KYモデラーズ 模型製作 & ロードバイク

大学生モデラーKと 出戻りモデラーYの KYな模型製作

全体表示

[ リスト ]

Yです。

今朝は朝から雨なので、ロードバイクライドに行けず朝はグズグズ。(行ける時もグズグズですが、、、)

運搬台車に目途が立ったので、ベース製作開始しました。

イメージはこれ。
イメージ 1
このシーンではだだっ広いところにある少し小高い道(径)のようです。

このシーンを理解するのにはこの本が役に立ちます。
イメージ 2
三菱重工業 名古屋航空機製作所から各務原飛行場へ48Kmの、零戦試作機の輸送が冒頭に描かれています。
この距離で24時間かけたそうです。 
小説では最後に至るまで各章でこの輸送について描かれ、零戦そのものだけでなくどういった環境で開発、生産されたかの当時の状況が詳細に表わされています。 零戦がいかに素晴らしくても、生産者(三菱)と軍との関係、道路状況や運搬手段の維持など劣悪だったことが淡々と描かれていて、軍にとっても良かれと考え三菱側が実行したことで逮捕、裁判を受け有罪になるなど本当にまじめに戦争をする気だったかどうかを疑わせるところが各所に出てきます。

余談はさておき、映画「風立ちぬ」で描かれた、九試単戦のこの運搬シーンがこの小説のシーンとも一致しますので、96艦戦も同じ運搬状況だったと思われます。 当時の荒れた道路(路面)状況ではトラックで運ぶと機体が壊れてしまうのだそうです。

こういった事情を頭の片隅に入れてベースを製作していきます。
まず、切り取り方を検討します。 ベースに対する道の角度とベース全体のサイズなどです。 道幅は小説によるとそれほど余裕があったようではないので、運搬台車のサイズから逆算です。 
径路全般的には道幅が狭くすれ違いは出来ないので、先ぶれが出て、対向する車輛には軍の用向きということで、すれ違いができる場所で待たせたようです。
イメージ 3

決まったら、後はいつものベースの作り方です。 小さいので各材料も一回り細い、薄い材料で組んでいきます。
あっという間とはいきませんが、製作過程を写真に残すほどの作業はしていません。
イメージ 4

イメージ 5
轍や路面のえぐれをウレタン板に彫り込んでいきます。
手前(と左奥の)平坦なところは田んぼにしますので、切り出したt 1.7mm透明プラ板を嵌めています。
ここには田植えシーンを再現します。 

このあとモデリングペーストを薄く塗って、テクスチャーペイントを全体に塗布しました。
イメージ 6
乾燥したら、サーフェイサーを吹いて仕上げていきます。

この記事に

閉じる コメント(2)

かいぞうです。牛に引かれて善光寺参り、じゃないけれど48キロの道のりを24時間掛けてゼロ戦を牛で運搬する・・・これじゃ日本が戦争に負けても当然じゃないかって思ってしまいます。
私の母は岐阜市生まれで、女学生時代に学徒動員で各務原飛行場でゼロ戦のボデイにペンキ塗りしていたという話を聞かされたことがあります。
そういった思いや情景をジオラマ化するなんて、何て歴史をほうふつとさせる作品なんでしょう!と思いました。
今後の完成が楽しみです。

2018/6/14(木) 午後 2:36 [ かいぞう ] 返信する

顔アイコン

かいぞうさん、
ありがとうございます。頑張って完成させます。
最先端の物って逆に周りの後進性を浮き彫りにしてしまうんでしょうね。 お母様のご経験もスゴイですね。

2018/6/14(木) 午後 9:21 [ KYモデラーズ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事