それすらも、おなざりな日々

アニメを観ていて号泣したことがありますか?TVの画面から目が離せなくて椅子から転げ落ちたことがありますか?

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「角度のズレを是正しよう」

幾何学模様の飾り枠で外周を取り巻く。
ブログタイトルをアルファベットで書き、枠の外側に配置する。

前回は「後はコピーを繰り返すだけ」と書きましたが、ここで問題発生です。
枠はなるべく真円にしたいのですが、外側のアルファベットをコピーしようとすると、どうしてもズレが生じてしまいます。なぜかというと、コピーすべき部分は真上から真横までの45°(もうここで間違えている。90°だろう)などといったキリのいい数字とは限らず、大体の場合は例えば「2時の方向から4時半の方向まで」などという半端な角度となっています。これを前述の「ペイント3D」というアプリで回転させてコピー、 コピー元の終わりの部分とコピー品の始まりの部分をつなぎ合わせる、という作業となるのですが。
……うまくつながらない。
角度をきちんと合わせることができない。
イメージ 1

コピー元の終わりの部分が何時何分のところで途切れているのか、正確に測らないと、コピー品をどこまで回転させればいいかわからないから、つなぎ目がどうしてもガタついてしまう。
ガタつきだけを合わせれば飾り枠は真円に近づくが、今度は文字の並びがズレてしまう。
「SOR ASURAMOON AZARI NAHIB I SOR ESU RA……」みたいな。

やっぱり、キリのいいところで始まって、解りやすい角度で終わっている文字列をコピーする必要がある。
それならつなぎ目がうまくつながるはずだ。


ってことは、せっかく作ったコピー元も全部作り直さなきゃいけないのか?
……めげる。
いや、コピー元を切りのいいところまで回転させよう。
てなわけで、縦横十文字に補助線を入れてみた。
 
イメージ 2



あんまりめげてばかりだとモチベーションが下がっちゃうので、ちょっと目先を変えて、仮にロゴを組み込んでみた。あくまで(仮)ですよ。
イメージ 3

もっと文字を大きくしなくちゃ、なので、初めに自作の円を描き、そこに文字を入れてから外枠の位置決めをすればよかったんじゃね? 
イメージ 4


だんだん、わけがわからくなってきている……。

もはやこれまで。
今日はここまで。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事