ここから本文です
セイチの釣り日記
6/25 釣行予定

炎月 集魚ネクタイ

イメージ 1

炎月集魚ネクタイ鰯シャッド /鰯パターンに絶大な威力を発揮!

光量の少ない条件下でこそ、威力を発揮する"味と匂い"。
さて、鯛ラバにおけるネクタイから発生する波動の重要性はすでに周知の事実だが、味や匂いについてはどうか。波動や動きの少ない餌釣りを参考にした場合、瀬戸内海で真鯛の特効薬として使われる『鯛虫』や『マムシ』は、動きこそないが匂いは強烈である。また、九州エリアで注目されている鯛ラバ+エビの『エビラバ』なども高い実績があり、エサが持つバイトを継続させる力は凄まじい。
また、真鯛の嗅覚は人の1億倍、警察犬並みという研究発表もあり、匂いは広範囲の魚を誘引するのに効果があると考えられる。真夜中の視界の効かない投げ釣りで、『鯛虫』や『マムシ』に真鯛が喰ってくるのは、やはり匂い抜きには考えにくい。逆に言えば、視界が制約されるロケーションでも威力を発揮するのが匂いだ。濁りがある場合や曇天、朝マズメ、夕マズメなど光量が少ない時こそ、匂いのあるネクタイを投入してもらいたい。
また、水深が50mを超えるような深場で、底にべったり貼り付いた真鯛にも、匂いが誘いのファクターになる可能性は大きい。
"動き"+"味と匂い"の相乗効果で、真鯛を寄せる。
新しくリリースされる集魚ネクタイは、魚を寄せる"味と匂い"とアクションに着目した。効果として実感できるのは、バイト数が増え、バイトが長いこと、追い喰いをすること、視覚の制約を受けないことなどがあげられる。
『トルクストレート』は、ストレート形状で汎用性が高い。独自のリブがネクタイ同士のくっつきを防止するので、巻き上げたらネクタイが一本になっていたということが少なく、安定したアピールをしてくれる。『鯛虫ピン』は、水抜けが良く、繊細な波動を生む、細いシルエット。ピンテールとして、また、喰い渋る状況ではWピンテールとしても使える。
『鰯シャッド』は素材に3D形状を可能にするエラストマーを採用したことで、波動の強いシャッドテールのネクタイに鰯ボディを搭載でき、視覚的にも威力を発揮するネクタイになっている。これは鰯パターンでは迷うことなく投入したい。
『イカタコカーリー』は通常のカーリーとは異なり、ネクタイの断面形を変えることで複雑な波動を発生。超スロー巻きでもアクションするので、真鯛にじっくりと見せたい時に特に有効だ。

集魚ネクタイを同梱。『神楽』と『十五夜集魚カスタム』
『炎月 神楽』は、集魚ネクタイを同梱。低速巻きではスラロームアクションを発生し、高速巻きではストレート軌道に変わる可変スラロームアクションを実現。スラロームアクションによって味と匂いが拡散されるため、より広域にわたって集魚効果が期待できる。また、全遊動と半固定の切り換えができる『フィニッシュホールド』を搭載しているので、喰い渋る状況では真鯛に違和感を与えない全遊動、活性が高い時は半固定で攻めるなど状況対応力の高い鯛ラバになっている。また、ネクタイの交換も簡単にできる『スルスルパーツ』を搭載しているのでネクタイを迅速に交換できるのもありがたい。ネクタイの色やタイプを変えた途端にヒットすることは多いので、ぜひ積極的にネクタイチェンジを行ってほしい。同じく、『炎月 十五夜集魚カスタム』も底取り性と等速巻きに優れたタングステンヘッドに、『フィニッシュホールド』、『スルスルパーツ』を採用。また、集魚ネクタイを同封しているので、こちらも味と匂いの効果をぜひ実感していただきたい。
『炎月 神楽』、『炎月 十五夜集魚カスタム』ともに、貫通性に優れたフッ素フィニッシュ仕様のフックを装備しているので、鯛ラバ特有のバラシの軽減も期待できる。

イメージ 2



akamatsuさん、

ありがとうございました。

この記事に

小学校 プール清掃

6月15日(金) 子供たちが通う小学校のプール清掃が行われました。

このプール清掃は、毎年プール開きに合わせ6年生と地域の消防団が一緒となり
清掃を行う活動で、今年もご協力させて頂きました。



イメージ 1




イメージ 2



教職員の皆様、

お忙しい中、プール清掃にご協力いただきありがとうございました。

この記事に

6月2日および3日にかけて開催されました「第49回 和歌山県 スポーツ少年団 軟式野球大会」に出場致しました。



イメージ 1


この記事に

以前より愛用していた「釣武者  スリムロッドケース」のファスナーが破損したため、兵庫県 豊岡市の鞄会社へ修理依頼を行いました。

本ロッドケースは「2011年発売スリムロッドケース」であり、釣武者さんより「ファスナー表示に誤りがある製品」として自主回収対象商品です。




主に紀伊半島をメインに釣行する私にとっては非常に使い勝手の良い商品で、どうしても手放したくないロッドケースでしたが、昨年末ついにファスナー(スライダー)部が破損してしまいました。

そこで理由をメーカーさんに説明し、何とか補修していただけないか確認致しましたが、対応不可とのコメントを頂戴。

ネットやかばん補修ショップに持ち込み、補修可能か検討して頂きましたが特殊なファスナー(スライダーが鋳物)のため、すべて対応できないとの事。

どうしてもあきらめることが出来ず、ネットで調査をしていると「カバンの町 豊岡市」で補修に対応してくれるショップを発見。
そこで補修内容を相談してみると、原型には戻らない可能性があるものの補修可能と判断頂き、年初の1月に修理に出しました。

先日そのロッドケースが補修完了し、無事手元に戻ってまいりました。


<補修前;スライダー部破損>

イメージ 1



イメージ 3



イメージ 2



<補修後;スライダー部交換>


イメージ 4



イメージ 5




カバンクリーニング工房キヌガワ」さま、

この度は、無理なご依頼にもかかわらずご丁寧にご対応および補修対応いただき、
本当にありがとうございました。

この記事に

6月8日(金) 午前中少し時間が出来たため、今年初のタナゴ釣りに出掛けて来ました。

開始早々、婚姻色の美しいアブラボテが姿を見せてくれました(^^)/




イメージ 1



その後は小型ながら、連続でヒットします。



イメージ 2





イメージ 3




11時から11時30分の間で、15匹のアブラボテをゲット!



イメージ 4



写真撮影後、川に戻ってもらいました(^^)/

この記事に

釣行記 2018.6.4 田杭釣行

釣行日 :2018.6.4(月)
潮  :満潮08:12/干潮15:04(下げ中潮4日目)
水温  :22.1℃
天候  :晴れ
釣果  :コッパ多数


前回の4/9釣行以来、約2ケ月振りとなる田杭への釣行です。
前日、船長に最近の釣果を聞くと「コッパが多いど」と情報を頂戴します。
またエサ取りはさほどいない模様。

4時半の出船時間に合わせ、いつも通り3時に起床→3時半過ぎに自宅を出発。
港には予定通り4時20分に到着。
底師3名と私を含めたフカセ師2名の計5名を乗せ出港。

私は「沖のイカリ」へ渡礁致します。



イメージ 1




本日のタックル

竿  :アテンダーⅡ 1.25号-50
リール:トーナメントZ 2000LB
道糸 :1.75号
ハリス:1.5号
ウキ :セイチウキ ピンク/オレンジヘッド F〜5B、自作カヤウキ
針  :伊勢尼 4〜6号




イメージ 2



まずは、海況の観察。
潮は満潮に向け、左から右へゆっくりと流れています。
続いて足元に撒き餌を打ち海中を観察すると、おびただしい数のジャミが沸いています。

カヤウキをセットし、1ヒロからスタートフィッシング。
第一投目から、豆アジがヒットします。
第二投、豆アジ。
第三投、豆アジ。
第四投、豆アジ。

海面を埋め尽くすほどのジャミは、その上を歩いて港まで帰れそうなほどです。

ここから試行錯誤の釣りが始まります。
何とか口元にさしエサを届けられることを思案し、仕掛けを打ち返します。

釣り開始30分後、見事作戦が的中しコッパながら本命のゲットに成功!



イメージ 3



25cm程度ですが、こみ上げてくる嬉しさがあります。
その後もジャミを避わしながら、同サイズのコッパを掛けることに成功します。

当日の海況はご覧の通り↓



イメージ 4




しばらくすると、湾内方向に流れていた潮が四人バエ方面へと流れを変えます。
タナを3ヒロへ変更しガン玉をハリスへ打ち付け、きっちりと棚をとる仕掛けへ変更します。
たっぷりと足元へ撒き餌を打ち付けてエサ取りを寄せ付け、大遠投で潮の流れを狙い撃ちます。
仕掛けが馴染み、しばらくするとウキが海中へ突き刺さります。
案の定、ウリボウの登場です。



イメージ 5



ここから、22~23cm程度のウリボウ祭りです。
タナを4ヒロまで落としても、また2ヒロまで上げてもウリボウ。。。
20匹以上は確保したところで、午前10時頃に少し早めの昼食タイム。

しばらく磯を休め、11時前に釣り再開。
干潮に向けて潮はゆっくりとグレバエ方面へと流れ始めています。
30mほど沖にある沈み瀬付近を狙い撃ちますが、ここもウリボウ祭り。
撒き餌とサシエをどれだけ離しても、また時間差を利用してもウリボウです。

ありとあらゆる引き出しを開け、様々な角度からアプローチを試みますが、
私の実力はここまで。
その後、コサバが湧き出したため、16時にストップフィッシングといたしました。



イメージ 6



当日は、多彩な魚種に触れ合うことが出来ました。
【魚種】
・メジナ、イサギ、アジ、サバ、タカベ、シマアジ、ベラ、フグ、アイゴ、オセン

この記事に

タナゴ針

イメージ 1




アブラボテを求め、タナゴ針とタナゴ糸を新たに購入しました。

この記事に

FREAMS LT 2500S-XH

「6/9-10 2日間限定ポイント10倍セール」

この謳い文句に誘われて、昨日高速道路に飛び乗り行ってきました。
何をしていることやら、さっぱりわかりません。。。



イメージ 1


この記事に

赤ちゃんメダカ

今年もたくさんのメダカが孵化してくれました(^^)/




イメージ 1




イメージ 2

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事