アイナメの卵

12月8日  本浦  水温17.8度  視界5M前後 この季節の楽しみはアイナメの産卵〜〜生みたての卵は透明感があり卵黄が傘のようにあって美しい。 今回は4つのブロックの卵が見られ〜〜どれも産卵後それほど経過していないものばかりでした。 今回黄色の婚姻色のオスを5匹確認しました。 その中で一番大きなオスが唯一卵を守っていました。 月末から新たな年の始まりのころにはハッチアウトも始まるでしょう。 他のオスたちの産卵も始まるでしょうから楽しみはしばらく続きそうです。  他にはコウイカやヒメタツ、サンゴタツ、ジョウフィッシュ、コケギンポ、ウミウシはまだ6種類ほどしか見れませんでした。 写真左から  PHOTO BY KOIKE        イソスジエビ 通常このエビの体色は透明なんですが〜この個体は白色でした。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事