ここから本文です
てんさいよりも もっといい
ぬくいかとのんべりいたらくびしまるきゃっちこぴーはえりまきなのでミ^。^彡っ

書庫全体表示

うひひひ。
またしても転載機能論で、もうだいぶ繰り返しにはなっているんですが。

コメントでレスをするにはたまりすぎちゃったので、記事で。

▽2009/2/8(日)午前3:50・OYAJIさん

責任をそのブログ管理人に問い詰めることは出来ません。なぜなら、ネット上には古い情報も新しい情報も玉石混合で存在し、その情報の取捨選択の責任は自分自身にあるからです。
 自分が発信した情報が、「正しくなく」なっても、なお「流通」してしまうことについて、残念に思う人もいると思います。その人たちにとって、「転載可にしなければ良かった」と、記事を書いて何年もたってから思うことになるでしょう。
 ブログを初めてすぐに、何年も後のことまで考えるのは困難です。だから、「転載」という機能は初心者は“とりあえず”使わないほうがいい、と、私は考えます。
 《Yahoo》ブログが、《FC2》のように、開発者自身が「初心者ではなく、中級者以上を対象に想定した」というブログであれば、初心者に向かない機能も存在してもよいかもしれません。でも《Yahooブログ》は、スクリプトが置けない、HTMLの使用に厳しい制限がある、など、どうみても初心者を対象に「易しくつくった」ブログに見えます。そのあたりに、機能矛盾を感じます。だからこそ、《Yahooブログ》に転載機能は不要だと感じるのです。

▽2009/2/8(日)午前9:04・蒼龍 志義さん

剣と一緒で用いる者の本質が問題かと思われます。
はい。その通りではあるのですが。《Yahoo》がコワイのは、「転載機能」と「コメントや傑作でランキングや人気度が上がる」システムの組み合わせです。
「転載してコメ!」
「転載したら傑作!」
 この組みあわせで、著作権/肖像権など、問題のある記事をどんどん転載可能にしている若いブロガーがたくさんいます。《Yahoo》ブログ側が、著作権についての注意書きをしても、この傾向が止まったようには見えません。
 他のブロガーがこういうことをやっているのを見れば、「じゃあ私も」となるでしょう。
 誘惑に負ける若いブロガーがいけないのか。誘惑を置いたままにしておく《Yahoo》ブログシステムサイドにも問題があるのか。どちらだとお感じになりますか。

 あ、「転載機能」じゃなくて、「コメントや傑作でランキングや人気度が上がる」システムのほうを無くす、という手もあるにはあります。が、《Yahoo》が「コメントの多いブログ」になっているのは、このシステムのせいもあると思うんです。
 《FC2》なんぞは、本当にコメントが少ないです。ウチのような過疎地はしょうがないですが、ランカーさんのブログなどでも、コメント欄はほんとに流れませんww。他ブログの場合、コメントをする側にメリット(宣伝になる、URLを置けば自ブログリンクが増えてSEOになる)があって、受ける側には「反応があって嬉しい」という精神面のメリットしかありません。だから、メジャーなブログにコメントするときには、宣伝/SEOとみなされないよう、おそろしく緊張します。
 でも《Yahoo》の場合、ランキング/人気度というメリットがあるので、どこへいっても、わりにコメントは歓迎されます。(うちのように、コメント数を増やさないでください、という対応をしているブログは、極少ないと思われます)
 コメントをしやすいから、コメントが増える。コメントが多いから、コメントしやすくなる。
 「コメントや傑作でランキングや人気度が上がる」システムのほうをとっぱらっちゃうと、《Yahoo》ブログのメリットは、たぶん、損なわれてしまいます。
 だったら転載機能のほうを、と思いますねw

▽2009/2/8(日)午後4:51・きむろみさん

転載記事は、元になる「転載させる側」が記事の作成日を記事冒頭に確実に明示するなどの細かい配慮がなければ、転載と同時に作成日が(転載先で)不明になってしまいますよね。
 これね、本当にそう思います。けれど、「記事冒頭に作成日と(できれば)作成者ID」を置く、転載可に設定した記事にこれだけのことができている人は、本当に少ないんじゃないでしょうか。(皆無とはいいませんが)
 ところで、《Yahoo》のwiki文法記事の場合、公式wikiは非常に表現力が低く、たとえば冒頭に転載元IDと初出日付を「かっこよく」置くというのが難しい。たとえば、ちょっと小さな書体で、とか、どちらかを右寄せで、ということができない。
 非公式wikiならできますが、いつ対応しなくなるかわからない文法で、修正の効かなくなる転載記事を書くのはいかがなものか。
 日付とIDを画像(ロゴ)にする、という手も考えたんですがね。転載先のブログは、背景色も文字色もいろいろでしょうし、デザインの調和を乱さない画像というのは、(黒文字+白縁+背景透過、などで頑張れば、できなくはないですが)初心者にいきなり作れといえるもんにはなりそうにないw
 HTML記事にしたら、今度は、文字リンクさえ貼れない(苦笑)
 残る手段は、
イメージ 1透過GIFか?

▽2009/2/8(日)午後5:03・著作権侵害!さん

私の認識では、「産地偽装」「消費期限詐称」も、決して誇大な表現ではないと思います。

▽2009/2/8(日)午後6:31・OYAJIさん

「産地偽装」「消費期限詐称」とまで言ってしまうのは誇大な表現だと思います。
転載機能になれた《Y》ブロガーにとっては、「『産地偽装』『消費期限詐称』」の語は違和感があるでしょう。しかし外部からきて突然転載記事をみた人間にとっては、それくらい“変”な機能です。《Yahoo》ブログをネットの孤島にしたいならそれもいいでしょう。でも、幸か不幸か、《Yahoo》ブログはインターネットの一部にすぎません。
私も「引用」などはかなり難しいと感じている
転載機能に頼るから引用を「難しい」と感じるブロガーが育つのでは? OYAJIさんも例外ではないのでしょう。
SORAの告知記事を記事作成者の意図に沿って利用させていただくのは本当に便利でメリットがあると
《eXcite》には、「TB企画」が沢山ありますが、企画者はコピペで使える「テンプレ文」を用意します。参加者は、自分の言葉で企画を紹介し、その後「テンプレ文」をコピペします。紹介の文章が先にきますから「誰が企画元か」という誤解はほとんどありません。
 転載機能なぞなくても、よく似た優れた企画は実行可能です。
誤解やトラブルを引き起こしかねないのは利用するユーザー側にも多くの問題があるからでは?
 転載機能の存在が問題を起こしやすいユーザーを育てるのだと思います。いわゆる素材配布のブログで、「ブログで使ってもかまいません、ただし《Yahoo》ブログ以外」と名指されているのは、ご存知でしょうか。そういう素材サイトの主たちが、「《Yahoo》はマナーの低いブログ」と言っているスレッドに飛び込んで、転載機能の実態(転載機能とランキングの関係)の説明もしてきましたけどね; 

私の愛した転載書庫で書いたとおり、細心の注意と、転載する記事を選択するセンス、そこにつける上質のコメントがあわさったとき、転載の行為が賞賛になることも、転載書庫も優れたコンテンツになることも、あるとは思います。ただ、リンクがすべて賞賛にならず、言及がすべて賞賛にならないのと同じように、転載が賞賛とイコールで結ばれることもありえないでしょう。
……著作権侵害!さんちみたいに、批判のみ、ってのも、「悪い見本」でしかないとは思うけどもw

この記事に

  • アバター

    そうですよね?ちゃんとそれぞれのブログのヘルプや使い方を
    自ら調べるのは当然の事ですよね?
    Yahooブログでは「転載機能」という機能があって
    それは別に「もっと変」なのではなく、単に他者のブログ記事でも
    それをそのままコピー掲載出来るという機能なのですよ。
    他サイトでもマウスONするとサイトを小さくポップアップ表示したり
    小さい画像でサイトを引用するような機能があるように、
    それらが「非常識」では無いように、Yahooブログの転載機能も
    別に非常識ではなく便利にモラル良く使えば立派な機能なのです。
    「非常識に使うユーザーが居るのはそのユーザーの責任」ですしね。
    もし読者が誤解してコメントするのなら、ちゃんと
    「この記事は○○さんからの転載記事です」と教えたり
    予めコメント欄にそういう事を書いておけば済みますしね。

    OYAJI

    2009/2/11(水) 午後 11:14

    返信する
  • ああ、失礼、見る、というのは「見てとる」という意味です。ヘルプまでは見ません。見なくても「常識の範囲で」判りますから。サムネイルや、各ブログ独特のナビゲーションは、何かを足すことはあっても引くことはありません。「いつ誰が書いた記事か」という重要な情報を見誤らせることもありませんし、若いユーザーに著作権侵害をソソノカス作用もありません。

    阿檀

    2009/2/11(水) 午後 11:45

    返信する
  • > 自ら調べるのは当然の事ですよね?

    一般の読者がブログの記事読むのに、いちいち提供サービス会社を気にしたりヘルプ読んだりしますか?
    どこの会社のブログだろうが、読者にとって意味があるのは「そこに書かれている内容」だけだと思いますよ。
    ブログがそんなに「難しいもの」なら、こんなに普及しなかったはず。


    >「非常識に使うユーザーが居るのはそのユーザーの責任」ですしね。
    これだけ「非常識に使うユーザー」が多いと、「ユーザーの責任」で片づけるのは無理があるように思います。
    たとえ責任があるとしても、それは「転載元」と「転載者」が負うべきであり、「読者」には何の責任もありません。


    > もし読者が誤解してコメントするのなら、
    誤解した読者はコメントなんかしないと思います。誤解していることにさえ気づかないかもしれません。

    > 予めコメント欄にそういう事を書いておけば済みますしね。
    だからね。わざわざクリックやスクロールしてコメント読むのは、ちゃぶ台ひっくり返した後なんですってば!(笑)

    著作権侵害!

    2009/2/12(木) 午前 0:39

    返信する
  • アバター

    阿檀さん、「常識の範囲」とおっしゃいますけども
    最初に阿檀さんが例として挙げた《Ameba》の「ペタ」と
    《FC2》の「ブログ拍手」を知っているという事が「常識」ですか?
    私はそれは「常識」だとは思いません。FC2やAmebaに
    詳しくない人にとっては「常識では無い」と思います。
    その機能を知らなかったらばヘルプやガイドなどで調べてみるのが
    普通の常識的な行動だと思いますが?
    「いつ誰が書いた記事か」という重要な情報は、転載機能の
    仕組みを知れば確認出来ることですし、書き手への敬意があるので
    あればしっかりとそれを確認する事も配慮だと思いますし、
    記事の作成者側もちゃんと作成日時などを入れておくように
    配慮していれば何も問題はありませんし、ご存知かと思いますが
    私はずっとそうして記事を書いてきています。

    OYAJI

    2009/2/12(木) 午前 2:30

    返信する
  • OYAJIさん
    はい。《Ameba》と《FC2》のペタやブログ拍手は、他ブログから見れば常識ではない例として挙げました。これらは知らなくても記事が読めますし、他ブログの客はヘルプなんぞ読みにはいかない人が多いでしょう。それでも、それほどの悪影響はありません。
    >私はずっとそうして
    OYAJIさんができるから、「大多数」ができるわけではありません。OYAJIさんがなさっているからといって、全員がその表示に気づいているわけでもないでしょう。
    日付表示ができている転載元と、著作権侵害画像記事で人気度を稼ごうとしている転載元、(Yahooがあれだけ著作権侵害画像を載せるなと注意をしていてさえ)さて、どちらの人数が多いでしょう。いささか心もとないのですが。

    阿檀

    2009/2/12(木) 午前 2:37

    返信する
  • アバター

    阿檀さん、ですから話の流れとして
    「配慮」や「気遣い」や「敬意」を持って読む姿勢が大事だという
    流れで話をすすめているので、読み手側がそういう意識を持って
    相手の記事をちゃんと注意深く読むことは当然でしょ?
    「誰がいつ書いたのか?」は重要なことなんだから、
    それに配慮して読むべきでしょ?いい加減に適当に読むというのは
    配慮や敬意を欠いた読み方でしょ?
    だとすれば、注意深く読まなくとも普通にきちんと読めば
    誤解するような事など「無いはず」ですし悪影響などありません。
    で、私が出来るのなら他の人も出来るはずですよ。
    何もそんな特殊な事をしているわけではないし技術も要らない。
    読む方への「配慮」・「気遣い」があれば良いだけです。
    「著作権侵害画像記事で人気度を稼ごうとしている転載記事」なんて
    第一、問題外ですよ。そんなのダメに決まってます。だから
    言ってるじゃないですか?週間ランキングブログの全ての管理人が
    せめて私ぐらいに注意を促せばYahooブロガーの意識も相当に
    変わると思うのですけどね。

    OYAJI

    2009/2/12(木) 午前 3:32

    返信する
  • どこのサイトでも読みに行きますけれど、ヘルプまで読み込んでないのは「読んで楽しむ」ことに反しますでしょうか?
    目の前にある不明なものの機能を知らなくて興味があれば調べる、読むだけでよいなら放置してますが、いけなかったでしょうか。

    2/11(水) 午前 3:25OYAJIさんコメント
    >情報の取捨選択や内容の理解は読者側の責任です。
    責任を問われるなら自由もあるのですよね。読者にも好きに読む自由が欲しいです。書き手の意図をわざと逆なでするような読み方は論外だと心得ていますが。

    記事作成日の日付表示ができている転載記事の作成者って、どれくらいいるのでしょう。わたしはお二方しか存じませんし、その場にしか遊びに行かないような^^。

     ふち

    2009/2/12(木) 午前 3:51

    返信する
  • アバター

    いいえ、ヘルプまで読まなくとも「読んで楽しむ」ことは出来ます。
    いけない事はありません。ただ、ここでは「誤解をしてしまう事」に
    関しての話を進めていたので、誤解というのはそもそも
    書き手への配慮不足なのでは?という意味で誤解しないように
    きちんと内容を読む姿勢が相手への配慮ですし、配慮する気遣いが
    あるのであれば当然ながらそのブログに備わっている機能が
    理解不足なのであるならばヘルプも読んで当然でしょ?
    という事を言ってるのです
    はい、もちろん読む側の自由はありますし自由に読めばいいですよ。
    「責任」という言葉を持ち出したのは、読者側の責任である誤解を
    「転載機能の欠点」であるかのように主張する方が居るからで
    そももそ私は他のノウハウ系ブログに行くことは
    滅多にありませんから転載される意図で作成日などを
    きちんと入れているブロガーは、記憶に無いですね。
    第一、日付がそんなに重要な記事自体がノウハウブログでも
    なければ少ないでしょうしね。そう考えると転載日時
    に関してはあまり意味は無いのにことさらに大げさに
    転載機能を批判したいがための手段の1つだと

    OYAJI

    2009/2/12(木) 午前 4:16

    返信する
  • 顔アイコン

    ところでOYAJIさんは「実際になされているすばらしい転載機能の使用例」を挙げると主張に説得力が増すのですが。
    個人的にはふざけた間抜けな遣い方しか見たことがないので、その辺よろしくお願いします。

    ekken

    2009/2/12(木) 午前 6:58

    返信する
  • アバター

    ekkenさん、簡単なことですよ。
    「素晴らしい」という感覚は人それぞれですので
    あなた自身が思うところの「素晴らしい記事」を書いて
    「転載可」にしておけば素晴らしい記事の転載の使用例の
    出来上がりです♪

    OYAJI

    2009/2/12(木) 午後 8:13

    返信する
  • 顔アイコン

    ぶっははははは。

    どんなにすばらしい記事であろうといつまでも鮮度を保てるものは希。
    いやぁ、謝罪受けぬ内は議論はしないと言って割り込むのはスマンが、
    これ程まことしやかな外した(もしくは矛盾する、あるいは破綻している)切り返しには笑うしかない。

    どう考えても、
    [転載]利用では、ekken氏の言う「ふざけた」あるいは「間抜けな」遣い方にしかならないと思うよ。
    #賞味期限は長くない

    まったく読まされるもののことを考えてくれって...(腹イテェ)
    #この一行だけは自己責任だけどね、だけど...

    [ hel*o*nee*s ]

    2009/2/12(木) 午後 8:42

    返信する
  • アバター

    hel*o*nee*sさん : あなたが
    >「ふざけた」あるいは「間抜けな」遣い方にしかならないと思う
    のはご勝手ですが、うちのブログのご訪問者さんは
    便利に転載して戴き、かつ、とても丁寧にお礼を戴くという事例が
    これまでに数え切れないぐらい存在しますよ。
    もうどれぐらいの数なのか把握しきれないほどです。
    その事実に勝手に目をつむるのはご自由ですけどね。

    OYAJI

    2009/2/12(木) 午後 10:11

    返信する
  • http://blogs.yahoo.co.jp/uragoe_2ch/38852013.html

    いやぁ、この記事を初めて目にした時は、「そうか! OYAJIさんは、実は『一日仙人』というペンネームで本も出してる有名な人だったんだ!」と感動した覚えがあります。(ー_ー;)!!

    しかも、この記事では、ご丁寧に自らの著書の宣伝まで付けて「転載」を推奨していますね。
    なるほど、転載者を宣伝に利用できるとは、確かに有益で便利な機能だ!!(笑)

    > うちのブログのご訪問者さんは便利に転載して戴き、かつ、とても丁寧にお礼を戴くという事例が …。

    確かに、自ら利用するために非公開書庫に転載するなら、何ら問題はないのかもしれません。でも、公開書庫に転載された記事は、転載者によって、「転載者の記事」として「公開」されてしまうのですよ。

    転載者にとっては、確かに「便利」かもしれませんが、その記事を目にした「読者」は、どう感じて、転載者をどう評価するでしょうか?
    検索結果がすべて「同タイトル・同内容の記事」で埋め尽くされていたときの驚きを、私は忘れることができません。

    著作権侵害!

    2009/2/13(金) 午前 1:57

    返信する
  • アバター

    ですから、それは受け取り側の「人間性」の問題だと思いますよ。
    モラル良く使えば良い意味での宣伝をしてあげる事も出来るし、
    特にうちで多いのは、「Yahooブログテクニック★INDEX」記事を
    転載していただいたブログ先から、そちらの訪問者さんがうちへ来て
    大変丁寧にお礼を述べてくれて、それを転載した方に対しても
    誠実にお礼コメントされている・・・というような場合も
    非常に多いのですよ。それらの方達の気持ちが丁寧なお礼コメント
    として現われているのだと思いますよ。
    その気持ちを著作権侵害!さんは否定出来ますか?
    何度も繰り返しますが、ユーザー側の使い方次第ですので
    より良く使う方法を模索すれば良いだけの話です。
    どう感じるかは「その人の人間性次第」ですし、転載機能を
    悪用するかどうかもその人次第なのです。だから
    モラル良く使えば便利だと主張しているんですよ。
    あなたが変なブログでどんな驚きをしようが、
    それはあなたの勝手ですが。

    OYAJI

    2009/2/13(金) 午前 2:24

    返信する
  • なんだか私の人間性を否定された気分です。
    (´・ω・`)ショボーン

    著作権侵害!

    2009/2/13(金) 午前 3:32

    返信する
  • わたしは転載機能については無いよりもあったほうが
    便利な機能だと考えております♪

    これはFC2から来ている
    転載機能を楽しもうさんのブログで説明されていますよ♪
    http://blogs.yahoo.co.jp/i_love_ucc_coffee

    ところで著作権侵害!さん、OYAJIさんは
    迷惑行為、嫌がらせ行為、人権侵害行為をしていますね♪
    http://blogs.yahoo.co.jp/tyosakukensingai4/5732586.html
    なのでこちらのコメントは滑稽な話だと思いますよ♪

    ただしいYAHOO!ブログの使い方♪ で
    トラックバックしますね♪

    [ uro*oe*2c* ]

    2009/2/13(金) 午前 6:38

    返信する
  • あのね、だからぁ。。
    「便利な機能だと考えております♪」というなら、具体例を示してよ。

    urogoe_2chもi_love_ucc_coffeeもtyosakukensingai4もkazenimauhitohiranohaと同一IPからの投稿であることは確認済みなんだから、もう少しマシな言い訳考えろよな!

    > 少数意見でも転載で広めれば「多数派」のように見せかけることもできるわけだ。

    これはまさに君のことだよ。
    そのように悪用するには、確かに「便利」かもしれないね。(笑)

    著作権侵害!

    2009/2/13(金) 午後 0:32

    返信する
  • OYAJIさん
    >読者側の責任である誤解を「転載機能の欠点」であるかのように
    転載機能の「責任」は、まず、こんな機能を放置して、《Yahoo》ブログの評判が落ちるままに任せている、《Yahoo》ブログ・スタッフの責任が一番重いと思います。彼らは、ユーザーをある程度、「マス」(群像)で捉えるべきでしょう。2007年改定から2年たった現在、"新"転載機能のメリットとデメリットのどちらが大きいかを、あらためて評価すべきかもしれませんね。
    >大変丁寧にお礼を述べてくれて、それを転載した方に対しても誠実にお礼コメントされている
    そういう方は、ノウハウ記事をまとめたOYAJIさんの着眼点と労力に対して御礼を言っていらっしゃるのであって、「転載」に感謝しているわけではないのでは? 他のブログでは、良ツールなどを知ったユーザーはリンクして御礼を書きそえますし、リンクをたどって来訪した方たちはやっぱり御礼のコメントを書いています。
    urogoeさん、著作権侵害!さん
    はいまったく。悪用には便利な機能です。

    阿檀

    2009/2/14(土) 午前 1:29

    返信する
  • アバター

    阿檀さん、いつも不思議なのですが
    なぜその「デメリット」部分で思考がストップするのでしょうか?
    だったらその「デメリットの要因」を排除する努力をすべきでしょ?
    デメリットの理由はブロガー個人個人のモラルでしょ?
    その根源が変わればデメリットはなくなるじゃないですか?
    その視点が決定的に欠けているんですよ。
    悪用するんじゃなく、モラル良く「良い使い方」をすれば
    良いだけじゃないですか?包丁や拳銃の例を出すのはそのためです。
    「デメリットがあるから便利でも失くしてしまえ!」ではなく、
    デメリットになるような使い方をしないように
    訴えていくことのほうが重要なのではないでしょうか?

    OYAJI

    2009/2/14(土) 午前 2:29

    返信する
  • OYAJIさん
    日本では拳銃は売っていませんね。デメリットのほうが大きいと判断すれば、それを「なくする」という方向性もありますよ。私はメリットは小さいと思っている。そうですね、OYAJIさんと私の一番決定的な点は、私が転載機能を「便利」だと思ってないことかもしれません。
    リンクの手間なんざぁ、慣れです。大丈夫、転載機能がなくなれば、みなさん、あっという間に慣れます。

    阿檀

    2009/2/14(土) 午前 2:42

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事