過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

3月26日午後より 先日発注していたAE86のファンベルト・P/Sベーンポンプベルトをトヨタ共販に引き取りに 帰宅後 ガレージで作業開始

イメージ 1

先ずはバッテリー(−)ターミナル取り外し

イメージ 2

エンジンルームからファンベルト及びP/Sベーンポンプベルトを取り外し(ここいらの作業は画像が有りません)
ベルト×2を取り外したら[クランクプーリー・オルタネータプーリー・ファンプーリー・ポンププーリー・パワーステアリングアイドルプーリー]のプーリー溝/ベルト背面の当たり面をパーツクリーナー/ナイロンブラシ/ペーパーウエスを用いて清掃・脱脂

イメージ 3

エアブローを行います(結構汚れています)
トヨタ純正部品(日本製)[ベルト.V ファン アンド オルタネータ ヨウ]品番 90916-02148

イメージ 4

5PK-825・CRゴム・バンドー化学製を装着

イメージ 5

オルタネータースルーボルト×ナットT=425±75kg-cm/オルタネーターアジャストボルトT=185±35kg-cm/ベルトたわみ量・ベルト背面/押力10kg‐3・5〜4・5mm(新品取り付け時)トヨタ純正部品(日本製)[ベルト.V ベーンポンプ ヨウ]品番 90365-90910(代替旧品番 90365-50910)

イメージ 6

5PK-910・CRゴム・バンドー化学製を装着

イメージ 7

パワーステアリングアイドルプーリーナットT=530kg-cm

イメージ 8

ベルトたわみ量・ベルト背面/押力10kg‐8〜10mm(新品取り付け時)ここいらは教科書通り(修理書)の数値に合わせておけば問題無しです(^◇^)※押力10kg=成人男子が利き手の親指1本でかなり力を込めて押した位の押圧です(たわみ量はプーリー間のベルト中心位置をスケールで計測します)20年前まで仕事で散々やりましたので未だに手の感覚が覚えていました(笑)
バッテリー(−)ターミナルを装着 エンジンを始動して

イメージ 9

ベルトの異音等を確認して先日から取り外しいたアンダーカバーを装着

イメージ 10

して作業終了!(^◇^)

尚 前回交換から約6年経過した ファンベルト及びP/Sベーンポンプベルトの劣化状態は ファンベルトはベルト裏のリブ部分にひび割れ等は無し(ベルト背面のゴムは僅かに硬化しているかな?) ベーンポンプベルトはベルト裏のリブ部分に僅かなひび割れが有り(こちらもベルト背面のゴムは僅かに硬化) まぁ自分自身の流儀で[予防整備]として行っていますので 今回の作業結果は上出来です(^◇^) ※2011年位?から[三ツ星ベルト/バンドー化学]さん所から[エコ・Vベルト]なるものが販売されているようで 材質は[EPDM製]交換距離の目安は35000kmごと 距離としては長いのか 短いのか?( ̄▽ ̄;) [CR製]しか装着経験の無い 20世紀末で引退した旧式頭脳の元整備屋には 良く分かりませぬ( ̄〜 ̄;)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事