可否茶時間

日常の中の1杯のコーヒーのような存在。そんなブログを目指して管理人可否が気ままに更新したりしなかったりするブログです。

全体表示

[ リスト ]

 朝晩、結構冷え込むようになりましたね。慌てて長袖の服を引っ張り出してきました。
 
 先日、やけにでっかい箱が宅配便で届きました。いったい何が送られてきたのだろうと
開けてみると、中身は首を長くして待っていた「占いの世界」第2号と第3号とその付録諸々でした。
特製ボックスとか特製バインダーとかアロマポットとか…箱がでっかくなるはずです。
 
 まずは第2号を手に取って読んでみました。
ページ数は創刊号と同じ28ページで、これは変わらず続くようですね。
内容物はこんな感じです。
 
イメージ 1
本誌28ページ、タロットカード6枚(女教皇、女帝、ワンド2〜5)特製ボックス
 
 本誌の内容は以下の通りです。
 
・手相(6ページ)
 「丘」について。主要な五本の「線」より感情線についての解説と、その主なパターン27例。
・タロット(4ページ)
 女教皇、女帝の解説。
・西洋占星術(4ページ)
 12星座の3つの区分(ポラリティ・クオリティ・エレメント)
・その他の占い…数秘術(4ページ)
 ライフ・パス・ナンバーを算出してみる。
・姓名判断(4ページ)
 ファーストネームの頭文字を使い、五十音法で愛情運を占う。
・東洋占術の基礎…五行思想を学ぶ(4ページ)
 五行(木火土金水)の基礎知識について。
・雑学…伝統行事(2ページ)
 水無月(6月)の行事について。
 
 本誌は相変わらず28ページで、おそらく熟練者の方には「何を今更」と言える内容だろうと
思うのですが、占い入門者である私がここに書かれていることを全部覚えるとなると、結構な量に感じました。
広く浅く、カバーされていますね。
 
 今週号のトップは手相でしたが、私には、この手相と言う占いが合わないように思います…。
実際の手の平を、紙面に紹介されているどのパターンに当てはめたら良いのかが、どうも判断つきかねます。
 本誌にも「多くの人の手を見て比較するうちに、判断が付くようになります」との言葉があるのですが
そこまで行くまでに挫折しそうな気が…。
 私の本命はタロットと四柱推命と西洋占星術なので、雑学感覚で軽く読んでおこうかなと思います。
 
 今月はタロット占いはありません。女教皇と女帝の解説のみです。
2号掛けて12/78枚集まったばかりですが、先は長いですね〜。
 
 西洋占星術は、12星座をそれぞれポラリティ(男性・女性)、クオリティ(活動・不動・柔軟)、
エレメント(火地風水)の3つの区分に分けて行動パターンや気質、価値観なんかを占っちゃおう!
と言う内容で、なんか本格的になってきたなとワクワクさせられるのですが、いかんせん現時点で
占えるのは、太陽星座のみなんですよね〜。
 「当たってるところもあるけど、当たってないとこは当たってないなぁ」と、雑誌の占いコーナーを
読んでいるような感覚です。早く10個の惑星を使って、自分のホロスコープを書いてみたいです!
 
 数秘術は、女性ファッション誌の占いそのもののようなノリでした(笑)
これ、「その他の占い」にカテゴライズされているのですが続きはあるのでしょうか?
もっと掘り下げて解説してほしいですね。
 
 五行思想もとにかく難しそうなイメージがあったのですが、図を使って分かりやすく解説されているので
入門用としてはうってつけだと思いました。相生とか相克とか、いつかは覚えたかったんですよね〜。
創刊号で陰陽、2号で五行と進んできましたが、このペースであの難解な四柱推命には、
何号辺りでたどり着けるのでしょうか。気になるところです。
 
 内容的にはまあまあ納得した第2号でしたが、付録の特製ボックスの内側のセパレーター(?と言うのでしょうか)
が薄いプラスチック製で、見た目がかなり安っぽくてがっかりしました…。
送料込の限られた予算だとは思いますが、占いにとってムードって大切なものだと思いますので、
何とか頑張って頂きたいです。
 
 では、第3号を読んできます!
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事