ここから本文です
ぱあまやさんの庭
戦争をする日本になるのか、兵器を削減の日本になるかの選択の選挙でもあった

柚子のタネの化粧水!

使い切れなかった柚子、台所の隅に転がっていませんか?
私も、今年は複数の知人に頂き物をして
使い切れなく残っています。

柚子のタネ、とこれはなくても良いですが
庭のアロエの果肉を
綺麗なガラス瓶の中に入れて、ミネラル水(精製水でも)
冷蔵庫で浸出させると、素敵な化粧水ができます。

アルコールに入れて抽出し、
希釈して化粧水にするやり方はメジャーですが、
アルコールを使いたく無い方は水でも。

今ならネットで柚子、タネ、化粧水で検索多数!!
イメージ 1
柚子化粧水まとめ

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
静岡県三島にある『国立遺伝学研究所』の教授。
日々技術が進歩するDNA解析の世界。
核DNA解析でより詳しく多くのデータを
取ることができるようになった今、
これまでの説がどう変わったか?

日本列島、これをヤポネシアと呼ぶとする。
このヤポネシアに初めて人間がやってきたのは
3万2000年前。
沖縄県、山下町第1洞穴遺跡出土の人骨。
そのヤポネシアに人が住み着いてから、2万年以上経つと
土器が出現した。いわゆる縄文土器である。
それ以前は旧石器時代と呼ぶ。


西暦3〜7世紀、古墳時代〜飛鳥時代に混血が始まった。
これは、ヤマト政権が東日本、東北地方に
勢力を拡大した時期になる。

オキナワ人の祖先となる縄文系と弥生系の混血が始まったのは
1075年〜1320年前、飛鳥時代から平安時代。
オキナワ、グスク時代が始まった時期。

それ以前から大陸から稲作技術を持ってやってきた
弥生系のゲノムを持つヤマト人が九州から南下が始まっていた。

オキナワ人の縄文系DNAの割合は27〜30%
ヤマト人は14〜20%

縄文時代人口は30万人ともいわれるが、
もっとデータが集まればこの数倍あったかもしれない。
この縄文期は後半にかけて人口が減る。

一気な増加が見られたのは、東南沿岸部の大陸から
やってきた稲作文化が定着してから。
この稲作文化は、オキナワ、北海道にはなかなか伝わらなかった。

アイヌの祖先は、旧石器時代から縄文時代に
ヤポネシアに南下してきた最も古い祖先集団と一致する。

また、ゲノム以外にY染色体からのアプローチも
記述されていて、実の興味深い内容です。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
イメージ 2イメージ 3イメージ 4イメージ 5
将軍綱吉、柳沢吉保の時代の1シリーズ読了。

シリーズ初めは、なかなか主人公に思い入れが作れなかったが
プロローグ作品を読んでからは、少しづつ
佐伯泰英マジックにはまり、11巻+1計十二冊読了。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事