全体表示

[ リスト ]

 現在、長期管理のステップ2〜4(参:http://adan.noor.jp/zensoku/tyoukikanri.html)について、ガイドラインで「第一選択」となっているのは、吸入ステロイドです。

 しかし、医療の現場では、テオフィリン製剤である『テオドール』が最初に処方されている現状があるようです。理由は、乳幼児には吸入が難しい一方で、『テオドール』はシロップタイプで子供にも飲み易いから、というコメントを某所で拝読しました。これについて、「裏取り」ができておりません。どなたでもけっこうですので、追加情報がいただければ、大変嬉しいです。


(コメント書いてらした方へ。個人的に信頼するしないの問題ではなく、「n=1の情報は(たとえどなたからのものでも)鵜呑みにしない」というスピリットの問題なので……、どうかご立腹になりませんよう)

この記事に


.


みんなの更新記事