全体表示

[ リスト ]

掲載広告の社会的責任

自分がまだ高校〜大学くらいの時に起きた
平成電電による詐欺事件。

出資者を募る広告を掲載していた
新聞社への訴訟の結果が出たようです。
訴えていたのは詐欺にあった出資者たち。

新聞社も完全にスルーで掲載しているわけじゃなくて
ちゃんと社内の広告規定に照らし合わせて掲載してます。
記事っぽい広告にするときは必ずある一定の大きさで
「広告」という表記を入れるようにするとか。

まぁそれでも広告の内容の完全な信憑性まで
広告会社も新聞社も完全な裏付けは取れないわけで…

折込広告なんかほぼ無法地帯だよねー
絶対ヤセる!宝くじ1等当選!付けて翌日に彼女が!
すんごい怪しい見出しのオンパレード。

今のところそういう仕事をすることがないのが救いです。。。

まぁ当時の平成電電は朝日読売クラスにも
バンバン出してたみたいだから、ある程度信頼はあったんだろうなー

広告を出すことは消費者に対して少なからず
責任を負うってことは常々認識せんといかんです。



平成電電広告掲載「不法でない」=新聞社側が勝訴−東京地裁
2月17日16時22分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100217-00000106-jij-soci

 「平成電電」をめぐる詐欺事件で、通信機器への投資名目で出資金をだまし取られた被害者436人が、出資募集の広告を掲載した朝日新聞社、日本経済新聞社、読売新聞東京本社などに計約26億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は17日、「広告掲載は不法行為ではない」として、請求を棄却した。
 孝橋宏裁判長は、広告が掲載された2002〜05年ごろには、平成電電と同様に10%前後の配当率をうたった金融商品はほかにも存在しており、大手企業が安定株主となるなど、同社の事業内容や信用状況が疑問視される状況でもなかったと指摘。新聞社側が平成電電の広告の真実性に疑念を抱くべきだったとは言えないと判断した。 


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事