常(なみ)足剣道

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

地震想定の避難訓練の後、北部顧問総会にて熊高へ。その後移動し、明日の身体計測準備で場所無きためのシルクドームでの部活稽古に参加。コーチを駅へお送りし、帰宅、夕餉準備、その後、沢野剣友会稽古。
金谷(孝)7段、斎藤7段に願ふ。

明日も終日 丹田呼吸にて参らむ(╹◡╹)

2076/11/27深剣稽古会

中尾先生「膕張ったまま、つっかえ棒外れて、前に倒れる様に面打ち」良い打突❗
大日向先生「力抜け、良い面」
土田先生に願ふ。
小川先生、2度目で見事7段合格❗
女性7段、見事なりm(._.)m
米山先生(兄):「面打ち後の後打ちは✖」「お相手との我慢比べ→引き出し」
堀口先生:「相面、見て待ち過ぎては成らぬ」
村田先生:「お互ひ 歳なんだから、其れ相応の稽古しなくちゃ」


(元熊商)米山先生、7段 見事一発合格!流石に日頃よりの修練の賜物。
石野先生に久し振りに願ひ、以下の先生方に御指導賜れり:
小島先生「面の後、胴打たれても 腕を下げる事勿(なか)れ」
米山先生「常に自分のペースで、相手に流されぬ状態で攻める。此処まで攻めたら、跳ぶ、と云うラインを設定する事」
落合先生:「小手打ちは肘を弛め、手の内で決める事。今の構へ・振りは大きな面打ちのもの。」

中尾先生より、稽古量は豊富だらうから、一本一本課題を持ち、考へて稽古を。
苦手とする人、難剣の方と稽古するのが、腹・度胸作るに役立つ、と助言さる。
大原中に戻れる最初の稽古会。

小島先生「氣を入れ、真直ぐ。今ので良い」
川合先生「先生は良く我慢されるので、大変でした」
柿沼先生にも願ふ。

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事