道東地区微生物検査ブログ

みなさんのコメントお待ちしてます!! ★症例は、いくつかの症例を参考に作成した架空のものです。

寄生虫

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]

 先日、時間外に胆汁が提出され当番の技師が培養を行ってくれていました。もちろん塗抹標本も作製してくれていましたが、当番技師による時間外グラム染色までは当院では行っていません。
 翌日の培養結果は(-)、グラム染色も細菌は認めませんでした。胆汁はかなりの膿性ですが、匂いはなく嫌気性菌も(-)です。標本が少し厚かったのと胆汁?と思える材料だったので、もう一枚自分で標本を作成してグラム染色、WBC4+で細菌も見当たらないのですが、ちょっと気になるものを見つけました。
 
イメージ 1
 
写真がグラム染色像です。
なんだと思いますか?
 
白血球よりはかなり大きめで、中には核らしきものと空胞を認めました。
こんなのがけっこう出ていたんです。
 
ちょっと難しいかもしれませんが、ぜひ推測してみてください。
 
チャレンジお待ちしています。
 
 

開く コメント(6)

ランブル鞭毛虫症

 ランブル鞭毛虫症はジアルジア症とも呼ばれ、消化管寄生原虫である Giardia intestinalis (G.lamblia) の感染による下痢疾患で、患者の糞便に排出される嚢子(シスト)の経口摂取により感染します。
 栄養型とシストのステージがあり、栄養型は十二指腸や空腸上部、時に胆嚢・胆管に寄生して増殖し、大腸で被嚢してシストになります。下痢便には栄養型とシスト、固形便にはシストが排出されます。
 下痢便や十二指腸液、胆汁など採取直後の直接鏡検では、活発に運動する栄養型が確認でき、有形便からは集シスト法によりシストが検出されます。
 
イメージ 1
 今回は下痢便ぎみだったので、栄養型とシストが検出できるかと思ったのですが、栄養型は検出されませんでした。残念・・・。
 
染色法は、ヨード・ヨードカリ染色を行いました。
最初は、染色液が多すぎたせいかまっ茶色になてしまいましたが、その後調整してなんとかうまくいきました。
 
なんとなく教科書にあるような雰囲気ありますよね?
これで許して下さい・・・
 
原虫や寄生虫はめったにお目にかからないので、見つけた時はいろいろやってみるのが一番です。
しつこく頑張りましょう!!
 
 
 

開く コメント(0)

 40歳男性。インドから帰国後1週間位より下痢を認め、しばらくそのままにしていましたが、下痢・軟便が続くという事で内科受診です。検出された便は、ちょっと下痢ぎみでした。
東南アジア渡航歴ありという事なので、便培養をはじめ一通り検査が行われました。
 
イメージ 1
 
まずは直接鏡検を行いました。
写真は、その時の写真です。
さて、これは何でしょうか?
 
名前はよく聞きますが、なかなかお目にかかる事はないんです。
 
見つけた時は感動ものですよ。
 
 
 
イメージ 2
見づらくてすいません。
拡大写真アップします。(これでも見づらいかな・・)
 
よろしくお願いします。

開く コメント(5)

膣炎

 
患者は30歳女性。外陰部のかゆみと匂いを伴ったおりものの増加があり、婦人科外来を受診。
膣分泌物の細菌検査が施行されました。
イメージ 1
 
 
写真は膣分泌物のグラム染色像です。
 
ji8oomさま提供です
 
これから考えられるのは何でしょう。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
コメントありがとうございました。
 
矢印がトリコモナスです。
よくみると軸索や鞭毛も確認できますね。
 

開く コメント(5)

日本海裂頭条虫卵

 
 
イメージ 1日本海裂頭条虫は産卵数が非常に多いので、直接塗抹標本でも簡単に検出できます。
虫卵だけでは大複殖門条虫などとの鑑別は難しいので、やはり片節の観察が大切だそうです。
サクラマスなどの生食の有無も診断の助けとなります。
 
 
虫卵は60〜70×40〜50μmの楕円形、淡褐色で小蓋があります。また、尾端に小突起を認めるのが特徴です。
内容は1個の卵細胞と多数の卵黄細胞からなっています。
イメージ 2
蟲は何と言っても一度現物を見るのが一番と思います。
 
遭遇したらいろいろとチャレンジしてみてくださいね。
 
釣り好きの人はくれぐれもサクラマスやサケの生食はしないように・・・

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事