むく の おもちゃ箱

蒼い風がこころの扉をたたいても なお・・・

進化論

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

パイナップル編みの進化

今、母とむくは、レース編みに魅了されつくしています。
アクリル毛糸並太で編んだエコたわしをもらったのが発端でした。

イメージ 1

この子たちがそのすべての元凶ですっ !!

ね、ね、パイナップル編みの原色のエコたわしのこのキュートさ・・・
さっそく材料を揃えて 編んでみて・・・
今度は、その編みの面白さにすっかり憑りつかれてしまいました (笑)

アクリル毛糸に始まり、コットン混紡の夏毛糸、麻や綿紡のインテリア用糸、
ついには、限りなく細いレース糸 にまで・・・どんどん世界はひろがってゆきます。
同じ目数の同じ編み方でも、糸の種類によって、かぎ針の太さによって
作品は 驚くほど違った仕上がりになります。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

エコ たわし・ポシェット・コースター・におい袋(サシェ)
レース編みの図案集も しこたま買い込み・・・これもある意味進化でしょうか? (笑)

編み物をするなんて、ホントに ここ10年以上とんとなかったことです。
年子のあしかせさん達の発表会用のおしゃれな編み込みのセーターを、おそろいだから2枚
リハーサルの最中も、お昼の時間も、延々編み続け、本番寸前にようやく完成・・・(>。<)

編み続け・・・・といえば思い出すのが ↓ コレ
継母の邪悪な魔女に 白鳥にされた兄王子達の呪いを解くため、
イラクサのセーターを王子達の数だけ無言で編み続けた お姫様の お話・・・
ひとっことも口をきいてはいけなかったのです。誤解が誤解を生んで
魔女と思われて、火あぶりの刑にされそうになっても だまって【編み続けた・・・】
そして、処刑される寸前 セーターは編み上がり、あ゛ 一枚だけ片袖が未完だったかも?
姫がセーターを白鳥に投げかけると魔法が解けて 元の王子さまに・・・
あれは何というお話だったのでしょう・・・
王子は 何人でしたっけ??  なんか凄くいっぱいいた記憶が・・・笑

こほっ  また脱線・・・ (^^ゞ

あの頃むくは、【首まわりから編むセーター】 というのに魅了されつくしていたのでした(笑)
あの時の棒針編みのメリヤス部分は、TVをみながらでも編めましたけど、
今回のかぎ針編みは、そんなわけにはいきません・・・(*^_^*)v
手元を凝視して一目ずつ編む。編み図をじ〜〜〜っとみて目数を数え・・・
時にはムシメガネ・天眼鏡・拡大鏡にて、つまり拡大して・・・もくもくと編む。
母と向き合って、それぞれにお気に入りの図案を編む。あっという間に夜は更けていきます。
時折会話を交わしつつ、穏やかな、不思議な時間が過ぎて行きます。

夜間のネット全くなしの、極めて健全な(笑)生活をしているのに、
なんでこんなに疲れているんだろう。やはり健全な生活は性に合わないんだろうか・・・・
と思っていたのです。
てへっ〜〜この編み物が元凶なのかもと思い至っております。つまり眼精疲労。
たまには、まばたきもしないとね・・・・(^_-)-☆

これら、苦心の作はオクにUPし始めています。 よかったら冷やかしに来てくださいませ〜♪


ただ、思いがけない落とし穴がひとつ・・・
85歳の母が、丹精してくれた、複雑で繊細なレース編みの小品を
どれもこれも手放すのがいやになってしまうんです(>。<)
自分が楽しみながら作ったものを誰かが気に入って買ってくださるというのは、喜びですけど。
次の材料費が出れば良いと考えるのならともかく、そこにかけた労力を時給換算して・・・
なんて考えると、商品としては成り立たなくなってしまいます。
それでも、あれこれと企画するのは楽しいっ !!

そうはいっても、夜間ネット環境全く無し、しかも、月末がすぐそこまで来ている現況では・・・
なかなかUPにまで至らない・・・綱渡りの綱は 細くなる 一方です。
あぁ〜UP作業が大好きな小人さん 来てくれないかなぁ〜〜〜
と半ば本気で願っている 他力本願 のむくなのでした。
え? 
朝起きてみたら、作り途中の靴が仕上がっているのに気づくおじいさん !!
【靴屋のおじいさんの驚き !!】 むくも味わってみたいもんだゎ〜〜 (笑)
しかも、たしかその靴は飛ぶように売れるんでしたよねっ(爆)
あ゛〜〜〜 でも 作り途中の・・・この【途中の】 がキーワードなのでしょうか??
とにかく、少しは自分でもやり始めていないことには ダメ? (苦笑)

そしてこのきゅうり・・・

今年は実家の裏の畑ではきゅうりが豊作です。
母のろっ骨骨折騒ぎで、しばらく畑の様子見に行っていなくて、
『生ごみ捨てに行くついでに、きゅうりもいで来て・・・』 と言われ
見に行ったらこのありさま・・・f(@_@ )

イメージ 5


普通のきゅうり(下): 身長20僉‖僚釘隠隠娃隋(囲(ウエスト? ヒップ?? )9
うちのメタボさん:身長37僉‖僚釘毅娃娃隋ゞ三蓮。隠鍬

これってただの豊作?  それとも、進化の過程? もしや放射能のせい????? 
・・・(ー_ー)!!

切り絵 今年の干支

薄日も差して、とても穏やかな 春の朝 です〜♪
午後からは、台風並みの 暴風雨が吹き荒れるって??
南のほうの地方では すでに 嵐が 始まっているのでしょうか?

どうぞ、お気をつけて・・・

今更ながらに おくればせの 懸案の・・・ 【今年の干支 切り絵】

イメージ 1

            普通サイズの色紙(約24×27センチ)にはってみました
             文字の裏張りの 【朱】 は初日の出を意識した 強烈な色 (笑)

イメージ 2

            こちらは、ピッタリサイズの(笑)マルーン色の額にいれてみました
            同じ色紙サイズです・・・写真撮影の技術が未熟なためそうは見えませんね? (^^ゞ

そして、『うう〜っ センセ、うろこが細かくってめんどうくさいおら・・・』 
という生徒のわがままに応えて、簡略化? されたデザイン がこちら
切り絵は切った後 裏返しに貼るので、デザイン紙は左右逆向きになっています。
【完成予想図】 はどうぞ心の目で ごらんくださいませ・・・・(>。<) ←ちょっと手抜き(笑)

イメージ 3

イメージ 4

             どちらも色紙対応サイズです だいぶ簡略化されたでしょ? (笑)
          
   さらに、『この程度では 簡単すぎて あきたらん! 』という方のためには、こちら、

イメージ 5

           辰巳の守り本尊であらせられる  普賢菩薩 さま 龍に乗ってお出ましの図

        サイズは、横29.5 × たて41.5 センチ (新聞紙見開きの 1/4 くらい)
        これがちょうどよく納まりそうな額縁もあったりします・・・(笑)

完成図 → 黒い紙に白で描いたデザイン図 → 白い紙に黒で描いた 原画 
【完成予想図】 はどんどん 思い描くのが難しくなってるね・・・ ですか? 

・・・(^_^;)・・・(ー_ー)!!・・・(=_=)・・・ もうしわけありませんっ

完成時の  幸せな未来 をお見せできないこと 非常に心苦しくおもっておりまする・・・・
また、十二支 全てに関して、それぞれ5〜6種類のデザイン紙、もしくは原画 があり、
それを どのようなかたちで見ていただくのがベストなのか・・・もう、頭が三角になりそうです(>。<)

一番良いのは、鶴ヶ城の桜見物がてら、会津に見に来て選んでいただくこと でしょうか??? (笑)  


 追記 

色紙サイズをミニ色紙サイズに縮小して切れるだろうか とお尋ねの件について・・・

おっしゃるように、細かい複雑なものになってしまい、できばえはもちろんですが、
切っている作業自体が、楽しくなくて、なにやら我慢大会の様相を呈してしまう可能性は
否定できません (笑)しかし、平常心を保って、引きちぎったりせずに完成させることができたなら
細密画のような魅力を持ったモノに仕上がる可能性もあります。

ならば、簡略化されている図案で・・・・となりますよね。

もともと、色紙サイズの方が細部まで描きこまれた絵になっていますし、
大きい分切りやすく、カット線にも勢いが出るように思います。

たとえば、【進化論】の書庫でご紹介している【帆船】と切り絵セットCに入っている【帆船】は
実は題材は一緒です。
うちの額縁にあわせて、ミニ色紙サイズをデザインしてもらった時に、大きいサイズで切ってみて、
お気に入りだった【帆船】 を是非 とお願いしたのです。

イメージ 6


イメージ 7




どちらがお好きでしょうか?   
簡略化された中に本質が表現されていて、小さいなりに完成度は高い・・・とみるか
簡略化されたものは、細部が雑で勢いがない・・・ とみるか (>。<) 
好みの分かれるところかもしれません。

うちのこの一連のセットの商品(切り絵セットA・B・C・D・四季1・四季2)は、
いろんな難易度をとりそろえ、切り絵入門編としてはかなり完成度の高い、おてごろ価格の
なかなかの すぐれもの と自負しています。← 我田引水 (^^ゞ
とはいえ、切る以前から個人的にあまり好きではない図案もなかにはあります。(苦笑)
そして、切ってみてお気づきになると思うのですが、切っていて楽しいものとそうではないものがあり、
それは、図案の単純さ 複雑さ ではなく、まして出来上がりの見栄えの良さですらない・・・ 
というのが 正直な感想です。好みには個人差もありますしね(^^ゞ

何が言いたいのかというと・・・、もし、アドバイスできることがあるとすれば、
著作権に抵触しない範囲で、いろいろ試して楽しまれたら良いのではないでしょうか・・・ 
につきるのではないかと思います。

これから順次、セットもの(ミニ色紙大)と同じ題材の 大きなサイズのデザイン紙 も
ご紹介していきますので、どこがどんなふうに違うのか試してみられるのも一興かと思います。
もちろん、干支についても順次・・・お楽しみに〜♪

    切り絵で楽しいひとときを過ごされますように〜♪

切り絵

            切り絵  帆船 (210×275)

イメージ 1

黒のデザイン紙には エクセレントブラック、下の台紙には つむぎ絹 を使用しています。
上部にうすく横線が入っているのは、台紙の地模様です。
通常は額縁の形にくり抜いた くちば色のマットをそえて、額に入れています。

なにしろ未熟者でして・・・(汗っ)写真だと斜めに写るので、スキャナで取り込もうとしたのですが、
マットまで入りきれず、しかもその後の画像を小さく見映え良くする処理に四苦八苦しております(苦笑)
雰囲気はお伝えできているでしょうか?
切ったのは むく ですが、デザインは、当地方在住のF氏です。

初めに 額縁ありき・・・
うちは漆器・木工芸品製造販売をしているので、手芸用の額縁に何か付加価値をつけられないか・・・
と模索していたんです。
銀行への途中に、切り絵工房があって、これだ〜と思いました。(F氏の工房は今は別のところに移転)
さっそく、切り絵初体験。なんたってサンプルを作らないことには・・・
最初は、ミニ色紙サイズ、絵はがきサイズから挑戦しました(むろん 額縁にあわせて・・・笑)
そうこうするうち、わたし自身がすっかりはまってしまったんです。
切り絵 とは ?
ごくごくシンプルにご説明すると

黒い紙に白い線で絵が描かれているので、線の上をカッターで切っていきます。
すると、線で囲まれた部分は抜け落ち、そうでない部分は残る
その結果、絵が浮き出てきます。

それを、白い紙の上に 裏返しに貼る。
四角や 楕円にくりぬいた マットで飾りつけ・・・
白い紙に貼る前に、裏から友禅紙 など貼ってみる のも一興。

むく の希望としては、さらに額縁にいれて飾る ところまでやってほしい・・・(笑)

絵心がなくても、無心に線を切っていくうちに絵が浮かび上がってくる楽しさ・・・
くりぬくだけの簡単なものから始めて、細い線状のものを残さなくてはならない高度なものまで・・・。
どんどん、大きな複雑なものがやりたくなるんですよね〜。
成果は如何に・・・
F氏のデザインで、ミニ色紙大(110〜120角)、絵はがき大(120×170)のものを
32種類つくりました。いろいろな難易度のものが入っていて、切り絵入門というか、入り口としては
なかなかのものだったのでは・・・と思います。でも、額縁はほとんどダメでした(苦笑)
こんなかんじです。

                つばき            コスモス              小鳥
イメージ 2

                               ききょう              ふくろう


後日、陶芸の絵付けにステンシル風に使っている というお手紙をいただいて、
【ものは作り手の手を離れてしまえば、思いもよらないような使い方をされる】
と実感しました。

小麦粉が日本ではうどん、イタリアではパスタ になるように、
切り絵の発想もまた、シルエットデザイン、中国切り絵、びんがた、ステンシル ・・・
とさまざまな形態をとっているのは とても興味深いですね。
最近、ステッカーを自前で切り絵で製作なさっている方もいる というのも初めて知りました。
切り絵とひとくちに言っても、いろいろな楽しみ方があるんですね。
未来・・・
ごらんいただいたように、うちの切り絵はとても和風。
もっと洋風にできないものか・・・と思います。
最終目標はこの ミュシャ風の女神 女性像 でしょうか

でも、あまりに難しすぎて・・・

ところがところが、先日 【白蛇】さまのブログ にオジャマをして、
脱色画太郎というソフトの存在を教えていただきました。
これなら、もしかしたら、自分で切り絵の原画を作ることができるかもしれない!
思いがけない展開にわくわくしています。

しろへびさん ありがとうございます。
(ひらがなで書くと漢字の時のおどろおどろしいイメージが消えて、
                 【氏神様のおつかい】 的な 親近感が・・・笑)

お礼に、うちの ドラゴン の画像をおみせしますねっ。
イメージ 3
イメージ 4

あはは・・・なんともまぬけでしょう? 白蛇 さま のドラゴンとは大違い!!

蛇足
まだ、幼い頃、母が愛読していた【暮らしの手帳】には【おかあさんが読んできかせるお話】
というコーナーがあって、その挿絵は、藤城清治氏 の切り絵でした。
あのメルヘンの世界、だ〜い好きでした。
むろん、それが切り絵という認識はなかったんですけどね・・・
   文字は【おかあさんが読んできかせるお話】で覚えた むく です(笑)

切り絵

    切り絵 女神


切り絵の最終目標 は・・・

イメージ 1


美しくけだかく近寄りがたい・・・孤高の女神のような女性像

横浜在住の にいさま のデザインです
やってごらんなさい と言われて何時間もかけて挑戦したのですが、
むくの指先ではとてもとてもこんなふうには仕上がりませんでした・・・(T.T)

今までの【切り絵】=和風 のイメージが完全に完全にくつがえりました

 ミニげた・ミニ下駄

           ミニげた・ミニ下駄

イメージ 1


当地方は桐の産地ですので、桐材でミニチュアのげた(ミニげた・ミニ下駄)を作ってみました。
大きさは、たて 約 6僉_4僉々發毅沖
小町 という形です。町娘が履いていた?

イメージ 2


さて、問題なのは 花緒です。どうやって たてたら いいんだ〜   
なるたけ、実物通りに作りたかったので、げた屋さんに行って習ってきましたよっ。
イメージ 3
イメージ 4


さあ!! 努力の結果をごらんください。果たしてホントに進化しているかは??ですけど(笑)

まずは、白木のミニげた(白木のミニ下駄)です


イメージ 5




次には白木を焼いて磨いて木目を際立たせました。焼桐のミニげた(焼桐のミニ下駄)。

イメージ 6



そして、鎌倉彫のミニげた(鎌倉彫のミニ下駄)!! 

イメージ 7



鎌倉で売られている鎌倉彫の大部分は当地方で作られているんです・・・
白木に 梅、ぶどう、ユリ、マーガレット、あさがお を彫り、全面に刀目をほどこし、
その後、朱、黒、透き で3回塗装・・・手間かかっています


最近知ったのですが、ミニげた って縁起ものらしいです。

玄関に飾ると人の出入りが良くなる → 商売繁盛、良縁祈願
トイレに飾ると足が立つ → いつまでも丈夫に歩ける、トイレで倒れない

一対そろって役割をなす → 夫婦円満
舞妓さんが履くもの → おあし(金)が まいこ む

∴ 初節句のお祝い、結婚のお祝い、開店祝い、新築祝い、引越し祝い 好適品なんだそうです。

さっ、お祝いの品の準備は万端整いましたよっ。いつでもいいですよ、お引越し! (笑)


最後に、次なる進化目標は これ!! マイクロ ミニげた ♪

イメージ 8


いかに小さいかよくわかるように、
500円玉と大好きなハーシナゲッツチョコレートに登場してもらいました。(笑)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事