く も ゆ き 次 第 ♪

「グランブルー」・「ちいちゃん」・「うまそう」・「ジムシィ」の出来事

梅雨の合間に剣山スーパー林道


まず、お詫びです
前回のブログにコメントの返信をしようとすると ことごとくエラーになってしまいます。
どうやら不具合のようです。
今回分も返信できるかわかりませんが、なにとぞご容赦の程を。

(追記:どうやら治ったようなので返信させていただきました)

さて、四国も梅雨入りしましたが週末は晴れ♪
今季初の剣山スーパー林道へ。
いつもの入り口から。
イメージ 1


時速20キロくらいでラフロードを走っていきます。
イメージ 2


ファガスの森到着(18:30頃)
荒れた道も少なくスムーズにこれました。
イメージ 3


この日はファガスでビバーク。
ちいちゃんが「タヌキが死んでる・・・」とビビりまくってましたが・・・。
イメージ 4


翌朝、ファガスがオープンして今年初の鹿カレー♪
これを食べずにファガスは通過できません。
イメージ 5


先週まで親子の捨て犬がいたらしいですが、子犬は里親さんに無事引き取られたようですが
親犬は誰かの通報によりあっさり捕獲されたそうです。
人懐っこい犬と警戒心のある犬で人生の分かれ目になってしまうとは・・・。
うちのジムシィも警戒心が強いおかげで捕獲されないで済んだ経緯があったので複雑です。

山並みを望む「徳島のへそ」
イメージ 6


川成峠
ここに親子のワンコたちが捨てられいて、ファガスまでたどり着いたそうです。
イメージ 7



川成峠からスーパー林道を下りて四季美谷温泉でひとっ風呂。
イメージ 8



キャンカーに戻ってお散歩。
「うまそう」 なんか かわいく撮れた♪
イメージ 9


ジムシィは・・・なんか・・・キツネ目の女になってしもた・・・。
しかも、産後太りか?丸々と・・・低カロリーフードを与えてるんですが、瘦せません。
イメージ 10






ここに来るとホッとします。




カメラ : ZenFone 3

この記事に

開く コメント(14)

早明浦ダム オフ

早明浦ダム オフ


キャンピングカーのお仲間さんとオフ会をやることになり、高知県の早明浦ダムへ。

四国の水がめと呼ばれた早明浦ダムの直下にとても広〜い広場があります。
正式には何と呼ばれる広場なのかはわかりませんが、届出を出すのに少々手間取ったのは
ご想像にお任せするとして、天気にも恵まれて絶好のオフ会日和
イメージ 1


高知、香川、徳島からと皆さん続々と集まってきました。
イメージ 2


いい頃合いでカンパ〜イ
イメージ 3


「うまそう」は暇そうに眺めてます・・・
イメージ 4


そうしているうちにシロさんが後から合流。
再度カンパ〜イ
私はどうやらコーヒーカップで日本酒を飲んでる。
あ〜目線を入れるのがメンドクサイ
イメージ 5


いつものように?酔っぱらうとお先にと失礼し・・・
寝床を占領されて 声をかけても耳で返事するわんこども・・・うぅ
イメージ 6


翌朝・・・

こうしてみると やはりでかい早明浦ダム。
イメージ 7


今回、届出をしてあったせいなのか、別のイベントなのか?
よくわかりませんが、仮設トイレが設置してありました。
土手の上のトイレまで行かなくて済みました♪
なんかありがとう〜
イメージ 8


皆さんとお別れし、高知県 大豊町にある ひばり食堂へ。
ここはカツ丼が有名。
オープン前にもうならんどる。
どうやらお肉屋さんのようだ。
イメージ 9


前評判では普通のカツ丼で2倍の量とか書いてあったので・・・
男らしく普通のカツ丼でトライしてみる (大盛りではない)
イメージ 10


おぉ・・・や、やるじゃない・・・このボリューム感・・・。
味付けは甘目で玉ねぎはうす〜い千切り、カツは2倍はある。が、思ったよりご飯は少なめのつゆだく。
平均的な成人メタボ男性なら何とか完食できる(はず)
カツうまい!「うまそう」とジムシィにも食わせてやりたがったが・・・あげない♪

ちいちゃんは肉食えない人。
よって、卵焼き定食。
ちょっと味見させてもらったが、私の大好きな塩味でネギ入り♪
今度これ食べよ〜
イメージ 11


帰り道は満腹感からか 途中で夕方までぐっすり寝てしまった




早明浦ダム、今度は豪快な放流を見てみたいもんです。




カメラ : ZenFone 3

この記事に

開く コメント(18)

雪の剣山で車中泊

雪の剣山で車中泊

2月11日 北海道から帰ってきて約一週間。
うちの「うまそう」が父ちゃん!雪降るで!と言ってるので仕方なく・・・仕方なく? 剣山へGO!
ジムシィは あんた何言ってんの!そそのかしちゃダメでしょ!・・・と 言ったか言わないか・・・。
イメージ 1


ガラケーからスマホ(ZenFone 3)に買い替えると困るのが 置き場。
今回、Smart Tapという車載スタンドを取り付け、縦にも横にも写真も撮れる位置はここしかなかったが
吸盤が超強力で仮付で置いただけでもはがすのに苦労した でも、スマホ脱着はワンタッチでスムーズ♪
イメージ 2


剣山に行く前に幕張のキャンカーショーで購入した「ある部品」を取り付けに高松の岡モータースへ。
ここを外すとバチ!!(スパーク) っといくんだようぉ〜〜と言いながら・・・和やかに取り付け
「ある部品」の使用感はそのうち おいおいと・・・
イメージ 3


国道438号をひたすら登り、西日本で2番目の高峰である剣山に向かいます。
最後の集落あたりでこの雪!
イメージ 4


第一ヘアピンカーブあたりでこの状態だと上の方は相当積もってる予感が・・・
ただ、除雪されてるので少し面白みに欠けるかな〜
イメージ 5


除雪されて圧雪状態なのか ちょっと滑り気味だったが問題なし。
イメージ 6


剣山 リフト乗り場前駐車場に到着。結構降ってますね〜♪
例によって誰もいません。
駐車場は除雪されてたものの最小限レベル。
イメージ 7


レッドバロンは高価買取・・・を見ながら!? 
イメージ 8


FFヒーターのあったか車内で雪見で一杯♪ です。
無料のインターネットラジオ AccuRadio で、クリスマスソングを聞きながら
だって、雪に一番合う音楽はクリスマスソングでしょう!やっぱり!!(自論)
神聖な気持ちでマルナカで買ったアワビをいただきます 年に0回〜1回のささやかな贅沢です。
イメージ 9


Yahooの天気アプリで雪雲を確認するのも密かな楽しみ♪
イメージ 10


「うまそう」が散歩に行くぞ!とゴミ箱からキャラメルコーンの袋を取り出しオラオラ言うてます
こうなると私は後片付け&ベッドメイクでおひらきに・・・。
イメージ 11


翌朝・・・気温はマイナス8.5度
やっぱり朝方べバストのFFヒーターが止まった。若干寒さを感じて起きる。
もう慣れた。40分ほどエンジンをかけて復活。
イメージ 12


剣山リフト前駐車場に行く最後の難関がここ。
この緩やかな登り右カーブが除雪されてるか 誰かが突破しないと入ってこれないです。
私もここで断念したことがありました。
イメージ 13


昨日のアワビがあたったのか?(嘘です)おっきい方をもよおしてきました・・・
キャンカーのトイレは基本 ちっちゃい方専用。
多少余裕?があったので掘りましたよ!仮設トイレ前の雪を!折り畳みシャベルで!
すると不思議なもので運動すると もよおしものは消えてました(笑)
イメージ 14


もう一寝入り・・・と思ったら車がやってきて山へ登っていきました。
あれよあれよと駐車場はいっぱいになり・・・じゃ帰るか!ってことに。
イメージ 15


青空が見えていたので雪景色も美しい♪
イメージ 16


ここの樹氷のアーチが一番好き♪
イメージ 17


いいね♪
イメージ 18


やっぱりいいね〜♪
イメージ 19


途中、除雪車とすれ違い 下りの第三ヘアピンカーブを曲がり切る寸前にツルッ!!ツゥー〜 コツン
ガードレールとフレンチキッスしてしまった
イメージ 20


時速20km/h未満、いつものように曲がってコツン。
やっぱりABSって雪道効かんね〜 ブレーキ全力で踏んでABS効かせたんですが・・・操舵性は回復せず。
スーパーポンピングブレーキの方が効くと思う (そんな技術も余裕もないが)
まぁ ちいちゃんも気づかないくらいのあたりでしたので傷は大したことはないんですがね。
暖房の効かせ過ぎでボォ〜としてた上に除雪直後で圧雪になってたのが頭に入ってなかった。要反省。




雪道にリスクはつきもの。リスク以上の魅力があるんです(懲りてない・・・)







カメラ : ZenFone 3

この記事に

開く コメント(24)

冬の北海道 キャンカー旅のススメ その2

うかつだった・・・金曜日の夕方に仮眠して雪の剣山に・・・と思ったんですが・・・
仮眠のつもりが本気寝になってしまい 夜中に起きてしまった
今日、岡モに行って秘密兵器?を取り付けて剣山に行くか、いっそ瀬戸大橋を渡って
大雪の鳥取方面に行くか・・・う〜む・・・悩ましい

さて♪前回の続きです。

1月28日 再び十勝岳方面を目指す私たち。
到着したのは 吹上温泉 白銀荘 
やっぱる冬の北海道でここは外せない。
雪見の露天風呂はサイコー♪
昨年来た時に来てたフランス外人部隊(そう呼んでる屈強な体つき)の人たちも来てた。
ここは欧系、豪系の方が多い。富良野の山スキーのベースキャンプになってるようだ。
そう、彼らは露天風呂がお好き♪なが〜いこと入ってます。
裸の付き合いってやつで気軽にお話ができます♪
イメージ 1


残念ながら十勝岳方面は見えず・・・
イメージ 2


夜になると吹雪いてきた。
ハイエースのレンタカーはほぼ間違いなく外人さんたちが利用。
イメージ 3


こんな天候でも「うまそう」は散歩に行きたがります。
イメージ 4


もちろん ジムシィも・・・
イメージ 5


やっぱりここはいいよね〜っと言いながら雪見酒の夜は更けてゆきます。
イメージ 6


翌朝・・・
イメージ 7


ご年配の方々が早朝から山に入っていきます。達者ですね〜
レンタカーのキャンピングカーが止まってましたが、ドライバーは外人さんでした。
イメージ 8


朝の散歩も身が引き締まります。
ジムシィはやることやってるんですが・・・
イメージ 9


見事なつららに
イメージ 10


見事な樹氷
イメージ 11


朝、ガラス内側が結露して凍ってます。
うちは運転席付近の窓に銀マットを張りません。張っても内側の結露は凍りますし
何かあったら即応できないので張らないようにしてます。それ以上に・・・面倒なだけなんですけど

キャンカー乗りで意見が分かれてる就寝時にワイパーを立てるかどうかですが
前にボンネットのある乗用車はいいんでしょうが、カムロードのキャンカーはワイパーを立てると
バンク部分から ドサッ と雪が落ちてきたらワイパーアームが折れるという話を聞いて私は立ててません。
それに、近くを通るときに目に当たりそうで危なんですよね〜 カムロードの立てたワイパーって。
まぁ、それ以上にメンドクサイだけなんですけどね

極寒地での朝の儀式的なものに窓内側の霜取りです。
エンジン始動後、アイドルアップはかけません。アイドルアップしても軽油の無駄だと思います。
空調は内換気にしてFFヒーターで温まった車内の空気を窓に全開で吹き付けます。
内換気にしないといつまでたってもガラス内側の霜が溶けませんので そこが肝です。
ガラス内側の霜が水滴に変わる頃に内窓を雑巾などでふき取ります。雑巾は2、3枚は必要。
最初これが面倒でケルヒャーの電動ガラスクリーナーとか便利だろーなーと思ってましたが・・・
狭く、入り組んだ窓ではかえって不便。吸水性の良い材質の何とか使ってみましたが結局 雑巾が一番。

ちなみに濡れた雑巾でサイドミラーを拭くと一瞬で凍り付き真っ白になります。
これをやると厄介で、お湯をしみこませた雑巾と乾いた雑巾で拭くか、氷解剤を吹き付けるしかありません。

氷解剤で思い出しましたが鍵穴も凍ります。バゲッジルームの鍵穴に氷解剤を吹き付けながらカギを指します。
氷解剤を鍵穴に吹くだけでは鍵が回らないんです
イメージ 12


山を下ります。凌雲閣の急こう配と違ってこっちの下りはスムーズ♪
イメージ 13


富良野の裏道を走ってると・・・なんか浮いてる?
おおぉ熱気球♪
あるとは聞いてましたが初めて見た。
乗ってみたいが・・・相当の勇気がいる
イメージ 14


この日は苫小牧で買い物した後、道の駅 みたら室蘭でビバーク。
歩いて温泉も行けます。
最近のお酒のお供のお気に入りがキャラメルコーン♪
案外ワインに合う(私だけ?)
イメージ 15


翌朝・・・夜明け間もないころ
イメージ 16


道の駅のトイレでふと前を見ると・・・
思わず吹いてしまった♪
この×印ができる人は相当の強者!
っていうか、英語圏の人に洋式トイレのインストラクション必要?
まぁ〜おもろいからええか
イメージ 17


室蘭から松前に向かう途中で道の駅 上ノ国もんじゅに立ち寄った。
ここはドッグランがあり、「うまそう」がドッグランデビューしたところ。
「うまそう」よりもジムシィが大喜び♪
イメージ 18


服の中に雪をいっぱい入れて 走る走る♪
イメージ 19


松前では飲み友達のOさんと会うために。
家に招かれると・・・知らぬとはいえ前日が奥さんがなくなって1周忌だったらしくお供え物の・・・(名前忘れた)
を持って帰れと勧められる(ちいちゃん食ってるし・・・)
Oさんのお仲間も自宅に集まって宴会!その後はスナックで二次会・・・明日11:35分のフェリー間に合うかしら?
今度は桜の松前城を見に行きたいもんです。
イメージ 20


親からもらったこの体、ありがたくもアルコールの分解能力は人一倍(笑)
ちゃんと起きれました♪
ビバーク先の道の駅 北前船松前。
イメージ 21


予約通り、函館から青函フェリーに乗って北海道を後にしました。
イメージ 22


2日かけて青森から本州を南下。
2月2日 来たのは千葉の幕張メッセ。ジャパンキャンピングカーショーを見るためメッセの駐車場で車中泊。
ここで、家が近くの部長と合流♪
夕方そこそこいたキャンカーも・・・
イメージ 23


翌朝には・・・え?これだけ!?
皆さんどこ行ったんでしょうか?
ここの警備員さん、車中泊組には全力で怪しまれます 逆に心強いです。
朝方、車中泊組のキャンパーさんとお話ししたところ、静岡からメッセに寄り、これから北海道に行くそうだ。
聞けば雪が大好きだそうで・・・どっかの誰かさんと一緒・・・お気をつけて行ってらっしゃい♪
イメージ 24


先に北海道から帰着した部長はワックスがけまでしたそうで、うちの小汚い車が恥ずかしい
イメージ 25


カムロードの内装と外装が変わったとのこと。
イメージ 26

整然と並ぶブランクスイッチ
イメージ 27

オプションバンパー付き
イメージ 28


デイライト風のあしらいは・・・イミテーションらしい
イメージ 29

開発者の方に突っ込んだ話が聞けて有意義なキャンカーショーでした。
イメージ 30


うちの標準トレッド車には付けられないリヤ強化スタビライザー(青棒)
イメージ 31


見るもん見たし!帰るかな〜
御殿場SAの富士山がナイス♪
イメージ 32


「うまそう」の笑顔?もナイス!
イメージ 33


2月4日の夕方、無事徳島の自宅に帰着。
この方が一番くつろいでました♪
イメージ 34


最後に極寒期にキャンカーの水回りとかはどうしてんの?などなどの話になると思うんですが・・・
うちのキャンカーZiL480 skipは優秀(たまたま)で水回りのシンク、トイレがエンジンの後ろにあり
毎日走ってる分には特に何もすることなく凍結することはありませんでした。

一般的なキャンカーはシンクやトイレは中程から後方にあると思いますが、外部タンクはすべて凍るので
ある程度対策が必要です。

シンク : 外部給水タンクは凍るので水は抜いたほうがいいです。ポリタンクから給水するバルブなら大抵室内
       に設置しているので凍るリスクは少ないですが、外部ドアとの間に銀マットなどで断熱すれば
       凍結リスク減らせます。車種にもよりますが、座席下などの収納に温度計を設置して監視して
       ましたが、毎日運転していた為か0度を下回ることはありませんでした。
       
       シンクの排水タンク、いわゆるグレータンクは外部にあるものがほとんどですが、まず凍ります。
       北海道の方に聞くと皆さん基本的に冬は排水バルブは開けっ放しだそうです。
       うちのキャンカーZiL480 skipもここだけはどうしても凍ります。
       できるだけ洗い物が出ないように味気ないですが、食品トレーや使い捨て紙食器を使ってます。
       洗ったのはわんこの食器くらいで、凍ったグレータンクでも2週間は裕にいっぱいになることは
       ありませんでした。タンクの中にウォッシャー液を入れておくという手もありますが結構面倒です。

       また、外部タンクの排水バルブあたりによく着雪しますので凍らないうちにまめに除去しないと
       凍ると結構な重さになりバルブが重さに耐えられなくなる可能性がありますので要注意。

トイレ : まずタンクに入れるケミカル類ですが、スタッフォードの場合、フラッシュ用の水に混ぜるピンクのリンス   
       剤は原液でも−10度で凍ってました。同行した部長の場合、北海道のホーマックに−35度対応の
       ウォッシャー液の18リットルポリタンク を買って、少々薄めてフラッシュ用の水として使ってましたので
       凍ったことはなかったようです。ただリップ類の劣化も予想されますので帰ったら抜いたほうが
       いいかもしれませんね。

       ブラックタンクの方ですが、ピンクのリンス剤と違ってグリーンの消臭分解剤は原液でも−10度でも
       凍てなかったです。原液の量を増やすか、希釈する水量を減らすことで対応可能だと思います。

FFヒーターの温度 : 今回、旅の前半に温度設定を23度にしていたところ燃費が異常に悪くなりました。
               リッター5㎞は涙目もの(通常は8.5㎞)そこで温度を19度に設定したところリッター
               8㎞弱となり温度設定を低めると燃費に大きく影響することが分かりました。
               ちなみに19度設定でも車内では暖かいですよ〜
               
               ここでも何回か出ましたがディーゼルの場合、現地の軽油を使うのは必須です。
               長距離フェリーで現地に到着して無給油で使うと大抵FFヒーターがストップします。
               寒冷地対応の軽油をすぐに給油することをお勧めします。

ウォッシャー液 : 結構使います。雪道でも晴れると道路がビシャビシャになりトラックの後ろを走ると
            あっという間にフロントガラスが汚れます。私は−35度対応の物をいつも現地の
            ホーマックで買って原液のまま使ってます。
            カムロードのウォッシャー液を入れるタンクは助手席側。これがまたサイコーに入れにくい!
            ウォッシャー液に付属するノズルを使っても短くてこぼれます。
            私の場合はエンジンオイルを入れる取っ手のついたジョウロ?のようなもので小型の1L
            サイズのを買って車内に常備してます。あるとスムーズなんですが、なかなかこのサイズが
            ホームセンターで売ってない。あれば即買いです!
            
             ワイパーですが、これは絶対 雪用ワイパーを使ってください。通常のワイパーでは
             大量の雪を吹き払うのは役不足どころか凍てしまいます。
             おすすめはグラファイト配合の雪用ワイパー。ビビりがなくてスムーズ♪

             スノーブラシも必要かな。手で雪を払うのは相当酷です。伸ばせばブラシ部分で
             バックカメラレンズもチャチャっときれいになります。

スタッドレスタイヤ: まず、履いているアルミホイールのサイズにより設定があったりなかったりなので
             どこのメーカーがいいとは一概に言えませんが経験上、国産神話は私の中では
             崩壊しつつあります。 
             よく、スタッドレスはどこがいい?と くくりの大きい話は、株の世界でいう
             どの銘柄が儲かるの? と変わらないくらい困った質問です。
             要は車種により重量特性や動力性能、駆動性能、そして運転の仕方が違えばどんな
             いいタイヤでもオーバースペックにもなりえるし、スペック不足にもなります。
             重要なのはいいタイヤを選ぶ前に車を知り、自分の運転を客観的に判断できれば
             リーズナブルなタイヤで十分だと思いますよ。 ま〜経験なんですけどね〜
             
             
一番必要なのは・・・長靴かも これ重要。


よくキャンカー乗りさんの間で冬はお蔵入りしている方もいらっしゃます。
もったいない!! 実にもったいない!! 雪降る冬こそキャンカーでGOですよ〜


雪見の露天風呂に・・・吹雪の中でもFFヒーターで温かい車内で雪見で一杯♪
こればっかり



冬の北海道 ぜひ おススメします。








カメラ : ZenFone 3



この記事に

開く コメント(10)

冬の北海道 キャンカー旅のススメ その1


恒例となった極寒期の北海道のキャンカー旅。
1月20日の夕方 徳島の自宅を出発。
いつもなら敦賀から新日本海フェリーで苫小牧に行くのが楽なルートなんですが・・・
日本海で宴会でも開かれてるか?のような低気圧の集団が・・・
揺れる船に乗るのは私は平気だが他3名(内わんこ2名)が気がかり。
思い切って徳島から青森まで日本海沿岸ルートを陸路で行くことに。

しかし陸路もすごい風で これならフェリーでもよかったかな〜と思いながら、休み休み青森に到着。
1月22日 青森港到着。 普通なら津軽海峡フェリーで北海道に渡るのですが、今回は青函フェリーを利用。
理由はキャンペーンで安かったから♪ おとな二名・キャンカー1台で12,800円
イメージ 1


はやぶさ号に乗船し つかの間の船旅をほぼ寝て過ごす
青函フェリーは初めてだが、この設備でこのお値段なら納得のコスパだった。
荒れているように見える海も乗ってみると快適。
イメージ 2


函館山が見えてきた。
今回からガラケーからスマホに変えて(初の)写真を撮ったが使い方がよくわからず
タイムスタンプが入ったまま だいたい電話のかけ方もよくわからないのも問題だが(笑)
イメージ 3


昨年の同時期に一緒に北海道を回った千葉の「部長」と待ち合わせて函館の屋台村へ♪
部長は一足先に旅に出て東北の肘折温泉などで湯治しながら北海道入りしていた。
私が”いい店があるんですよ〜”って行った店が間違いで面目丸つぶれ!?

「部長」よりメールだと連絡が面倒だから”LINE"を使ってくれと言われ・・・訳も分からず
使ってみると・・・今でもよくわかりません! ただ知らないうちにネットワーク網が構築されてて正直怖い。
でも、おいしくお酒をいただきました♪
イメージ 4


函館朝市大駐車場で夜を明かしました。
イメージ 5


函館からニセコまで走るともうドロドロ。
天気がいいと景色はいいが、雪が解けるとこんな感じに。
イメージ 6


さすがに3シーズン目のネクセンのスタッドレスタイヤも劣化が進んでるか?と思いきや・・・
結構やりますよ。ほんとに。
ちなみに部長のスタッドレスはブリザック。

おおぉ〜見事な羊蹄山。
冬に羊蹄山を見たのは初めてかも!?
イメージ 7


羊蹄山の麓の有名な湧水。
ここでキャンカーのポリタンクの水を給水。
イメージ 8


ここからの羊蹄山の眺めは迫力。
イメージ 9


車の多い札幌市内を抜けて 道の駅みかさ でビバーク。
ここは温泉あり、イオンショッピングモールありで何かと便利ですね。
イメージ 10


翌日、富良野市内で買い物を済ませ、上富良野の冬の田園風景でパチリ♪
イメージ 11


イザ!十勝岳方面へ。
イメージ 12


マニア絶賛の湯。十勝岳温泉 凌雲閣 の前の駐車場でビバーク♪
イメージ 13


早速、温泉へ。 誰もおらん・・・
おおぉ〜見事な茶褐色の温泉。
入ってみると・・・ぉぉぉ〜〜!ぬるい!ぬるすぎる!
ちゅうか、この浴室が寒すぎる!換気扇全開の意味が分からん(笑)
これはいかん。大風邪ひきそう・・・
イメージ 14


露天風呂なんかもっとぬるそうだから やめとこうと思ったが・・・入ってみると・・・
イメージ 15


あったけ〜〜 
なぜ内湯はぬるいの?と不思議に思いながら体を拭いてると・・・
マニア絶賛納得! (注:垢ではありません)
イメージ 16


内湯がぬるかったのはよくわからんが、夏にもう一度来たい泉質です。

雪見酒にはもってこいのロケーション♪
イメージ 17


歌にある 行きは良い良い帰りは恐い♪のように帰り降りるときは相当怖かった。
傾斜度15度の下り坂・・・20㎞/hほどでちょっとブレーキを踏んだらツゥー〜と止まらない
ハンドルをまげて力業で曲がる。部長もビビったそうだ
頂上から道道966号線に接するまでは超慎重に下った方がよいでしょう。

部長とは麓でお別れして私たちは旭川へ。
町に用はないんだが 道の駅あさひかわ のすぐ近くのコインランドリーで洗濯。
道の駅にある食堂の味噌ラーメンはなかなかいける♪
イメージ 18


そして陸別へ。
根性のない気温(-15度)と旅の疲れからか 行きたかったダイニングバーは諦め早めに就寝。
イメージ 19


翌朝早めに出発し、凍った阿寒湖に降りてみた。
キャンカーはドロドロ。
イメージ 20


中国語でにぎわってました。
「うまそう」は寒がるくせに外に出たがります。
ジムシィはやることやったら?さっさとちいちゃんの懐へ・・・
イメージ 21


そして向かったのが タンチョウ観察センター
もうすでに鶴が舞い降りる姿が・・・
イメージ 22


もちろんタンチョウ鶴を見に。
やっぱりスマホの望遠では画像が荒いな〜
K-01持ってくればよかった・・・
イメージ 23


今年はかなりの数の求愛ダンスが見れました♪
イメージ 24


どんなに寒くても見てて飽きない。
イメージ 25


釧路で買い物した後は高速を通って道の駅 自然体感占冠でビバーク。
この日は大したことなかったが、先日 今季最低の-31.1度を記録したそうだ。
ここは苫小牧でフェリーを降りていつも最初にビバークする道の駅。
極寒マニアとしては今回ちょっと悔しい気温(-7.3度)・・・
イメージ 26


この道の駅は静かで自然豊かで「うまそう」たちの散歩にはもってこいの場所だったが
昨年の北海道豪雨で日勝峠の国道が大々的に崩落し、代替道路として占冠IC〜十勝清水IC間が
無料通行措置が取られています。ただ、無料通行はあくまでこの区間だけを通る措置で、それ以前に乗った場合
いったん降りて再入場しないと無料通行扱いにはならないためか、四六時中ここでUターンする大型車両などが
出入りするようになり、静かな道の駅ではなくなってしまいました。
残念ですが、日勝峠の国道274が開通するまでは車中泊は難しいでしょうね。

さて、占冠からどこに行こうか悩んでいたら、やっぱり十勝岳方面にもう一回行こうということに。
ゴリゴリの道路を通って富良野方面に向かいます。
ちなみに道民の皆さんはこんな道を普通に70㎞/h〜で走ってます。
60㎞/hぐらいで走ってるとアッサリ追い抜かれます。
何卒お気をつけて。
イメージ 27


富良野市内で買い物をしようと思ったら・・・えらい大雪♪
どこに車を止めても自由状態です (んなことはありませんが)

ちなみに路面状況によりますが、市街地は踏み固められた雪がかなり滑りますので40㎞/h以上で走ると
交差点を曲がろうと思っても曲がれないことも。信号も止まれないこともあります。
コブができてると滅茶滅茶不快なダンピーになります。
ですから人口の多い市街地では十分スピードを落として走りましょう。
道民の方もさすがに市街地では40㎞/h以上出しませんね。
イメージ 28


お弁当を買ってここで昼食。
中富良野の町営スキー場。夏はラベンダー畑になります。
え?車がキレイになってる?
洗いましたよ。お湯の出る高圧洗浄機で♪
イメージ 29


う〜ん書き疲れてきました
次回に続くということで・・・

今週末、四国にも大型寒波やってきそう・・・
ふふふふふぅ




つづく






カメラ : ZenFone 3

この記事に

開く コメント(18)

シーズン最強寒波で車中泊


私にとっては心躍るシーズンがやってきました。

今季最強寒波がやってくる。行くでしょう!剣山

1月13日の夜に出発。
やって来たのはいつもの剣山 見ノ越の剣山リフト乗り場(冬季閉鎖)前の駐車場。
当たり前ですが誰もいません。
イメージ 1


こんな雪でも「うまそう」とジムシィは散歩に行きたがります。
イメージ 2


このあたりでWiFiが入ることに気づいた。
30分枚にメールアドレスを入れないと更新できないのとセキュリティーがビミョーだが・・・
イメージ 3


yahooの天気アプリで雪雲を確認
水色の丸い点が現在位置、紫色が雪雲。
イメージ 4


寝床を整えてご就寝♪
イメージ 5


朝方の気温は−8.2度
イメージ 6


ひざ下まで積もっていました。
イメージ 7


やっぱり誰もいません。
イメージ 8


雪が深くてジムシィのお散歩が潜水艦状態になるのでちょっと下山することに。
イメージ 9


30分ほど下山して「うまそう」とジムシィをお散歩♪
やたら雪に鼻を突っ込む「うまそう」。
イメージ 10


何が楽しいんでしょうか?
楽しいんでしょうね〜♪
イメージ 11


「うまそう」が鼻を突っ込んだ穴ぼこだらけです・・・
イメージ 12


雪道では絶妙な安定感のジル480スキップ 4WD。
前後の重量バランスがほぼ50:50というのがいいのかもしれませんね〜
今季3シーズン目のネクセンのスタッドレスタイヤもまだやる気満々です。
イメージ 13


いったん、下界に降りて温泉と買い物を済ませ、再び戻ってきました。
イメージ 14


ジムシィは車内でのんびり♪
イメージ 15


「うまそう」は定位置の運転席で見張り番?
イメージ 16


雪は例年通りといったとこで、それほど沢山積もったわけではありませんが・・・
イメージ 17


時折、竜巻状に雪を巻き上げて轟音とともに走り去ります
これには「うまそう」もビビったようです
イメージ 18


標高は1,300mオーバー。
気圧差で何でもかんでもパンパンに。
イメージ 19


翌朝・・・寒さで起きる。
軽油を使ったFFヒーターが止まったようだ。
原因は燃料タンクの軽油が燃料パイプの中でジェル状になり流動性が悪くなったものだと
過去の経験から推察。
エンジン自体は寒冷地仕様でフュエールヒーターがついているのでかかる。
30分ほどエンジンを回すとFFヒーターが復活。だが3,4時間するとまた止まる。
四国の軽油はこの時期でも寒冷地用の軽油でないところがほとんどなので仕方がない。
かといって、直噴エンジンに凍結防止の燃料添加剤を入れるのはちょっと怖い。
たいてい−10度を超えると四国の軽油ではこのエラーが起きる。
でも、もう慣れた♪


朝方の気温、−11度
イメージ 20






北の国が呼んでいる 



 



カメラ:ZenFone 3


この記事に

開く コメント(26)

カムロード リコール

カムロード リコール


カムロード、ハイエース(レジアスエース)のディーゼル乗りの方に訃報です
うちのキャンピングカー ジル480スキップ 4WD ・・・ ビンゴ!!でした・・・。


平成22年 7月22日〜平成28年 7月 7日 に製造されたものが対象です。

リコール内容 (2)だけか、もしくは(1)(2)両方。



イメージ 2


 



イメージ 1






今まで市場からの情報で(1)で105件、(2)で211件不具合が報告されてるようですが事故はなかったようです。
総台数243,907台!台数も内容も結構大掛かりなリコールになりそうです。

個人的に気になるのは「コンピューターの修正」ですが、修正後 地味に低速トルクが落ちるとかないのかしら?
過去にエクストレイルのクリーンディーゼルで経験してますからね〜。

あと、不具合の場合 オイルに燃料は混ざらないのでしょうかね?(オイル交換の必要性は?)
そこんとこ気になります。

いずれにしても時間がかかりそうなので近くのトヨタに電話で予約した上で行った方が良さそうです。




ちなみにうちは(1)も(2)も該当します・・・
こういう運はいいです

後日談:リコールから帰ってきてどうかというと・・・・レスポンスが良くなった気がします

この記事に

開く コメント(21)

剣山の紅葉 白の世界

剣山の紅葉 白の世界


地元のテレビ局では剣山の紅葉が見ごろと、こぞって放映されてるのを見て出動。

土曜日の夜に剣山の見ノ越駐車場で一泊し翌朝・・・嫌な予感はしていたが
し・・・白い。
イメージ 1


紅葉を見に来たのか、白い世界を見に来たのか・・・
イメージ 2


「うまそう」も残念そう?です。
イメージ 3


これはいかんと国道483号線を神山方面に。
そうです、剣山スーパー林道に期待します。
コリトリまで降りると霧は少し晴れました。
イメージ 4


国道483号線から剣山スーパー林道の川成峠を結ぶ新しい林道、木屋平木沢線を行ってみます。
イメージ 5


上へ登るごとに濃いガスとなり・・・この路線最大の登り傾斜ではオートマチックオイルの警告灯が点滅。
相当な登り傾斜です。
イメージ 6


確か開通当初は未舗装区間のほうが多かったのですが、いつ未舗装路になるのかワクワクしたら
結局、剣山スーパー林道の川成峠まで舗装されてました
イメージ 7


いつの間にか川成峠にはこんなモニュメントが立ってた。
イメージ 8


ここからは未舗装路。ファガスの森に向かいます。
イメージ 9


いつも朝日を拝む「徳島のへそ」も真っ白。
そろそろ白い世界を映すのも嫌になってきました
イメージ 10


未舗装ながらキャンピングカーでも走りやすく整備されて、あっという間にファガスに到着。
ここはさらに白かったです。
初めて見る人には何が何やらわからないはず・・・
イメージ 11


無理やり紅葉を撮ってみる。
イメージ 12


撮ってみる。
イメージ 13


だんだん虚しさだけがこみあげてくるので、ファガスカレーを食べよう♪
中に入るとテーブル一面の食事の用意がされてて・・・こりゃ今日は食えないかな?と思ったが…
どうやら団体さんが来る準備らしい。

ちゃんと食べれました♪ ファガスカレー(鹿肉入)
ここで食べるカレーは格別。
イメージ 14


食べたら眠くなるというもの!?
2時間ほど仮眠。
起きたら・・・霧が晴れとった♪
イメージ 15


白の世界よ・・・さいなら。
イメージ 16


「うまそう」とジムシィもお散歩。
仲がいいようで♪
イメージ 17


さぁ〜出発!
イメージ 18


いつもとは逆のルートで帰ります。
イメージ 19


緑のトンネルが気持ちいい♪
イメージ 20


国道193号線の剣山スーパー林道の入り口。
未舗装路ともお別れ。
イメージ 21





天気のいい日に紅葉を見たいもんです。




この記事に

開く コメント(22)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事