先日

下の娘が「いい加減ブログアップしたら??!!!」と言われてたの忘れていて
今何気なく覗いてみたら・・・ほぼ4か月間何もしてませんでした。
大変失礼いたしました。
でもこの間それなりにアクセス頂いてなんか恐縮してしまいます。

一応活動を続けてまして、それなりに色々行事ありましたが何分仕事の方が忙しく
ブログの方は構ってられませんでした。

この間会員も増えることなく横ばい状態で、特にこれといった手を打つわけでもなく、自然の流れに任せている状態です。下の娘はこの状態を不満たらたらみたいですが、私からしたらノンビリできてちょうどいいなんて思ってたりしなくもありません。

今週はいよいよ全日本です。
トーナメント見ました。
当協会から唯一出場する下の娘。
ここ何年かあまり対戦相手に恵まれませんが・・・
今回は個実のみなので集中してほしいです。





この記事に

開く コメント(0)

先週は

道場が使えないため休みでした。

で、実は今週の火曜日の夜8時半頃、私の携帯に一件の電話がありました。
「あの・・・、先ほど横越中学校体育館に行ったのですが練習されてなくて、体育館でバレーの練習されていた方に聞いたらアスパークの方でやってると聞いたのでアスパークに来たのですが誰も居ないし、そこにチラシがあり電話番号があったので電話しました。」 との事でした 汗。
本当に大変失礼しました。
練習時間の変更・・・やってませんでした。
最近問い合わせも無かったので・・・、甘く見てました。
連絡くれた方、土曜日アスパークに見学に来られるみたいなのできちんと謝罪したいと思います。

話変わって、昨日「躰道」の事知らない人に you tubeの動画を見せてあげました。
「これが躰道だ!!」って。
で、見せたのは たまたま一覧にすぐ表示された「山梨県躰道協会のPR」動画です。
私も審判でチラッと写ってたので 笑。
で、見せたら「凄いかっこいいですね!!! 子供にやらせたい!!!」なんて言ってくれました。
まぁこのPR動画みたいな動きを見たら・・・、普通惚れますね 笑。
飛んで跳ねて、廻って捻じっての普通見ない、武道の動きをしているわけですから。
相対的にこれだけのメンバー居たの山梨位だった記憶してます。
この時のメンバーで今も現役でやってる方、何人もいないかもしれませんが。
非常にもったいなく感じます。
今の現役、少年少女にはこういう動きを是非見習って欲しいもんです。


この記事に

開く コメント(0)

空手と一緒

まずは今朝大阪で発生した地震におきましてお見舞い申し上げます。


今週の練習は、武道場の予約状況の関係で昨日、日曜日のPM3時〜5時でした。
で行ってみると、空手の団体の方が2面のうち1面を使用してました。
空手指導者と見られる方と、あとは小学高学年もしくは中学生くらいの子が三人で型の稽古していました。
子供が型を通す時、保護者と見られる方が動画を撮影してたので、大会前の稽古だったのでしょうか?!
どの武道も、保護者の方の一生懸命さが分かります。

やはり同じ場所で稽古することになれば、他団体の動きが気になるみたいです。
でも空手の方は、受けや突きが決まるたびに道着の音が出て、キレが伝わってきます。
こんな感じで躰道も視聴覚でうったえる事が出来ると・・・、なんて感じます。

で、昨日の練習内容はいつも通り基本の再確認のあと法形・実戦を行いました。
これは前から感じていたのですが、「海老蹴り」の威力が感じられないというか、ただフォームにしかなってないように思えます。もちろん基動線を意識しているので正確性は問題ないのですが。
海老蹴りはもちろん「変技」なので体を倒し手を着くことによって蹴りの威力を出さなければならないのですが、
どうもうまく表現出来てないように見えます。
他の技がうまく出来ている分勿体なく思えます・・・・。
次回の練習は「海老蹴り」をメインにやってみようと思います。



この記事に

開く コメント(0)

6/9の練習

土曜日は結構基本に力を入れました。
突きや蹴りの出し方、あと礼の作法時における呼吸の仕方・構えなど。
これだけでほぼ1時間を費やし、その後30分は法形、残り30分を相対という流れで行いました。
突きや蹴りなどはかなり団体、流派によって教え方が違う物だと実感します。
当然指導者の考え方によるものもあると思われます。
自分の時がそうでしたが、先輩に言われたことを言われるまま不思議に思う事も無くやってました。
しかし自分が教える立場になって、改めて動きを考えてみると「こっちの方が理に適ってる」などと思うようになります。
全日本で優勝している人のまねしても自分が出来るとは限らず、この辺は自分に合ったやり方で構わないと思います。(もちろん個人でやる場合)
もっと柔軟な考えでやっても問題ないような気もします。
先生、先輩に言われた通りやるのも悪くは無いと思いますが、自分の中で必ず理論的に「こうするべきである」という考えを持ってやって欲しいと思います。
私の場合は必ず「何でそういう動きをするの?」と聞き、それで本人が納得しているのならそれ以上言いません。
しかし、やってる本人が答えられない場合・・・、突っ込みを入れます 笑。

この記事に

開く コメント(0)

武道として

以前にも書きましたが、亀田の武道場で練習していると色んな武道の練習を見る機会があります。

この前の土曜日の同じ時間帯に空手の練習風景を見ました。
やはりその団体も子供達が多く元気よく練習してます。
内容的には突きとか蹴りの基本が多く、やはり基本の大事さを感じさせられます。
基本練習というのは子供達にとって、楽しさを感じる練習ではないのでしょうがみんな真剣にやってました。
躰道の場合、ある意味が「逃げ」があるように思えます。
私の場合、基本の大事さはもちろん一番ではあるのですが、どうしても基本ばかりだと子供達は集中が切れます。そんな時に前転や側転などの動きをとりいれるようにしてました。
そうするとやはり楽しそうに動けるのです。
しかし空手や剣道には転技はありません 笑。
にもかかわらずこれだけ多くの子供が習ってる事に「凄いなぁ〜」なんて感じてしまいます。
空手と躰道の違いはどこにあるのでしょうか?!

土曜日の練習の合間に、躰道の女子の法形の話題になりました。
最近の女子?だけなのか分かりませんが、法形自体が「軽く」なっているのでは?!という事です。(スピードはありますが)
今の流れとして、綺麗さを優先させているという考えに至りました。
空手の女子の型と比較すると軽いと言わざる得ないように感じます。
この辺はやはり基本練習が少ないためではないかと思います。
それよりも全体の動き、体の操作だけに注意が行き、極技の威力が感じられません。
もっと武道性を意識する、この課題を克服すべきではないかと思いますが・・・。

この記事に

開く コメント(3)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事