それすらも、おなざりな日々

アニメを観ていて号泣したことがありますか?TVの画面から目が離せなくて椅子から転げ落ちたことがありますか?

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全283ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

前回から引き続き、19年春アニメに対して一言、コメントを書いています。
では、
どぞ。


11,からくりサーカス,x 
自分で「あれx印(未視聴)だっけ?」って思ったが、やはりただの一度も観ていないのだ。
そのうち、その内、と思っているうちに観始めるきっかけを失ってしまった。でも、もう放送が終わってだいぶ経つ3クール物アニメだというのに、まだ観る気を失っていないのである。
第1話の放送が去年の10月である。それを、まだあきらめていない。ある意味、見上げたもんだと思う。
「サンデー原作っぽいなー」って思って今いたら、やっぱりサンデーだった。それにしても、2006年に終了したコミックスが原作で、よくアニメ化してくれたものだ。
まだ観るつもりですよ、これから36話、観ますよ。

12,異世界かるてっと,C
昔からのそれおな読者様は、わたしのショートアニメ嫌いを知っておられると思いますが、このアニメも「毒にも薬にもならない」としか思えない。じゃあ観なければいいのだが、見所はアニメにぢ期ではなく、CVの声の使い分けだったりする。
前にも書いたが、わたしは『オーバーロード』(Ⅰ・15年夏 Ⅱ・17年12月〜18年春 Ⅲ18年夏)だけは観ていないのでキャラがよくわからないが、それ以外のアニメはかなり入れ込んでみている。
声の使い分けは、書こうと思ったらここ↓で全部わかるから書く気が失せた。
異世界かるてっと4作品の同じ声優キャラまとめ【改訂版】


13,超可動ガールズ1/6,x
『フレームアームズ・ガール』(17年春アニメ)を始めて観た時に、思わず「『武装神姫』(12年秋)かよっ!」と叫んでしまったが、意外とこのジャンルは定着するのかもしれない。いや、既にしているのかもしれない。
いずれにしても、まだ観てません、実は、録っているんだけど……。

14,ワンパンマン 第2期,A
とにかく面白い。ジャンプエッセンス満載だが、筋肉が苦手なわたしでも、ほんとに楽しめた。サイタマが格闘技大会で勝ったのに、反則負けになるくだりは、格闘アニメに対する作品自体からのアンチテーゼか?と、うがった見方をしてしまった。
一期から二期への流れがあまりにもスムーズで、逆に第3期を作るなら、ちょっとは引っ掛かりが欲しいのではないだろうか?と、これも大きなお世話か?

15,なんでここに先生が!?,D
何度でも言ってやるが、TVで観る意味がない。描かれていないものが見えるわけがない、見えないものは語れない。「こらっ!」は、まあ、笑えるけど。などと言いながら、最後まで観てしまった。複数組のカップルが出てきてそれズレどこかでつながっているキャラ設定は面白かったが、よく考えると、この学校の女性教師の多くが男子生徒とカップルになっているのって、現実社会だったら大問題だぞ。

16,ノブナガ先生の幼な妻,C
物語の下敷きとして、初婚&初産の平均年齢が戦国時代と今とでは相当な隔たりがあること。世襲制の将軍においては、正当な継承権である子供を孕ませることが高い優先順位を持っていたこと。があり、現代社会では子供にしか見えない歳の女児が、妊娠に対して貪欲な好奇心を持っているというギャップがこの作品の基盤になっている。
まあ、それはそれでいいが、抑えるべきところは抑えてあるが、目を見張るほどのものは何もない、というのが正直な感想です。

17,ひとりぼっちの○○生活,B
ちょっとポンコツなJKの主人公が、お友達を作りながら日常生活を過ごす、ギャグ基調だがちょっとシリアスあり、涙あり、前向きで健全な4コマ漫画が原作なんだろうな、と思わせるアニメでした。わたしの目から観れば、ということですが。
わたしにとっての注目ポイントは、ただただ「シリーズ構成・脚本」が花田十輝さんだ、という点。
もう今までにさんざんそれおなで書いてきたので、わたしとの接点は割愛しますが、「シュタゲ」や「境界の彼方」のような本格的でドラマチックなSFも手掛けてきたが、「苺ましまろ」「たまこまーけっと」のような女の子が主人公の作品も書いておられる。特に、数人のJKが主人公と言えば「けいおん」「よりもい」「やが君」が印象深く、わたしがずっと関心を持ってきた脚本家だ。
観ている方としても肩の力を抜いて観ていられるし、ひょっとしたら、書いている方も同様だったのかな、なんて思ったりもした。
CVは、いよいよ世代交代が進んできたのだと実感する。
多くの声優が、これまであまり多くの作品に出演してこなかった人たちだが、例外が二人いる。
〇例外 その1
本庄 アルCVのあかりん(鬼頭明里さん)は、わたしが大好きな声優(『徒然チルドレン』の飯島香奈)だが16〜17年くらいからメインキャラが増え、主役もいくつか演ってきている。『グランクレスト戦記』(18年冬春)ではメインヒロインのシルーカ・メレテス。
〇例外 その2
倉井佳子・役の市ノ瀬加那さんも、わたしから見れば新しい声優さんだが、すでに数品の主演作がある。『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(18年冬春)のメインキャスト、イチゴ・役。
「グラ戦」と「ダリフラ」が全く同時期の放送だったことも面白いが、その作品に主演した声優さんが脇役のこの作品の成り立ちも、面白い。

18,ぼくたちは勉強ができない,A
ちょっと甘かったかな?Bかもしれない、ギリギリA。
男子高校生を主人公として、並列3人(または4人)の女子がヒロインとなっているキャラ構成の作品。それぞれ天才的な頭脳を持ちながら、一つだけ苦手な教科が壊滅的な成績という共通点を持った女子生徒と、もう一人プラスして、担任の女性教師がこれに加わる。
※後日追記
OPムービーがキレイ。楽曲とのシンクロも気持ちがいい。キャラデザは漫画なのに、作画がリアル。

19,みだらな青ちゃんは勉強ができない,C
OPが楽しかった。
主人公・青のお父さんは官能小説家(ペンネーム・堀江花咲)で、強烈なキャラの持ち主。シリアス声とギャグ声を使い分けるCVは津田健次郎さん。
みだらなフレーズが飛び交うが、湿度も粘度も低いサラリと乾いたエロで、いやらしさ度合いは低い。
それにしても、同クールで「僕たちは勉強ができない」とタイトルがかぶってしまったのには、何か理由があるのだろうか?

20,ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!,C
過去シリーズのスピンオフ的な立ち位置の作品で、敵である「ネウロイ」と戦っていないときの日常生活を描いたもの。わたしは初期シリーズを観ていないのだが、登場キャラは過去の作品と踏襲し、石田燿子さんがOPを、各キャラが入れ替わりでEDを、それぞれ独唱するというパターンも同じ。
キャラ立ちがうまく描かれていて、ギャグもそれに沿った形だからちゃんとキレる。とはいえ、それが演出力によるものなのか、過去作品の作り上げた個性的なキャラ構成のたまものなのかは定かではない。
旧作ファンを喜ばせるだけの楽屋落ちだけしかないような作品ではないことを願うばかりだが、わたしは前作を観ているので、何とも言えないのだよ。

というわけで、次回に続く。
前回の記事で「書きたいもの3つ(プラスワン)」を挙げましたが、
その1
「19年春アニメについて、一言コメント」を書きたいと思います。
アニメ調査室(仮)さま
のアンケートの回答をタイトルのテンプレートにしています。

01,どろろ,F
18年秋に始まった2クール物の作品が全24話で完結した。
テーマが深く、そして重い。重いのは嫌いじゃないが、気軽には観れない。画面の前で正座はしないが、背筋が伸びる感じはある。
手塚御大の名作のリメイクで、プロデュースがツインエンジンさま。
わたしとの接点は……って、今調べたらTVアニメは全部見てたわ。
アニメ制作会社はMAPPAさま。
この二つの会社がタッグを組むのは『坂道のアポロン』(12年春)以来だ。
観るのに気合が必要なせいで、まだ観終わっていませんが、何とか最後まで観ようと思います。

02,賢者の孫,C
『どろろ』と対照的に、肩ひじ張らずに気軽に観れる。
原作がいかにもステレオタイプだ、という評判をネットで読んだことがあるけれど、ラノベ原作なのは初めからわかってるんだから、別に気にならなかった。敵役の暴挙に団結した仲間が挑み、危うくなるが最後に勝つ。話の骨格は確かにステレオタイプだが、キャラを掘り下げて描いて、好感が持てる。例えば、サイドストーリー的に敵役の非道ぶりに理由付けしていたのは見所だった。並列多人数キャラが、ちゃんとかき分けられている。
特に感動はしないが、観て損をしたとは思わない。

03,消滅都市,F
TVCMなどで大作感があったが、逆にエンターテイメントだったので、ハードルを上げすぎてしまって反省。
原作ゲームは力が入っていたのだろうが、アニメは口当たりがよくて、観やすい。ちょっと拍子抜けしてしまって、まだ観終わってません。

04,川柳少女,B 
ざーさん(花澤香菜さん)のCVがよい(さすが)。相手役毒島 エイジCVのハタ(畠中祐さん)も、声がぴったりではまり役だろう。わたしとの接点で印象深かったのは『うしおととら』(15年夏16年春)の潮。同作には800年前の回想シーンにジエメイ役でざーさんが出演している。

05,RobiHachi,F
なぜか、続かなかった。ほとんど観れてません。第1話しか見てない。このままだと「HDD残量不足時に一気に全部消す」候補に挙がってしまいそう。

06,女子かう生,B
無言。無声映画を彷彿とさせるが、画面にはアンティークさはみじんもなく、リアルなJKを追求した。
3キャラがメイン。富戸 もも子CVはこんちきさん(立花理香さん)。接点は『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』(15年秋)の有栖川麗子。
渋沢 しぶ美CVは嶺内ともみさん。接点は『スロウスタート』(18年冬)の十倉栄依子。
古井 まゆみCVはシカコ(久保ユリカさん)。接点は『大家さんは思春期!』(16年冬)の里中 チエ。

07,さらざんまい,F
放送前に番組のPVがTVCMとして流れていたが、背景があまりにも緻密で美しかったとも、ムービーの演出が思わせぶりで謎めいていたこと。などから期待値が上がりました。始まってしばらくたってから「あれ?ひょっとしたら……」と思って調べたらあの『ユリ熊嵐』(15年冬)のイクニ作品だった。
実は幾原邦彦さんとの接点は「ユリくま」しかなくて、『少女革命ウテナ』(97年春夏秋)も『輪るピングドラム』(11年夏秋)も、名前は知っていたが観たことはなかった。
そうとわかって観始めてみれば、まぎれもなくイクニ作品の作法にのっとった純正培養のようなアニメで、観る前に感じていた謎の感覚は消えたものの、面白さに変わりはなかった。よくできた作品だと思う。
背景美術は、よく考えたらイクニ作品に特徴的な手法で、撮影した写真や動画をそのまま画面に張っているんだよな。

08,この音とまれ!,F 
男子高校生が古典芸能や伝統楽器に取り組む。このアニメでは「琴」を演奏するクラブ活動が舞台となっていた。
17年春には『カブキブ!』(17年春)が放送されたが、おおざっぱに言うと、どちらも学園ものの基本的な作法にのっとった、古典的な青春群像劇だ。「この音 」には、過去に曰く因縁のあるキャラが登場し、体制としての学校や教師との摩擦が描かれる場面があるが、私見によればどうも、最近この傾向の設定が多くなったような気がする。すなわち、過去に起こった悲しい出来事がトラウマとなり現実世界の人々とうまくコミットできないタイプの人間となったキャラが、無理解からくる迫害や思い込みに近い感情論をぶつけられるなど様々な迫害を受け、しかしそれに立ち向かって最後は成功を収める、というパターンだ。

09,ゾイドワイルド,F 
完全に勘違いで、観るつもりは全くなかったんだけど、1回だけ観てしまった。今までに接点も、個人的興味もまるでありません。

10,群青のマグメル,F
どうも肌に合わない。わたしが観るべきアニメではないような気が、なんとなくするのだが、どこが?と聞かれると自分でもよくわからない。過去にもそういう、理由がわからない違和感を覚えることが何度かあった。
まあ、名前や漢字表記を観れば原作が中華系なのはすぐわかるから思い当たる節はある。
でも、アニメを作っているのは日本の会社だから、だいぶチャイニーズ色は薄れているはずなんだけど……。
てなわけで、第3話までで止まっている。

次回に続く。
さて、今わたしはなかなか原稿を書けるような状況ではなく、それおなブログも開店休業状態が続いているわけです。
それでも、日本語の文章を書いて言いたいことを表現する作業自体は、何とか続けていこうとしているところです。
毎クールごとに
アニメ調査室(仮)さま
からお声掛けいただいており、それが定点観測の足場的な役割を果たすとともに、接触不良気味のわたしのやる気スイッチを押してくださる役割を果たしています。

書きたいことは三つ。

その1
前回の投稿で公開したアンケート結果に対して、補足説明として「一言コメント」を添えた記事を書く。

その2
19年夏アニメは、これを観ています。

その3
それおなブログの今後、移行先ブログ新設に関して。
おしまいのヤツですが、実は先ほど新ブログを立ち上げ、入れ物の箱だけは確保したところです。
特に強い理由もなく、その場の思い付き、見た目のインスピレーションで、移転先として
はてなブログさま
を選んでしまいました。
新しいブログのタイトルは
それすらも、おなざりな日々?
です。
ちょ、まてや。そのまんまや内臓疾患。
腸閉塞しとるんか?われ。
そのまんまや内科医。

いえいえ、ちゃんと「はてな」してます。


どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

あと、ほんとはもしも時間があったら書きたいもの「その4」があります。
京都アニメーションさま
の火災事件について、ヤマカンさんの発言は、ちょっと一言言っておかなくては気が収まらないところがある。
名のある有名人が公の場で言っていいことといけないことがあると、わたしは考える。

しかし、時間的に執筆がそこまでたどり着けそうもないのが残念だ。

皆さま、大変ご無沙汰しておりました。
もうほとんど死にかかっている、それおなブログでございます。

毎クールごとの恒例となっております、
アニメ調査室(仮)さま
より、今回もお声がけいただきました。誠にありがとうございます。
様々な理由により、新規投稿がストップしていますが、
そして、相当数のアニメを未視聴状態で保存したまま放置していることも確かなのですが、
少しずつでも、毎日アニメを観続けていることは確かなのです。

と、似たような文章を前回も書いたような気がするのですが、
今日がお約束の締め切り日なので、すごく久しぶりなんだけど、アンケートの結果を発表させていただきたいと思います。

S : とても良い(第3回より追加)

A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い

上記の条件に当てはまらない作品は、
視聴状況を、F,x,zでお答え下さい。

F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

2019/4-6月期終了アニメアンケート (53回調査)


01,どろろ,F
02,賢者の孫,C
03,消滅都市,F
04,川柳少女,B
05,RobiHachi,F

06,女子かう生,B
07,さらざんまい,F
08,この音とまれ!,F
09,ゾイドワイルド,F
10,群青のマグメル,F

11,からくりサーカス,x
12,異世界かるてっと,C
13,超可動ガールズ1/6,x
14,ワンパンマン 第2期,A
15,なんでここに先生が!?,D

16,ノブナガ先生の幼な妻,C
17,ひとりぼっちの○○生活,B
18,ぼくたちは勉強ができない,A
19,みだらな青ちゃんは勉強ができない,C
20,ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!,C

21,ほら、耳がみえてるよ! 畏,看見耳朶拉 (第2期), z
22,アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON,x
23,新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION,x
24,カードファイト!! ヴァンガード (2018年版),x
25,フューチャーカード神バディファイト,x

26,叛逆性ミリオンアーサー (2期),F
27,文豪ストレイドッグス (3期),F
28,八十亀ちゃんかんさつにっき,C
29,世話やきキツネの仙狐さん,A
30,真夜中のオカルト公務員,C

31,八月のシンデレラナイン,C
32,盾の勇者の成り上がり,B
33,BAKUMATSUクライシス,F
34,Fairy gone フェアリーゴーン,F
35,KING OF PRISM Shiny Seven Stars,x

36,なむあみだ仏っ! 蓮台UTENA,F
37,進撃の巨人 Season3 Part.2,F
38,(全12話) メルヘン・メドヘン,x
39,(ネット配信) アニメぷそ煮コミ,D
40,(特番 8話) ちいさなプリンセス ソフィア (3期),x

41,(特番 8話) 洗い屋さん! 俺とアイツが女湯で!?,x
42,(特番 6話) 続・終物語,A

t1,(37話まで) ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風,x


ということで、とりあえず結果だけを載せておきます。
全部で43タイトルですか。
なんだか数が少ないような気がしますが……。
だって、おととしの今頃は60タイトルくらい観てたような……。
「全然観れてないお前が言うなよ」と後ろの方から石が飛んできそうな雰囲気なので、ちょっと黙っとこう。

数年前まではSやAが多かったそれおなですが、最近はちょっと辛めの評価が多くなりましたね。
わたしの記憶に間違いがなければ、たぶんSが一つもつかなかったシーズンは、これが初めてかもしれません。
そして、Fが圧倒的に多いです。

F を付けたものは「見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)」という3要素が混在しているわけですが、私にとってはこの違いは大きな意味を持つものなので、今後明確にしていきたいと思っています。


「面白い!」と思ったものは、今は観れなくても、しつこく見続けます。
「あんまおもろないな」と思ったものは、昔は我慢して3話までは観たものですが、このところ1話切りする作品も出始めています。
そして、「視聴中止」と「観たくても時間がなくて観れてないと」は、正反対のものです。
まだ、あきらめていません。後者はこれから、あと何年たっても観るつもり満々なのです。

全体的に言うと、途中までしか見てないものが多くて、Sが一個もなくて、総数が少ないような気がしている。これって、19年夏アニメは不作だった、ってことだよねえ。少なくとも私にとっては。
(実は2クール以上の放送期間で、まだ終わってないけど1クール観たもの、の中に暫定Sがあるんだけど)

てなわけで、
次回はそれおな独自の評価を個別に書いていこうと思います。



末筆となってしまいましたが、京都アニメーションの火災で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
被害を受けられた方、療養中の方、並びに関係者の方の回復と復帰、心安らかな日の訪れが、どうかどうか一日でも早まることを、心よりお祈りしています。
皆さま、お久しぶりです。
まだ死んでなかった、それおなブログでございます。

毎クールごとの恒例となっております、
アニメ調査室(仮)さま
より、今回もお声がけいただきました。誠にありがとうございます。
様々な理由により、記事は書けなくなってしまいましたが、
そして、相当数のアニメを未視聴状態で保存したまま放置していることも確かなのですが、
少しずつでも、毎日アニメを観続けていることは確かなのです。

今回のアンケートも、だいぶ間に合っていないものが多いのですが、一応わたしなりの感想を含めてアンケートにお答えしていこうと思います。

結果の発表は、今月(7月)いっぱいをめどに編集作業を締め切る予定、とさせていただきます。
宜しくお願いいたします。

全283ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事