日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 コントロールパソコン画面には 現在時刻の星図が表示される。
地上風景も 同時に表示され、山陰・地平線下では、星は消えるし、望遠鏡も動かせない。安達太良小天体観測室で観察会やるときは、これも考慮しなければならない。最近 地形は変わりないが、樹木が伸びてきて、地上風景 大きくなってきている。編集できるはずだが、方法も分からないし、データ名も分からないので、メーカーの五藤光学に依頼しなければならない。これは画面のハードコピー。

イメージ 2
 地上風景だけ切り出したもの、2007-10-10の撮影 私のパソコン内にある。
観察会開催時の 天体の位置と 地上風景較べて 観測室で見えること 確認しておくこと。一回り大きくなっていること考慮すること。

(終)

開く コメント(0)

イメージ 1
 朝日新聞、2019-02-10 朝刊。
月面に文字が出るらしい、12日、明日の晩らしい、天気は悪くない。
観察会やろうかと思った、、安達太良小天体観測室だ。
 子ども達に 月のクレーター見やすい、半月の頃の月見て貰うのも悪くない。
だけど 今日の明日で、広報する時間も無いので、やらない事にした。

 以前から 月面に「X」文字が 出るという話はあり、撮影もしている。
 月面エックスの予報頁の紹介もある。 
 実は 2月12日 正午頃にも 見られるらしい、
日中なのでうまく工夫しないと見にくい。

 月面 、探せばもっと別の文字もあるかもね。

(終)

開く コメント(0)

「太陽の中央部の北西側(右上)に黒点が現れました。
一昨日くらいから小さく見えていた領域です。
2732黒点群と番号も付けられ、2019年第1号の黒点群になりました」。
宇宙天気ニュース 2019-01-02付から


つい最近まで(積雪になる迄)、秋が終わっていない雰囲気だった。 
例年通りに戻ればいいけど。

(終)

開く コメント(0)

イメージ 1
  天文手帳2019年の 1月の星空 頁から。
1時間前の午前7時半には 天体観測室 開ける予定です。
日食ですから 別に天体望遠鏡でなくとも 遮光板だけでも分かりますけどね。 

 実は 今年 天文手帳 大幅に機能強化されました。
「毎月の星空」がすごい、日記だけでなく 一ヶ月の 暦形式 での頁が追加されました。毎月の予定が立てやすく分かりやすくなります。天文現象もガリレオ衛星の動きも記載されています。私、今まで手帳を 暦形式のものを別に準備していましたが、一册で済むかも、実は既に買ってしまっていますが。

開く コメント(0)

イメージ 1
 2018年10月25日、午前11時27分、の撮影。
 今年も 小学4年生向けの 太陽観測教室も 10月15日で無事に終了。
毎年、終わった後、天気の良い日に再訪し、手入れを行う。
特に 駆動ギヤへの グリースアップ が主な作業だ。今日も ギヤのケースを外して、じっくり 運転中の音を確認、グリース切れの 音は 全く聞こえなかった。
 良く晴れていたので、太陽を見てみた。11時の位置に 二本並んだプロミネンスを確認。早速撮影した。写真では プロミネンスは 7時頃に見えているが、上下反転しているため。肉眼で見たときは天頂プリズム使っていたからだ。
 今年のお正月頃から 太陽活動低調で、黒点が殆ど見られない。今日も黒点は無し。しかし こんな大きなプロミネンス見えたので 活動強まり始めたのかも知れないね。

(終)

開く コメント(0)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事