ここから本文です
バンコクで犬と暮らす。@ニッポン!
トイプー・ねね&ミディアムプードル・ディエフ。2016年春、バンコクから日本へ!

最近の生活。

暑くなってからは、朝5時過ぎには散歩に行く。

顔洗って日焼け止めだけ塗って寝癖で暴れてる髪を帽子で押さえつけて(笑)

ねねはもう全然朝起きて来なくなったので、

朝散歩はディーとの自主練の時間。

イメージ 1


昨日は5時に起きて顔を洗い終わったら、雨が降って来てガッカリ。

久しぶりに二度寝しました。

晴れたとしても早朝の散歩はディーのブレスレットも私のスニーカーも朝露でグショグショになってしまうのだが

雨の日は流石に中止よ。



朝の散歩が中止になると、とってもガッカリしてしまうのだ。

と言うのは

最近夕方のお散歩がおろそかになりがちだから。

春から入院してる義父の容体が思わしくなく、

最近は介護も必要に。

付き添いは義母と義姉が行なっていて、私は後方支援程度であるが

午後から病院に行く事が多く、そうなると夕散歩は夜散歩になってササッと済ませがちに。

毎年この時期は旦那の会社が夏休みなのだが

予約してた犬連れ旅行もキャンセルとなり、

一回位は行けるかと思われた川遊びも行けず、

連日の病院通い。

まぁそんな年もあるさ。




義父は末期の病気で体力が弱くなってる事に加え、

痛みを抑える薬を多くした事で、夢と現実がゴッチャになってしまっている。

でも、認知症とは違う感じ。

どんどん場面が切り替わる夢をずっと見ている感じで、その場面その場面で言ってる事は辻褄が合っているし、

見舞いに訪れる人も認識している。

認知症にありがち(と思われる)な被害妄想的なものは無い。



義母は以前から義父の愚痴ばかり言っていた。

義父は家庭を顧みない人だったというから仕方ないのだが、

なんだかんだ言いつつも、自分の夫の事をカッコイイ、大好き、1日でも良いから長生きして欲しいというのが伝わって来る。

義母や義姉の介護疲れも心配だけれど、

それでも病室を覗いた時に義父の顔色が良いと私も嬉しい。



末期患者ばかりの病棟なのだが、少し前に廊下から猫の声が。

覗くと二個のクレートにそれぞれ猫ちゃんが入っていた。

手続きすればペットの面会OKなんだそうだ。

こういうのって欧米の病院だけかと思っていたけど、

日本の、それもこんな身近な(しかも田舎)病院でOKとは。

その時期、義父は頭はシッカリしてたものの、自殺願望が強くなっていた時で、

義父も犬が好きだし、我が家の犬達を入院前は何度も義実家に連れて行ってたので

義父の気分転換の為に病室にヤツらを連れて行く事も検討しました。

旦那は手続きして私は急いで二頭をシャンプーして。

でも自殺願望時期からあっという間に夢と現実の区別が付かない状態に変わってしまったので

ペット面会の話はお流れになりました。

こういうのってタイミング逃しちゃいけないんだね。



いつどうなるか分からない日々が続いてますが、

義父が痛みなく心健やかに過ごせるよう願うばかりです。

この記事に

開くトラックバック(0)

気まぐれ女子。

イメージ 1


少し前から、ねねが朝の散歩に行きたがらない。

具合が悪い、とかじゃなく、

お腹空き過ぎ、でもなく。

暑くなる前の季節の朝散歩は8時半、暑い季節になってからは5時過ぎ。

時間が変わっても起きて来ない。

寝床から頭だけ上げてコチラを見るけど、起きて来ない💧

夕方の散歩は問題無し。そして公園出口で帰りたく無い!と言うところも変わり無し。

なので最近は朝散歩はディーと2人で行ってる。

二頭引くより一頭の方がラクだけど、

お犬様の為に早起きしてるのに、肝心のお犬様が起きて来ないとちょっとガッカリよ。

ねねは、朝に人間が起きて来ても、
寝床から出て来ない傾向はパピーの頃からあったけど、

最近ますます朝が弱くなったんだろか?

この記事に

開くトラックバック(0)

ディエフ、4歳

今回の大雨で被災された方にお見舞い申し上げます...

何かある度にその裏に居るであろう被災ペット達の事を考えてしまいます。

無事に避難出来てますように・・・



イメージ 1
       ↑今月のママカット。
ボディの毛はこれでも半分近く切りました。夏仕様。
           ロゼット歪んでるのは御愛嬌。



ちょっと時間が経っちゃいましたが(エラー続きで投稿不能でした)

ディーちゃん、6月25日に4歳になりました。

一緒に暮らして3年ちょっと。

やっと大人の男らしい所が出てきました。(遅!)



手のかからない子ですが、

以前は食糞やら(フード変更で解決)、

お肉たっぷりの手作り食やウェットフードを食べると粗相する癖なんかもありました(笑)

本当にね、完食して頭上げた途端にジャーって(苦笑)

2歳くらいで粗相しなくなったけど、好物完食後のトイレが近くなる傾向は相変わらず。

美味しさのバロメーター(笑)

小走りでトイレに駆け込む姿が可愛いです。



私は本当にディーに惚れこんでいるのですが、

たまに、こう↓見える時があります。

イメージ 2

ラピュタのドーラ一家のマザコン息子。

何かあると、すぐ『ママ!!』って言う小者感がイメージとカブるのだわ(笑)



我が家ではお誕生日でも特に御馳走は無し。

イメージ 5

時々与える手作り食と同じメニューを与えてお終い。ごめんねぇ〜(^_^;)



あ、そうそう。

健康診断にも行って来ました。

去年はストルバイト引っ掛かったけど、今回は大丈夫!

実はずっと定期検査を続けてて問題無しだったんだけど、今回で定期検査からも解放されました!メデタイ!

検便も血液検査も大体問題無し。

イメージ 3

イメージ 4


画像中で規定値から外れてる項目も、ドクター曰く採血時の緊張だったり気にする程でも無いと言う事なので、まぁ合格でしょう。

血液検査の項目は犬種と年齢をドクターが考慮して、まだフル項目では無いのですが。

最近、回りのプーちゃんで膵炎関連を聞くのだわ。

次回はアミラーゼも項目に入れて貰おう。


この記事に

開くトラックバック(0)

訓練所16回目。

イメージ 1



訓練所16回目〜先週の事〜。

今回はCD3を通しでやってみました。

合計20科目〜。

以下、先生に指摘された事やら

各科目の開始姿勢や終了姿勢だとか、今までギモンだった事。←コレ私よく理解してないのよ。


*毎科目の最後のツケの練習。
ビタっと止まる事。

*行進中の立って
立って待つ意識が薄い

*吠えろ
犬を脚側定座させ、ハンドラーは犬の正面に回り、吠えろコマンド。
理想はコマンド一回に対して吠え三回。
指示により脚側定座させて終わる

*障害飛越 復路
飛んだら正面定座または直接脚側定座
復路は立止しなくて良い



後半はかくれんぼ〜。

↓訓練所のお写真。
イメージ 2

パノラマて撮ったから詰まって映ってます。
実際はもっと広くて全体的に斜面。
手前はアジリティや服従の練習エリア。
フェンス奥は駐車場及び隠れんぼエリア。
奥まで使います。

イメージ 3

今回もディーにはヒント無し。
待機エリアで待機させ、先生が地面に同化するように隠れます。
そしたらフェンスを出てスグの所からスタートさせ捜索開始!

本当は風の流れを見てスタート場所をいろいろ変えたいんだけど・・・
地形的にちょっと難しいです。


↓待機場所はこんな感じ。背丈の高い草でディーちゃんには捜索エリアは見えません。
イメージ 4

↓草ボーボー地帯はディーの体高の2倍位。竹林は物凄い密集具合でヘタレな私もディーも入って行けないで、ボーボー地帯か竹林生え際地帯を使います。
イメージ 5

でもこの訓練所で隠れん坊やってるの私だけかも…。


この記事に

開くトラックバック(0)

ずーっと観たかった昔の映画、やっと見る事が出来ました。

イメージ 1


僕らはみんな生きている
1993年 主演:真田広之
出張先の国でまさかのクーデター!
命からがら避難の途中で次々起こるトラブル!
ドタバタコメディだけどちょっと泣ける映画です。


↓予告 1分27秒


ずっと前にテレビで放送したのを観て

だけどその時は何となく観て、あらすじも大体しか覚えてない。

だけど何年も経ってからまた観たくなって、

でもレンタル屋さんには無くて。

最近また観たい熱が上がって来て、ウィキでちょっと調べたら、

ロケはタイというではないですか。

観たい熱がどんどんUp

でもやっぱりレンタル屋さんには無ーい!

なのでアマゾンからネットレンタルしました。初めて利用したよ。



映画にはタイの市場やら旧市街やらが出て来ますが

現在と全然変わらない!

野良犬達も川沿いのあばら家も市場の魚屋さんも!!

私が住んでた通りとよく似た場所が出て来たり。

ネイティブのタイ語の会話が耳に懐かしく

涙がジワリ。

俳優さん達も若い(笑)

イメージ 5


イメージ 2


イメージ 6


イメージ 3


イメージ 4



映画ではローカルな所、田舎の所を使っていて、

実際のタイの中心部はもっと都会です。

まぁ
私の行動範囲は十分ローカルだったけど。

タイの国民性というか、そういう部分は上手く捉えてる気がします。

この映画では血生臭いクーデターなどが描かれています。

私が居た頃も反政府デモやクーデターがありましたが、私は普通に生活出来てました。

でもほんの少し前、2010年位の動乱では随分犠牲者も出たらしい。

そんな不思議な国、タイランド。

この映画では、そんな部分を少し味わえると思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

15回目のレッスン…

前回に引き続き、基本のキの内容です。

宿題だった『不意打ちの三姿勢』

…遊びや日常の中でオスワリ・フセ・タッテの実行が全然上達してなくて。

私のやり方を再度チェックして貰いました。

やっぱりダメ出しの仕方が下手なのだな。

ダメな時にリードや首輪をチョイチョイ引く事を徹底しないと。

声だけでは限界があるそうで。

大声張り上げたりはしてないけど💧、先生(プロ)としては、大きな声はいざという時の為に取っておきたいものなんだって。



先生達は、新規の預かりのコを訓練する時は

遊ぶ楽しみを教える事からスタートし、

徐々に左側へ誘導。

跳ね回ってる状態でも良いから、『左側を歩いてると良い事がある』という事を教えるんだって。

ハタから見たら、とても訓練には見えないだろうって言ってた。

それから跳ね回る事を少し我慢する事を教え、『我慢してたら良い事あるよ』と教える。

時にはリードでチョイチョイやって、犬をハッとさせたり。

そうやって、常にハンドラーを注視するコが出来上がるそうだ。

最初からカタチに拘る教え方をすると、意欲がイマイチになったり、最悪は性格を暗くしてしまうんだって。

ワタシは……カタチからだったな…

だってキチンとした訓練方法なんて知らなかったもん…。

タイの躾教室も言葉分かんないから見よう見まねだったもんな…。



そんなこんなであっという間に時間は過ぎて、時計見たら残り2分。(1時間のレッスンです)

でも先生、そこから隠れんぼも付き合ってくれました。

今までは隠れ役がどの方向に走って行くか、

ディーにヒントを見せる方法でやってましたが、

今回は完全ヒント無し。

ディーを対象エリアが全然見えない場所に置き、私だけが先生が何処に隠れるか見ておく。

探し甲斐がある状態…救助犬ゴッコっぽいレベル…タイでやってた頃のレベルに戻した感じ。

このレベルでやるのは久しぶりだったので、動画撮る心の余裕がありませんでした(笑)

2回目の捜索でディーは誤アラートしました。

こんな間違え方は初めてだ。

場所はそこだけ笹ヤブが拓けて窪んだ場所。

匂いが溜まっていたのだろうか?

失敗で終わらすのは良くないので、3回目を行い、成功させて終了。

うん、やっぱり楽しい。

先生も『ディー君、良く探すね』と、これ(捜索)だけは褒めて貰える(笑)

しかしながら練習敷地も隠れ役もいつも同じになってしまうのが難点……。

次から捜索方法を工夫、エリアを区切って犬を廻して行く方法を行う事としました。

楽しみデス!

この記事に

開くトラックバック(0)

写真記録:海散歩

何週間か前の写真なんだけど…記録の為にUP。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16

この記事に

開くトラックバック(0)

公園前の静かな攻防。

最近ねねちゃんのお散歩欲が凄い。

公園を3周(2キロ弱?)ほど歩いて帰ろうとすると

まだ帰りたくない!と踏ん張るようになった。

イメージ 1


対してディー、公園は毎日行くので既に飽きています。

庭でボール遊びをしたいが為に、早く家に帰りたいタイプ。

で、公園出入口で私はこんな状態になる。

イメージ 2


日によってはねねを優先してもう一周したり、なだめすかして帰宅したり。
(↑本当はしつけ上よくありません…ダブルスタンダードですね💧)

この攻防が毎日朝夕繰り広げられます…。



先日、私とディーだけで出掛けた時、旦那がねねと2人で散歩に行ったのだが、

ねねの歩くがままにしてたら、なんと公園5周。

それでも『まだ帰らない!』と頑張ったそうです。

距離にしたら3kmちょっと。

クンクンしながらだし、犬の体力的には全然平気だけど

飽きないのだろうか?

常に新鮮な気持ちで歩けるって事だろうか?(笑)

朝から晩まで公園を走り回ってる常連のチビッコ達と同じって事だろうか?(笑)

ある意味羨ましい…





そして最近新たな事実が…

ねねが一方的に好意を寄せるワンコの傾向が判明。

ねねは未去勢の男の子が好き。(笑)

去勢済のコは興味無しorライバル。

避妊済なのに…困ったもんだ😓

この記事に

開くトラックバック(0)

ディーをトリミングしなきゃしなきゃと思いつつ、先延ばしにして

前回から一か月半以上経ってしまった。

前回は病院サロンでペットコンチネンタルクリップにして貰ったので、それを維持するのが目標。

で、出来上がったのがコチラ↓

イメージ 1

頭の毛は伸ばしてみようかと思って切ってない。だから頭でっかち。

イメージ 2

腰のロゼット・・・やっと立体感作れる位に毛が伸びた。

イメージ 3

今までブレスレットを大き目に作ってて、だから飛節(かかと)より3cmくらい上だったけど、

今回少し下げました。

イメージ 5


ショードッグの写真見て研究すると、後ろ足の伸びやかさがキモな気がしたので。

イメージ 4

一番苦労したのはお腹から胸にかけての、下のカーブの部分と

ロゼットの、メインコート側との境目。

カーブシザーとか持ってないので〜。

実は前日に山形FCIドッグショー見にいって、トリミング道具のブースを覗いてみたんですが・・・

カーブシザー、目が飛び出るような値段のものしか売って無くて(汗)
(通販でも手に入るが、安くはないので実際に手に持ってみて決めたい)

そのかわり美しいプードル達を目に焼き付けて帰って来ましたよ。

あとね、コームを一個買いました。

イメージ 6


荒目のみのヤツ。前から欲しかったんだけど、通販のは高いのしか見つけられなくて。

私が見つけた通販のモノより半値以下だったので良かった!!

歯も長め、ディーちゃんのメインコートでも奥までシッカリ届きます。

今回のトリミングでも大活躍でした(^^)


あとは〜

今回はいろいろ予習しました。

本屋で良さそうな本を見つけたのでお買い上げ。

同じ先生が講師のDVDも買っちゃいました。

イメージ 7


DVDはまだ一回しか観てないんだな・・・あと何回か観たらもう少し覚えられるかな。

今までもYouTubeで色んなトリミング動画見てたけど、こちらが1番分かりやすかったです。

有料だから当たり前か(^_^;)


この記事に

開くトラックバック(0)

おばあちゃんと犬。

近所の迷走ワンコを警察署まで迎えに行ったお話です。



お散歩で時々会うお婆ちゃんとその犬。

おばあちゃんは84歳、犬は6歳中型日本犬MIX。

足の悪いおばあちゃんに合わせて歩く、とっても良い子。

なんというか・・・人懐こくて大人しくて犬にも人にも無害な子というか・・・。



先日の土曜日の朝の散歩で、他の犬連れの方と立ち話してたら、お婆ちゃんだけ歩いて来た。

こちらに来るなり『ウチの犬見なかった??』と。 

朝の運動会の花火(我が町は運動会当日の朝6時に空砲花火を打ち上げます)

驚いて逃げ出してしまったらしい。

交番に問い合わせは?と聞くと『まだ』というお返事。

良いお婆ちゃんなんだけど昔の人なせいか、犬が帰ってくるのを待つ or 居そうな場所を自分で探す、というスタンスなのだなー。。。。

でも、いつもよりシッカリした足取り&普通の速度(お婆ちゃんにしてみれば速足)で歩いてたから、お婆ちゃんなりに焦っていたんだと思う。



お婆ちゃんの連絡先を聞いて、私達も公園周辺を捜索。

で、やっぱり見つからないので、お婆ちゃんに代わって最寄の交番に行ってみた。

そしたら既にそれらしき犬が保護され、区の中央警察署まで移送されてた。

旦那は驚いてたけど、私は『やっぱりな』、という感じ。

少し昔なら交番に一日二日は置いて貰えたらしいが、現代はすぐ移送されてしまうんだよね。

で、保護センター行きになって、譲渡適正無しと判断されると、僅かな期間で殺処分されてしまう事も。

今回は週末(センター休み)という事もあり、警察署で止まってたから良かった。



お婆ちゃん家に行って事の次第を説明。

お婆ちゃん、行方が分かって安心したのか泣いちゃうし…

逃げた状況を更に具体的に聞くと

・室内飼いで音響シャイ
・玄関と廊下の間に柵が設置されてました。
・玄関は引き戸で、開け方を覚えてしまっていた。
・お婆ちゃんがトイレに行ってる間に花火→パニック→柵を飛び越え、施錠されてない玄関を開けて脱走。

お婆ちゃん、1人暮らしで車も無いので、我が家の車で警察署へお迎えに。

犬は間違いなく本犬で、お婆ちゃんの姿を見るなり鼻泣きを始めた。

色々書類を書いて犬を引き取って『楽勝!』と思ったら・・・

その後が大変だった。

車慣れしてないコだったので、イヤイヤが始まり・・・

暴れるとかじゃないんだけど、中型日本犬(たぶん20〜25kgぐらい)の踏ん張りは中々強力で。

しかもウチの車は少々車高が高い。

旦那が一緒で良かったわ・・・。

でも、乗ってしまえば鼻泣き位で大丈夫、しかも鼻泣き止んだ時のお婆ちゃんの褒めが絶妙なタイミングで感心した。

お婆ちゃんはずーっと犬と暮らしてて、先代の犬を知る人によると『代々みんなオットリした良い子(血縁なし)』だったらしい。

今回は脱走しちゃったけど、育て方が上手なんでしょうね。



驚いたのは抜け毛!凄い量!!

私も旦那も、大昔にそれぞれ日本犬と生活した経験はある。

だけど、『いやーこんなに抜けるもんかね!?』という位、服も車も毛だらけに。

暑くなってきたから、換毛がダラダラと続いてるんだろか?

普段、抜け毛の少ない犬と生活してるから尚更気になるのかなー。



この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事