觸動你的心, 台灣 〜愛台灣的日本人之部落格〜

毎天都吃飽〜^^ いつでも楽しさ・美味しさで、お腹いっぱい・シアワセ気分にしてくれる台湾を愛する、日本人のブログです

日本

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

 先週はまた師範大学国語中心で新入生のオリエンテーションがありました。先日のパーティーで証書や記念品を頂いて卒業式をしてもらいましたが、活動はこの日で最後。
 
 日本人の新入生に学校の施設を案内するのですが、私が担当させていただいた学生さんの中に、7か月の赤ちゃんを連れて台湾に来られた方がいらっしゃって、私のお腹が大きいのを見て「また子育てのサークルなどで会えるといいですね!」と声を掛けて下さって嬉しかったです^^
 
 国語中心でのボランティアは、こちらがお世話をすると言うよりも、こういう新しい出会いがあったりして、とにかく自分が楽しんでやらせてもらった1年9か月でした!卒業は寂しいけれど、この思い出は台湾生活の宝になったと思います^^
 
 さてさて、宮古島旅行の続きです。前回は沖縄音楽&料理を同時に楽しめるお店ということで紹介しましたが、今回はグルメに絞って書きます。
 
**********************************
 
 
初日、「小腹が空いたな〜」という旦那さんのリクエストで、ふらりと入った時や食堂宮古そばを注文してみたのですが、「ん??具がない〜」
 
イメージ 1
 
 
とりあえず麺をすすってみると、さつま揚げのようなかまぼこと、豚肉が登場!ガイドブックによると、宮古そばというのはこうやって麺の下に具が潜んでるものが(お店によるようですが)結構多いそうです。コシのある麺に、さっぱりとしたスープが美味しくて、ペロリ!
 
お店はとてもおしゃれで、昔の喫茶店?を改装して今の若いオーナーさんがこの時や食堂さんをオープンさせたそうです。写真を撮らせてもらうのを忘れてしまったのですが、とにかくキッチンがとっても素敵でした!
イメージ 2イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 なんとジュニアさんのサインも発見!キッチンの冷蔵庫にもサインがありましたヨ。
イメージ 11
 
 
              暗くてちょっと見づらいですが、外観もおしゃれなお店でした。
イメージ 12
 
☆時や食堂☆
まっぷるには紹介なし。沖縄県宮古島市平良字下里573-1 TEL:0980-72-7911
 
 
 
  二日目のお昼に、雨の降る中向かったのは、ソーキそばで有名な丸吉食堂
イメージ 16
 
 
旦那さんはソーキそば、私はてびちそばを注文!ここのソーキは絶品でした!コラーゲンたっぷりのてびち、完食したかったのですが、私にとってはちょっぴり独特の味に思えて、少しだけ残してしまいました・・・ごめんなさい 食後には黒糖アイスキャンディーがつきます。
イメージ 13イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
☆丸吉食堂☆
まっぷるP23 宮古島市城辺砂川975 TEL:0980−77−4211
 
 
 
  二日目の夜に行ったのは、石焼タコライスが名物という居酒家でいりぐち
イメージ 17
 
       
     シークワーサージュースと付き出し(カジキ刺身&筍のような物)
イメージ 15
 
      
            いくらと海鮮カルパッチョ(ウニ醤油和え)
お魚は「しろだま」というフエフキ鯛だそうです。カジキもしろだまもいくらも、とっても新鮮で美味しい〜!ウニ醤油も最高!
イメージ 3
 
 
そしてお待ちかねの石焼タコライス!熱々の石鍋とご飯が発する音から既に美味しそう!そして食べてみて、あまりの美味しさに二人して大感動でしたまた食べたい!!
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
☆居酒家でいりぐち☆
まっぷるP121 宮古島市平良西里224 TEL:0980−72−8017
 
 
 
 
3日目のお昼も冴えないお天気でしたが、とりあえず池間大橋までドライブ。その付近に、宮古島が好きでよく訪れるというジュニアさんもお気に入りらしい、チキンカレーが名物の「まなつのスパイスカフェ 茶音間」さんに行ってみたのですが、なんとオーナーさん病気療養の為に休業中でした・・・残念!どうぞお大事になさって下さい
 
お昼はカレーだ!と思って過ごしていたので、この付近でカレーが食べられる所はないかと探したところ、楽島に載っていたのがカフェ・カラカラ
南国らしい、とっても可愛らしい入り口です。
イメージ 6イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで注文したのは、宮古島カレー!シーフードスープカレーで、ルーはさらさらのタイプ。スパイスが効いていて、いけます!そしてなんと、ライスは宮古島の形をしています!可愛い!!海老フライは宮古島のそばにある3つの島。島の大きさもちゃんと調整されてる〜!すごい〜!
イメージ 8
 
 
☆カフェ・カラカラ☆
楽島P11 宮古島市平良字大浦130-32 TEL:0980−73−8385
 
 
4日目、前半に宿泊したホテルベイブリーズマリーナをチェックインしたあと向かったのは、マタニティマッサージ(後日記事書きます)を担当して下さった方に教えていただいたカフェとぅんからや
 
11時からのオープンなのですが、少し早く着いてしまったので、赤ちゃんとしばし付近をお散歩!海へ向かって続く椰子の並木道は、歩いていてとても心癒されます
イメージ 9イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     海へ向かってテクテク歩いていると、ゴルフ場が見えてきました!
          海を眺めながらのゴルフは最高だろうな〜
イメージ 19イメージ 29
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      さて、オープンして1番目のお客さんとして、とぅんからやさんへ入店!
旦那さんは黒糖チーズケーキ&コーヒー、私は島バナナシフォンケーキ&紅茶を注文。チーズケーキは濃厚で、ほんのり黒糖風味なのがとっても珍しく、美味しい!!島バナナシフォンケーキもバナナの味がしっかり伝わってきて、絶品でした!紅茶のセットも可愛い〜^^
イメージ 30
 
 
 お店の方から「どこから来られたんですか?」と聞かれて「台湾からです」というと、珍しがってくれて、台湾のことなど色々お話しました。その後、「サービスです、どうぞ!」と言って、さんぴん茶のゼリーを出してくださいました!これがまた絶品で、ジャスミン茶の香りのゼリーに優しい甘みがついていて、持ち上げるとこのミルクの部分と重なり、べっ甲のように光るのが見た目にも素敵なデザートでした。ありがとうございました!!
イメージ 31イメージ 32
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美味しいスイーツだけでなく、こちらの景色や建物も素晴らしいのです。柱には貝がびっしり埋められていて、びっくり!
イメージ 33イメージ 34
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石垣の上に建っているとぅんからやさん。入り口も、おうちにお邪魔するような雰囲気で、店内に入る時は靴は脱いで籐のスリッパに履き替えます。ここの入り口にある「んみゃーち」という言葉、島のあちこちで見かけますが、宮古の方言で「ようこそ」という意味だそうです。
イメージ 21イメージ 20 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テラス席からは海が一望できます。天気が良ければ、もっともっと絶景なんだろうな〜!今回、お天気だけが本当に残念・・・
イメージ 22イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
海を眺めたり、沖縄の写真集や本を読んだりおしゃべりしたり・・・とってものんびりとした素敵な時間を過ごせました
イメージ 24イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
☆島Cafe とぅんからや☆
るるぶP118 宮古島市上野新里1214 TEL:0980−76−2674
 
 
最終日のお昼は、ガーデンレストラン・シギラへ!
 
旦那さんはステーキ丼、私は名物の冷やしもずくそばを注文。ステーキ丼はボリュームの割にお得なお値段で美味!モズクそばは島特産のモズクを練りこんだ手打ち平麺で、今回の旅でハマってしまった海ブドウがのっていたが嬉しかったです。おつゆにつけて、いただきます!
イメージ 26イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
店内は暗くしてあるのが良い感じで、温かいランプの光が心落ち着きます。
イメージ 28イメージ 35
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
          植物に囲まれ、外観も素敵なお店でした!
イメージ 36イメージ 37
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
☆ガーデンレストラン・シギラ☆
るるぶP120 宮古島市上野新里70−1 TEL:0980−76−2147
 実は二週間前の検診で「逆子ちゃんですね〜(中国語で逆子の状態は”胎位不正”と言います)」と言われて、「このままなおらんくて、帝王切開なったらどうしよう・・・」とハラハラしていましたが、昨日の検診で見事頭が下に来ていることが確認できて、ホッ!!
 
 しかしながら今からまたくるんと回る子もいたりするようですのでまだまだ最後までわかりませんが、とりあえず父と母のお願いを聞いてくれた赤ちゃんにありがとうです!良かった〜^^
 
 さてさて、宮古島旅行の続きです。この旅行でとっても楽しく、印象に残った沖縄の音楽とお料理を同時に楽しめるレストランについて書きたいと思います。
 
 ***************************************************************
 
 先日ご紹介した、ホテルブリーズベイマリーナに宿泊して良かった!と思ったもう一つのポイントは、ホテルの目の前に琉球の風 アイランドマーケットという所があり、そこで毎晩20:1521:0045分間、宮古ならではの演者さんによる無料ライブがあったことです!
 
二日目に行った「綾美」さんは、沖縄や宮古島の方言や行事についてなどのトークを交えながらの、三線と唄のライブはとても良かったです!(女性の歌い手さんが横を向いちゃいましたが)最後は三線も持たせてもらって記念撮影も!
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 四日目に行った「鼓、」さんは、ホテルのスタッフさんが結成したエイサーチーム。女性も男性も元気いっぱい大迫力で、とっても楽しい!!
 
 宮古島に魅せられて関東から移住されてきたという女性がいらっしゃったのですが、その方が生き生き太鼓をたたく姿は本当にかっこよくて、素晴らしい演奏でした!エイサーって初めて見たのですが、あまりにかっこよくて、本当に感動しました〜また沖縄に行く時は、絶対見たい!!
イメージ 13イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 最後は恒例の記念撮影。旦那さんは太鼓を持たせてもらったのですが、相当重かったようですよ!そんな重たい太鼓を持ちながら、大きな動作で演奏されていて、はつらつとしたスタッフさんたちに元気をいっぱいもらいました!香港からの観光客の方もいらっしゃっていましたが(本島ではなく離島に来られるなんて通ですね)その方たちもすご〜く喜ばれていました!
イメージ 15イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
  その音楽ショーの前に頂いたお食事がこちら。屋台村・琉球の風にて(初日)
イメージ 17
 
・アロエ健康サラダ(海ブドウのプチプチした食感が美味しい〜!)
・ヒラヤーチー(沖縄風お好み焼きだそうです)
・ゴーヤちゃんぷる(ゴーヤは苦すぎずに程よい味で、さすが沖縄!)
・豚肉と島豆腐チゲ(辛い物大好きの旦那さんが注文!私も辛いものは大好きですが、妊娠中は控えめにと言われていて、残念・・・。)
・ポークおむすび(家でも食べたくなる美味しさで、後日スパムをお買い上げ!)
・ビールは、旦那さんはオリオンビール、私はキリンフリー。日本にはノンアルコールがあって、いいなぁ〜!
 
 
2日目は、別のお店で石焼タコライスやカルパッチョを食べた後だったので軽めに。
イメージ 18イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・焼鳥(ハイビスカス付♪)
・ジーマミー豆腐揚げ出し(この揚げ出しがまた絶品!ジーマミー豆腐とは、ピーナッツを使った豆腐で、沖縄の郷土料理だそうです)
そして写真はありませんでしたが、デザートに食べた沖縄風ぜんざいも美味だった!
 
 
この屋台村のおじさんがと〜っても良い方で、「写真撮ってあげるよ〜!」と言って、二日ともアングルを変え、二枚ずつ記念写真を撮ってくれました。陽気で元気なおじさんだったなぁ〜^^
イメージ 20イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
☆VILLAGE琉球の風 アイランドマーケット☆
るるぶP19 宮古島市上野宮国761−1 TEL:0980-74-7410
 
 
 3日目は、島唄居酒屋・ぶんみゃあへ!「ぶんみゃあ」とは宮古島の方言で「公民館」という意味だそう。入り口から、楽しい音楽が聞けそうでワクワク。
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         
               ぶんみゃあでのお食事はこちら!
イメージ 6
(上)島ラッキョウの天ぷら(普通のラッキョウより細長〜い感じです)
(下)宮古牛の押し寿司(これをお目当てにして行きました!)
 
 
イメージ 7イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(左)宮古そばナポリタン(コシのある宮古そばの麺で作ったナポリタンは最高!また食べたい〜)
(右)ゴーヤータコライスピザ(タコライスのミンチって、本当に美味しいですね〜この旅ですっかりハマってしまいました)
 
 さてお楽しみの島唄ライブ!まっちゃん(写真左)と島唄グループSha-ca二つのライブが楽しめます。Sha-caの三線と唄を担当されている方(写真右)は、沖縄でも上級な三線の速弾きの名手だそうで、こんな持ち方でも弾けちゃう!
イメージ 9イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「島人ぬ宝」や「花」などの沖縄ポップスから速弾きの曲まで、唄のラインナップは様々!島の方たちと盛り上がりたいならば、この島唄居酒屋がおすすめ!
 
 
☆島唄楽宴 ぶんみゃあ☆
るるぶP123 楽島P19 平良下里535-6 TEL:0980-73-2487
 
 
 
            最終日は、琉球料理・うまりずまへ。
イメージ 21
 
この日は雨が強くてすごく寒い日だったので鶏ポン酢鍋を注文。そして石焼タコライス、シーザーサラダもオーダー。お通しは牛肉煮でした。
イメージ 11
 
 
 こちらのお店を選んだのは、なんと三線を持った唄い手さんが、各席を回ってくれて、各々のリクエストで唄ってくれるのです!
 
 以前、台湾で沖縄の音楽を歌っているspoon de chopさんのライブを見た時に気に入ってしまった「オジー自慢のオリオンビール」と、台湾の人にも親しまれている名曲「涙そうそう」をリクエスト!
 
 一対一で唄ってくれるので、じっくり音楽を楽しむことができます。更に私のお腹が大きかったのを見て、唄い手さんが「沖縄の子守歌も弾きましょうね!」と言って「童神」も唄ってくださいました!それを聞いている時赤ちゃんがよく動いて、唄い手さんも「外から見ても動いているのがわかったよ〜!」と言って下さり、とっても楽しい時間が過ごせました。赤ちゃんも喜んでいたようで、良かった〜^^
イメージ 12
 
こちらがリクエストカード。この日は他に色々弾いていただいたのでリクエストしませんでしたが、「安里屋ユンタ」というのは宮古でよく耳にしました。こちらも素敵な歌です!
イメージ 22
 
☆うまりずま☆
楽島P20 平良字下里556 TEL:0980−79−0335
 
 
沖縄の音楽ってあったかくて、聴いていて心から癒されます。更に沖縄の郷土料理も一緒に味わえるので、本当に楽しい時間を過ごせます!宮古島には上記のお店以外にもまだまだ琉球音楽居酒屋があるので、いかに皆がここで過ごす時間を楽しみにしているかがわかります。沖縄・宮古島に行かれたら、是非訪れたいスポットです。
 祝日の少ない台湾ですが、実に珍しく4連休があり、今日はその最終日。
 
 旅行に出かける最後のチャンスかな〜なんて話していましたが、結構お腹も大きくなってきたし、赤ちゃんを迎えるお部屋作りもしないとね、ということで、旦那さんと家中の大掃除!5年も住むと、色々出てくるものですね〜〜春には用意ばっちりで迎えられるよう、最終日の本日も頑張るぞ!
 
 ではでは宮古島旅行の続きです〜。
 
 まず前半(1/2124)に3泊したのはホテルブリーズベイマリーナ
 
 早割&連泊プラン(60日前まで予約&3連泊)タワーウィング(全て海側・オーシャンビュー)スタンダードツイン朝食付で一人一泊6000円でした!オフシーズン&超早割&3連泊の成せる金額ですね〜。更に予約時に上層階リクエストしておいたところ、11階中10階、エレベーター近くのお部屋にしてもらえました^^
 
客室ベランダからの景色はこんな感じ!この写真を撮った時は天気がいまいちだったのが残念ですが、ベランダに用意してある椅子に座ってのんびりと眺める宮古の海は最高です。
イメージ 15イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
到着してすぐ、ノンアルコールビールとゴーヤータコライスで乾杯!この景色を見ながら頂くこの2品は最高でした〜!
イメージ 1イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私たちが宿泊したタワーウイングは新館でしたが、他の部分は結構古い感じでした。ロビーや朝食会場、展望浴場から少し離れてしまいますが、綺麗なタワーウイングがおすすめです。
 
展望浴場・美ら海は普通のお湯の為、妊婦もOK!朝食前の朝風呂は最高。女性の方は曇りガラスの部分が少し多めだったけど、男性風呂は丸ごと海が見え、とても気持ち良かったそうですよ。
 
あと、このホテルで良かったな〜とつくづく思ったのが、ホテルの横にある「琉球の風」という所で毎日行われる無料ライブ!横の屋台村の食事も美味しかったし、とっても便利が良かったです^^(ここの食事とライブについてはまた別途書きたいと思います)
 
☆ホテルブリーズベイマリーナ☆
 
*******************************************************************************************
 
 後半(1/2426)に2泊したのは、宮古島東急リゾート
 
 2連泊以上で朝食&滞在中一回ランチ付オーシャンツインAのスタンダードルームというプランで、一人一泊9450円で手配していましたが、チェックイン当日に東急メンバーに無料で加入可能ということで、会員価格を適用してもらい、一人一泊8925円に。
 
 値段も下がったのにお部屋もオーシャンウィングからコーラルウィングにグレードUPしてもらえました!オフシーズンは天気が悪かったり海やプールで泳げなかったりしますが、その分人も少ないのでグレードアップしてもらえたりと何かとお得です^^
 
 エントランスはこんな感じです。ハイビスカスがトレードマークです。玄関の対になっているシーサーは片方が女の子らしく、お耳の所にハイビスカスがついていて可愛かったです!
イメージ 17イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
           客室からの眺めも素敵です。奥には来間島も見えます。
イメージ 19
 
 
昼食はあくまでおまけだったので普通かな〜と思いきや、琉球石灰岩をふんだんに用い、約7,000枚もの貝殻で作られたシャンデリアが美しいバー・ムーンシェルで、とっても美味しいカレーライスを頂きました!
イメージ 20
 
 
旦那さんはビーフ、私はシーフードをチョイス。どちらも具がごろごろ、いっぱい!付け合せのサラダやらっきょうの甘酢漬けもとっても美味しくて、ゆったりと幸せな時間を過ごしました〜
イメージ 2
 
 
朝食も美味しくて、島野菜のバーニャカウダ、黒糖パンケーキや紫いもデニッシュ、ゴーヤー入りのフレッシュ野菜&果物ジュースがあったりと、沖縄の味覚を満喫!
 
ホテルの敷地は広く、大きな湖を囲んでお散歩コースがありました。朝食後にのんびりと植物を鑑賞しながらのお散歩が楽しめ、とても気持ち良かったです。
イメージ 3イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14イメージ 13 
 
 
 
 お散歩コースの反対側には、宮古島随一のビーチ・与那覇前浜が広がっています(撮影時はやや曇りだったので残念ですが・・・晴れたらもっともっと綺麗なブルーが見られます!)美しい海の色に負けないくらい白くてさらさらの砂浜にも感動!白い貝殻や鳥さんの足跡も映えます。
イメージ 5イメージ 6
 
イメージ 7イメージ 8 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ビーチとホテルの間にも、もう一つお庭が。建物も雰囲気があってかわいい!そんな風にして見上げていると、折よく飛行機も見えました。
イメージ 9イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 「島唄」の歌詞に「でいごの花」というのが出てきますが、これがそのでいごの木だそうです!花が見られなかったのは残念でしたが、でいごの木を見られて「これがそうなのか〜」と思い、思わずパチリ。
イメージ 12
 
お食事も美味しく、ホテルの周りのお庭やビーチも綺麗で、大満足でした! 
 
☆宮古島東急リゾート☆
 今年の旧正月休暇は、沖縄の宮古島に行ってきました!台湾から近いので移動の負担も少なく、一応日本というのも安心だし、更に自転車で一周するのにちょうど良さそうな大きさの島がいいなぁ〜という旦那さんのリクエストもあり、沖縄本土ではなく宮古島を選びました。
 
 
ずっと楽しみにしていた旅行でしたが・・・
  朝から空港のターミナルを間違え(なぜか航空券にターミナルの記載がなく、空港バスの停留所にあった案内をもとに乗ったのですが・・・)
 
  沖縄空港で荷物をピックアップしようと思ったら、台湾の空港内でのベルトコンベアの不調により載せられなかったと言われ
 
  那覇空港でJALとANAの搭乗口を間違え、端から端へ移動し
 
  沖縄→宮古島の飛行機に乗るタラップの所でスーツケースのハンドルが壊れ
 
と様々な事件が起こり、いきなりトラブル続き〜〜〜
 
中でも大変だったのが②のスーツケース未着事件。基礎化粧品やメイク道具、コンタクトの用品など、機内持ち込みが制限されるのもあって預けていました。パジャマや下着も、マタニティ用でなければ大変なのもあってとっても困りました・・・
 
それにもかかわらず、沖縄〜宮古間は船便で送ってもいいか?と言われて「それは困りますー!」と交渉したところ、何とか無事私たちの同じ便で一日遅れ対応をとってもらい、24時間後に到着いたしました・・・。私たちが本土滞在であれば問題なかったのですが、宮古へ移動していたので、航空会社にとってもアンラッキーだったと思いますが・・・
 
更に日用品代がかかるのでと交渉し、4000円を後日受け取ることで話がつき、すっぴんなのも辛いものがあるし、せめて日焼け止めだけでもということで、そのお代で日焼け止めや基礎化粧品、コンタクト用品や下着を購入しました。一度スイスでロストバゲージしたことがありましたが、それ以来だなぁ〜・・・やっぱりたまにはあるものですね。手持ちの中に少しは入れておいた方がとも思いますが、手持ちにも限りがあるし、難しいところです
 
 
さてさて、往路にはそんな事件もありましたが、滞在中は天気以外は問題なく、楽しく過ごすことができました!
 
今回、宮古島旅行にとても役に立ったのがこの雑誌「楽島(たのしま)」です!空港やお店などに置いてあります。セブ島もそうでしたが、やっぱり地元のフリーペーパーがお店を網羅していて、使いやすいですね〜。空港に到着したらすぐにでも出発したい気持ちになりますが、まずは地元の情報誌が無いかをチェックするのは大切かも。
イメージ 1
 
 
島めぐりには車が欠かせないということで、まずはレンタカー。空港に迎えに来てくれたレンタカーのお兄さんの言っていることがあまりわからずながら(方言??)サトウキビ畑を眺めながらレンタカー事務所へ。
 
普段の会話はわからない所が多々でしたが、手続きの時はばっちり標準語で、そのギャップが面白いお兄さんでした^^帰りに空港に送って頂いた時にも、「元気な赤ちゃんを生んでくださいね!」と声をかけて頂いたりして、親切な方でした〜
 
 
今回一緒に旅をしてくれた相棒はこちら!最初この色にびっくりしましたが、ある意味見つけやすくて良かった・・・でも同じ色のレンタカーも同時によく見ました。
イメージ 2
 
 
 
☆スカイレンタカー☆
※宮古島だけでなく、本土や石垣島、他の地域もあるようです。
今回、期間・人数限定プランや会員登録を利用して、かなりお得に借りられました。
 
宮古島の中心街・平良タウンの駐車場は、楽島2012 P75 Map 2-Dにあるパーキングが安かったです。30分以内100円、そしてなんと5時間200円!たまに管理人さんがいらっしゃいますが(いても挨拶をするだけ・・・)基本的に無人なので、袋に番号と時間を書き、お金を入れてポストへ。滞在中4日使い(30分1回、5時間3回)合計700円・・・助かります〜
少し前になりますが、福岡に行って、いとこ会をしてきました!小さい時から仲良くて、でもこのようにゆっくり会えるのは久々で、すごく嬉しくってワクワク
 
今回3人で会うことにしたのは、福岡・博多のキャナルシティ内にあるゆとりの空間。ここは料理研究科・栗原はるみさんがプロデュースするレストランで、色々なお食事を楽しめるバイキングスタイル。
 
大阪には八尾にあるようですが、そちらはワンプレートランチになっているようなので、各店舗で提供されているものは違うみたい。
 
それにしてもものすごい人気で、11時の開店前から大行列!いとこが少し早く来てくれていたので、何とかオープンしてすぐに入ることが出来ましたが、オープン直後は、お食事を取るのにも大行列〜。
 
このお店の素敵な所は、お料理の横にレシピを置いていてくれていること!!
美味しかったものは、おうちでまた再現出来るのが良いですね(^^)テーブルマットも、レシピが満載!!
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  そして女子3人の戦利品がこちら!!
結構な量ですが、ほとんど全部食べきっちゃって、更におかわりしちゃいました。
写真にはありませんが、この後、和・洋両方のデザートも食べ尽くし・・・
さすが血が繋がっているだけあって、食べるのが元気の源という体のルーツは同じのようです
                           イメージ 3
 
 
 
これは外からの写真ですが、こんな感じで窓際の席からは明るい光が入って、素敵なお店でした!
また行きたい〜!!
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
☆ゆとりの空間 キャナルシティ博多店☆
URL → http://www.yutori.co.jp/restaurant/hakata.html
ランチビュッフェは90分で1,575円。 レシピも頂けて、品数も充実しているので、これはオトク!!
 
 
 
さて、お腹いっぱいになった後は、3人でおしゃべりしながら博多の街歩き。デパートの地下で、伯父さんへのお土産や、翌日がお誕生日だった伯母さんへのプレゼントを買ったり・・・小さい頃から私達をうんと可愛がってくれて、遊びに連れて行ってくれた伯父さんと伯母さん。今度はこうやって私達からプレゼントが出来て、何だか嬉しい気持ちになりました。
 
そしてデパ地下を出た後は、いとこが行ってみたかった、タルトのお店 キルフェボンへ!

キルフェボンとは、フランス語で「なんていい陽気なんだろう!」という意味だそうで、お店に一歩足を踏み入れるとその意味がわかる、明るくて綺麗で可愛くて・・・ 本当に素敵なお店です!!ケースに並ぶタルトを見ていると、アクセサリーを選んでいるみたいな気持ちになっちゃうくらい タルトの上にのっている果物たちがキラキラしていてまぶしいんです
 
ホールで買うと、5000円とか7000円とかする高級タルト!!お店では写真を撮りづらかったので、カタログを撮ったものを掲載します。お高いけど・・・でもすごく綺麗ですよね!!ホールでもらったら、感激しちゃう
イメージ 6イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして今回、いとこのおうちに買って帰ったのがこの3つ。
☆ラム酒で味を引き出したバナナ ☆スタールビー(フロリダ産グレープフルーツ) ☆6種の赤いベリーのタルト
どれも美味しい〜!一番を選ぶのは迷うけど・・・敢えてナンバーワンを選ぶとすれば、
さっぱりとした味わいで何個でも食べれるルビーグレープフルーツかな??
色鮮やかで、キラキラして可愛い、これぞ実力派スイーツ!!
イメージ 8
 
 
ケーキを入れてくれるボックスが、これまた可愛いんです 
この箱を空けたら、あのタルトが入ってるんだもんなぁ・・・たまりません!! イメージ 9 
イメージ 10 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大変残念ですが、ケーキを台湾には持って帰ることが出来ないのでゴメンネ
旦那さんへのお土産はこちら・黒胡椒のクッキー
イメージ 11
テレビで「スイーツに黒胡椒を使うと、ぐっと本格派の味になる」というのを聞いたことがあったので、相性はばっちりなんだろうという確信と、クッキーとのコラボはどんな感じか興味があって購入。紅茶にもビールにも合うという、万能な美味しさでした!!さすがタルト屋さんのクッキー、さくさくの歯ざわりが最高でした♪
 
☆キルフェボン☆
関西への出店は、京都のみのようです。帰省した時に食べたいから、大阪にも出来てほしいな〜!!
 
 
そして今回は、いとこのおうちに二泊させてもらい、たくさんご馳走になりました・・・。
北九州はやっぱりお魚が美味しい!!
雲丹やマグロ、新鮮なお刺身オンパレードの手巻き寿司は、涙が出そうなくらいに美味しかったです。
伯父さん、伯母さん、いつもありがとうございます!! 
イメージ 13
 
  
そして今回、お寿司の他に食べさせてもらったのが瓦そば。これは山口県下関の郷土料理だそうですが、位置的に近い伯母さんのおうちでもよく登場します。熱した瓦の上に茶そばと具を乗せた物で、めんつゆでいただきます。これがまた美味しいんです!
 
伯母さんがお土産に茶そばを持たせて下さったので、旦那さんにもこの美味しい郷土料理を味わってもらうべく、おうちで再現してみました。うちでは瓦の代わりにホットプレートを使い、茶そば、その上に甘辛く炊いた牛肉としいたけ、錦糸玉子、ねぎ、海苔を盛り付けました。表面が少しパリッと香ばしくなった茶そばと、その他の具がめんつゆの中で一体化して美味しいんです!!茶そばがお手元にある時は、オススメの召し上がり方ですよ。
イメージ 12
 
やっぱり九州はうまかもんがどっさいあってよかね〜(福岡と鹿児島の方言が混じってます邪道!!)
最高〜!!

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事