可否茶時間

日常の中の1杯のコーヒーのような存在。そんなブログを目指して管理人可否が気ままに更新したりしなかったりするブログです。

全体表示

[ リスト ]

 どうも大変にお久し振りです。
9月になってもまだ暑い日は続くようですね。
 
 ある日ぼんやりとTVを眺めていると、雑誌のCMが流れていました。
古今東西の占いを解説し、毎回占いアイテムが付いてくる!
創刊号にはタロットカードが付いてきて、何とお値段190円ポッキリ!
 
 元々、占い等の神秘的なものが好きな私は少なからず興味を抱きました。
「安かろう悪かろうなんじゃないの?」と若干の疑念を持ちつつも、公式サイトを見てみると
タロット、西洋占星術、易占い、四柱推命、九星気学、手相に人相に姓名判断、風水からパワーストーン、
その他諸々の実に幅広い占いや開運術を網羅しているそうで、これは私の知識欲を存分に
満たしてくれそうです。(あまり実用的な分野に知識欲が湧かないのが困りものではあるのですが)
 個人的には密教宿曜占星術には触れないっぽいのが残念です…。あれも結構面白いのですが。
 
 最近、何かに打ち込むことや新しい刺激に飢えているところだったので、定期購読しちゃってもいいかな、
と心が動いたのですが、まずは実物を手に取ってみないことには判断のしようがありません。
 
 190円程度だからハズレでもいいや。
使用に堪えない粗悪なクオリティだろうけど、大アルカナ22枚セットがこの値段で買えるのは
すごいなぁ、と大して期待もせずに本屋で買ってきました。
 
 
イメージ 1
本誌・タロットカード・ホロスコープ盤・ホロスコープシールが入っています。
 
 
 中身はこんな感じです。
付属しているタロットカードは6枚でした。
大アルカナの愚者と魔術師、それに棒、金貨、剣、聖杯、各スートのエースです。
冷静になって考えればこのお値段で22枚も付いてくるわけないですよね…。
ただ、小アルカナも解説があることは嬉しい誤算でした。みっちり詳しく教えて頂きたいものです。
1号あたり6枚のカードが付いてくるということは、フルデッキ78枚が揃うのは、最短で12週間後ですね。
 
 タロットカードの絵はこの雑誌オリジナルですが、デザインや寓意はウェイト版に準拠しているようです。
どのカードもお花をモチーフにアレンジがされているのですが、それが何だか妙に女性っぽい印象を受けると
言いますか、甘い雰囲気が漂うと言いますか…。
リーディングにも影響を受けそうで、慣れるまで違和感を感じそうです。
 
 本誌は28ページ。
ざっと内容を掻い摘んで紹介しますと、タロット、手相、西洋占星術、風水、陰陽思想、九星気学の
あらましと極々初歩のトレーニングです。イラストや図説も多く、さらっと読めて分かりやすくて導入部としては
なかなか楽しむことができました。
 
 タロットは正位置のエースのみを1枚引いて、「今の自分に必要なもの」をリーディングする練習。
 手相はいきなり○○線とか××丘、等の難しいことは考えずにまずは手の形や手の出し方で、
相手の大まかな性質をつかんでみる。
 西洋占星術は、自分の太陽星座のみをホロスコープに記してみる。
 九星気学は取りあえず一白水星の性格を紹介。
 
 最初のトレーニングとして、初心者でも「これなら自分でもできそう」とハードルを感じさせない
作りには好感が持てました。問題は中盤以降の難易度がどうなるかですね。
脱初心者を目指しつつも、それでいて難しすぎて置いてけぼりにならないくらいだと良いのですが。
 
 今号は本当に導入のみなので、「詳しい続きはまた今度ね^^」と言う焦らされっぷりが半端では
ありません。
 飽きずに続けるには、物足りないくらいの情報量が丁度良いのでしょうね。
…が、まんまと出版社の思う壺にハマっている気がしないでもないです。
 
 2号以降もこのクオリティが続くのだったら食指が動くところです。送料も込みですしね。
(注:2号以降の価格は690円に変わります)
全部で何号くらい出るんだろう?10号くらい?20号くらい?
と、思って公式サイトのQ&Aを見てみると、何と100号まで発刊予定とか…!
 
 しかし日頃フェリシモに飼いならされている私に怖いものはありません。
ちょっと20ヶ月ばかり搾取されてこようと思います。骨は拾ってください。
 
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

はじめまして!私も「占いの世界」を買い始めたところです^^
100号って…驚きですよね〜(^_^; 本当に続くのでしょうかね?
ひとまず定期的に神秘的なものと触れ合える…というところに
魅力を感じ講読しています。

2012/9/20(木) 午後 4:38 [ - ]

>tupipi123さん
どうも初めまして。ご訪問、及びコメントありがとうございます。
本当に100号最後まで発刊してくれるのかな…とは、不安に思われる方も多いようですね。

ハイ、私もです(^-^;
アシェットさんには是非とも頑張っていただきたいなぁと思いつつ、
未だ届かぬ第2号をやきもきしながら待っております(苦笑)

2012/9/20(木) 午後 5:51 [ 可否 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事