それすらも、おなざりな日々

アニメを観ていて号泣したことがありますか?TVの画面から目が離せなくて椅子から転げ落ちたことがありますか?

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全282ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

皆さま、お久しぶりです。
まだ死んでなかった、それおなブログでございます。

毎クールごとの恒例となっております、
アニメ調査室(仮)さま
より、今回もお声がけいただきました。誠にありがとうございます。
様々な理由により、記事は書けなくなってしまいましたが、
そして、相当数のアニメを未視聴状態で保存したまま放置していることも確かなのですが、
少しずつでも、毎日アニメを観続けていることは確かなのです。

今回のアンケートも、だいぶ間に合っていないものが多いのですが、一応わたしなりの感想を含めてアンケートにお答えしていこうと思います。

結果の発表は、今月(7月)いっぱいをめどに編集作業を締め切る予定、とさせていただきます。
宜しくお願いいたします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

『アニメ調査室(仮)』さまのアンケートの型式をお借りして、19年冬アニメに対する寸評を書いていきます。
いよいよ今回でラストとなります。

61,雨色ココア SideG, C
正編を観ていないけれど、SideGならばモチベーションが維持できるのではないだろうかと思い、観てみた。
元気でメリハリがあり、さわやかな印象のOP←こういうパターンのショートアニメって、なぜか多いよな。
しかし、3分枠の中にCMとOPが入っているので、ストーリーの尺は正味1分ちょっとということになり、せわしないことこの上ない。なんだかわからないうちに終わってしまう。

62,BanG Dream! 2nd Season, F
第1話を観た時に「正編もこんなに動いていたっけ?」と意外に思った。演奏シーンは丁寧な作画だったという記憶があるが、それ以外の日常的な場面での作画まで、今期は結構動いていたからだ。調べたら、やはり第1期まではキャラの動き自体は手描き、第2期から全編フル3DCG、ほぼすべてのキャラを(サブキャラと衣装デザインを除く)演奏以外の場面でもCGで動かしている。
だからと言って、それによって評価が変わるかと言われると、う〜んどうにも……。わたしはストーリーも重視するので、まず話が面白くないと……。
まだ半分も観ていません。今後頑張って見続けたいと思います。

63,B-PROJECT 絶頂*エモーション,x
きれいさっぱり、接点が一つもない。並列多数男子、アイドルもの、立派な体格の男の子、どれをとってもわたしとは無関係なものと見えてしまう。

64,(全8話) パパだって、したい,x
エロアニメ枠で、結局「見えない」パターンと、別の話(エロ度合いがよりソフトなもの)に差し替えてしまうものとありますが、どのみち観れないならTVで観る必要がないな、と思ってしまう。
正統派BLみたいで、わたしはそちらも苦手なものだから、接点はシングルファザーをどう描くかという興味だけですね。でも結局一度も観なかったけど。

65,(全11+1話) マーベル スパイダーマン 第2シーズン,x
そういうアニメがあるということも知りませんでした。

66,(特番) ポプテピピック TVスペシャル, C
正編を観た時のわたしの第一印象は「これはネット動画のテイストだ」ということです。もちろん、発表媒体が何か、と、作品の中身は根本的には無関係ですが、なんとなくそう思ってしまったのです。この「なんとなく」に対して、あとから解析を加えることはできます。TVは受け身一方のコンテンツですが、ネットはある程度双方向性があり、動画を視聴している時にもなにがしかの参加意識を持つことが可能です。
まあでも、それもこれも、作品自体がいまいち肌に合わなかったという以上のものではありません。
TVSPは、総集編的なものと思えばいいのでしょうか?(実はそこもよくわかっていません)
ギャグのアバンギャルドでいうなら『深夜!天才バカボン』(18年夏)の方が面白かったなあ。

67,(特番) ペルソナ5 Stars and Ours,x
ペルソナシリーズは、3辺りで「観ようかな」と思ってたこともあったのだけれど、やはり「正編を観ていないものはスルー」という法則に従ってみなかった。今更観る気にはなれない。

ということで、わたしとしては駆け足で駆け抜けてしまいました、まだ言いたいことは山ほどあるけれど、もうそろそろ春アニメも半ばに近づき、あっという間に夏アニメを調べなければいけない時期になろうとしています。
とりあえず、冬アニメについてはこの辺で……。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

『アニメ調査室(仮)』さまのアンケートの型式をお借りして、19年冬アニメに対する寸評を書いていきます。
寸評という名の通りそっけないものもあれば、どこが寸評じゃ、というほど長くなってしまったものもありますが、やっと終わりが見えてきました。


51,少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん 第3シリーズ,x
52,ピングー in ザ・シティ 第2シーズン,x
両方ともわたしが観るべきアニメではないような気がする。でも、ほんとは面白いのかもしれない。大昔に「アシベ」は観たことがあるような気がするけど、ひょっとすると「ぼのぼの」と勘違いしているかもしれない。

53,3D彼女リアルガール 第2シーズン, S
第1期はとても楽しめた。『上野さんは不器用』(19年冬)のところでも書いたが、ゆうちゃん(芹澤優さん)の声がいい。
声・単体でいうと『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』(18年夏)のシェラ・L・グリーンウッドがいちばん好きなのだが、キャラの魅力込みでいうと本作ヒロインの五十嵐色葉も捨てがたい。ストーリーのラストまで描かれたが、ハッピーエンドでよかったと思う。五十嵐 千夏が絶対悪に描かれなかったことが、作品に深みを与えたと思う。
弟の格差恋愛、親の不倫疑惑など、コメディーとシリアスをいい塩梅で織り交ぜて描きながら、底の底では生死にかかわる重大な事象が進行していく。途中(シーズン切り替わりを除く中間回)では物語の根幹(色葉の病気)に全く触れられなかったことが、画面の外に何か不気味なものが潜んでいる予感を純化し、不安感を増大させた演出は絶妙だった。
脚本は第1シーズンと同様のパターン。赤尾でこさんで始まり、中間は福田裕子さんと変わりばんこで、またおしまいを赤尾姉さんで〆る。でこ姉さんについては今までさんざん書いたので、今回は福田さんについて。
「ミルモでポン!」シリーズを長らく手掛け、私との接点は彼女が脚本を書いた『ノラガミ ARAGOTO』(15年秋)『ふらいんぐうぃっち』(16年春)『うらら迷路帖』(17年冬)などで、近作は『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』(19年冬)となります。
つっつん(筒井 光)は第1話から右肩上がりでどんどんカッコよくなっていったが、最終的に「謎めいた、しかしデキるやつ」になっていて、ほっこり。
綾戸さん(CV:うえしゃま)と伊東(CV:しょーたそ)の微笑ましいカップルがけっこう短期間で破綻していたのがリアルで、でもやけぼっくいに火がつく予感を匂わせて終わったのも良演出。
因みに、狂言回しのえぞみちの名前解析。
このアニメの唯一リアルでない描写が作中アニメ『魔法少女 えぞみち』のヒロインキャラで、手のひらサイズの幼女が空中に浮かんで主人公と絡む。語尾が「べさ」北海道方言である。えぞは蝦夷の意で、北海道の昔の呼び方。道はやはり北海「道」のことだろう。

54,あはれ! 名作くん 第3シリーズ,x
一度も見たことがありません。

55,ねこねこ日本史 第3シリーズ,x
1年くらい前に、わたしの育ての親で大家で社長(ボス)の阿佐ヶ和 功公先生に付き合って、幕末の話を1話だけ観たことがある。すぐ終わってしまった。今期は、接点無し。

56,ピアノの森 第2シリーズ, F
これも、録画失敗なんだよ。気がついたら始まっちゃってたんだ。その後も時間変更とかいろいろあって、観たくても見れない状態になっていた。第1期の再放送を、短期間でまとめてやっていたから、第2期も再放送してくんないかなあ。

57,キラッとプリ☆チャン,x
58,HuGっと! プリキュア,x
両方ともターゲットが特化していて、表がJS、裏は美少女物が好きな魔法少女物マニアのアニメオタク、という理解で、よろしいのでしょうか?私が観なくても、大丈夫なアニメ、です……よね。
実は最初期の「プリキュア」は、昔の同居人が好きで観ていたので、横目で観ていたことがある。

59,臨死!!江古田ちゃん,x
『ピアノの森』と同じく、第1話を録り逃し、途中から予約した。どこかで第1話を観ないことには、観始めることができない。でも、今放送しているのは何なんだ?追いかけ再放送なのだろうか?

60,わしも wasimo 6期,x
一度も観たことがありません。

あと7つになりました。
次回で終わりとなります。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

そうです!
今日はりっちゃんの御命日でした。

わたしが聞きたいりっちゃんの曲は、昔書いた原稿のリンクをたどって探すのが難しい状況になっているようです。まあ、そりゃそうだよな。

今日5月5日は岡崎律子さんの御命日です



海外動画サイトでアニメを観て、TVヴァージョンのOP・EDを聞くという手もあるけれど。


全部消されています。それおな過去データのように。
まあ、今はこんなご時世だから、しかたないよ。

頑張って探しました。

岡崎律子 冬のないカレンダー

岡崎律子 - 愛されて守られて

『Moonshadow』 岡崎律子

Chiisana Inori - Ritsuko Okazaki [ lyric ]

Ritsuko Okazaki - I'm always close to you [with lyrics] (Symphonic Rain)

いつでも微笑みを 岡崎律子 Ritsuko Okazaki

岡崎律子   笑顔にはかなわない

岡崎律子 - 星空にお祈り

Friendship - Sukitte ii na yo : Ritsuko Okazaki [ Lyrics + Vietsub ]

つべは、親切だなあ。
りっちゃんの曲をいくつか聞いていたら、自動再生モードでどんどん彼女の曲を流してくれる。

ニコニコは、例によって音が出ない状況になっていたので、今回は「つべ」ばっかり貼りました。

アニメテーマソング音源を聞きなれてしまうと、ちょっとアレンジが違っていたりするものもありますが、いま改めてCDヴァージョンを聞き直す機会ができて、よかった。



岡崎律子さんの魂が、安らかならんことを、切にお祈りいたします。

合掌

開く コメント(0)

人は、あまりにもショッキングなことがあると、現実を受け入れることができなくて、なかったことにしよう、とする傾向があります。
わたしも、先月(?だと思う、よくわからない)相当ヤバいことになったので、それを「見なかったこと」にしようとして今まで来てしまいました。

PCの中の「それおなファイル」は、画像データが大量に含まれているために、かなりな重さがあり、ノートパソコンのHDDに収まり切れなくなったので、新しいパソコンを買ったときにデータを移行する代わりに、丁度録画用として使っていた外付けHDD(USB端子でつける形式)がバグって中身が全部トンだので、それをPCの外部データ倉庫とし、ちょっと容量の大きい、全く同じシリーズの製品を購入したんだった。それが2年半前(?だと思う、よくわからない)のこと。
つい先月まではそれで何事もなくうまくいってたんだよ。

確かに、今TV、につけている方のHDDも、2T→3Tに容量が増えたからと言って、油断しているとすぐにいっぱいになる。800番組くらい保存されているけれど、それで「観ては消す」を繰り返して、自転車操業になってはいるけれど、それなりにうまいこと廻していた。
問題は、PCにつないだ方の2Tのヤツ。

実は、2Tの方のHDDには、バグって中身が全部トンだ前科が2回ある。これって、個体差による製品不良なんだろうか?そんなにちょくちょく中身がすべてアクセス不能になるものなのだろうか?
まあ、要するにHDDであることに変わりはないから、TVに接続すれば録画機になるし、PCにつなげばデータ保存庫になるんだから、ちょうどいいや、と思って、初期化してPCにつなげて使ってたんだ。

そして、先月、

はい、たしかに。
わかっておりますよ。
わたしが不注意でした。
あらゆるデータはバックアップを取るのが基本です。

というわけで、それおなのこれまでの軌跡は、USBなどに部分的に書き出した破片のようなファイルと、前のPCの中に残っているわずかなバックアップテータ。これしかなくなってしまいました。
これまで投稿してきた原稿も、書きかけの原稿も、並べた画像データも(その素になったダウンロード画像、これから加工する分を含む)全部消えてしまいました。

あは。
あははははははははははははははははははははははははははははh
は。
時々「数字で見るそれおな」みたいな記事を織り込むことがあるんだけど、13年くらいからその日に観たアニメのデータ、それおなブログの実情、ネットで調べたアニメ界全体の歴史などの資料をワードとエクセルで管理するようになって(それまでは、手書きノートのいわゆる「ネタ帳」しかなかった)、そういうPCに入っているデータを基にして書いてきたんだよ。
だから『○○』というアニメの第何話を何年何月にわたしは観た、なんてことも、割とすぐわかるようになっていたんだけど。
『鉄腕アトム』の1961年から2018年秋まで、何年に何のアニメを放送したのか、それをどのタイミングで観たのか、観なかったのか、それも全部記録してあったんだけどなー。
まあ、
しょーがねーか。

今日はりっちゃんの御命日だよ。

かんけーねーか。

はふ。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全282ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事