [ ETRETAT ]

    2012/2/8(水) 午後 9:23

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事