それすらも、おなざりな日々

アニメを観ていて号泣したことがありますか?TVの画面から目が離せなくて椅子から転げ落ちたことがありますか?

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

『だがしかし2』(18年冬)はもちろん『だがしかし』一期(16年冬)の続編で、話の流れとしても時間軸は正統的に引き継がれている。つまり、一期の終わりで描かれた世界観が、そのまま第二期の始まりにつながっている。

この先には、アニメ作品の内容にかかわるネタバレが含まれています。


それおなでは以前、第1話の感想を書いています。

2018/1/14(日) 午後 3:04
『だがしかし2』(第二期)を観ています。感想 アンド ご出張シリーズ その4「モトコンポ」

その中で

アニメの制作は第一期がフィール(feel. inc.)さんで、

第二期が手塚プロダクションさんです。
と書いているのですが、やっぱり「手塚プロ」はなかなかすごいなあ、と思ったものでした。

んで。

尺が15分になって食い足りないかと思ったら、ショートアニメが苦手なわたしには珍しく却ってテンポが良くなって、でんでん喰い足りない感じはしませんでしたさ。
別に前期がもたつき感があったわけじゃないけど、一つには演出の力、もう一つは、ギャグとシリアスの塩梅が15分アニメでも問題ないレベルだったことが原因なんじゃないかと思います。

CV的に言うと、新キャラが出てくることを事前に知ってしまったわたしは、サプライズ感が薄れたとはいえ何しろちーちゃん(赤千夏さん)大好きなものですから、そりゃ文句の付けようのないほどドストライクでござんしたよ。ただ、メインヒロインが退出して、スライドしてNEWヒロイン登場としたのは、何か意図されたものだったのか?
ず〜とほたるさんが登場しない状態でストーリーが進んでいくのを、ちょっと寂しく思いながら観ていたんです、わたしは。
新キャラ・ハジメの、語尾が「 っす」の話し言葉は歯切れがよく、声質は地声に近く特に作った声ではない。
イメージとしては『異世界はスマートフォンとともに。』(17年夏)の九重八重に似た声。
今期18年春アニメでは
『SAO GGO』 でメインヒロインのフカ二郎。
『ウマ娘 プリティーダービー』で先生と篠原美優の兼ね役である。


んでんで。
以前はモトコンポをモティーフにして「キノ旅」を並べたのですが、最終話を観ていて、またしても並べたくなってしまったものを見つけてしまいました。

『だがしかし2』第12話
「ただいまとおかえりと…」
2018年4月1日:放送
2018年4月10日:視聴

雪に振り込められた駅の待合室と言えば、わたしとしてはこれを並べないわけにはいかないのだよ。

劇場版アニメ『秒速5センチメートル』(2007年3月公開)
「桜花抄」
遠野貴樹 CV:水橋研二さん 
イメージ 2
枠内画像『だがしかし』
『秒速5センチメートル』
遠野貴樹 篠原明里 
イメージ 3
『だがしかし』
枝垂ほたる 鹿田ココノツ

今や小学生でもスマホを持っている子が多いが、次代を感じる。
それでも、遅刻して連絡が取れない展開は永遠に語り継がれるだろう。いまだに同様のパターンでストーリーが創られ続けている、ただし、「なぜスマホがつながらないのか?」という命題に対する理由付けが、その作品の味わいの一つになっただけのことだ。

『秒速5センチメートル』
篠原明里 CV:近藤好美さん 
イメージ 5
『だがしかし』
枝垂ほたる CV:竹達彩奈

『秒速5センチメートル』
遠野貴樹 CV:水橋研二   篠原明里 
イメージ 6
『だがしかし』
鹿田ココノツ CV:阿部敦さん  枝垂ほたる

んでんでんで。(なんか3連呼するとパロ元がズレますね)

最終話を観ていて、もう一つ別のアニメを思い出しました。
今期18年春に再放送中です。
セレクションなので、第3期もたぶん放送があるのではないでしょうか?

第3期『夏目友人帳 参』(11年夏)
OP「僕にできること」
「Natsume Yuujinchou San Opening」 
イメージ 7
『だがしかし2』第12話
「ただいまとおかえりと…」

って、並べてみたんだけど、こっち↓の方がよかったかしら。

『夏目友人帳 参』OPムービー
斑 CV:井上和彦さん
       夏目 CV:神谷浩史さん 
イメージ 4
『だがしかし2』第12話
オールスター

ヒノエ CV: 岡村明美さん
       夏目貴志
         三篠(の頭)CV:黒田崇矢さん
イメージ 1
 『だがしかし2』第12話
ほたる・ココノツ・ハジメ(の頭)CV:赤千夏さん

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「外枠を作ろう」

外周をぐるっと取り巻いている飾り枠。

幾何学模様で画かれた枠の外周をアルファベットで書かれたアニメタイトルが取り巻いている。

コピーしているうちに画像があれてしまったので、修正しようとしたら、却ってややこしいことになってしまった。
ひょっとしたら、無駄な時間を費やしてしまったのかもしれない。

上:修正前 
イメージ 1
下:修正後

「それすらもおなざりなひび」をアルファベットで書き足してみる。
 
イメージ 2


使えそうな文字を切り取って加工、「ペイント3D」というアプリで角度を変えてはめ込む。
 
イメージ 3


う、う〜ん。どうだろう?

やはり手書きだとガタガタになっている部分がある。
ああ、ちょっとめげる……。
あとは時間の問題だ。地道にコピーを繰り返して全体を取り巻くように配置していくしかない。

イメージ 4

今日はここまで。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事