11月の産業生産、前月比?か月ぶり増加

【ソウル30日聯合ニュース】統計庁が30日に明らかにした11月の産業活動動向によると、先月の鉱工業生産は前年同月比で10.4%、前月比で1.4%、それぞれ増加した。 前月比は4か月ぶりに増加に転じた。前年同月比では昨年7月にプラスに転じて以来、16か月間増加が続いている。 しかし、今後の景気局面を予告する先行総合指数は前年同月比2.6%で、前月より0.8ポイント下がった。これで11か月連続の下落となった。 企画財政部のユン?ジョンウォン経済政策局長は、先行総合指数は下落というより横ばい状態を示しており、景気回復が鈍化したと見るのは早計な判断で、経済が正常化過程を踏んでいるというのが政府の分析だと話した。 業種別では、前年同月より機械装備(27.9%)、半導体?部品(14.4%)などが高い増加率を示し、パソコン(マイナス5.1%)、木製品(マすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事