可否茶時間

日常の中の1杯のコーヒーのような存在。そんなブログを目指して管理人可否が気ままに更新したりしなかったりするブログです。

全体表示

[ リスト ]

 今年の春頃のことです。私の住んでいる団地の管理事務所が
旅する蝶「アサギマダラ」を呼び寄せようと、近所の公園を整備してフジバカマを
植えていました。
 
 アサギマダラとは春に南西諸島や台湾から日本にやってきて、その子孫たちが
秋にまた日本から南西諸島や台湾へと帰っていくというガッツのある蝶で、
私の住んでいる九州北部では、まさに今頃の季節に見ることができます。
 
 「庭にフジバカマを植えたらアサギマダラが来た」という声が、近所でも
ちらほら聞こえていたのですが、果たしてそう上手くいくかなぁと当初は懐疑的でした。
 
 秋に入ってフジバカマが花をつけても、案の定、他の蝶は良く飛んでくるものの
肝心のアサギマダラは昨日も来ない、今日も来ない、その次の日も…と
いつしか観察に出かけることも忘れていました。
 
 去る10月15日。
「アサギマダラが来てるよ!」との家族の声に公園に行ってみたら、
2頭のアサギマダラがひらひら飛んでるじゃないですか。
買い物からの帰りに公園を通りかかった家族が偶然見つけたのでした。
こんな珍しい蝶がこんな間近で見られるなんて…と実に感慨深かったです。
珍しくて美しい昆虫って、人を童心に帰らせる不思議な力がありますよね!
 
 事務所の方々疑っていてごめんなさい。
 
イメージ 1
あちこち動き回るものをカメラに収めるのって難しい…。
 
 初日に2頭だったアサギマダラは数日後には4〜5頭に増え、これはどんどん数が増えていくのでは?と
期待が高まります。
今日もわくわくしながら公園に様子を見に行くと、25頭くらいまで増えていました!なかなか壮観です。
近所の方も見物に訪れていました。隠れた名所と言えるのではないでしょうか。
…姫島村にはかないませんけどね。
 
 しかしアサギマダラは、なぜここに去年はなかったフジバカマがあると分かるんでしょう。
なぜ行ったこともない、親の生まれた南の国へと帰って行くことができるんでしょう。
自然って不思議です。

閉じる コメント(2)

蝶々を撮ろうと、ウロウロするあがっとさんを想像したら可笑しくなりましたw
しかし綺麗な色してますね〜!
見た目とは逆に根性があるのも凄いw
その根性を分けてくれ〜(;´Д`A

2011/10/18(火) 午後 8:24 [ ヘムテイジ ] 返信する

ほんと、カメラを構えてウロウロするただの怪しい人です…(笑)
薄い青色の羽が、まさに「浅葱色」で綺麗ですよ〜。
私も根性を分けてもらいたいものです。

2011/10/19(水) 午前 11:05 [ 可否 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事