觸動你的心, 台灣 〜愛台灣的日本人之部落格〜

毎天都吃飽〜^^ いつでも楽しさ・美味しさで、お腹いっぱい・シアワセ気分にしてくれる台湾を愛する、日本人のブログです

ネパール

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イタリアンの昼食を平らげた後は、ダルバール広場へ向かってお散歩。牛さんが人と並んで歩いていたり、籠に入った鳥さんが目に飛び込んできたりと、相変わらず歩くだけで面白い。
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
商売人さんたちも色々。手押し車に、店員さんだらけの果物屋さん、露天仕立て屋さんなどなど・・・
イメージ 5イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
ネパールの女性は本当に働き者ですね。力仕事の現場にも、たくさんの女性が・・・
イメージ 8イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちびっこライダー、かっこいいなぁ。
イメージ 10
 
 
 
 
地球の歩き方に、「若者に人気のショッピングモール」と書かれていたカトマンドゥ・モールへ行ってみましたが、びっくりするほど何も無い。。。なんとプリクラの機械はこんな風にして普通の布を使ってました!でもなんかこういうのもいい感じ。
イメージ 11
 
 
 
楽しい風景が広がるネパールともそろそろお別れ。最後にリラックスしたい!ということで、アーユルヴェーダオイル?を使った背中のマッサージとシロダーラを体験しました!
 
シロダーラとは、独特のトリートメント方法で、特別に処方されたオイルを第三の目(おでこ)に一定の流れで決められた時間注ぐというものです。精神的リラックスに効果的な治療で、不眠症・ストレス・うつ、過敏になっている精神状態を落ち着ける作用があるそうです。
 
これは旦那さんが撮ってくれた、私がシロダーラを受けている姿です(笑)温かいオイルが額〜髪に流れているのは不思議な感じでしたが、独特で味わったことのない感覚が面白く、かつリラックスできて良かったです!!
イメージ 12
 
 
☆Serenity Spa☆
地球の歩き方には紹介なし。ホテルコートヤードの向かいのビル2階。
マッサージとシロダーラで1500RS
 
旦那さんは、地球の歩き方P62に載っていたfoot fetishでマッサージ。とても繁盛していて、さすが地球の紹介店!
 
買い物もラストスパート!私の父と妹の旦那さんに、ネパール人っぽくなれる帽子(トピー)を購入。 
 
そしてネパールでの最後の晩餐は、ふるさとという和食屋さんで。おそばは残念ながらちょっといまいち・・・ 旅人の書いた情報ノートがあり、それを見ているとマニ車好きの女子がマニ車のイラストを描いていたりしてとても面白かったです。
 
さていよいよネパールともお別れ!空港で、ネパール到着時に出会った方とまたもやお会いしてお話したり、旦那さんは搭乗前にエベレストビールを飲んだりして過ごし、飛行機搭乗!さらばネパール!!
イメージ 3
 
 
帰路はダッカを経由しなかったため、予定よりかなり早く香港空港に到着。その時間朝5時・・・。
 
香港空港で2時間ほど眠り、その後ピータンのお粥を食べ、最後に香港→台湾の便に乗り、無事台北に到着・ゴーーール!
 
 
なんだか色々書きましたが、ネパールの何が面白いかは、とにかく行けばわかる!!というのが今回の私の感想です。ネパールってどんな所?と深く考えなくても、あの雰囲気を肌で感じ、目に写すだけで本当に面白い所でした。
イメージ 4
 
今回、二人で背負ったバックパック。こんなおもしろ冒険旅行を夫婦で出来たということも、このネパール旅行での大きな収穫だったでしょうか!人生だけでなく、楽しい旅のパートナーとしても、旦那さんが相方で良かった!!と思った、素敵な旅でした。 おしまい!!!
 
※今回の旅のレート:1RP=1.2円※
 ぎょぎょ、なんとネパールの記事をまとめていたのに、UPするのを忘れていることに気が付いた!!という訳で、びっくりするほど前のことですが、せっかくなので書いておきます・・・
 
☆2010年2月20日(土)☆
 
いよいよネパール旅の最終日!朝6時半に起きてホテルで朝食。朝食はこんな感じでした。旦那さんはパンをちょっと焦がしてしまったようですが、ピーナッツバターで美味しく頂き、満足。
イメージ 1
 
 
ホテルを出ると、ネパールの人たちの朝が始まっていました。井戸もこのとおり、現役選手です。
イメージ 2
 
 
女性の方がとても働き者なんだなぁという印象が強かったです。頭から紐を下げて荷物を運びます。この背負いひものことは「ナムロ」というそうです。ネパールの山地での荷運びには欠かせないものです。
イメージ 13
 
 
 
カトマンズの朝の風景。ミルクティで体を温める女性に、ガスを運ぶおじさん。
イメージ 16イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
魚屋さんとお野菜やさんはこんな感じ。
イメージ 18イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
卵売りのおじさん、いい味だしてるなぁ。
イメージ 20イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オンボロ乗合バスに、クルタ・スルワール(ネパールの女性が普段着として来ている民族衣装)姿でバイクに乗る女性。本当にどこを歩いていても珍しく、見飽きることがありません。
イメージ 22イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今朝の目的地はスワヤンブナート。丘の頂上に白いストゥーパのあるのですが、この寺院はカトマンドゥ盆地がまだ湖だったころから丘の上に建っていたという伝説がある場所です。その伝説のとおりだとすれば、スワヤンブナートはヒマラヤ最古の寺院ということになります。
イメージ 4
 
 
 
五体倒地をしながら長い階段を上っていく信者の方たちもいらっしゃいました。昨日の午前までぐったりだった私、まだ本調子ではなかったのでややしんどかったですが、私たちも皆さんと一緒に厳かな気持ちで丘の頂上を目指します。
イメージ 5イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
外国人は入場料が必要です。地球にはRs100と書いていましたが、200Rsに値上がりしていました。
 
頂上にたどり着くと、こんな美少女がいました。ネパールの子供たちって本当に可愛いなぁ。
イメージ 7
 
 
朝から参拝する人々でいっぱい。境内を散策する時は、原始仏教以来の作法である「ストゥーパを時計回りで歩く」というのを注意しながら回ります。こんな小さな子もお父さんと一緒にマニ車を回しながら時計回りに進んでいきます。
イメージ 8イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな面白いお面屋さんもありました。
イメージ 10
 
 
少年がティカ(ヒンドゥー教徒が額に着ける神の恩恵などを示す印)をつけてもらっていました。
イメージ 11
 
 
境内の様子はこんな感じ。
イメージ 12イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
俗にモンキーテンプルと言われるくらい、このお寺はお猿さんがいっぱい。そしてそのお猿さんの喧嘩にびっくりしているネパール人の人たちもたくさん・・・。
イメージ 23
 
たくさんの祈りの火が灯されています。その横には陽気なろうそく売りの人がいるのもまたいい風景。
イメージ 24イメージ 32
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
境内から見下ろしたカトマンズの町。ここまで来るのにかなり歩き&登りました・・・・。
イメージ 33イメージ 34
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネパールの至る所で見てきた、タルチョー(チベットの誤植の祈祷旗。マニ旗という別称もあるらしい)がここでもはためいていました。ちなみに五色の順番は、青・白・赤・緑・黄の順に決まっていて、それぞれが天・風・火・水・地 すなわち五大を表現しているんだそうです(wikipediaより)。
イメージ 35イメージ 36
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
疲れたので帰りはタクシー。他の人は300ルピーと言ったところを、150ルピーで乗せてくれた上に、降りる時にはHave a nice day!と言ってくれるような、さわやかで親切なお兄ちゃんでした
 
スワヤンブナートはかなり遠くて疲れたので、ホテルに戻ってしばしお昼寝・・・
 
お昼寝の後は、ナポリ出身のイタリア人が経営しているというfire and iceで昼食。イタリア製オーブンで焼いたピザやパスタをいただきました。テラス席で良いお天気を満喫しながらのお食事は、とても美味しかったです。CIAの人??と思うようなごついおじちゃんが、可愛らしく小さいスプーンで姿勢よくアイス食べていたりするのを眺めたりしながら、のんびりとした昼下がりを過ごせました。
イメージ 37イメージ 39
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
fire and  ice
地球P69 タメル地区 住所:Tridevimarg
 
 
我が家のカメラマン 8日目午前の記録
 
今回も可愛い子供たちがいっぱいです!かっこよく写っているマニ車や、とっても気持ちよさそうに寝ているワンコもいい感じ。
イメージ 38イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28イメージ 29
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30イメージ 31
 
 
 
 
 
 
ここ一週間ほど、学校に新入生が来る時期だったので、登録のお手伝いやオリエンテーションでバタバタ!でも新入生の方と知り合うことが出来たり、ボランティア仲間で写真を撮り合ったりしながらワイワイ活動できて、楽しかったです!
 
半年休んでいた学校も今日から再開!勉強を頑張りつつ、友達に会えることも楽しみに通いたいと思います!
 
ではではネパール旅行の続き〜〜
 
☆2010年2月19日(金)☆
 
無事カトマンズに着き、宿も確定してホッと一息。午前まで全然動かなかった体が、カトマンズの街を歩き始めた瞬間、急激に元気になってくるのを感じてきたのにビックリ!やはりこの街の持つパワーはすごい!それに突き動かされて、再度待ち歩きスタート!
 
明日が最終日なので、そろそろ買い物もしておかないとねということで、念願のマニ車をGET!今も家に置いていて、毎朝回しております
イメージ 1
 
面白い建物発見。すごい数のお面!
イメージ 2
 
リクシャーのクラクション。手作り感強すぎ!
イメージ 7
 
 
夕食はホテルの人に予約してもらい、ウッツェでギャコク(978RP)を注文。サイドメニューもたくさんついてきて、ボリューム満点!体調が復活したばかりなので、完食ならず・・・ごめんなさい でも体が温まって美味しかった!
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レストランの帰りにスーパーでお買い物。ネパールのインスタントラーメンってどんなの?と思い、一袋購入(15RP)。スパイス付が嬉しい!
イメージ 13
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夜のカトマンズ。ネオン輝く都会も魅力的ですが、路地にランタンを光らせている首都もなかなか良いですよね?
イメージ 15
 
元気になってきて、いよいよ明日は最終日!最後までネパールを満喫するぞ〜!
 
我が家のカメラマン 7日目の記録
 
ネパールでは、朝、起き抜けに熱いチャーを一杯飲み、食事は一仕事終えた午前中に取り、夕食とあわせて1日2食というのが一般的だそう。午後のお茶の時間にはカジャ(おやつ)と呼ばれる軽いスナックを食べるそうです。お茶の時間にチャーを運ぶおじさん。
イメージ 16
 
 
道端の商売も色々!野菜、揚げたスナック、散髪屋さんまで・・・
イメージ 3
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レンガもショールも見事に積みあがってます。
 
イメージ 17イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトマンズの街はとにかくカラフル!どこの国でも、女性が街を華やかにするんですね。女性が来ているのはク
ルタ・スルワールという普段着だそうで、クルタ(丈の長いシャツ)、スルワール(ズボン)、スカーフの三点がセットになっています。インドのパンジャーブ地方の民族衣装で、パンジャビードレスとも言うそうです。
イメージ 19
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たくさんの色、面白いものがどんどん目に飛び込んでくるカトマンズの街。この押し寄せてくる熱気こそが、カトマンズの魅力!
イメージ 21
 
  
ダルバール広場へ続く道、忙しく行き交うリクシャーを見ているだけでも楽しくなってきます。
イメージ 22
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっぴり引っ込み思案な看板娘ちゃん。
イメージ 8イメージ 9
 
 

 
☆2010年2月19日(金)☆
 
まだまだ体の調子が復活しないまま、ポカラの最終日を迎えてしまいました
 
でもポカラでまた山に登ってない!しかもヒマラヤが朝日に照らされる瞬間を見ないと帰れない!ということで、根性でタクシーに乗り込み、向かったのはサランコット
 
サランコットとは、ヒマラヤの展望台として知られ、フェワ湖の北にある標高1592mの丘。(サランコット景観区では一人25RPが必要です)
 
歩いて登ることも出来るそうですが、まだまだ体調の悪い私は当然タクシーをお願いし、とりあえず展望台まで。空気が澄んでいて、明ける前もとても綺麗。
イメージ 1
 
展望台にはたくさんの人が集まっていて、温かいチャー(ネパール人はチヤと発音する。インドのチャーイにあたるミルクティ)を飲むことが出来ますが、私はお湯を飲むので精一杯。。
 
さぁそろそろ日が出てきそう。皆で見守ります。
イメージ 12
 
 
うゎぁ〜 ついに太陽が顔を出しました!感激!!
イメージ 11
 
ポカラが誇るマチャプチャレ(Machhapuchhre)が美しく日に照らされているのには感動!
イメージ 13
 
マチャプチャレは標高6993m、ネパール語で魚の尻尾という意味で、南西方面から見ると双耳峰が魚の尻尾を逆さにした形をしていることから名づけられたそうです。(従って英語ではFish tail と呼ばれているそう)。ポカラからは魚の尻尾の形には見えませんが、頂上付近が雪形から虎の横顔に見えるため、タイガー・マウンテンとも呼ばれているそうです。
 
ポカラから見ると、アンナプルナ連山の中央に位置し、距離が他の高い山よりポカラに近いため、大きく優美な姿をしているのが印象的です。
 
そんなマチャプチャレをバックに記念撮影!でも私はもうこの時点でフラフラ。。。更にお兄さんも一緒に写っちゃった^^;
イメージ 14
 
すっかり夜が明けたサランコット。山の景色に、色とりどりのショールが写りこんでいるのが何か良い感じ。
イメージ 15
 
しかしここで私の体力は限界 「車〜車〜」と呻く私を旦那さんが何とか車まで運び、とりあえずホテルまで。そして私は寝床へ直帰 ドライバーのおっちゃんに渡すネパールルピーが足りなくなったので、旦那さんは両替所へ。1000RPを渡すと、朝から儲けたぜ〜と得意げなおっちゃん。
イメージ 16
 
旦那さんはその足で日本食の桃太郎さんに行ってみたがまだ開いておらず、マンマ・ミア(地球P145)というイタリアンには定評のあるお店で朝ごはん。店員のお兄さんが良い人だったそうです。ネパールには良い人が多いな〜^^
 
食べ終わると桃太郎さんが開いていたので、私への朝ごはん用におにぎりを注文すると、なんとそこのおかみさんがお味噌汁とお椀、お漬物とお塩を下さいました・・・心温まる親切に感動
 
そんな温かさに触れ、私も何とか復活!無事ホテルをチェックアウトし、ポカラ空港へ(タクシー200RP)。

味のある空港の売店。しかし店員さんが居ない・・・ しばらく待ってようやく戻ってこられたので、ポカラのマグネットを購入。
イメージ 17
 
 
ポカラ空港の屋上から。ヒマラヤに囲まれた美しい街、さようなら!!
イメージ 18
 
さぁ、いよいよ搭乗!と思いきや、出発時刻になってもアナウンスが無い。。(当然、出発の電子ボードなど無い。。)チェックインカウンターも特に無いし、荷物の重量を量るのも電子ではなく普通の目盛体重計!それで子供が遊んでるし そしてその体重計で量られた荷物はベルトコンベアーに載せられることなく、リヤカーにて機内へ運ばれ、一昔風がなんとも言えず、楽しい空港でした〜
 
機内から見る最後のヒマラヤ。この感動は忘れられません。
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
飛行機を怖がっていた、隣の席のお姉さん。無事に到着した時には皆で拍手!
イメージ 4
 
 
そしてカトマンズに到着!そしたらなんとこれがバゲッジクレーム!
当然ターンテーブルは無く、リヤカーから降ろされた荷物を皆がそれぞれ引き取っていきます。
イメージ 5
 
 
そして、少し割高ですが、流しを拾ったり交渉したりするのも疲れるのでここは空港プリペイドタクシー(450RP)を使って市内へ。
 
そしてチェックインしたのがこちらのお宿、ホテルコートヤード!最終日だから少し贅沢しようと、ネワール様式の窓枠をあしらった、レンガ造りの建物が素晴らしいホテルに宿泊することに。(地球P81・値段は一泊56USD/4268RP)。
イメージ 6
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
体調もようやく戻り、無事ホテルへ着いて一安心!!残りあと2日、カトマンズを満喫するぞ〜
イメージ 8
 
 
我が家のカメラマン 7日目午前の記録
 
ポカラでは珍しい、バスを発見!
イメージ 9
 
素朴な感じの移動式野菜屋さん。
イメージ 10
 
おばあちゃんと仲良しなんだね。
イメージ 19
 
ネパールで撮った子供ちゃん、可愛い子がたくさんいましたが、その中でも特に可愛かったのがこの子!
イメージ 20
 
大人にとったらただの布も、子供が触ればこんなにも絵になるものなのですね。
イメージ 21

 
おおーーまだこれが残っていたかという感じですが・・・
ぼちぼちにも程があるけど、とりあえず続きを書きます!!
 
☆2010年2月18日(木)☆
 
前日からの不調を引きずり、私はこの日ついに完全ダウン お腹を壊してグッタリ・・・歯磨きをする時でもボトルウォーターを使用するべしというネパール旅のコツを学びました
イメージ 1
 
せっかくネパールまで来たのに何も見れないのではもったいないので、今日はとりあえず旦那さんにひとりでお出掛けしてもらうことに。
 
「桃太郎」という日本食のお店で旦那さんはここで野菜定食を食べて、私へのおみやげにおにぎり二つ、胡麻和え、玉子焼きを持って帰ってきてくれました。この桃太郎さん、京都からいらしたご夫妻が経営されているお店で、本格的でとても美味しい日本の家庭料理が食べられます。おにぎりも胡麻和えも玉子焼きも本当に美味しくて、今でも忘れられません
 
〜以下は旦那さんの旅の記録です〜
 
宿から北の方に歩いていると、初日に空港で会った日本人旅行者さんと再会!この方は中国で働いておられるそうで、同じく旧正月で旅行に来られたとのこと。相当な数の国を旅行したことがあるという旅の達人!うらやましい〜私もこれからまた色んな国を旅したいものです。
 
そしてタクシーに乗ってWorld Peace Pagoda(別名:日本山妙法寺)へ!本来、半日ほどで行ける気軽なハイキングコースだそうですが、旦那さん一人とあって、一番上までタクシーで行くことに。タクシー料金を1200RPを1100RPに交渉して、ものすごいがたがた道を行き、到着して撮ったのがこちらの景色!
イメージ 2
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
丘の上で白く輝くストゥーパが印象的で、フェワ湖とポカラの町並み、サランコットの丘が一望できる素晴らしい山ですね・・・私も行きたかった〜!無念。。
 
夕方また湖に行き、洗濯をしているおばちゃんと友達になっておしゃべりし、写真も撮らせてもらったそうです。
イメージ 15
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネットカフェで旅の記録をすることに・・・でもキーボードがめちゃくちゃ打ちにくく、マウスパッドは紙。。。

旦那さんはそうやって無事にすごしていたのですが、日が暮れた後停電になってしまい、私は暗闇で旦那さんを待つ羽目に 私の携帯は圏外だったので連絡も出来ず、暗闇で大パニック!!しかししばらくすると旦那さんが帰ってきてくれて一安心。。。あ〜びっくり。
 
旦那さんが今日体験してきたことを色々聞いていると、朝、日本食屋へ向かう途中、なんと昨日地球の悪口を言っていて私達を敵に回した彼に遭遇したらしい!!おしゃべりが好きな人で、話しかけられることしばし・・・かなり変わった人だったと旦那さんが言ってて、アンチ地球である上に、更に怪しい人と聞き、私も超警戒
 
私の体調は相変わらず不調でしたが、とりあえず夕食はとっておいた方が良いかということで外に出るも・・・よりによって地球悪口の彼を前方に発見 体調不良でフラフラと整備されていない道を歩いて、更にその彼を警戒しすぎて?溝にハマってしまいました 振り返っても私の姿が一瞬見えなくて旦那さんはびっくり!そしたら足元で立てなくなっている私発見・・・。ネパールの道の端っこには整備されていない溝が結構あるので、怪我には注意です!!
 
そんな感じでフラフラだった私、日本食屋「桃太郎」さんに到着してもイマイチ食欲が出ずに、横になっていたら・・・そこの奥さんは体が温まるよもぎ茶を、お姉さんはカイロを下さり、お兄さんは毛布を掛けて下さり・・・ととても親切にして下さいました 感激!本当に優しい方達で心温まりました
 
元々この日はカトマンズの帰り日にしていたのですが、ポカラでゆっくりしようと1日延ばしてて良かった・・・でも明日にはまたカトマンズに帰らねば!この体調で私は飛行機に乗れるのか?ドキドキしながら7日目に続く・・・
 
我が家のカメラマンの記録
 
牛にはほんとよく遭遇しました。道でも湖でも、モーー
イメージ 17
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牛だけじゃなく、馬も!
イメージ 3
 
ポカラの街はこんな感じ。トレッキングガイドを紹介する旅行者やお土産屋さん、レンタル自転車屋さんなどが並びます。高い建物が少ないので、青空が目の前いっぱいに広がります。こんな散髪屋さんがあるのものどかで良いですねぇ。
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネパールの学生さんたち。
イメージ 6
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このように頭に紐を引っ掛けて荷物を運ぶ女性の姿をよく見かけました。
イメージ 8
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夕暮れ時のフェワ湖。
イメージ 10イメージ 11

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事