むく の おもちゃ箱

蒼い風がこころの扉をたたいても なお・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ウルトラエッグ 黒&白

残暑お見舞いもうしあげます〜♪ & 謹賀新学期〜♪


今日の会津は、最高気温30度 という心和む数値。
連日続いている34度35度・・・に比べればですけど(笑)ホッと一息。

連日の猛暑に、漆も融けて? 粘度を失って汁くなってしまい、厚く塗れないものだから、
箱の角々のところまで うまくのしてくれません。結果、塗り残しのような【逃げ】が生じ・・・
もうもう、ものすごい数の不良のやま (>。<) 
一個一個すべての面を磨き・・・何で箱には10面もあるんでしょう・・・・(T_T)
漆は生き物、職人さんも生き物、かくいう我々エプロン部隊のおねぇさん達もまた生き物・・・
それぞれに 暑さにやられていて・・・【どうなるんだ8月末】 状態でした。

ふぅ〜〜っ 実は今日まで続いていた8月末でした・・・。
31日に出しても、1日に出しても、2日に出しても先方に着くのは 3日!!
   ならば・・・・・・強引に8月末に押し込んでしまおうという魂胆 (^_-)-☆
こほっ  越後屋むくべぇ( 腹黒)は今日の午後2時よりのラストスパートで
8月末を無事駆け抜けきったのでした。(>。<)
9月末中間納期まで後残り300個弱 ・・・心底 安堵しています。
皆さまの 物心両面での 応援に 感謝申し上げます〜〜♪


応援第一弾:残暑厳しき折、海辺に流れ着いていたのが コレ

                   ウルトラエッグ 黒&白
イメージ 1

                   やが〜て 手が出て・・・
イメージ 2

                   足が出て・・・
イメージ 3イメージ 4

あっ〜という間に ベリアル & エレキング が誕生〜♪
・・・・・なんということでしょう! 精巧な折りたたみ式になっちゃっているんです f(@_@)
イメージ 5

ご存知ですか? 暗黒面に堕ちた唯一の黒いウルトラマン・ベリアル
そして、電気怪獣 エレキング・・・・
それにしても、この子達の この手つき、そして足つき・・・むくの遊び心を刺激してやみませぬ(笑)


                【 生まれたてのベリアル ロングブレスに挑戦 の図 】
                  ・・・・・ふふっ すでに アゴ出していますね〜♪ 腰入ってないし
イメージ 6


                【 ドヤ顔のエレキング リュック背負ってハイキング の図 】
             ・・・・会津木綿で お手製のリュックを縫って 背負わせてみました〜♪イメージ 7  イメージ 8  イメージ 9

そして、夏と言えば 何と言っても コレ ↓ですね〜〜♪

             【 渚にて・・・逃げるベリアルを追いかけるエレキング の図 】
               『こらぁ〜待て〜〜〜っ』 『きゃははは〜〜〜っ』歓声が上がる海辺
イメージ 10



てへっ お楽しみいただけましたか?
今日のような 中休みもありつつ、また明日は 34度の予報です・・・(=_=)
それでも 夕方から朝方にかけては、めっきり涼しくなりました。
影が伸びて、日も短くなって・・・秋の虫たちが声高に・・・確実に季節は進んでいるのですね。
『もうちょっとの辛抱さっ・・・』 の精神で  残りの残暑楽しみましょうぞ (^_-)-☆
帳簿をつけながら、うとうとしていたみたい 
もの悲しくも幸せな気持ち・・・で 目がさめました  気がつくと
まるでやさしい慈雨のような 心にしみいる ピアノ曲が流れていました

ケンプの弾くバッハのカンタータ集をかけていたはず・・・ これは何??

それが、この曲との出会いでした

グルックの【精霊の踊り】
ケンプのピアノ独奏版 なのだそうですね? 80歳すぎてからの演奏だそうですね?

透き通って格調高く、淡々としていながら熱い想いを内に秘めてい­るような・・・
おだやかな、慈雨 のような・・・ ケンプの演奏は、心にしみいります。

またひとつ 素晴らしい曲に巡りあえました。 ありがとうございます〜♪

パイナップル編みの進化

今、母とむくは、レース編みに魅了されつくしています。
アクリル毛糸並太で編んだエコたわしをもらったのが発端でした。

イメージ 1

この子たちがそのすべての元凶ですっ !!

ね、ね、パイナップル編みの原色のエコたわしのこのキュートさ・・・
さっそく材料を揃えて 編んでみて・・・
今度は、その編みの面白さにすっかり憑りつかれてしまいました (笑)

アクリル毛糸に始まり、コットン混紡の夏毛糸、麻や綿紡のインテリア用糸、
ついには、限りなく細いレース糸 にまで・・・どんどん世界はひろがってゆきます。
同じ目数の同じ編み方でも、糸の種類によって、かぎ針の太さによって
作品は 驚くほど違った仕上がりになります。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

エコ たわし・ポシェット・コースター・におい袋(サシェ)
レース編みの図案集も しこたま買い込み・・・これもある意味進化でしょうか? (笑)

編み物をするなんて、ホントに ここ10年以上とんとなかったことです。
年子のあしかせさん達の発表会用のおしゃれな編み込みのセーターを、おそろいだから2枚
リハーサルの最中も、お昼の時間も、延々編み続け、本番寸前にようやく完成・・・(>。<)

編み続け・・・・といえば思い出すのが ↓ コレ
継母の邪悪な魔女に 白鳥にされた兄王子達の呪いを解くため、
イラクサのセーターを王子達の数だけ無言で編み続けた お姫様の お話・・・
ひとっことも口をきいてはいけなかったのです。誤解が誤解を生んで
魔女と思われて、火あぶりの刑にされそうになっても だまって【編み続けた・・・】
そして、処刑される寸前 セーターは編み上がり、あ゛ 一枚だけ片袖が未完だったかも?
姫がセーターを白鳥に投げかけると魔法が解けて 元の王子さまに・・・
あれは何というお話だったのでしょう・・・
王子は 何人でしたっけ??  なんか凄くいっぱいいた記憶が・・・笑

こほっ  また脱線・・・ (^^ゞ

あの頃むくは、【首まわりから編むセーター】 というのに魅了されつくしていたのでした(笑)
あの時の棒針編みのメリヤス部分は、TVをみながらでも編めましたけど、
今回のかぎ針編みは、そんなわけにはいきません・・・(*^_^*)v
手元を凝視して一目ずつ編む。編み図をじ〜〜〜っとみて目数を数え・・・
時にはムシメガネ・天眼鏡・拡大鏡にて、つまり拡大して・・・もくもくと編む。
母と向き合って、それぞれにお気に入りの図案を編む。あっという間に夜は更けていきます。
時折会話を交わしつつ、穏やかな、不思議な時間が過ぎて行きます。

夜間のネット全くなしの、極めて健全な(笑)生活をしているのに、
なんでこんなに疲れているんだろう。やはり健全な生活は性に合わないんだろうか・・・・
と思っていたのです。
てへっ〜〜この編み物が元凶なのかもと思い至っております。つまり眼精疲労。
たまには、まばたきもしないとね・・・・(^_-)-☆

これら、苦心の作はオクにUPし始めています。 よかったら冷やかしに来てくださいませ〜♪


ただ、思いがけない落とし穴がひとつ・・・
85歳の母が、丹精してくれた、複雑で繊細なレース編みの小品を
どれもこれも手放すのがいやになってしまうんです(>。<)
自分が楽しみながら作ったものを誰かが気に入って買ってくださるというのは、喜びですけど。
次の材料費が出れば良いと考えるのならともかく、そこにかけた労力を時給換算して・・・
なんて考えると、商品としては成り立たなくなってしまいます。
それでも、あれこれと企画するのは楽しいっ !!

そうはいっても、夜間ネット環境全く無し、しかも、月末がすぐそこまで来ている現況では・・・
なかなかUPにまで至らない・・・綱渡りの綱は 細くなる 一方です。
あぁ〜UP作業が大好きな小人さん 来てくれないかなぁ〜〜〜
と半ば本気で願っている 他力本願 のむくなのでした。
え? 
朝起きてみたら、作り途中の靴が仕上がっているのに気づくおじいさん !!
【靴屋のおじいさんの驚き !!】 むくも味わってみたいもんだゎ〜〜 (笑)
しかも、たしかその靴は飛ぶように売れるんでしたよねっ(爆)
あ゛〜〜〜 でも 作り途中の・・・この【途中の】 がキーワードなのでしょうか??
とにかく、少しは自分でもやり始めていないことには ダメ? (苦笑)

そしてこのきゅうり・・・

今年は実家の裏の畑ではきゅうりが豊作です。
母のろっ骨骨折騒ぎで、しばらく畑の様子見に行っていなくて、
『生ごみ捨てに行くついでに、きゅうりもいで来て・・・』 と言われ
見に行ったらこのありさま・・・f(@_@ )

イメージ 5


普通のきゅうり(下): 身長20僉‖僚釘隠隠娃隋(囲(ウエスト? ヒップ?? )9
うちのメタボさん:身長37僉‖僚釘毅娃娃隋ゞ三蓮。隠鍬

これってただの豊作?  それとも、進化の過程? もしや放射能のせい????? 
・・・(ー_ー)!!
むくは、また実家に来ています。
昨年暮れに書いた、【エンソくん汽車に乗る】 の続編です。
実家にはネットの環境がないので、明日家にもどったら upするつもりです。

          〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜

今朝の会津は、やさし〜く雨が降っていて、水たまりに落ちる ころんころん というやさしい音で
目が覚めました。「あ〜〜雨がふっている・・・」
「え゛〜〜〜 雨!!! 今日は木曜日・・・悠長に雨音に耳を傾けている場合ではないっ」
と がばっと飛び起きた むく なのでした。
雨がひどければ、自転車には乗れない。家に戻るには、バスに乗らねばなりません。
このバスが曲者。 7時18分のスクールバス(平日のみ運行)8時38分(月・水・金 のみ運行)
だから木曜日は、7時18分のを逃したら、午後2時18分までバスは無いのです・・・・(ー_ー)!!
それにしても、月・水・金  ってのには凡人には計り知れない何か深い意味があるんでしょうか?
タクシーには乗りたくないし、だったら、40分くらいの距離歩けって???  無いな・・・(笑)

そして蛇足ながら、日曜と祝日は 終日 バスは運休です。 
『出かけたいならば、誰か家族に送ってもらいましょ・・・』 ってことなのでしょうか?
こうなると、乗客が減るからバスの便が悪くなり また乗客が減る という負のスパイラルは
際限なく・・・とどまりたるためしなし!

この山を下りてくる7時台のスクールバスは、むくが高校生の頃はいつもぎゅうぎゅうの満員でした。
満員通過なんてしょっちゅうで、かなり離れた次のバス停まで、毎朝バスを追いかけて走っていました。
次のバス停で、小学生が大量に降りるので、停車時間が長く、かろうじて間に合うのです。
重い学生鞄をひきずるようにして、三つ編みのおさげをバタバタ顔の周りで躍らせて、
制服のひだスカートバサバサいわせながら・・・毎朝走ってた・・・(>。<)
おかげで、スポーツテストの持久走と立位体前屈 だけは好成績。
運動部のキャプテンに勝って、くやしがらたことも・・・。
『そんな足もつれそうな走り方してるくせに なんで・・・』 って・・・(爆)
【ちりもつもればやまとなる】 ですかね??? ← ちょっと違うか

・・・・それが、今は乗客はむくも入れてたった2人だなんて・・・・
新学期になって黄色い帽子をかぶった男の子が加わって3人になった時には、おおおぉ〜〜っでした。
でも小学生が降りてしまうと、あとは むくの貸切り状態になりまする。
この間など、ぼ〜〜っとしていて、降車お知らせボタン 押すの遅れたら、
運転手さんが180度後ろを向いて、『降りなくていいんですか〜〜?』 と(^^ゞ
ひえ〜っ(^^ゞ  人のことよりちゃんと前見て運転してくださいね でした(笑)

週3回、透析に通う父のお世話をし、帰るときに 乗っていたバスに久しぶりに乗りました・・・
その父はもういません

心の準備

昨日までの雨があがり、今日の会津は 良いお天気です♪
近隣の小学校の運動会が行われていて、号砲や応援の音楽、アナウンスが とぎれとぎれに
聞こえています。 おだやかで、のどかな時間が過ぎて行きます。

昨日は たいへんな一日でした・・・
朝から雨、張子のむくは、病院まで歩いて行くのが億劫で、なかなか出かけられないでいました。
そうこうするうち、磨き人さんが品物を届けに来たりして、ますます遅くなってしまったので、
始業の10時までに帰るには、自転車で行かざるをえず・・・(^^ゞ
ええぃ〜〜っと 時折強く吹きつける雨の中出発しました。

自転車は中3の時にようやく乗れるようになったむくです。
傘を持って片手運転なんて望むべくもなく・・・高性能雨合羽 なんてないものでしょうかね?
自転車競技用の合羽 なんてはないのかな。 あのピッチピチのウェアはあのままですでに防水?
そうはいってもね・・・・(爆)
すっかり  ぬれひつじ  そのものになりながらも無事帰宅・・・(笑)
今日は、お父さん 元気な声で 『おはよう〜♪』 って返してくれたから良かった〜♪
なんて思っていたのです。

11時半頃 ちょっと3階の自宅に戻ったら 何も入っていない留守電が点滅していた !!
あちゃ〜〜(>。<) また転送解除にしてなかったんだ。誰だったんだろう・・・
事務所に戻り転送解除。 しばらくして 携帯が鳴り・・・
県立病院看護師のOOです。(父が)透析中にけいれんを起こし、透析を中止しました。意識が混濁しています・・・ 
「すぐ 行きますっ !!」

後の戸締りを頼み、ドタバタっと駆けつけました。
必死で自転車こいで・・・最短時間到着記録更新ですね・・・(笑)
後から考えたら、戸締り済ませて、車にのせてもらった方が早く着いたのかも (^^ゞ
幸い、MRIの検査では、脳こうそくも脳出血もなく、けいれんは、体内の電解質のアンバランスによる
脳性けいれん だろうとのことで。 ICUにて経過観察 となりました。
ふひゅ〜〜っ もう ダメかと思った・・・。

って、すごく時制が変でしょ? そう、何日もかかって書いているんですっ (>。<)

8日の夜 腹痛で救急に駆け込み、点滴後 入院。
14日の朝には、吐いたものが肺に回り、誤嚥性肺炎をおこし。
18日のこれ・・・
がくんと悪くなっては、ちょっと戻り、一進一退を繰り返しつつ、確実に悪くなっている。
14日午後の説明で、すでに 息子さんにも至急連絡を といわれたのでした。
入院当初の疑いをひとつずつ潰しているところです。
動脈瘤破裂や腸穿孔 といった 緊急処置が必要なものでないことは確認できています。
腸閉塞があることは明らかなので、明日にでも腸の検査を考えていたところでした。
いくつもの病気を抱え、透析もしているし、いろんなことのバランスを取りながらの治療です。
いつどうなってもおかしくない状態です。
高齢でもあり、ちょっとしたことで急変しやすいことを覚悟しておいてください。

この週末、あしかせさん達は 大阪へラルクのコンサートを 追いかけて行く予定だったので、
あしかせ1は、明日なら休めるからと14日のうちに、会社からまっすぐ、着の身着のままで帰省。
18日のけいれんの後、また小康状態が訪れたものの・・・
父の妹一家や弟夫婦が駆けつける中、大阪に行っているうちに何かあったら・・・
さすがに、行かせた判断は甘々だったかとはらはらしました (>。<)
ようやく、コンサートが終わり、ほっとしています。
1号は 段どり付けて急な呼び出しに備えるため、朝1の新幹線で、大阪から会社に出社
2号と3号は、新幹線乗り継いで夜には帰省の予定です。

朝に晩に 食事とトイレ・ベットに横になるための介助 に通った入院もありました。
でも食事ができないんだから、今回の入院は今までとは全く違っていました。
個室のあきがなかったため、ICUの次の段階の部屋に入院となり、面会は1日3回10分程度。
その後父が急変し、幸いちょっと持ち直し・・・
ICU付属の個室に移ってからは、深夜までいて、早朝に駆けつけ・・・
でも、わたしにできることは、何もなく、ただ、ぼーっとそばにいるだけ。
あれは、自分と向き合い、あきらめをつけるための時間だったのでしょうか・・・・

とうとう今日の説明では、
無用に苦しめたくない というお気持ちに変わりはありませんか。
今、24時間体制でやっている 低レベルの透析を続けるのももう限界に来ています。
明日の朝 1時撤収して、様子を見ることにします。
せん妄や見当意識障害も出始めていますので、軽い鎮静剤処方しています。
血小板が低下していて、輸血しても炎症のせいで、すぐにまた減ってしまう。
こんな状態では、いつどこに出血が起こっても不思議ではありません。ご高齢ですから・・・。
と。 それって明日の朝がひとつの 山場になるということなのでしょうか?
透析をして、いくつも病気を抱え、空恐ろしいほどの制限を自分に課して 永らえてきた父。
ここまで生きていられたことが 奇跡的 と 思い、たびたびそう口にしてきたむくです。
あきらめをつけるための長い時間をすごし・・・・覚悟はとうにできている と思っていた。
なのに、のどのところにつっかいて 一向に去らないこのかたまりはなんだろう・・・
 

こんな時期に、こんな時期だからこそ、今のうちに月末の先取りを少しでも・・・ と思い、
わたしにしてあげられることはなんだろう・・・と思う。
母の力になってやらなければ という思いはあっても、自分のことで精一杯。
何か別のことをしていないと 押しつぶされてしまいそうな気がする一方で
そんなことしている場合か・・・自分を追い込んでいるだけじゃないかと思う・・・ (=_=)
どこまで行っても 大人らしい分別なぞ身につきませぬ(苦笑)

また、新しい週が始まりましたね。
金環日食に一色に染まった幸せな朝、緑が街中に萌え出した風薫る5月。
世の中は こんなにも穏やかで 明るく 喜びに満ちているのに・・・
長い間、腰痛や腹痛を我慢し、節制を貫いてきた父には 解放でもある・・・ですよね?

                 むく

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事