ここから本文です
わなどぅブログ〜将来に向けてのI WANT TO DO!〜
大阪市と堺市のお昼間の塾(フリースクール)です!通信制高校も併設★
わなどぅ親会のご招待
(↑クリックで「わなどぅ親会」のご案内ページに飛びます)
・お子さまが<不登校>になっている
・「学校」に対して不安がある(行き渋り、五月雨登校)
将来の不安、自宅での過ごし方、みんなどうしてます?など色々お話し出来る場作りをしています

次回親会は/(土)
主催は芦村です

こんにちは
お昼間の塾わなどぅの芦村彩乃です


<不登校>と呼ばれるお子さまには、そういえば…ということが多いです
『何』って言われると、そんなに大したことではないのですが


学校というスマホやテレビやPCなどが無い、限られた空間の中で出来る遊びは、
身体と頭を使った遊びが多いです

例えば、
おにごっこ
かくれんぼ
アルプス一万
とか、
道具を使ったとしても、
ドッヂボールなどの球技
あやとり
折り紙
などなど

あー。昔よく遊んだなぁ
飽きずにやったなぁ


と思うものですよね

で、
フリースクール通いをしているお子さまの中では、
こういった<遊び>をしている子どもってあんまり見ないかも知れないです

無い中から見つけ出す、遊びだすなどはよくすることなので、独自ルールがあったり、独創性のある遊び方をしたり…というのはあります
それはそれで本当にすごいことで、
わなどぅを見つける力が長けていると感心するんです

一方で、
図工も工作も好きな子以外はあまりしないので、

「手先が不器用やねん」
と、言ってやりたがらない子も多いです


でもやってみたら、
すっごい細かく気を付けることが出来る方が多いので、気疲れしない程度にわなどぅでもやってみたりしています

「見たことあるけどよく知らない」
のと
「全く知らん」
は、大きく違います
将来社会に出て、必要なことかと言われても、そうではないカモしれませんが、

そこにも<楽しい>があるなら経験して欲しいなぁという気持ちです



お昼間の塾わなどぅをGooddoで応援してください
お昼間の塾 わなどぅ
<塾/フリースクール/カウンセリング/通信制高校>
540-0026
大阪府大阪市中央区内本町1-2-13
谷四ばんらいビル 3F(事務所)
Tel:(06)6946-7588
<大阪校>地下鉄谷町線 谷町四丁目駅⑥番より徒歩1分
<堺校>地下鉄御堂筋線 なかもず駅①番出口より徒歩1分・南海高野線 中百舌鳥駅北口より徒歩5分

Mail: info@futouko.com

LINE@:ID @bmz8272y 
イメージ 2

この記事に

わなどぅ親会のご招待
(↑クリックで「わなどぅ親会」のご案内ページに飛びます)
・お子さまが<不登校>になっている
・「学校」に対して不安がある(行き渋り、五月雨登校)
将来の不安、自宅での過ごし方、みんなどうしてます?など色々お話し出来る場作りをしています

次回親会は/(土)
主催は芦村です

こんにちは
わなどぅ芦村彩乃です

中学生の数学が難しい時期になりました
学期ももう期末テストを残すばかり

わなどぅ生も高校受験に向けて、忙しい時期になって参りました
今は、とにかく高校受験のための五木模試受験に力を入れています

みんな勉強モード頑張って応援していきたいと思います


さて、
気になるワードの紹介です
「家庭教育」って知っていますか
文科省ホームページ:

大阪府ホームページ:


親御さんは馴染みのある言葉なのかも知れませんが、先日、
一般社団法人家庭教育支援センターペアレンツキャンプ」さんの親の会に参加させていただきました

ご家庭への訪問支援をされていらっしゃる方たちで、親の会はとても勉強になりました代表の水野様とお話しさせていただく機会があったのですが、親御さんのお気持ちを理解しながら、お子さまの代弁をされていて、
「すごいなぁ」の一言につきました

わたしがよく、「ご家族様もお子さまも同じ方向を向いて、同じ方向に向かっていく必要がありますよ」と、お話しをすることがありますが、
それって、こういうことだったんだなぁと思いながら実際にそれが、「家庭教育」と言われることだったんだなぁと知りました
やっていることは違えど、ご家族様やお子さまが安心出来るような環境はたくさんあるんですね。

出来ることはたくさんあるので、一つずつ見つけていきましょう


お昼間の塾わなどぅをGooddoで応援してください
お昼間の塾 わなどぅ
<塾/フリースクール/カウンセリング/通信制高校>
540-0026
大阪府大阪市中央区内本町1-2-13
谷四ばんらいビル 3F(事務所)
Tel:(06)6946-7588
<大阪校>地下鉄谷町線 谷町四丁目駅⑥番より徒歩1分
<堺校>地下鉄御堂筋線 なかもず駅①番出口より徒歩1分・南海高野線 中百舌鳥駅北口より徒歩5分

Mail: info@futouko.com

LINE@:ID @bmz8272y 
イメージ 2

この記事に

わなどぅ親会のご招待
(↑クリックで「わなどぅ親会」のご案内ページに飛びます)
・お子さまが<不登校>になっている
・「学校」に対して不安がある(行き渋り、五月雨登校)
将来の不安、自宅での過ごし方、みんなどうしてます?など色々お話し出来る場作りをしています

次回親会は/(土)

こんにちは
わなどぅ芦村彩乃です

勉強って始めると不安が広がりますよね
最近、中2学年の中間テストに向けて、一次関数を勉強しているんですが(わたしが)、やればやるほどわからないことが増えて来て

そうそう
これこれ
これがイヤで学生時代に勉強しなかったんだよね

と、思うんです

本来だったら、中2学年の一次関数にわからないことがあるなら
中1学年の比例反比例をやり直しをします

比例反比例の符号にミスがあるなら、中1学年の正負の計算や文字式

そもそも分数で引っかかるなら、3年生〜6年生の小学校の勉強に

グラフも小学校でやったよなぁ


わたしは、普段勉強に触れるタイミングが多いので、
「ここがわからなければココをやり直す」
というのが、スッっと出てくるんですけど、

学生の間での学び直しなんて難しいことって、本当に大変ですよね

塾に行っても、学校の内申点アップに向けての勉強をする所が多く、学び直しをしている時間が取れなかったり、そもそも塾からの宿題や学校からの課題に押しつぶされる生活で、理解する所まで追いつかなかったり

講習授業で挽回できるならいいんですが
部活動中心の生活なら、両立の壁がありますし


<勉強は不安>

自分との闘い
自分の問題
自分の課題に気付く
自分を知る

だから不安なんだと思います


打ち勝つ方法は、

「そこだけでもいい」「これさえわかるようになればいい」「全部頑張るんじゃなくて、とにかくこれだけは頑張ろう」
と、いう所を決めてみることです

体育祭や文化祭、音楽発表会など、行事の多い時期ですが、
気持ちの安定に努めましょう


お昼間の塾わなどぅをGooddoで応援してください
お昼間の塾 わなどぅ
<塾/フリースクール/カウンセリング/通信制高校>
540-0026
大阪府大阪市中央区内本町1-2-13
谷四ばんらいビル 3F(事務所)
Tel:(06)6946-7588
<大阪校>地下鉄谷町線 谷町四丁目駅⑥番より徒歩1分
<堺校>地下鉄御堂筋線 なかもず駅①番出口より徒歩1分・南海高野線 中百舌鳥駅北口より徒歩5分

Mail: info@futouko.com

LINE@:ID @bmz8272y 
イメージ 2

この記事に

わなどぅ親会のご招待
(↑クリックで「わなどぅ親会」のご案内ページに飛びます)
・お子さまが<不登校>になっている
・「学校」に対して不安がある(行き渋り、五月雨登校)
将来の不安、自宅での過ごし方、みんなどうしてます?など色々お話し出来る場作りをしています

次回親会は/(土)

こんにちは
わなどぅ芦村彩乃です

やっぱり受験まで半年を切ると、中学生から色々な<不安>が出てきますね
高校受験どうしよう
勉強どうしよう
(在籍中)学校行った方がいいかなぁ
提出物出そうかなぁテスト受けようかなぁ

イメージ 1
とっても不安が多いでしょう
だから、聞いてくれた子たちには、わたしの考え方をお伝えしています

「高校受験はしたくないなら今やらなくてもいい」

ちょっと語弊がありそうですが
あくまでもわたしの考え方です。

高校に行くのは、その意志がある子だけで十分だと思います。
受験をするのは、自分の意志でその学校を選んで行く理由がある子だけでいい。

受験は、どんなにしんどくても、入試の日は決まっているもの。
当日にインフルエンザにかかっても、電車が遅れても、事故にあっても、親族の方が亡くなっても、受験票を忘れても、自然災害があっても、先生からの伝達ミスがあっても、配慮をしてくれないものです。
今の状況が、入院中であっても、学校に行かなくても、家庭に問題があっても、障がいがあっても、入試日は決められた通りにやって来ます。


この事実が理解できる子
そして、それを受け入れ受験をする子

その子たちだけが受ければいいと思っています

めっちゃ厳しいですね

でも、
定時制高校もある。
単位制高校もある。
通信制高校もある。
高卒認定試験もある。
専門学校もある。
中卒で働くことも出来る。
海外留学をすることも出来る。
もう1年待ってみることも出来る。
自宅に居ることもある。

選択肢は何通りもあります。
(全日制)高校に行かないことでの不利益は、何もないと思います。

「選びたいんやったらやって」
わたしはそれしか言いません


「出来ない」ということは、
今が「やる」タイミングじゃなかったということ


「やる」のタイミングはたくさんあります。
自分の気持ちの中で「やりたくない」「やらないといけない」「やりたい」この自分全てを大切にしてあげて欲しいです

相談していただければ、色んな道をお伝え出来ますよ
いっぱい一緒に悩みましょう生きていることを実感してください


お昼間の塾わなどぅをGooddoで応援してください
お昼間の塾 わなどぅ
<塾/フリースクール/カウンセリング/通信制高校>
540-0026
大阪府大阪市中央区内本町1-2-13
谷四ばんらいビル 3F(事務所)
Tel:(06)6946-7588
<大阪校>地下鉄谷町線 谷町四丁目駅⑥番より徒歩1分
<堺校>地下鉄御堂筋線 なかもず駅①番出口より徒歩1分・南海高野線 中百舌鳥駅北口より徒歩5分

Mail: info@futouko.com

LINE@:ID @bmz8272y 
イメージ 2

この記事に

わなどぅ親会のご招待
(↑クリックで「わなどぅ親会」のご案内ページに飛びます)
・お子さまが<不登校>になっている
・「学校」に対して不安がある(行き渋り、五月雨登校)
将来の不安、自宅での過ごし方、みんなどうしてます?など色々お話し出来る場作りをしています

次回親会は/(土)

9月のわなどぅ親会は、定員に達したので募集を締め切りました

こんにちは
お昼間の塾わなどぅ芦村彩乃です

台風が近づいてきましたね
大阪 堺市や南部の方ではだんじり祭りの関係者の方が色々と遅くまで準備を進めていらっしゃるのになぁ

なかなかこの連休は荒れ模様になる予感ですね

明日の堺校親会は、<堺市><暴風警報発令>で中止にします
中止の際は、LINE@とFacebookで報告いたしますが、

月に1度と決まっているものなので、開催したいし、来ていただきたいなぁ
お天気が何とかなりますように
あと、芦村の電車が止まりませんように
もしかしたら、終了時間を早める場合がありますので、ご了承くださいませ

メールでのお問合せをいただいた方、ご返信用のアドレスを入力していただいているのですが、中にはPCからのメールが届かない設定になっている方も居て、

もしかしたら、問合せ後のこちらからのお返事が届かなかった方もいるかも知れません芦村からは必ず、いただいたメールに返信をしていますので、必ず

「ashimura@futouko.com]が届くように設定していてくださいませ


さて、
中学生のお子さまをお持ちの親御様はご経験されていると思いますが、
中学生って、親と子の関係が大きく変わるタイミングですね

男の子さんはより一層親御さんと距離を取りたくなる時期でしょうし、女の子さんもあまり親御さんと一緒に行動したがらないのではないでしょうか

この頃に、「あれはダメ」「これはダメ」と否定的な言葉を伝えることが多い方は注意をしてくださいませ

ただでさえ、話しづらい/本音を伝えづらい関係の時期、ここで否定をし過ぎては、

その後、どんな時でも本音で会話をすることに抵抗を感じるようになると思います
「きっと、お父さんにこんなことを言っても許してもらえない」
「お母さんの言う通りにしていないから、無駄だ」
お子さまが、自分の考えをお話しする前いからこんな考えになるのは、すごく残念なことですね


本音で話をすることって、意外と勇気が要るものです
否定的にならずに、お話しを会話を楽しんでくださいね



お昼間の塾わなどぅをGooddoで応援してください
お昼間の塾 わなどぅ
<塾/フリースクール/カウンセリング/通信制高校>
540-0026
大阪府大阪市中央区内本町1-2-13
谷四ばんらいビル 3F(事務所)
Tel:(06)6946-7588
<大阪校>地下鉄谷町線 谷町四丁目駅⑥番より徒歩1分
<堺校>地下鉄御堂筋線 なかもず駅①番出口より徒歩1分・南海高野線 中百舌鳥駅北口より徒歩5分

Mail: info@futouko.com

LINE@:ID @bmz8272y 
イメージ 2

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事