ここから本文です
カトリック的。
信徒数13億人でも日本では知られていないカトリック。正統キリスト教会を気楽にご紹介します。

書庫全体表示


2015年6月15日発行の日本カトリック司教協議会文書『新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所』が、2015年末からミサ中にひざまずくことを禁止すると述べているように読めるため、正常な神経を持っている信者をビックリ仰天させています。
詳細な検討は別の機会に譲り、取り急ぎ論点をまとめたいと思います。



結論。 今年の待降節以降も、ひざまずいて問題なし!



結論から言いますと、司教協議会文書に記載されている「総則の変更箇所」を読む限り、
新しいミサ総則を根拠として「ミサ中にひざまずくことが禁止される」と主張するのは論理の飛躍です。
以下に、ひざまずきに関して抑えておくべきポイントを挙げます。


新総則はひざまずきを禁止していない

司教協議会は、信者の動作と姿勢について、使徒座の承認を得て、自国独自の適応を導入することができます(ローマ・ミサ典礼書の総則390)。日本の司教協議会が、日本のミサでの信者の基本姿勢を「立つ・座る」と定め、使徒座の承認を得たのは嘘ではないのでしょう(それ自体も噴飯物のスキャンダルではありますが)。
しかしながら、基本姿勢は「基本」であって、それ以外の姿勢がただちに「禁止」されるわけではありません。

実際、総則本文にはひざまずきを禁止する明文はありません。
その点において、司教協議会の解説文書(総則そのものではない)が「日本の適応として、パンとぶどう酒の聖別のとき、会衆はひざまずくのではなく立ったまま手を合わせます」(下線引用者)と解説しているのは明らかに拡大解釈です(ま、司教団の本音なんでしょうけれど)。

「日本の適応として、ひざまずきを禁止する」と総則本文に書いてしまえば、いくらなんでも使徒座の承認が下りるわけがありませんから、総則ではひざまずきには言及せず承認を取って、運用の際にはひざまずきを禁止してやろうという作戦
ですかね。だとすればバレバレです。
とにかく、使徒座が承認したのはあくまで基本姿勢であり、ひざまずきの禁止を容認したのではない、という点が重要です。


新総則は立たないことも認めている

同じ新総則43では、信者が立っている箇所(聖変化を含む)が列挙された後、「ただし日本では、健康上の理由や、他の重要な理由がある場合はこの限りではない。」と記されています。立っている替わりにどうするのかは指定されていません。
身体上の理由もそうですし、より重要である「良心」に関わる理由から、立つ替わりに着席したり、ひざまずいたりできるということです。まぁさすがに伏拝して寝そべってしまっては周囲の邪魔になりそうですから、その辺りには配慮が必要でしょう。

このように、総則本文では立たないことも許容する一方、立たない替わりにどうするかは書かれていません。
その点において、司教協議会の解説文書(総則そのものではない)が「立つことが定められている場合でも、健康上の理由や他の重要な理由がある場合は座ることができます」(下線引用者)と解説しているのは根拠のない限定です。
「座る」という敬意の劣る動作が許される一方、「ひざまずく」という礼拝(より深い敬意)を示す動作が許されない、というのは論理的にあり得ません。

「日本の適応として、聖変化のときには座ってもよいが、ひざまずきは禁止する」と総則本文に書いてしまえば、いくらなんでも使徒座の承認が下りるわけがありませんから、総則では立たない場合の動作は指定せず承認を取って
(以下略)


「参加者が共通の姿勢を守ること」よりも大事なことがある

総則42では、「参加者が共通の姿勢を守ることは共同体の一致のしるし」だと書かれています。これを盾にとって、「皆が同じ姿勢でなければダメだ、お前だけひざまずくのは許さない」と言ってくる面倒くさい人が出てきそうです。
そんな人には、「それほどマスゲームがお好きなら北朝鮮に移住してはいかが?」と華麗に切り返してやりましょう。

冗談はさておき、前述のとおり「聖別の際に立たない」ことが明確に容認されているのですから、参加者全員がぴったり同じ姿勢になるという理想(?)はそもそも破綻しています
そして、外的な一致も大切ですが、内的に一致して神に祈ることが最も大切なのは言うまでもありません。
聖アウグスチノでしたか、「ひばりのように歌えないなら蛙のように歌え」という言葉があります。歌い方が同じでないからといって一方を排除するのはキリスト教的ではありませんね。(この場合どちらがひばりでどちらが蛙かはご自由にお考えください)


「個人的な好みや自由裁量」の文言はブーメラン

同じく総則42には、「個人的な好みや自由裁量」という文言が否定的なニュアンスで使われています。これを盾にとって、「ひざまずきたいというのはお前の個人的な好みに過ぎない。公的祭儀であるミサに、お前の自由裁量を容れる余地はない」と言ってくる司教・司祭も少なからずあると思われます。
しかしこの論法は、もともとの文脈から考えると的外れであるばかりか、司教・司祭自身へ跳ね返ってくるブーメランに他なりません。

実のところ総則はこう述べています。
個人的な好みや自由裁量よりも、ローマ典礼の伝統と規範に従うことと、信者の霊的共通善に寄与することとが重要である、と。

これは信者ではなく、司教・司祭に対して向けられた言葉です。第2バチカン公会議後の典礼破壊運動の中で、多くの司教・司祭たちが、ミサに即興性やイベント性など、数々の思いつきを導入してミサの神聖さを汚してきました。総則のこの文言は、そのような逸脱を批判するものです。

信心の発露を否定し「信者の霊的共通善」を損なおうとしているのは誰でしょう。
ひざまずきという「ローマ典礼の伝統的実践」よりも自分自身の「好みや自由裁量」を優先させているのは誰でしょう。

ここで批判されているのは日本の司教様方ご自身です。


欧米なら「良心の自由の侵害」として大問題に

「個人的な好みや自由裁量」という言葉を信者に適用して自由な行動を制限しようとするのは、単に的外れであるだけではありません。

いかなる理由であっても、カトリック信者が自己の信仰のゆえにひざまずくのを強制的に禁止するというのは、良心の自由に対する暴力です。同じことを欧米でやろうとしたら、大問題になりますよ。
権力者が、個人の自由意志や、良心に基づく反対意見を封殺し、全員に同じ行為を強制する――こんなあからさまな全体主義が日本のカトリック教会にまかり通っているというのは恥辱としか言いようがありません。

司教団はさきごろ、戦後70年にあたり平和メッセージを出し、「教会は人間のいのちと尊厳に関する問題に沈黙できない」と高らかに宣言しています。
ならば、まさにその教会内で人間の尊厳、良心を踏みにじる試みが進められ、宗教的マイノリティーである信者の霊的生命が脅かされている現状を放置していてよいのでしょうか。


「人間性を尊重する理性はどこへ行ってしまったのでしょうか。」(戦後70年司教団メッセージより)

この記事に

  • 顔アイコン

    その1

    (数年前にコメントさせていただいたことがある者ですが、その時のHNを忘れてしまいました。)

    大変共感いたしました。

    私は、聖変化の時と、ご聖体拝領時、跪き、そのことでこれまでは問題になったことはありませんでした。これからも今までのように毅然として行うと心に決めていますが、このような司教団文書が出てしまうと、多少の不安はあります。

    >「座る」という敬意の劣る動作が許される一方、
    >「ひざまずく」という礼拝(より深い敬意)を示す動作が許されない、
    >というのは論理的にあり得ません。

    その通りです!
    これまで行ってきたことをやめて、立ちはじめたら、これまで保ち続けてきた信仰は、どうなるでしょう?

    今までの姿勢を保つことで、司祭にとがめられ、また、教会の年配信者さんに注意されたら、自分の立場を説明すべきなのか、何も言わずに転出を考えるべきなのか、悩んでいます。 続く 削除

    [ コスモス ]

    2015/9/2(水) 午前 0:39

    返信する
  • 顔アイコン

    その2

    管理人さんのようにきちんとした文章を書ける方には、このひどい司教文書についての改善を求める文書、または、日本の教会で聖変化の時に跪くことを認めるようにしてほしいという文書を、ぜひ書いていただき、バチカン典礼秘跡省や大使館におられるしかるべき方にお渡ししていただきたいと希望します。

    それにしても、気持ちの重くなる文書です。 削除

    [ コスモス ]

    2015/9/2(水) 午前 0:42

    返信する
  • 顔アイコン

    本当に情けない話です。聖職者みずからカトリック教会のカトリックらしさを潰していって、そのせいで未信者が教会に魅力を感じなくなり、教勢がますます衰えていくのですから。

    ローマに忠実な信者だけでなく、正常な神経、まともな美的感覚を持っている人たちも、さすがに愛想を尽かしつつあるようです。このままでは日本の司教様たちは、遠からず本当に裸の王様になってしまうと心配でなりません。

    [ カトリック的。 ]

    2015/9/5(土) 午後 4:44

    返信する
  • 顔アイコン

    agnus_d_vir 様 その1

    コメントありがとうございます。
    あれから、一月経過しました。以前からのように、聖変化の時とご聖体拝領時跪き、そのことで特におとがめはなかったのですが、司祭は一人です。これから、注意を受けたらどうすればいいだろうかと秘かに胸を痛めています。

    この件に関する菊池司教様のブログ記事(9/25)をたまたま見つけました。
    ttp://bishopkikuchi.cocolog-nifty.com/diary/2015/09/post-cf39.html

    引用します。
    >聖座が元々定めた総則には、
    >教会共同体の一致のために動作を一致させる必要があることが指摘され、
    >そのために各国の状況に応じて統一の動作を定めるようにと定められています。
    >日本全国に800近くある小教区全体のことを考えて統一基準を定めることにはかなり難しい側面があるように思いますが、
    >このたび日本では、ミサに与る動作を基本的に立つことと座ることの二つに統一するようにし、
    >聖座の認可をいただきました。 続く 削除

    [ コスモス ]

    2015/10/4(日) 午後 6:43

    返信する
  • 顔アイコン

    agnus_d_vir 様 その2

    この論調で、「ですから、あなたも、気持ちは分かるが、日本の規則に従ってください。お願いします。」
    と言われたなら、どうすればいいでしょうか?

    この司教様の考えの道筋のどこに問題があるでしょうか?
    「基本的に」はそうであっても、これまで身に着けてきた良き伝統に基づく習慣を認めていただくには、どうすればいいでしょうか?

    お考えをお聞きしたいです。よろしくお願いいたします。 削除

    [ コスモス ]

    2015/10/4(日) 午後 6:45

    返信する
  • 顔アイコン

    その3
    自問自答のようですが、結局、この記事の冒頭にまとめておられるように、

    >使徒座が承認したのはあくまで基本姿勢であり、
    >ひざまずきの禁止を容認したのではない

    ということが重要なポイントになるでしょうか。

    聖座(ローマ教皇庁典礼秘跡省)は、日本において、
    通常形式のミサ中、
    跪きを禁止することを、認可したのですか?
    そこまでの認可はとっていないのですか?

    と問いただしたいですが、
    うちの主任司祭はそのような微妙かつ重要な点を理解する日本語能力はお持ちでないように思えます…。

    私のような人がほかにもいるとして、
    もし、たとえ、小教区のミサから離れても、
    影響はないのでしょう!

    毅然としてはいても、心は悩みます。
    長文失礼しました。 削除

    [ コスモス ]

    2015/10/4(日) 午後 8:54

    返信する
  • 顔アイコン

    体を殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れることはない(マテオ10・28)

    主を畏れる者同士、ご聖体に対して欠けている敬意を、及ばずながら跪くことで少しでも補うことにいたしましょう。

    [ カトリック的。 ]

    2015/10/6(火) 午後 8:59

    返信する
  • 顔アイコン

    お住まいの地域によりましょうが、もし可能であるならば特別形式のミサに与られることをお勧めいたします。

    ひとたび聖伝のミサの豊かさ・神聖さに触れてしまうと、もう日本のヘンテコなミサもどきには戻れなくなること必定です。

    [ カトリック的。 ]

    2015/10/6(火) 午後 9:02

    返信する
  • 顔アイコン

    コメントをありがとうございます。

    私も、Latin traditional Mass を愛する者ですが、小教区での役割もあり、小教区との関わりを持ち続けています。

    今回の日本の司教文書を読むと、また、最近のカトリック新聞を斜め読みすると、正直なところ、もう日本の司教協議会は信頼できないという思いに至ります。

    世俗的邪悪なマイナス面は細目で見逃し、
    善きもの、崇高なもの、聖なるものに心を向け、
    カトリックの真理を探究することが望ましいのかもしれません。

    トップページに昨日のロザリオの聖母の祝日のヴェスペレのページの写真をのせておられますね。Liber Usualis を堂々と教会に持ち込めるような日が来るように願っています。 削除

    [ コスモス ]

    2015/10/8(木) 午後 11:02

    返信する
  • 顔アイコン

    素晴らしい論文でした。これからも日本の教会に失望する人々に光明を灯す言論活動を展開して下さい。

    吉祥寺五右衛門

    [ Goemon Kichijoji ]

    2015/11/3(火) 午前 1:45

    返信する
  • 顔アイコン

    コスモスさん、聖伝のミサを愛する同志であられると知り嬉しく存じます。

    もちろん戦うべき時には戦わねばならないとは理解しておりますが、コスモスさんのおっしゃるとおり、自滅に向かう日本教会には拘泥せず、普遍教会の一員という意識でいるのが精神衛生上も良いのでだと思います。

    [ カトリック的。 ]

    2015/11/3(火) 午後 7:21

    返信する
  • 顔アイコン

    吉祥寺五右衛門さん、ありがとうございます。

    私自身、日本の司牧者たちに失望し悲しんでいる無力な信者の一人に過ぎませんが、これからも(日本ローカルでない)普遍的な真理の喜びを分かち合っていきたいと考えております。今後ともよろしくお願いします。

    [ カトリック的。 ]

    2015/11/3(火) 午後 7:25

    返信する
  • 顔アイコン

    跪いても罰則規定はないのでしょう。跪いて咎められたら「罰則規定はあるのですか?破門にでもするのですか?」と聞いたらどうでしょうか。 削除

    [ ヨハネ ]

    2015/11/4(水) 午前 8:02

    返信する
  • 顔アイコン

    痛快ですね!

    実際、この記事の眼目は、跪きは禁止されてなどいないし、禁止することもできない、という事実を再確認することにあります。

    真の問題は、日本の司教団が基本姿勢から跪きを覗いてしまったことです。
    彼らがどんな論法で正当化してくるか現時点では分かりませんが、日本は正座文化であり跪きの方が相応しいこと、日本では「立つ」行為が敬意の表現とは見なされていないことを反論として挙げることができるでしょう。

    今後のポイントは、一刻も早く「跪く」を基本姿勢に戻すように(教皇大使や典礼秘跡省を通じて)働きかけることだと思います。

    [ カトリック的。 ]

    2015/11/4(水) 午後 1:55

    返信する
  • 顔アイコン

    全く各教会の解釈はひどく四谷の●教会は改変に辺り、事前のお知らせに、膝まづきは禁止されたのにまだしている信者がいると注意喚起文でした。前年の司教団の聖体拝領に関する指針は無視して一致行動のみ許されるかの様に書かれ、膝まづく者達への悪意すら感じます。あれだけ都合の良いように嘘を書かれると、怒りを感じます。伝統的な行為動作を排斥するつもりなのか?信仰は一定基準以上の神への敬意と己の謙遜的行為が認められず、不敬行為についての示唆が何一つ触れられないのは、実に合点がいかない、信仰を深めさせるのならば、論点視点を変えるべきだ。司教団は信者をバチカンから離して空回りするだけ。もっと足元を見るべき 削除

    [ トッチ〜 ]

    2015/11/15(日) 午後 10:24

    返信する
  • 顔アイコン

    明らかに典礼秘跡省指針『Redemptionis Sacramentum』に違反していますね。その「お知らせ」の現物はお持ちですか? もしお持ちでしたら駐日教皇大使へ送付されるのが一番と思います(できれば英語で説明を添えて)。皆で力を合わせて、聖庁に日本の危機をお伝えしましょう!

    [ カトリック的。 ]

    2015/11/16(月) 午後 9:22

    返信する
  • 顔アイコン

    新しい指針について疑問点を以下に列記します。
    〆2鵑離潺義軋Г稜Р弔麓茲譴燭、公表を控える事にしました。(指針p6)とありますが、何故公表を控えるのか?→式次第の認可は未だ協議中で認可が取れていないので、認可された総則を公表すると不都合な矛盾点が明らかになるので公表しないのではないか?
    ∋愎砲鯏呂気譴燭里亘榮(11/22)でしかも勉強会?はミサ後の説明の数分、質問は紙に書いて意見箱に入れて下さい。で閉会。ローマのミサ総則は何一つ変更が無いうえでの今回の日本の指針ですから、今までどおり膝まづいてもローマの総則には違反していないので、立つことを強制したらローマの総則に反する事になるはずです。まして、今回の指針はローマの認可を一部受けないままでの実施です。
    い匹良分の式次第の認可を受けていないのか(協議中なのか)全く記載が無い。→不都合な矛盾点が判明するので認可された総則の公表を控えているのではないか? 削除

    [ トキ ]

    2015/11/22(日) 午後 6:26

    返信する
  • 顔アイコン

    もちろん跪きは引き続き合法ですし、「基本姿勢」よりも崇敬を表して悪いわけがありません(日常生活でも、通常会釈で済ませるところ深くお辞儀して敬意を表すことはよくありますよね)。

    立つことを強制するのは、良心の自由の侵害であり、教会の指針うんぬん以前に人として恥ずべきことです。

    [ カトリック的。 ]

    2015/11/24(火) 午後 9:25

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。私はまだ未信者で、いずれは洗礼を考えていますが、ミサのことを考えると現在では小教区よりも聖伝のミサをささげているところで洗礼をしたほうがいいのでしょうか?

    [ gai*a*e3* ]

    2016/9/9(金) 午後 4:09

    返信する
  • 顔アイコン

    コメントありがとうございます。ご懸念はよく分かります。特別形式だけをささげる属人区ができれば私もためらうことなくそちらに籍を置きます。
    一方で秘跡の効果という本質的な意味で、通常形式でも特別形式でも「洗礼により原罪および自罪とその罰が除去され、霊魂に消えない霊印が刻まれる」ことに全く変わりないことも言い添えておきたいと思います。

    [ カトリック的。 ]

    2016/9/14(水) 午後 9:11

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事