ここから本文です
食っちゃ寝生活を見守る日々
インドホシガメのスミ、ロンダ、、ミツオビアルマジロのふーも君もいるよ!

書庫全体表示

暖かくなったので…


3月に入り三寒四温という感じでずいぶん暖かい日も増えました。真冬の間は郵送の間の負担を考えて生き餌の注文は控えていたのですが、ようやくジャイアントミルワームを手配しました。

イメージ 1
注文は信頼と安心のさがら屋本舗さん。人気があるのか結構在庫が無くなってることもあるので生き餌しか食べない動物は大変ですが、その点アルマジロは雑食だし楽ですね。基本的には一番大きなサイズで注文します。成虫になるとゴミムシですから臭いし食べないけど、比較的長期に渡って幼虫でいてくれるので全部食べきるまで大丈夫でしょう。成虫になる因子は餌にある気がする。ちなみに成虫のゴミムシになると全然食べないし、臭いのでダメです。

イメージ 2
◆ケージの掃除をしている間、ミルワームの衣装ケースにしばし待機。ご馳走天国だけどあまりに異様な光景なのか、きょろきょろと挙動不審になってました。

ごめんよ…






イメージ 3








あーあ…顔もなんか汚くなってる。この後はお風呂ですね。



イメージ 4
先日書いた、昆虫は無事に展足中です。メスは袋から出したら頭が取れていたのでボンドで修復中。ピンセットと針だけあればいいんだけど、入れ物が欲しくて下北沢の骨董屋さんで理科関係の木箱を購入。やっぱり雰囲気も大事、形から入る日本人です。

この記事に

  • 顔アイコン

    本当に暖かくなってきましたね^^
    ふーも君ミルワームをどれから食べていいか分からなかったのでしょう^^;
    昆虫標本は小学校の体育館掃除で見つけた虻(勿論死んでました)を虫ピンでコルクに留めてお菓子の空き箱に張り付けてたりしました。そこまでしか齧りませんでした(シオカラトンボとかも死骸を拾ってきたりしてました)が、やっぱり何事も奥が深いですね。

    龍爬

    2018/3/13(火) 午後 5:31

    返信する
  • 顔アイコン

    > 龍爬さん

    >ふーも君ミルワームをどれから食べていいか分からなかったのでしょう^^;

    ほんとそんな感じでしたw
    ケージに入れてちょっとずつあげると凄い喜んで食べてますよ。
    昆虫標本は昔も作りましたが、インターネットも専門店も無かった時代、何となくで飾ってたのでいろんな道具や情報が揃う今はいい時代になりました。

    乙

    2018/3/13(火) 午後 5:36

    返信する
  • 顔アイコン

    ワームが多過ぎて驚いてしまいましたかね(汗)
    我が家は冬のミルワームは冷え過ぎない様に熱帯魚の水槽の上にストックしていました。
    アジアアロワナの居る水道だと蓋に向かって突進するので居ない水槽に置いていました。

    小鳥遊

    2018/3/14(水) 午前 1:35

    返信する
  • 顔アイコン

    > 小鳥遊さん
    熱の有効利用ですねw
    部屋はカメやふーもくんのケージの熱を利用して保温出来るんですが、やはり郵送が心配で。熊本からの発送なので冬場だと仮死状態みたいな感じで届きます。その後暖かい部屋で大体復活はするのですが今年みたいに凄い寒波が来ると心配でw

    乙

    2018/3/14(水) 午後 5:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事