ここから本文です
五條市 阿田峯公園の管理者ブログ
指定管理者グループ 「まちづくり改革&RealStyleグループ」がお届けします。


5月27日(日)に奈良県テニス協会主催のテニス試合を
五條市阿田峰公園で開催しました。

今回のこの阿田峰公園でのテニス大会で多くの子供たちが
試合を通じて良い経験が出来たのではないかと感じています。


今後も定期的に大会の開催予定があります。
五條市の子供たちがテニスを楽しめ、スクールや大会に気軽に参加していける
そんな環境を今後も提供していけるように頑張って行きたいと思います。


朝早くより一日サポートしてくださった
保護者の方々大変だったと思います。
ありがとうございました。


イメージ 1
イメージ 2


この記事に

今月の目標

自主事業で行っているユニークスタイルテニスアカデミー阿田峯公園でのスクール目標です。


エントリークラス

 テニスには興味があるのに、うまくいかないと面白くない!そんな気持が見えかくれしながらですが、うまくできたことが多くなってくると、とてもノリノリで頑張っています。出来ることをたくさん増やしていき、打ち合いや、チャンピオンゲームをみんなで楽しんでいこうね!楽しみにしています!

チャレンジャークラス
 
基本練習やラリー練習のボールを打つタイミングで声を出して打っています。
そのボールが打ちやすいのか、打ちにくいのかを、声を出して打つことでより良いところで打てるように普段よりも意識がしやすくなります。そして上手くいかなかったときには、次どうしたら打ちやすくなるのかを自然と考えて打てるようになります。ポイント練習でも声をだしているうちに良いラリーが増えていました。夏に向けて今月も頑張っていこう! 
 

エントリーゼロクラス

みんなとても元気でいつもワイワイした練習になっています。体を動かすことが楽しいようで、準備体操の時も進んで頑張っています!毎回ボールを打つ数が増えていっているようで、一回のレッスンで3カゴを、みんなで打てるようになればと思います。暑い夏に負けにように、今月も一緒に頑張っていっぱいボールを打ちましょう!


イメージ 1



この記事に

3月26日(月)、27日(火)の2日間と
4月2日(月)、3日(火)、5日(水)の3日間で

五條市の各小学校に学校配布を行い、参加者を募集して春の短期テニス教室を行いました。新1年生〜新6年生を対象に行い、たくさんの参加者が快晴の空の下でテニスを思い切り楽しみました!

今回の短期教室は、「10回ラリーを続けられるようになろう!!」を目標に練習に取り組み、最後にはほとんどの参加者が見事に目標を達成していました!

教室の途中では、「上手くうちあいできるかな〜」、「少し不安になってきた」と挑戦していく中でネガティブな感情も出ていましたが、真剣な練習だけではなく遊び感覚も取り入れた楽しめる練習内容もあり、笑顔の絶えない練習のひと時を子供たちは過ごしていたようでした。

目標を達成して喜んでいた子供たちが印象的です。また定期的に短期教室を行う予定ですので、今度は夏休み頃にここの阿田峰公園テニスコートでまた会いましょう!

イメージ 2


イメージ 1

この記事に

エントリークラス

みんな今月も元気よくテニスに取り組め、ボールを上手く打てるようになったのを感じます。基本練習では方向、高さ、深さの3つのポイントを意識してボールを打ちました。方向を決めて狙うことをしながら打つことで、ラケットのスイングもまとまってきて、少し安定してきました。ネットの上を狙って高さを意識することで最後まで、振り切る形も良くなっていています。打ち方が良くなって、打ち合いの時も長くラリーが続いて楽しめる時間も長くなってきています。この調子で4月も一緒に頑張っていこうね! 

チャレンジャークラス

ラリー練習を中心に運動量を多くして練習しました。休み時間を少なめに、ショートラリーではツータッチラリーや、ワンタッチラリーをして、打ち合いの感覚を高めて、コート一面を使ったロングラリーでは、2対1での打ち合いや、コーチと目標回数を決めた打ち合いなどを、たくさんしました。その成果で体力がつきたくさん動いでもバテなくなってきました。
最後のポイント練習では、ラリーが良く続き内容も良くなってきて来ています!五條校はU1出場率が、全校の中で、最も低いので4月の大会はいまだチャレンジャしたことがない人は思い切って出るように練習を進めていきたいと思います。

イメージ 1

イメージ 2


この記事に

イチロー選手をはじめ、数々のプロ野球選手の
帯同トレーナーをおこなっていたからだ改革、パフォーマンスアップジム
「ウイニングボール」代表の松尾トレーナーをお招きし、
地元少年野球の指導者を対象に指導クリニックを行いました。

たくさんのプロ野球選手にカラダの使い方を指導している、松尾トレーナー。
実は、少年野球の子どもでも、一流選手とおなじカラダの使い方ができるといいます。お子さんにもすぐにマネできる、一流選手のカラダの使い方「お腹に圧をかける」ことというテーマで講義を行っていただきました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事