一人ごち〜大和だま

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
真空状態の反応炉の内部にパラジウム合金のナノ・パウダー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif

http://www.sigma-aldrich.co.jp/aldrich/nanopowder/first.htm
を投入しておき、重水素ガスを導入する。重水素ガスは、たちまち金属ナノパウダーに吸収され、即座に重水素同士の「固体核融合反応」が発生して、ヘリウムと熱エネルギーに変換される。


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif
(1)



http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif
(2)

http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif
(3)


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif
(4)
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif
ヘリウムは、核融合反応の結果としてしか発生しない物質であり、ヘリウムの産出は、即座に、核融合の成功を意味する。
(D+D=He+熱エネルギー)ヘリウムの発生は、同時に、熱エネルギーの産出を意味する。外から熱を加えない状態で、熱エネルギーを取り出せる。発電に使える。
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif
原料の重水素は、海水の中に一定比率で含まれており、ほぼ無尽蔵であり、人類が滅亡するまでに使いきれるものではない。重水素の海水からの分離は容易で、分離コストやエネルギー消費は僅少である。
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif
核融合に伴う放射線の発生が一切ない。つまり、危険回避のための遮蔽などの安全対策が不要。また、反応が緩慢であるため、「核爆発」の恐れがまったくない。つまり、現状の原発のような事故発生の可能性がゼロである。
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif
危険性がないため、消費地近くで発電ができる。遠隔地に発電所を設置し、長い送電線で送電する必要がない。
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif

「独立党」HPより
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/image2/tomei3.gif

謹賀新年

栄えある皇紀2671年を迎へ

御一統様の更なるご発展・ご多幸を祈念申上候



神正日本、其の覚醒の約束されし本年

全ての草莽崛起、覚醒あらんことを! 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事