少佐の釣れ釣れ草

ようこそ!趣味の釣り、クワガタ飼育のブログです。

プラティオドンネブトの産卵

セットしたが、ボウズであったプラティオドンネブトだが、1月になっても産卵しているかどうか?わからなかった。

このままもしやボウズで終わるのか?

焦ってもしょうがないので、成虫用のゼリーだけ時折交換していたのだが、1月下旬頃にはボトル内を成虫が動いたあとが見えるようになっていた。
そして1月30日…

イメージ 1


プラティオドンが産んでおる!

大丈夫 問題ないと自分に言い聞かせながら 待ちに待った。

こうなったら見たいよね(笑)

イメージ 2


ごめんなさーい と 言いながら セットを掘り掘り…
親がころっと出てきたら タマゴと産まれたばかりっぽい初令幼虫が!

やった!
これはいい方に向かってる。このままセットを継続することにしたけど、2月10日(日)

どうしてもボトル内が確認したくなったので、慎重に掘りすすめると…。

イメージ 3


タマゴと幼虫が見える。
パッと見ただけでも 7〜8匹見える。
爆産?が怖いので、メスをセットから外したけど、タマゴや初令が小さく、これ以上セットを暴くのが怖くなりそっとマットを戻して温室に片付けた。

飼いきれんぐらい増えたらどうしよう…(*´Д`*)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事