FXこうすれば確実に利益がだせる。

大切なことはマネーではないはず。マネーで苦労するということは愚かです。

FXで稼ぐには

すべて表示

FXで確実に稼ぐ方法

● FXで確実に稼ぐ方法
大切なことはマネーではないはず。マネーで苦労するということは愚かです。

マネーはゲームで稼ぐことができます。この通りに行いば素人でも大丈夫、いきなり実践に入り、利益をあげながら少しづつ勉強していけます。あくまでもゲームです。

1. 資金は最低20万円からとします。
2. 取引は豪ドルで行う。豪ドルは金利でも稼げます。スワップポイントは変動します。
買い建てで\68/1万豪ドル・1日・・・千ドルにつき\6.8になります。
売り建ての場合は逆に\71/1万豪ドル・1日支払うことになります。
3. 1000豪ドル通貨単位で取引する。
4, 1000通貨単位で取引きできる会社を選びます。
5. 20万円の資金を元に、1000豪ドルを10口=1万豪ドルを買い建て、または売り立てます。
6. 資金20万円の場合の取引高は1万豪ドルを上限とします。
7. 必要証拠金は1000豪ドル/\3800X10口=\38000となります。
8. 相場が上げの場合は買い建て、下げの場合は売り立てに有利に働きます。
  従ってリスクは片側だけになります。売り10口、買い10口までトレードします。
9. 資金は20万円、証拠金\38000、余裕証拠金\162000
豪ドル1口(千豪ドル)に対し、リスク回避領域は16.2円までは余裕があるということです。 
10.損切りはしないのが鉄則、損切りしていたのではいつまでたってもお金はたまりません。
  豪ドルが今の95円から今年中に111円あるいは79円になるかどうかです。
2012年1月2日\74.636
2013年4月8日\105.403ここ一年は円安の方向へ\30.767の変動です。
2014年3月31日\96.484ここ一年は円高方向へ\8.919の変動です。

11.16.2円を超えて変動するようですと追証金を用意します。ここで追証金が用意できない場合はロス カットとなります。損切りはしないのが鉄則。相場は必ず戻ります。
12.毎日1000豪ドルを10口までで売り買いします。成り行き買いの成り行き売りでやります。
13.売買の判断はチャートを読みます。上がったら売り、下がったら買いです。
14.相場が自分の思いと逆に動いたら「しおずけ」です。概ね逆に動きますが16.2円の余裕があります。
買い建ての場合はスワップポイントが付くのでじっくり相場の戻りを待つことが出来ます。
売り建ての場合は逆にスワップポイントの支払いがあります。要注意です。
それでも日々の利益から金利を支払って、相場の戻りを待ちます。
15.1回の取引に上げる利益は100円前後でいいのです。その時のチャートの勢いに従います。
16.毎日売り買いします。デートレです。スマホが便利です。
17.終日張り付いている必要はありません。チャートの勢いを見ながら時々チェックすれば足ります。
18.1日に¥800円の利益が目安です。1回の取引で100円の利益を8回繰り返せば800円の利益です。
週¥4000、月¥16000、年¥200000、つまり、資金は1年で2倍になります。
19.1年後、資金が2倍になったら、取引通貨単位も2倍で取引きします。1口2000豪ドルx10口
  その次の年は4倍になります。 この手法で10年後は資金が1億円を超えます。
20.1年後に20万円を自分に返済し、利益の20万円からスタートすればリスクは0です。

●FX取引履歴
日付--------------------口座入金--------------------取引損益--------口座資産

平成27年1月4日----明けましておめでとうございます今年もよろしくお願いいたします。

昨年の目標である、資金2倍計画は見事達成しました。11、12月の2か月で急激に追い込むことができました。かなりコツも解ってきました。この分なら半年で資金2倍計画も可能と思います。今年の6月には資金\1,000,000を超える計画です。

平成26年12月31日------------------------------------(+15,315)-------(538,505)
平成26年12月17日-------証拠金追加(100,000)--------------------------(526,155)

急激に円高に振れたため、不安になって追証金を追加しました。結果その必要はありませんでしたが、このまま証拠金として活用しようと思います。

平成26年12月16日------------------------------------(+60,696)-------(423,190)
平成26年11月30日------------------------------------(+57,445)-------(362,494)
平成26年10月31日------------------------------------(+23,074)-------(307,927)
平成26年 9月30日------------------------------------(+ 8,177)-------(284,853)
平成26年 8月31日------------------------------------(+ 1,779)-------(276,676)
平成26年 7月31日------------------------------------(+ 5,415)-------(274,897)
平成26年 6月30日------------------------------------(+ 4,171)-------(268,897)
平成26年 5月30日------------------------------------(+ 6,241)-------(264,721)
平成26年 4月30日------------------------------------(+ 8,347)-------(258,480)
平成26年 3月31日------------------------------------(+26,581)-------(250,133)
平成26年 2月28日------------------------------------(+18,798)-------(223,552)
平成26年 1月31日------------------------------------(+11,601)-------(204,754)
平成26年 1月30日--------証拠金追加(50,000)--------------------------(193,153)

----------------ここで、上記の証拠金20万円となったのです。上記のルール通りやっても、資金不足に
----------------直面しないとは限りません 。その時は更に証拠金を積み上げるのです。マネーゲーム
----------------はお金持ちが勝ように出来ているのです。

平成26年 1月24日--------証拠金追加(50,000)--------------------------(143,153)
平成25年12月31日------------------------------------(+ 7,939)--------(93,153)
平成25年12月17日--------証拠金追加(20,000)---------------------------(85,214)
----------------この辺から安定的に利益を残せるようになってきました。しかし、為替の変動幅を
----------------カバーするだけの証拠金の額ではないと不安は残ります。

平成25年11月30日------------------------------------(+ 7,674)--------(65,214)
平成25年10月31日------------------------------------(+ 7,836)--------(57,540)
平成25年10月 3日--------証拠金追加(10,000)---------------------------(49,704)

----------------利益の取り方は少しづつ分かってきましたが、証拠金が少なすぎるのでは、再びロス
----------------カットの危機は免れません。証拠金はどれくらい必要なのか。追加、追加と,やってみ-----------------ようと思い始めたところです。

平成25年 9月30日------------------------------------(+ 714)--------(39,704)
平成25年 9月25日--------証拠金追加(10,000)---------------------------(38,990)
平成25年 9月16日--------証拠金追加(10,000)---------------------------(28,990)

----------------再びロスカットの危機が迫りました。口座資金を増やしておかなければ・・・。
----------------今回は早めの対応ができました。利益の取り方も少しずつ分かってきました。

平成25年 8月31日------------------------------------(+ 663)--------(18,990)
平成25年 7月31日------------------------------------(+ 278)--------(18,327)
平成25年 7月11日--------ロスカット-----------------------------------(15,560)

----------------このロスカットは注意に注意を重ねて、慎重にやっていました。しかし、為替の変動に
----------------ついていけませんでした。証拠金不足は分かっていましたが、少しづつ口座資金が貯っ
----------------て来ていたので相場が戻ることを期待していました。
----------------根拠のない期待ではダメだということです。

平成25年 6月30日------------------------------------(- 509)--------(18,605)
平成25年 5月31日------------------------------------(- 1,220)--------(19,114)
平成25年 4月30日------------------------------------(- 4,412)--------(20,334)
平成25年 3月31日------------------------------------(- 2,047)--------(24,746)
平成25年 2月28日------------------------------------(-15,468)--------(26,793)
平成25年 2月 5日--------ロスカット-----------------------------------(43,066)

----------------このロスカットには驚きました。予期していませんでした。しかし、\43,066戻ったの
----------------でホットしました。知識がなく無防備だったということです。

平成25年 1月31日------------------------------------(- 7,739)--------(42,261)

平成25年 1月17日--------口座開設(50,000)-----------------------------(50,000)

世界中でマネーゲームに狂奔しています。大切なことはマネーではないはず。もうマネーで苦労することは止めましょう。大所高所に立って見ればFXで稼ぐことは簡単です。

FXで毎日少しづつ稼ぐだけで1年間で投資額の2倍にすることができます。その法則を発見しました。マネーの為で本来の大切なことが出来なくなってしまった人にお伝えします。

実直に働いて得たお金には魂が宿っています。マネーゲームで得るお金とは価値が違います。
両者は住む世界が違うのです。両者を混同してはいけません。

生活を支えるお金は実働で得るようにしましょう。マネーゲームはあくまでも遊びです。
しかしお金はお金、ゲームで得たお金であっても、別枠にでもあると心に余裕が生まれます。

余裕を持って、心豊かに暮らせることを願ってます。

その他の最新記事

すべて表示

ミシュランガイド東京 ケータイ投稿記事

2011/2/13(日) 午前 11:25

「ミシュランガイド東京2008」が発売されると世界中で大きな話題となった。東京が世界一多くの星を獲得したことを、ニュ−ヨ−クタイムズは次のように伝えた。 「ミシュランは星を与えたが、東京は軽く鼻であしらった。」 ミシュランの格付けはフランス人が最も信頼する基準であり、フランスでは星が一つ付くたびに30%づつ売上が上がると言われる。 星の数によって銀行の ...すべて表示すべて表示

ミシュランガイド東京 ケータイ投稿記事

2011/2/11(金) 午前 11:37

ミシュランガイド第六代社長ジャン・リュック・ナレ氏 韓国中央日報のインタビューに次のように応えた。 「バリを美食家の都市というが、東京は驚くほど素晴らしい飲食店が多かった。 多くの人々が料理を楽しんでいるからだ。 日本料理はクオリティ−も素晴らしい。 シェフのレベルもどの都市よりも高く、何よりシェフ固有の技術がよく伝授されていた。 数世代、数百年 ...すべて表示すべて表示

イギリスBBCの平成22年の調査では、日本人の日本に対する評価は43%の人が日本を肯定すると答えたが、これは他国と比較して極めて低い数字である。 中国人は81%の人が自国を高く評価している。韓国人は76%、アメリカ人60%、イギリス人62%となっている。 世界では自国を高く評価しているのに対し、何故か日本人は自国に対する評価が異常に低いのだ。 では、何 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事