日本の城探訪日誌

関東・東北・北陸地方を中心としています。

全体表示

[ リスト ]

片倉城

1 所在地 八王子市片倉町2475 (片倉城址公園)      
2 築城時期 室町時代
3 築城者 長井氏             
4 種 別   平山城 標高143m・比高30m
5 遺 構 郭・土塁・空堀          
6 掲示物   案内板・説明板・標柱・道標
7 ナビの設定 所在地とする。
8 駐車場所 公園駐車場・トイレ完備  ※ 駐車可能台数、4台及び身障者用1台の計5台
9 概 要
 長井氏は鎌倉幕府重臣の大江広元の第2子時広が出羽国長井郷を領して長井氏と称した事に始まる。所謂毛利家と同族である。和田義盛の乱で、連座して滅亡した横山氏一族の片倉一帯が広元の所領となり長井郷から移り住んだ時広の統治するところとなった。片倉城は時広の5代目子孫の広秀が築いた。応仁のころ(1467-69)迄長井氏の居城であったが、のち、武蔵国守護代大石氏の持城となったが、大石氏の後を継いだ滝山城主北条氏照が大改修し支城とした。しかし天正18年の豊臣秀吉の小田原城攻めの際落城以後廃城となった。               (むさしの城ウォーキング)
10 訪問日 2012年11月23日
イメージ 1
 
 
 
日本城郭大系掲載の縄張図に本丸・二の丸を付け加えた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
国道16号沿いのこの公園案内板が目印です。
ナビは所在地に設定していたが、通り過ぎて引返した。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
城址公園の紅葉。公園には案内板もあり分かり易い。又管理人が常駐している管理室もある。遊歩道も良く整備されていました。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
水堀跡の池。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
左は住吉神社の参道ですが、ここを右折し山へ登る。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
遊歩道の道標。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
真っ直ぐ進めば奥の沢・休憩広場、ここを左折すれば二の丸広場となる。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
二の丸入口・往時の虎口かどうかは不明です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
二の丸広場。本丸寄りに標柱・説明板が建っていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
二の丸から本丸への木橋
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
二の丸・本丸間の空堀。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
本丸広場。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
本丸東北下、腰郭に鎮座する住吉神社。
境内に神社の由来の外、片倉城説明板・城の縄張図有。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
住吉神社の参拝を終え、片倉城址公園の散策は終える。
 

閉じる コメント(2)

今晩わ〜

すごい細かいところまで…勉強になりました♪

自分も城めぐり好きです、これからもよろしくお願いいたします。

2013/3/7(木) 午後 11:49 [ 風来坊はすきー(。・ω・。) ] 返信する

顔アイコン

本当はもっと丁寧に作成すればよいものを、自分では簡単に作り過ぎているような気がしています。

2013/3/8(金) 午後 9:27 [ aganohito ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事