むく の おもちゃ箱

蒼い風がこころの扉をたたいても なお・・・

ようこそむくのおもちゃ箱へ!

        ようこそむくのおもちゃ箱へ!


             おいでいただき ありがとうございます
               いつか ヤフオクの出品者になることが むくの【見果てぬ夢】

               いままで、試行錯誤して作ってきた、多彩な品々
               高級品も そうでもないものも そうではないものも^^v
               【ちょっと 素敵 かわいい おもしろい】
                というくくりでご紹介していきたい と思っています

               【おもちゃ箱をひっくりかえしたような】
               雑多な むくワールドをお楽しみくださいませ

イメージ 1
   木製漆塗り朝顔カップ 朱内金 【華】    

イメージ 2
   【華】もみじ・ふじ・竹・しだれ桜・はぎ・梅    

木製、本漆塗り(赤に近い朱)内金地 のワインカップに 消し金 で蒔絵が施されています。
この形が、【朝顔カップ】と呼ばれるのは、すーっとのびた持ち手部分が
朝顔の花を連想させるからでしょうか。

こういった漆器は、おおよそ、昭和20年〜30年代半ばにかけて盛んにつくられました。
ものによっては、底の部分に Occupied Japan  としるされていたりします。
オキュパイド・・・・日本が占領下にあったことは、歴史的事実としては知っていましたが、
こうして、目の前にある【モノ】がその時代に作られ、長い年月を経てきて、
今なお、燦然たる輝きを失わないでいる・・・ということに、圧倒される思いがいたします。

始まりは、進駐軍の【CPO】米軍中央購買局 に納めることになったことで、
1ドル=360円 の時代まで続きましたが、レートが変動相場制になった
ことにより、採算がとれなくなり、すたれていったのだそうです。

木地を挽く技術自体失われようとしています。

当時、帰国時のお土産品として、コーヒーカップ、ワインカップ、コースター、シャンパングラス
パイプスタンド等々、それまでの漆器とはかなり趣の異なる洋風のものが作られました。
当時から、金を蒔く技術は、会津の得意とするところだったため、
器(カップ類)の内側には、当時は、今よりずっと貴重品だったはずの 金 を蒔いた
豪華な品に仕上げられています。

また、CPOの意向、アドバイスに従い、蒔絵は【米国人が 日本をイメージしたもの・・・】
が珍重されたようです。

蒔絵は山水画が好まれました。(山水画? それは中国系 と思いますが・・・、
あくまで当時の米国人のイメージですので・・・笑)  他には花鳥も好まれました。
・・・1ダースというくくりのせいでしょうか?
当時のものは6客組で、しかもすべて違った蒔絵というのが主流です。
そして、この6種類の蒔絵は、人気があったものらしく、ありとあらゆるカップ類に描かれています。
もちろん、すべて手描きです。だから、同じ絵柄といっても、微妙に・・・かなり違っていたりする。
シルクスクリーンのような同一性は望むべくもない。
そのかわり、数をこなしているが故の 自由闊達さがある。生き生きしている。
時にずさんですらある・・・(笑) 

力強い魅力にあふれていながらも繊細で、むくのお気に入りの逸品なのです。

その他の最新記事

すべて表示

舘岩愛輝診療所

2017/5/17(水) 午前 1:39

舘岩愛輝診療所 5月11日、【舘岩愛輝診療所】 なるところに行ってきました。 11日の会津は、前日までの晴天とはうってかわって、細かい霧雨が時折降っていました。慈雨♪ かつてのアイドル、天地真理が歌った、 わかばが急に ...すべて表示すべて表示

あいづものつくりコンテスト

2016/10/23(日) 午前 1:29

あいづものつくりコンテスト             うちの出品作 2016 この週末あいづものつくりコンテストが開催されています。 展示:平成28年10月21日(金)〜23日(日) 場所:會津稽古堂(あいづ伝 ...すべて表示すべて表示

林 ことみ 先生の ドミノ編みの ワークショップに参加してきました 前々から、名前だけ出してなかなか書けないでいた・・・そんなのはいっぱいあるんだけど(^^ゞ その中のひとつが   【エストニアのぶた】  もう、何匹編んだことか  ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事