mulsanne

自動車整備、チューニングショップMulsanne店長の ブログです。ごゆっくりどうぞ。

デモカーの作り方!

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
タービンブローで違うタービンつけたら・・・・・・・・プースト立ち上がり遅い(−−)

使える回転域が狭い!

レッド手前は前より速い気がするが。

典型的な速い気がするタイムが出ない仕様だな(−−)

もう少し上まで回して全体的に使う回転域上げれば使えるかw

すると、あのブザーがわずらわしい。

過回転防止で“ピーー”って鳴るんだよね。6500回転で。

ピーって鳴るとなんかプレッシャーで早くシフトアップしなくちゃ!ってなるのだよ。


あのブザーなんとかならんかな。。

というわけでとりあえず分解w

http://art59.photozou.jp/pub/600/297600/photo/90622681.v1312027535.jpg

さすが昭和!

可変抵抗が2個あって・・・・・・・・・・・・多分どっちかが指針の調整、どっちかがブザーの鳴るポイント調整。と思われるw

机上のパルス発生器が無いので、車輌に付けて、正確なタコメーターと並べてブンブンいいながら調整。


お〜! 7000回転で8000回転表示指針も7000回転で6000回転表示指針も可能。

インチキし放題だなw

インチキする理由が無いので実際の回転をしっかり表示するように調整。


そしてもう一つの可変抵抗・・・・・・・

お〜!! 4000回転でピーも8000回転振り切りでピーも可能だぞ。

なんとかなるもんだねぇ。

回転域を上に1000回転しっかり使えるように、7500で鳴るようにセット。



メーター分解のついでにスピードメーターも秘蔵の(?)(以前に油圧計不調の時に親切な方から譲ってもらった)輸出用240キロ仕様に交換。

http://art33.photozou.jp/pub/600/297600/photo/90622955.v1312158932.jpg

ノーマルじゃ振り切ることは無い目盛りだが、このクルマじゃ、使い切る速度域wいやガチで目盛り足りないww


ついでに(そもそも経緯からするとこっちが本来じゃ?)壊れてマイナス振り切り放置だった油圧計もマトモなものに交換。
(後付けの油圧計があるから表示しなくても問題がなかったのだ)



そしてさすが昭和!

あれ?どうしてかなぁ?

交換前の純正メーターと交換の輸出用が同じ走行距離だぞwww

この記事に

開く コメント(0)

ロシアンルーレット?

あぁぁ。


http://art48.photozou.jp/pub/600/297600/photo/87582921.v1309860351.jpg



スペシャルなタービンが。。

このターボの金額で足クルマの軽自動車が買えると言うのは秘密。

この記事に

開く コメント(0)

助手席レカロ FC3S

イメージ 1
運転席に続き、助手席もレカロ化、FC3S。

右も左も中古リユース(エコだね・笑)なのだが、左右でヤレ具合が違うのが気になる(-_-)

右の程度が良すぎか。

こうなると左を新品にしたいところ(^_^;

この記事に

開く コメント(0)

経済活性化?

イメージ 1

FCの助手席(の素材)入手。
 
運転席レカロにしたら、当然助手席も(^^)
 

この記事に

開く コメント(0)

http://img01.carview.co.jp/minkara/blog/000/021/807/277/21807277/P1m.jpgシート交換、FC3S。

助手席用SPG探さなきゃ(^_^;

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事