全体表示

[ リスト ]

NHKラジオ第2放送「まいにちロシア語(入門編)」は今日から新年度、新シリーズです。

先ほど、初回の放送をリアルタイムで聴きました (^^♪
今回の先生は、若い女性です。楽しく学べそうです。

入門編の最初のほうは「もう卒業したでしょ?」って思うのですが、復習を兼ねてまじめに聴きます。

英語を学んでいたころは、「仕事で使えるようになるぞ!」と気合を入れていました。
その後は、言語に応じて、「辞書を引きながら新聞や小説を読めるようになること」や「変なトラブルがなければ旅先で困らない程度になること」を目標として、学んできました。

目標を達成できたこともあれば、こりゃダメだと諦めたこともあります。

それでも、「この言語は、こういう特徴がある言葉なんだ!」ということがわかると、とても楽しいです。
何より、日本語にはどんな特徴があるのかを、他の言語と比べることで、自分なりに考えるようになります。

私もそうですが、日本に住むほとんどの人が初めて学ぶ外国語は「英語」ですね。
そのほかの外国語を知ることで、英語の特徴もより深くわかってくると思うのです。

今日の「まいにちロシア語」では、ロシア語のアルファベットを学びました。
英語とは、見た目や順番がかなり違いますし、見た目が同じでも発音がぜんぜん違う文字もあります。
たとえば、「H」という文字は、ロシア語では「N」の音です。

また、ロシア語では、現在形では英語のBe動詞に相当する動詞が必要ないこと、英語の a や the のような冠詞がないこと、が紹介されました。
冠詞の使い分けは、学校の英語のテストではよく出題されましたし、かなり英語が使えるようになっても間違いやすく、悩ましいものです。
それがないということはロシア語は簡単?かと思いきや、その他の文法事項は恐ろしく複雑で、世界でも習得が難しい言語のひとつだそうですよ。

まだ間に合いますから、新しい年度の開始に、何か新しい言葉を学んでみては?

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事