ここから本文です
てんさいよりも もっといい
ぬくいかとのんべりいたらくびしまるきゃっちこぴーはえりまきなのでミ^。^彡っ

書庫全体表示

 二次創作の著作権上の扱いについて、再検討が始まったようだ。
 現状は、「同一性保持権侵害」で、「黒」が原則、著作権者が黙っている間だけ存続する、という形になっている。
 だが、これだけ大量の二次著作作品が、コミケに、ネットに、溢れているのは、黙っている著作権者がそれだけ多いということだ。
 なぜ、彼らは黙っているのか。一つは、数が多すぎて訴追しきれず、訴訟に持ち込んでも弁護士費用がペイするだけの損害賠償が取れる見込みが薄いから、ということがある。だが、本当にそれだけだろうか。
 正直にいえば私自身、「××さんが転んだ(二次創作の対象原作が変わること)から、原作を見はじめた/読みはじめた」という経験がある。私自身が某特撮作品の二次創作をしていたころは、資料にするためにムック(雑誌と書籍の中間のようなもの)を買い漁り、ビデオ(当時はDVDじゃなくビデオだった)まで買っていた。
 二次創作の容認は、原作者にとって、利益になりうるのだ。

 問題は、「作り手」として「自作を改変されたくない」というプライドと、「得られるかもしれない」利益の天秤だと思う。
個人的には、現状のホワイトリスト(二次創作を容認する作者の側が、そう宣言する)ではなく、ブラックリスト(二次創作を容認しない作者がそう宣言する)でもいいように思うんだが、そんな制度をとっている国はたぶん無いし。
 テレビドラマ(アニメ含む)、マンガ、ゲームなど、「大衆を対象とした商業芸術」は二次創作可、としたら、「差別だ」と反発が起こることは必至だし。
 結局「二次創作は稼いだらだめ」というアメリカフェアユースの真似っこあたりが落としどころかもしれない。アメリカの真似はなんとなくイヤだけどね。

■本日時点で閲覧できるソース
▽日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO42306130X00C12A6000000/
>既存の著作物をパロディーとして改変・2次創作する行為について、今期の検討課題として取り上げることを決めた。

▽正式の議事録はこのページに載るのではないかと思う(未掲載)


この記事に

  • 結果(着地点)が関心大、です。


    同人誌の回し読みで原作も知りたくなって
    (→殊、パロディー系だと元ネタ知らないと理解できないし
    それよりもなによりも会話についていけない(!、中高生時代は死活問題でしたねぇ))
    で、アニメの再放送を見た人でもありますので
    > 二次創作の容認は、原作者にとって、利益になりうる
    はホントにそうだよなぁと感じます。

    転ぶ、が懐かしや〜でした(^-^)

    きるのをり

    2012/6/26(火) 午前 6:38

    返信する
  • ひさしぶりにこちらにきました。って毎回書いてる気がします^^;
    そして自分が貼ったリンク先に驚愕してちゃ、世話がない。>エキサイトに(これから)書きます

    >同人誌の回し読みで原作も知りたくなって
    おお。そういう過去をおもちのかたが、ここにも!

    阿檀

    2012/7/19(木) 午前 1:00

    返信する
  • 顔アイコン

    こっちにまずチョー言い訳コメント…言い逃れ、か。
    …エキサイトのほう、読みたい読みた〜い!でも読むならきっちりじっくりだぁ!
    という
    いつものわたくしめの脳のワガママに従っていたところ
    とうとうこんなに月日が経ちましたとさ、っていうお話
    (とさ、ぢゃねぇ(怒))(´・ω・`)
    色々気になる記事(メイン2ちゃんねるまとめニュース系w)もハッケンしていますので
    いずれは記事に挙げる予定です。
    まずはメインブログの方へいきますいきます、近日中には必ずや!

    >そういう過去
    はい、お持ちです、わは(照←照?)中学生デビウですねぇ。

    きるのをり

    2012/10/7(日) 午前 5:09

    返信する
  • 顔アイコン

    きるさん、こっちにもいらっしゃいませ。ちなみにあちらのURLは
    http://aso2.exblog.jp/15793466/
    です^^

    阿檀

    2012/10/11(木) 午前 0:48

    返信する
  • トラックバックさせていただこうと考えております。
    このたび著作権と契約云々の記事を仕上げたのですが
    それの最後の記事を投稿しようとしたらエラー。
    …ヤバかったんだろーか(苦笑、汗)←内容的にw
    その、エラーになっちゃった記事にトラックバックしたく考えております。

    きるのをり

    2013/1/26(土) 午後 8:23

    返信する
  • 顔アイコン

    事後報告になってしまうのですが
    無事、投稿完了しました。
    すみません…トラックバックさせていただきました。

    著作権と
    ネットサービスにおける相手の見えない取引の
    (これに限らず、権利自体そうなんですけど)
    互いの頭の中で済ませられちゃうあたりが
    難しいというか奥が深いテーマだと再認識した次第です。

    きるのをり

    2013/1/28(月) 午前 7:21

    返信する
  • 御無沙汰しております。蒼龍 志義でありますが本日は疾風にて。(´∇`)

    この類いを四角四面にされてしまうと正直、困りますなぁ(-_-)

    難しいし微妙な問題ですよね。



    話は変わりますが阿壇殿、貴殿が表現と言う行いを本当に大事にしているのが良く伝わってきます。

    しかし羨ましいです。
    色々と知っていますから正直、羨ましいです。

    小生はどうも(プログラム)云々は駄目なんですよ。

    せいぜいNC工作機械のプログラムが関の山です。

    [ 疾風 !! ]

    2013/3/9(土) 午後 1:24

    返信する
  • >表現と言う行いを本当に大事にしている
    ありがとうございます。そこが伝わるのはうれしいです。

    問題が起こればそれに対応するために爆走・暴走することもあるんですが。だいたいは何か「ひとに楽しんでいただけるもの」を作ったり、他人が作ったものを愛でたりして暮らしております^^

    阿檀

    2013/3/9(土) 午後 7:05

    返信する
  • おぉ〜

    いいですねぇ〜。

    物を造る→作り手の入魂の度合いが表れるんですよ。しかし気付かない方々が多々なんですが。

    その感性を大事になさって下さいませ(´∇`)

    [ 疾風 !! ]

    2013/3/10(日) 午後 11:40

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事