觸動你的心, 台灣 〜愛台灣的日本人之部落格〜

毎天都吃飽〜^^ いつでも楽しさ・美味しさで、お腹いっぱい・シアワセ気分にしてくれる台湾を愛する、日本人のブログです

台北:マタニティライフ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

出産しました!

 
  ご報告が大変遅くなってしまいましたが・・・4月23日、台湾にて無事、元気な男の子を出産致しました!
 こちらが息子の写真です。皆さん、はじめまして!!
イメージ 1
 
 
初めての子育てにドタドタばたばた、気になりながらもブログが全然更新できず・・・大変失礼しました(>_<)
 
こちらのブログの方はパソコンをゆっくり開ける時間がないと更新できないので、携帯で気軽に投稿できるFacebookが主になってしまっています。身近なお友達でFacebookされている方、是非お知らせください!宜しくお願いします。
 
さて、出産にあたっては、色んなドラマがあり、とても良い思い出になりました。
 
予定日を5日後に控えた日曜日の朝、噂に聞いていたあの”おしるし”が!!初産だし、少し遅れるくらいかな〜とのんびり構えていたのですが、これで一気に背中を押され、旦那さんと最後の準備やお掃除にアセアセ。
 
焦る気持ちがあったので、のんびり出かけるのも気が引けたのですが、旦那さんの「そういう時こそ、焦らずに落ち着いて過ごした方がいいよ〜」という言葉で、ご近所のイタリアンレストランにランチに行くことに。
 
美味しいお食事を頂いて最後のお茶とケーキの時に、実はまだこの時点できっちり決まっていなかった名前の話に・・・この日まで旦那さんが付けたい名前と、私の付けたい名前が違って、まだ折り合っていなかったのですが、この時にちょうど、二人とも納得の行く名前が決定!!やっぱり気持ちを落ち着けて、食事に出てきて良かったね〜^^と話しながら家へ。
 
お昼はちょっと贅沢したので、夜はおうちで和食を食べようと、ゆっくりとお風呂につかり、のんびりご飯を食べていると・・・何だかいつもよりお腹が張るような・・・。
 
妊娠中、お腹が張るということはあまり多くなかったので(休めばすぐ治まることが多かった)、この頻度は珍しい。でもそんなにめちゃめちゃ痛いという訳でもないから、病院に行っても返されるかも・・・でも夜中になるとまた大変だから、とりあえず行っておこうかと21時半頃病院へ出発。
 
15分くらいで病院に到着し、血圧は160オーバー、内診してもらうと子宮口がすでに1cm開いているとのこと!夜中の0時から陣痛待機室に入れるとのことで、病院のベンチでしばらく横になり、0時から入院しました。
 
個室に入れたので、旦那さんも簡易ベッドに横になりながらついていてくれて、いよいよお産に向けてカウントダウン!
 
台湾では無痛分娩が主流なので、「無痛にしなくていいの??ほんとに??9割のお母さんは無痛にするわよ!」と何度も何度も何度も何度も(笑)言われましたが、私は無痛にしなくてもいいかなと考えていたので、そのまま自然分娩で出産することに。
 
子宮口6〜7cmまでは結構順調にどんどん開いていったのですが、8cmくらいからすごくキツくなってきて・・・その時間がとにかく長かったです。
 
でも事前に妹から「赤ちゃんも苦しくなるから、呼吸だけ忘れないでね!」というアドバイスをもらっていたのと、妹が送ってくれた「子育てハッピーアドバイス 出産・赤ちゃん編」に書いてあった、「痛いときは、赤ちゃんも頑張っていて痛みに耐えている」という言葉を思い出し、とにかく力を入れないように呼吸に集中・・・。
 
助産師さんに「うなっちゃだめ!ろうそくを吹き消すような呼吸をずっと続けて!」と言われ、何万本??かのろうそくを吹き消しまくりました。
 
テニスボールを腰にとか、姿勢を変えてとか色々聞きますが、呼吸に集中しまくっていると姿勢を変えることもできず・・・私はとにかく、横になって呼吸をすること以外、他に何にもできませんでした・・・。逆にこれをしながら頑張ったお母さんたち、すごい!と思いながら、痛み逃しのポーズはひとつも取ることなく、とうとう9cmまで来ました!
 
そこからは、力を入れていきんでいっていいですよ、と言われて、頑張って力を振り絞ります!いきんでよいと言われたら、ゴールは目前!と出産本に書いてあったので、もうすぐかな〜と思ったら、そこからも長かった〜〜〜><ベッドの柵にものすごい力でしがみついていたので、旦那さんいわく「柵が壊れるかと思った」とのこと。私も壊すかと思いながら、でもとにかく必死で頑張ることしばし。
 
赤ちゃんも相当痛いんだろうな・・・早くスムーズに出してあげなくちゃ!と、その気持ちだけが励みで、力を入れようとするのですが、途中であまりの痛さにくじけたりしつつ、「根性の無い母でごめんよ・・・」と謝りながら、一秒でも力を入れられる時間を増やすように努力していると、ついに助産師さんから「分娩室うつりますよ!」の言葉が!
 
分娩室に入ると癒しの音楽が流れていて、真っ暗だった待機室と一転、ものすごく明るい部屋。会陰切開らしきことが始まる時、立会予定の旦那さんがまだ来ていない!看護婦さんに早く来てもらうよう伝言し、しばらくしてようやく旦那さんが分娩室へ!
 
看護婦さんが立ち合いはしないと勘違いしてて、旦那さんが呼ばれるのが遅くなり、あやうく立ち合いできないかという程、分娩室に入ってからはあっという間で、ついに赤ちゃんの泣き声が!!
 
まずは「ほっとした」という感情が先で、しばらくボー然としていたのですが、旦那さん横でが感動して泣いてくれていたのを見て、私もじわじわと感動の波が来たという感じで・・・とにかく「無事生まれたんだ・・・」とほっとした気持ちの方が大きかったです。
 
4月23日10:55に、私と全く同じの出生体重3180gで、赤ちゃんは生まれてきてくれました。陣痛かな?と思い始めてから約14時間半後のことでした。
 
実は、陣痛が始まったら母が病院に連れて行くために予定日(4/27)より早めに来てくれる予定で24日に飛行機を取っていたのですが、23日のキャンセル待ちが取れ、11:15着のフライトで台湾に来てくれることになっていました。そしてその日は早く到着し、なんと10:55に着陸!ばあばの飛行機が台湾に着陸したと同時に、赤ちゃんも生まれたという時間の偶然・・・
 
最初、出産の経験者であり、2年ほど前に妹の出産も手伝った母が来てくれると心強いということでお願いしていたのですが、結果私と旦那さんの夫婦二人で赤ちゃんの誕生を迎え、一晩うなり声を聞きながら過ごしてお疲れだった旦那さんに代わり、産後はばあばにバトンタッチという、ある意味絶妙なタイミングでもありました。
 
赤ちゃんは絶妙なタイミングで生まれてくると言いますが、本当にその通りなんだなと実感しました。これ以上早くても遅くても、私とまったく同じの出生体重にはならなかっただろうし、母が台湾に着いたけど陣痛中の私たちと連絡が取れなくて困ったということもなく、本当にバッチリの時間に生まれてきてくれました。
 
そんな私たちにとってはドラマづくしの素敵な出産になりました。横で気持ちよさそうに寝ている赤ちゃんを見ながら、この文章を記録できているのは幸せだなぁと思いつつ・・・^^
 
ちなみに、出産の後の会陰縫合は、陣痛に比べると全然痛くないとよく聞いていたので、赤ちゃんが出てきてからは完全に気を抜いていたのですが、私にとっては会陰縫合が一番痛かったです・・・(涙)赤ちゃんが出てくるまでは「赤ちゃんも頑張ってるから」と頑張れたのですが、誕生してからは気持ちの支えというか頑張りどころがなくなってしまったので、より痛く感じました、、、
 
中学生の時にも、ひどい骨折をしても全然泣かなかったけど、「明日に控えた吹奏楽のコンクールは諦めた方がいいね」と先生に言われて、急に大号泣したというエピソードのある私なので、痛みには強いが、精神的な支えが崩れる方が辛いというパターンが、出産にも見事に当てはまった感じでした。
 
また妊娠・出産という機会が訪れれば、陣痛よりも会陰縫合の方が怖い私です・・・^^;
 
とりあえず、出産ドラマはこんな感じでした!そして入院中も色々思い出に残ることがあったので、産後の入院編をまた書きたいと思います〜^^

開く コメント(25)

開く トラックバック(0)

 妊娠9か月に入った頃から、赤ちゃんを迎える準備や出産までにしておきたいことが色々あって、すっかりブログを更新できずにいました^^;宮古島の記事もまとめていたのですが、うっかり消してしまうというハプニングがあり、中途半端で終わってしまい・・・ かなりいっぱい写真や情報があったので、もう一度まとめるにはかなりの労力がいるので、ちょっと保留になりそう。。あ〜あ。
 
 さて、予定日まであと一週間と迫り、ようやく準備も整いました!ベビーカーの購入にあたっては、旦那さんもかなりこだわりたい!という思いが強く、私もお出かけの友としてしっかり選びたかったので、色々見て回りました。最終的に二人揃って「これだ!!」と決まったのが、アップリカのソラリア
イメージ 1
赤ちゃんがお座り&ねんねする場所が少し高めになっていて、アスファルトからの距離が遠いことと、
さわやかな色合いも気に入って、赤ちゃんとのお出かけが今から楽しみです
 
 
 そしてお友達からコンビのハイローチェアを格安にて譲って頂き、とっても助かりました〜赤ちゃんがねんねする時にとても役立つという電動スイング機能付きで優れものだそうです。とても気持ちよさそうで、旦那さんとも「私たちも揺られてみたいね(笑)」と言って、赤ちゃんをうらやましがってます
イメージ 2
 
 
  とにかく雨だらけの台北の冬。ようやく訪れた短い春&晴れ間に、赤ちゃんのウェアを水洗い。これだけ撮ると大きさがわかりづらいけど、ちっちゃなサイズではためく洋服やスタイは可愛くて、見ていて癒されます〜
イメージ 8
 
 
 
 おむつやお着替えなどを入れておく籠が欲しくて、乾物や漢方、布などの卸問屋が並ぶ迪化街にある林豐益商行という竹細工や蒸籠のお店に行ってみました。まず店頭に長細〜いへちまのような籠を発見。何に使うのか聞いてみると、なんとウナギを捕まえる時のものだそうな!面白〜い
 
 そんな変わった竹細工も扱っているこのお店で見つけたのが、こちらのかご。とっても軽くて、おうち内の持ち運びも便利!色も気に入って、値段を聞いてみると、なんと150円(約415円)!お安く、かわいらしいものが手に入り、大満足。やっぱり問屋街は楽しいな〜
イメージ 3
 
 からすみや漢方などが売っていることで有名な迪化街ですが、お菓子やお茶の種類も豊富。美味しそうな抹茶/栗/小豆の羊羹や、フルーツティもゲット!フルーツティは一袋(120g入)が70元(約190円)。ノンカフェインドリンク生活が華やかになって、嬉しい限り 今回はミックスフルーツティと、パッションフルーツフルーツティを選んでみました。
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
迪化街については台北ナビさんに紹介ありました。林豊益さんも記事中に登場します。
 
 
 心の準備編としては、こちらの本を読んでいます。ずばり「男の子の子育て」二冊!これは宮古島に旅行に行った時に、旦那さんと私とそれぞれ一冊ずつ選んで購入してみたものです。
イメージ 6
 二人姉妹で育った私には、男の子の感覚が全然つかめないと思うので、ちょっと予習・・・。読んでみて、子育てを通じてきっと自分が成長できるのだろう、子供にたくさんのことを教わるのだろうと、「男の子ママとしてちゃんとできるかな?」という不安が、期待に変わってきました。実感するのはこれからだと思いますが、「なるほど!」と思えるポイントがたくさん詰まった面白い本でした。
 
 
 そして、出産・子育ての先輩である妹から送ってきてもらったこちらの一冊がとっても良かったです!!
イメージ 7
 「ママとパパに会いに来たよ」という可愛らしいしおりがついているのが、たまりません 陣痛の時、お母さんも大変だけど、赤ちゃんもものすごく頑張っていることを可愛い漫画やイラストで説明してあり、お産に対する勇気が湧いたし、狭い産道を通って一生懸命生まれてこようとしてくれている赤ちゃんの為に、私も頑張ろう!!ととっても前向きな気持ちになれました。
 
 私の側には励ましてくれたりアドバイスをくれたりする旦那さんや母、先生たちがいるけれど、赤ちゃんはそういうアドバイスをしてもらったりするわけではなく、一人手探りで必死に出てこようと頑張るわけだから、私がリラックスしていいお産にできるように頑張らなきゃ!!と励まされる、素敵な本でした。送ってくれた妹に感謝!!
 
 
 お腹が目立ち始めた頃から、道端とかで声を掛けてもらうことがとても多くなって、バスや電車で席を譲ってもらったり、「たくさん食べてね!!」とおまけをしてもらったり、お店を出る時には「階段に気を付けてね!」と声掛けしてもらったり、携帯のケースを選んでいると、「座りながらゆっくり見てくれたらいいよ!!」と椅子を出してきてくれたり・・・台湾の人たちにとても温かく接してもらいました。そんな温かい雰囲気がある台湾で、人生の内でとても大切な経験であるお産が出来るのはとても嬉しいです。
 
 そして何より、旦那さんや家族がとても喜んでくれて、一緒に赤ちゃんの誕生を待ち望んでくれているのが本当に嬉しいことです。つわりの時にはあまりに遠い先のことに感じられた40週もあとわずか。本当に充実した楽しくハッピーな日々でした!良いお産が出来るよう、頑張ります!

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

 先週の日曜日、私が検診で通っている台安病院で出産環境の見学ツアーがありました。日曜日に開催されているので、旦那さんも一緒に参加することができます。入院〜出産〜出産後の数日間をどのような場所で過ごすのか見学できるので、是非とも参加したいツアーです。
 
2階の産婦人科・衛教室に集合して参加のサインをすると、以下のような資料がもらえます。出産の兆候が現れてから入院までの流れを説明する「待産須知」
イメージ 1
 
 
入院前に準備しておくもののリスト「住院待産 準備用品」
イメージ 2
 
 
産褥パッドや使い捨て下着等の用品リスト。一式380元で病院で購入可能です。
イメージ 10
 
入院〜分娩〜退院までにかかる費用のことなどの説明が書いてある「産婦住院須知」。ここ最近どんどん値上がりしている模様・・・
イメージ 11
 
 
以上4点の資料を受け取ると、5階に案内されます。5階は出産兆候が現れてからの入院〜出産〜退院までに関するフロアーになります。ちなみにこの5階はwi-fiがつながるので、パソコンがあれば、インターネットができる環境だそう。
イメージ 12
 
 
まずは「待産房」という、出産兆候が現れてから出産までをすごす部屋の紹介です。この扉の奥に3種類の部屋があります。当日写真を撮れませんでしたが、待産房の前にモニターがあり、そこで紹介されていた写真を貼ります。
イメージ 13
 
 
ちなみにこの待産房の前にインターホンがあるのですが、入院前にはそこに直接言って、このインターホンで状況を説明し、検査を受けます。検査によって入院になるかならないかを判断するから、事前の電話はいらないと言われました!日本の妊娠・出産の本を見たら「まずは産院に電話」とばかり書いてあるので、ちょっとこの点は違うようでびっくり。
 
 
さて待産房の中のお部屋ですが、まずはLDR(1室のみ)。24時間で4000元。出産兆候が現れてから分娩までを一つの部屋で過ごすことができます。
イメージ 14
 
 
個室は合計4部屋。12時間で1300元。横のソファで家族も休憩できます。分娩の時は別室に移動します。
イメージ 15
 
健康保険の範囲内で別途出費なく過ごせる4人部屋が一部屋。
イメージ 16
 
 
LDR室以外のお部屋の方が出産される場合の分娩台です。剖腹というのは帝王切開のことです。
イメージ 17イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
分娩に立ち会えるのは1人のみ。隔離衣・手術帽・マスクなどが貸与されます。撮影機材の持ち込みは可能ですが、フラッシュ使用は禁止されています。
 
臍帯血を採る場合は、他の人とわからなくならぬよう、自分できっちり袋を管理するよう言われます。恐らく分娩の時に手渡すのが一番良いようなことを言っていたと思います。臍帯血を採られる方は、どのような流れになるか、事前にしっかり確認されておいた方が良さそうです。
 
台安病院では母乳育児を推進していて、分娩台で出来るだけ早く母子に皮膚接触をさせ、そこで母乳をあげることも奨励しています。母乳育児ホットラインというのもあるらしく、電話番号は02−2772−0785とのこと。
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
日本の本を見ると出産後分娩台で過ごすのは2時間ほどと書いてありましたが、ここではとりあえず1時間後に観察して、子宮の収縮状態が良く安定していれば、そのタイミングで入院の部屋に移るようです。
 
こちらが待産房の向かいにある、産後の入院用の部屋の入り口と、(ブラインドで見えませんが)新生児室。入院の部屋(2人部屋)を見せてもらいましたが、ベッドと冷蔵庫のみの簡素な感じでした。VIPルームや個室はまた違うのかも知れませんが・・・
イメージ 6イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
台安医院では母乳育児を推進しているので母子同室が可能ですが、団体部屋では不可で、2人部屋か個室の場合のみ可能になる様子。
イメージ 8
 
 
これが入院時の食事で、一日3食&3回のおやつが出るそうです。台安病院ではベジタリアンの食事になります。台湾では産後の1か月を坐月子と呼び、その時の食事のことを坐月子餐と言います。体力を消耗している母体の栄養を補うものや、母乳の出を良くするのに役立つ食材などが使われていて、出産後に適した食事になっています。
イメージ 9
 
 
出産の流れについて、旦那さんと一緒に確認できたし、収穫は大きかったです!台安病院で出産の方は、是非参加されると良いと思いますが、各回の人数が制限されているので、お申し込みはお早めに・・・
 
☆台安病院 出産環境見学ツアー☆
2週に一度の日曜日 午後13:30〜14:00
予約:2階産婦人科の衛教室に直接 もしくは TEL2771-8151(内線2763)にて
 
参考HP(民国101年6月24日までしか載っていないので、以後はURL変わるかと思います。)
 
参考:台安病院・待産房のブログ(陣痛〜出産までの流れについての資料有)

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

 先日、2回目の4D超音波に行ってきました!画面の大きさと赤ちゃんの大きさを考えると25〜28週に撮るのがベストだそうですが、旧正月が重なったり、人気で予約がなかなか取れずで、28週の最終日にようやく予約が取れました。
 
 もし赤ちゃんが大きくなりすぎていたら、うまく画面に収まらなくてよくわからない写真になるかも知れません、と言われていたのでドキドキでしたが・・・エコーをお腹に当ててみると何とか撮影には問題無さそうとのことで、ほっ!
・・・としたのもつかの間、赤ちゃんは私の背中の方を向いていて、お顔を見ることができません
 
 
 担当の方に「これでは見れないから、甘い物を食べて、少し散歩してきて!」と言われ、一度診察台を降りて病院の一階で桂圓胡桃マフィンと芋頭西米露を飲み、うろうろ歩くこと10分・・・そしてもう一度トライ!
 
 
 「お顔見せて〜 こっち向いてね〜 加油〜!」と旦那さんと一生懸命声掛けしてみると、ちょっと横に動いて、横顔を披露してくれました!!うわ〜、手や鼻、口がはっきりわかる!! ↓口元に手を当てています
イメージ 1
 
 
 
そして頑張ってもらうことしばし・・・ついに正面からお顔が見れた!ぎゅっと握りこぶしをしているのが可愛い
イメージ 2
 
 
 
 足もちゃんと大きくなってる〜!握った左手を膝の上に置き、右手は膝に添えています。
                           わかりますでしょうか??
イメージ 3
 
 
 旦那さんと「すごいね〜!すごいね〜!!」と見ていると・・・なんと赤ちゃん、ふぁ〜っと大あくび!
イメージ 4
 
 あくびしている姿はとっても可愛くて、私たちの選ぶ今回のベストショットとなりました
 
 撮影終了後、旦那さんは再び会社へ戻り、写真とDVDは私がもらって帰ることに。そして旦那さんがお仕事を終えて家に帰って来た時、あくびの写真をすぐに見せようとこの写真を持って玄関を開けると、なんと旦那さんも大あくび!普段あくびをしながら帰ってくるなんてことはないのに、この写真を持って出迎えようとしていたら一緒にあくびしていたのでびっくり!親子だね〜
 
 前回の4Dも可愛かったのですが、ここからずいぶんと大きくなっていて、とても感慨深いものがありました〜撮れて良かった〜!
 
 今回の撮影料は2800元でした。内容は、カラー3枚 白黒8枚の写真&16分強の動画DVDです。一応一人の予約枠は一時間(私の場合は18〜19時)あって、うまく撮れれば早く終了しますが、赤ちゃんが背中を向いていて撮れなかったりしたら、私のように一度甘い物を食べたり散歩に出たりしなければならなかったりで、一時間たっぷりかかります。(ギリギリだった・・・)その時間内にどうしても赤ちゃんが正面を向いてくれなければ、また予約を取り直したりということになるようです。
 
 今年は台湾では縁起が良いとされている辰年のためベビーブームで予約がいっぱいでしたが、病院側も時間にゆとりがある場合は、もっと時間を取ってもらえるケースもあるかもしれませんね。
 
 今回28週でなんとか赤ちゃんも前を向いてくれて撮影成功しましたが、赤ちゃんが大きくなっていてうまく撮れなかったりした場合は、300元の手数料のみ発生するとのことでした。
 
 4Dでお顔を撮ってもらう場合、赤ちゃんによく動いてもらうため、事前にお食事を済まされて行くことをおすすめします!

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

台湾でマタニティヨガ

 私が検診を受けている台安醫院には、別棟に健康センターがあり、そこでマタニティヨガのレッスンが受けられるとのことで、一か月間(週二回・各一時間)通ってみました。「マタニティヨガに通ってみたいんだけど・・・」と旦那さんに相談したら「いいよ〜!」と快諾してくれて、感謝!!
 
 最近は台湾と言えど結構冷えるし、妊娠する前と比べるとすごく眠いし、ついつい出不精になりがちですが・・・レッスンの日は家から片道20分、並木通りをゆっくり散歩して通えるのも良くて、毎回とても楽しみでした。
 
 担当して下さった田慧玲(Helen)先生はとても優しくて、いつもニコニコ。「赤ちゃんの所に手を添えて・・・」とか「赤ちゃんの方を見て・・・」という動作があったり、赤ちゃんの胎動を感じながら行うヨガはとてもリラックスできて楽しかったです。
 
 皆その日その日の体調や用事によって、休んだり振替で来たりしていたのでなかなかお友達ができないのが残念・・・と思っていましたが、最後に二人の日本人妊婦ママとお友達になれて嬉しかった!そのうち一人の方は、なんと予定日が一日違い!もう一人の方も同じ産院での出産予定なので、これから色々お話が合いそうでとても楽しみです
 
☆台安醫院 健康中心 マタニティヨガ☆
 
↑ここからインターネットで申し込みは可能ですが、体の調子などについて尋ねられたり、注意事項を聞いたりしなければなりませんので、レッスン前に一度足を運ぶことになります。
 
費用は、1レッスン一時間×10回(週二回×5週)で6000元。台安醫院で妊婦健診を受けている人は一割引きの5400元で受けられます。欠席分の振替は3回まで可能です。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事