ここから本文です
食っちゃ寝生活を見守る日々
インドホシガメのスミ、ロンダ、、ミツオビアルマジロのふーも君もいるよ!

書庫ブログトップページ

すべて表示


<<お知らせ>>                           

[連絡先]
尚、当ブログに関するご連絡はゲストブックで鍵付きでコメント頂くか、ヤフーブログのメッセージ機能をご利用ください。ゲストブックを利用される場合はこちらからの返信メッセージは公開されてしまいますので必ずご連絡先メールアドレスをご記載ください。そちらにご連絡をさせていただきます。

イメージ 1

情報の正確性について保証が出来ません

 このブログはペットを飼育している個人の気ままな感想や飼育の日々を綴った日記です。極力は正しい情報を発信していくつもりですが当方は動物の専門家ではないため、必ず自分で調べて判断してください。また、動物は個体差がありますので記事の内容は一般論として保証出来るものではないことをご承知下さい。

怪しい業者とは取引しないようにしましょう

珍しい動物は時に密輸されてくることもあります。このような行為に加担しないよう業者やお店から話をよく聞き、不安があったら取引はしないようにしましょう。そうでなくても不誠実なお店は動物の取り扱いも杜撰であると僕は考えます。


なるべく即決はしない
イベントやセール等で機会が少ない場合もありますので(なるべく)と書きましたが、とにかくお店の人とコミュニケーションを取る時間を増やしてその業者さんが信頼に足るのかを確かめます。逆に執拗に即決を迫る業者さんは要注意。また、その動物が飼えるのかどうかきちんと判断するために焦らないようにしましょう。

【ショップの情報を確認する】
現在は対面販売が義務化されましたがショップでのストック状態をよくチェックして、その動物の種類、もっと言えば個体の様子を販売員によく聞きましょう。また、WEBで評判を調べるのも良いでしょう。ネガティブな意見は拡大されるので全てを鵜呑みには出来ませんが悪評が多い所は止したほうが良いと思います。

【商談は自分のペースも大事にしよう】
どんな業者さんにとっても買ってくれるお客さんは有難いものです。業者さんが自分のペースで話をしている間はきっとご機嫌でしょう。ただ言われるままではコミュニケーションにはなりませんのでオカシイと思った事は出来るだけ聞いて下さい。誠実な回答が得られないと感じたら止めたほうが良いと思います。


以上です。珍種は一度購入機会を逃すと次にいつ出会えることになるかはわかりません。もしかしたら更に希少になってしまい手に届かなくなってしまうかもしれません。でも、密輸や杜撰な管理をするショップを野放しにしてまで飼いたいでしょうか?それで幸せなペットライフが送れますでしょうか?

ペットをお迎えする最初の出会いがよいスタートになりますようにこれを記します。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 飼ったら判るアルマジロ飼育

    2018/5/18(金) 午前 0:52

    ◆たまには日々の記録以外のもっともらしい見解でも書いてみようという気になりました。 アルマジロのペットはネット広しといえどもあんまり紹介してるページが無いので飼おうと 思ってるけど悩んでるという方は、結構このページがヒットする可能性高いですもんね。 飼って判ったアルマジロのここがヤバい   物凄いホコリが立つ   一見、おっとり ...すべて表示すべて表示

  • ◆今年も行ってきました東京レプタイルズワールド!このブログのフリースペースでも2011年からレポートしてるので随分と長くなりましたね。 去年はムツゴロウさんが緊急入院で登壇が叶わなかったのでトークショーにも出てくれて嬉しいものです。このトークショーも毎回最前列で見ているのでそろそろ周囲のお客さんの顔も覚え始めてる我々。もしか ...すべて表示すべて表示

  • あっという間にお迎え五周年

    2018/4/15(日) 午前 3:04

    ◆年月というのは気がつくとあっという間に過ぎていってしまいます。ふーも君をお迎えしてから5年が経ちました。飼育方法や飼育実態はWEBで探してもとても少なくて、「上手く飼えずにすぐに死んでしまったらどうしよう」「個人宅で手に追える動物でなかったらどうしよう」という不安でいっぱいでした。 今日のふーもくんの様子。爪のキューティクルも良くて元 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事