ここから本文です
セイチの釣り日記
寒グレ シーズンイン!
釣武者 3レイヤー サプトルストレッチレインスーツ



イメージ 1





3層レインは汗の吸収が早く、肌にへばりつき難く微妙な伸び(サプトルストレッチ)で突っ張り感が軽減されます。 冬場はダウンや保温性の高いインナーを着用し、気温の高い季節には、薄手の服やTシャツなどの上から羽織ることができ透湿効果があるので不快感が少なくオールシーズン着用できるレインスーツ




イメージ 2



長年使用してきたレインウェアのダメージが大きいため、買い替えの為購入しました。

この記事に

カヤウキ 完成

先日、カヤウキに「ネーム」と「浮力」をいれ、また前回作成時のの不具合個所を考慮し、ついに改良品が完成しました。



イメージ 1



「セイチ」ピンクバージョンも仲間に加わりました(^^)/



イメージ 2




天候が良ければ、来週あたりに飼育係り釣行予定です。

この記事に

台風2号の影響で釣りに行けず、自宅でカヤウキ作りに専念しています。
無事、ヘッドカラー塗装まで完成いたしました。




イメージ 1


この記事に

カヤウキ 下地塗装

無事、下地塗装工程まで完了しました。




イメージ 1


この記事に

先日作成しました「ウキブランコ」をカヤウキにセッティングしました。




イメージ 1




次は下地工程となります。

この記事に

グラブ 革ひも交換

先日のウェブ補修に続き、革ひもの交換を自分で行いました。

というのも、先週末に行われた練習試合前、子供たちとキャッチボールをしていると
革ひもが切れてしまったため、自宅にある革ひもと交換しました。



イメージ 1






イメージ 2






イメージ 3




試行錯誤しながら、約30分で交換完了!

これからも大事に使用していきます(^^)/

この記事に

ウキ ブランコ作成

カヤウキを作成するにあたり、自作でブランコを作成することに致しました。

購入した部材はこちら↓



イメージ 1



リリアンを適度な長さにカットし、加工した竹材をはめ込みます。



イメージ 2



取り急ぎ、10個程度を作成しました。



イメージ 3


この記事に

グラブ ウェブ補修

26年間使用しているグラブのウェブが切れたため、グラブ屋にて補修して頂きました。



イメージ 1





イメージ 2



ついでに、ラベル交換も実施して頂きました。



イメージ 3




イメージ 4



この記事に

釣行日 :2019.1.10(木)
潮  :満潮08:39/干潮14:16(下げ中潮3日目)
水温  :14.1℃
天候  :晴れ
釣果  :グレ 2匹 (32~37cm)



本年度の初釣りは、HGである田杭に出掛けて来ました。
6時40分に港出船との事ですので、いつも通り5時に起床、5時45分に自宅を出発します。
港に到着した時刻は、出船5分前。
いつも通り磯の選択権はないため、船長にすべての渡礁先はお任せです。

地のイカリから順次瀬付けを開始し、私は「社長」とともに「ミツ」磯へ同礁させて頂くこととなりました。


「ミツ」より「オオクラ」方面を覗く↓



イメージ 1



本日のタックル

竿  :アテンダーⅡ 1.25号-50
リール:トーナメントZ 2000LB
道糸 :1.75号
ハリス:1.75号
ウキ :セイチウキ ピンク/オレンジヘッド F〜3B、自作カヤウキ
針  :掛かりすぎクチブト 4〜6号



午前7時、スタートフィッシング。
満潮にけ、潮はトイシ方面へとゆっくりと上っています。

足元に撒き餌を打ち、海中を観察しますがエサ取りを含むお魚の姿は確認できません。

まずは2ヒロから探っていきますが、案の定さしエサは取られません。
ウキ止めを外し、徐々に海中を探っていきますがノーシグナル。

ポイントをミツの先端から腹へ変更した一投目、仕掛けが馴染む前にスプールから道糸が弾き出される本日初アタリ!

2019年ファーストヒットは、32cmのクチブト♪



イメージ 2



連発を期待しますが、その後は音さたなし。
時間だけがあっという間に過ぎ、10時に少し早めのお昼ご飯を取ります。
おにぎり片手に同礁した社長を拝見していると、大きく竿を曲げています。
慌てて駆け寄り、たも網で掬います。



イメージ 3




45cmオーバーの縦じまの美しい銀狼でした(^^)/

再度ポイントをミツの先端に移し、14時過ぎに控える干潮に向けた下り潮を徹底的に狙います。
しかし、当たってくるのはアイゴです。
この水温とこの活性でアイゴのみが当たってくるのは不思議ですが、本命とは巡り合うことが出来ず、ただただ時間だけが過ぎていきます。



イメージ 4



全くもって、良いのは天候のみです(^^;



イメージ 5



当日は夕方から少年野球の練習が予定されていますが、こうなれば残業決定です。
目の前を16時便の船が駆け抜けていきます。



イメージ 6



残り1時間!
夕マヅメのチャンスを利用して、何とか追尾を図ります。
その期待が通じたのか、2ヒロから馴染んだマーカーがスーッと海中へ引き込まれます。
ここは慌てず、飲み込ますことを優先して、送り続けると竿先にコツコツとした感触が伝わります。

「キタッ!」

渾身のシャクリで大きく合わせると、程よいその重量感が左腕に伝わります。
無事ネットインした本命は、37cm(^^)/
たたみかけるべく、すぐに仕掛けを投入しますと、またまた同じようなアタリ!

「モウタッ!」

その感触に何か違和感を感じながらも連発の嬉しさに浸っていると、なぜかアイゴに
変わっていました。



イメージ 7



この一尾を最後に17時、ストップフィッシング。



イメージ 8



本日の釣果↓



イメージ 9




この後、あわてて高速に飛び乗り少年野球の練習に向かいました。

グランド到着後、子供たちに「コーチ、今日ちょっと来るん遅いやん!」と聞かれましたので、「仕事が少し長引いたんや」と伝えると、横で話を聞いていた次男坊の顔が引きつるのが見て取れました。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事