ここから本文です
ぱあまやさんの庭
戦争をする日本になるのか、兵器を削減の日本になるかの選択の選挙でもあった
今日の雲はうろこ雲、
明日からまたぐずつくと言う天気予報。

眩しい光の庭では、木立ちベコニアの種類秋海棠シュウカイドウ)
イメージ 1

蕾をたくさんつけた秋明菊(シュウメイギク)
イメージ 2

毎年零れ種で、助かってる青じそは、今年も花が咲いてます。
イメージ 3

空き地だった時に咲いてた彼岸花が、抜いても
いつのまにか球根を大きくして咲き出します。
本当に強い強い花ですね。
イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

『サルサが何気に踊れるおばあちゃん』を目指して
近所にサルサを教えてくれるところがなかったので
社交ダンスを10年習っているわたしです。

あっ!これだ!と、思えるような説明がわかりやすい動画を
発見して、ユーチューブで製作者を登録。
次々と、そのサルサの動画を見続けていたら、、、
なんとも心地いい音楽が気になるように。

どうも、『オルケスタデラルス 』という日本人バンドらしい。
和名に訳すると『光の楽団』という。
グラミー賞にもノミネート経験が。

残念ながら、すでに解散してるらしい。
↓の動画を見て、気に入って購入したアルバム
 サルサの初級者向け、中上級者向けとカウントだけの音楽の
 3枚組み。

**使われてる楽曲は『私はピアノ』、動画1分51秒あたりから、、、
ご存知サザンの名曲をサルサアレンジしてあります。**

イメージ 1
少し涼しい風が吹く青空のした、
こんな楽曲でゆったりサルサを踊るのは気持ちいいことだろうな。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
徳川家田安家の十一男、竜之助は、
嫡男ではなく身分の低い側女の子として、
11男ということもあって、無視されたように
低く見られながら、その行動は自由はなく
広い敷地の屋敷の中にいても竜之助は、
常に息苦しく辛い日々を送っていた。
生みの母は小さい頃家を出て行った。
そんな中、用人の支倉だけは竜之助を不憫に思い
陰日なたと世話をしてくれた。
そんな竜之助が憧れたのは
いつか同心になってみたい。
颯爽とかっこよく粋な格好で十手を持ち
街の人の役に立つ仕事がしたい。

剣の道は、そんな鬱屈した少年時代の
何ものも忘れ熱中できる道だった。
素直な性格と物事を深く洞察できる人物像は
徳川の秘剣を持つものとして、選ばれた人物でもあった。

武者修行に出たい竜之助を
身近に置きたい支倉は、
当時欧州にも遊学して広い見聞を持つ親類の小栗忠順奉行に
頼み込み南町奉行所の見習い同心に。


数々の事件を解決しながらも
次々と天下一の剣を倒したいと現れる刺客との戦い。

脇を固めるキャストも楽しみ。
本物の当時の事件も混ぜながら、
歴史上の人物も混ぜながらの物語。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事