それすらも、おなざりな日々

アニメを観ていて号泣したことがありますか?TVの画面から目が離せなくて椅子から転げ落ちたことがありますか?

17年冬アニメ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

「角度のズレを是正しよう」

幾何学模様の飾り枠で外周を取り巻く。
ブログタイトルをアルファベットで書き、枠の外側に配置する。

前回は「後はコピーを繰り返すだけ」と書きましたが、ここで問題発生です。
枠はなるべく真円にしたいのですが、外側のアルファベットをコピーしようとすると、どうしてもズレが生じてしまいます。なぜかというと、コピーすべき部分は真上から真横までの45°(もうここで間違えている。90°だろう)などといったキリのいい数字とは限らず、大体の場合は例えば「2時の方向から4時半の方向まで」などという半端な角度となっています。これを前述の「ペイント3D」というアプリで回転させてコピー、 コピー元の終わりの部分とコピー品の始まりの部分をつなぎ合わせる、という作業となるのですが。
……うまくつながらない。
角度をきちんと合わせることができない。
イメージ 1

コピー元の終わりの部分が何時何分のところで途切れているのか、正確に測らないと、コピー品をどこまで回転させればいいかわからないから、つなぎ目がどうしてもガタついてしまう。
ガタつきだけを合わせれば飾り枠は真円に近づくが、今度は文字の並びがズレてしまう。
「SOR ASURAMOON AZARI NAHIB I SOR ESU RA……」みたいな。

やっぱり、キリのいいところで始まって、解りやすい角度で終わっている文字列をコピーする必要がある。
それならつなぎ目がうまくつながるはずだ。


ってことは、せっかく作ったコピー元も全部作り直さなきゃいけないのか?
……めげる。
いや、コピー元を切りのいいところまで回転させよう。
てなわけで、縦横十文字に補助線を入れてみた。
 
イメージ 2



あんまりめげてばかりだとモチベーションが下がっちゃうので、ちょっと目先を変えて、仮にロゴを組み込んでみた。あくまで(仮)ですよ。
イメージ 3

もっと文字を大きくしなくちゃ、なので、初めに自作の円を描き、そこに文字を入れてから外枠の位置決めをすればよかったんじゃね? 
イメージ 4


だんだん、わけがわからくなってきている……。

もはやこれまで。
今日はここまで。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「外枠を作ろう」

外周をぐるっと取り巻いている飾り枠。

幾何学模様で画かれた枠の外周をアルファベットで書かれたアニメタイトルが取り巻いている。

コピーしているうちに画像があれてしまったので、修正しようとしたら、却ってややこしいことになってしまった。
ひょっとしたら、無駄な時間を費やしてしまったのかもしれない。

上:修正前 
イメージ 1
下:修正後

「それすらもおなざりなひび」をアルファベットで書き足してみる。
 
イメージ 2


使えそうな文字を切り取って加工、「ペイント3D」というアプリで角度を変えてはめ込む。
 
イメージ 3


う、う〜ん。どうだろう?

やはり手書きだとガタガタになっている部分がある。
ああ、ちょっとめげる……。
あとは時間の問題だ。地道にコピーを繰り返して全体を取り巻くように配置していくしかない。

イメージ 4

今日はここまで。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日の作業はお休みです。
その代わり、このすば風じゃないタイトルロゴについて、ちょっと試してみました。

NEW GAME風それおな
 
イメージ 1

はがない風それおな
イメージ 2


のんのん風それおな 
イメージ 3

ごちうさ風それおな
 
イメージ 4


けいおん!風それおな 
イメージ 5


みな……なんとか風それおな 
イメージ 6


けもフレ風それおな
イメージ 7


けもふれ画像に組み込むと、こんな具合↓
イメージ 8

今日はここまで。


ああ、こんなことしてる場合じゃなかった。
もう……ほんとにそろそろ、春アニメを始めなきゃ……。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「フォントを探そう」

いろいろさがして、たぶんこれが近いんじゃないかと思えるものを探し出してきました。
「AR Pゴシック体P」というもので、ワードに入っています。

注)元の原稿では実際にこのフォントで文字表記していましたが、
投稿すると飛んでしまうようなのです。


「着色しよう」

きれいな4色がカラフルで、楽しい気分を盛り上げているのがこのロゴの特徴の一つだと思います。
同じ色を探す手法としては、いろいろなやり方があると思いますが、やはりワードの機能で
「段落」→「塗りつぶし」(左下)→「その他の色」(最下段)→「色の設定」で
似たような色を生成してみました。

「ペイント」でオリジナルのロゴを表示させておいて、小さなウィンドゥで隣に表示させておくと、色目を比較するのに便利です。

イメージ 1



ところが、ここで問題発生!

どうも標準の色の中に似かよった色が無く、ちょっとがっかり。
……しょーがない、作るしかないか。
「ペイント」には色を抽出する機能があったはずだ。

「ペイント」でオリジナルを表示させたら「ツール」→「色の選択」(スポイトのアイコン)→色の上をポイントしてクリックすると「色1」に色がコピーされる。この状態で「色」の中の「色の編集」を選択すると↓のような小窓が表示されるので、各成分をメモしておく。
 
イメージ 2

「このすば」の「こ」の字の色は
「色合い」220
「鮮やかさ」240
「明るさ」108
「赤」230
「緑」0
「青」115
だということが分かった

さて、フォントと色の種類がわかったので、作成した色を使って「ペイント」の「ツール」右上の「テキスト」を選び、文字を入力する。大きさを整えて出来上がり。


同様の作業をあと3回繰り返せば、「の」「す」「ば」も作れる。
あとはもう、同じ作業でアルファベットも作って、位置を決めて合成する。
その結果できたのが ↓これ。
イメージ 3

今日は、ここまで。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「それおなブログ」のロゴが欲しいな、なんて思いついてしまったのだ。
大それた野望だ。

「このすば」がすきなのね、わたし。
語呂も何となく「それおな」と共通する響きだし。

『この素晴らしい世界に祝福を!』 → 「このすば」
「それすらも、おなざりな日々」 → 「それおな」

そういうのを自動で作ってくれるアプリもあるみたいなんだけど。
んで、
ネットでジェネレーターを探したんだけど、見つからないので。
……仕方ない、自分で作ろう。


イメージ 1

書き文字は、同じようなフォントを探してみよう。

周囲の飾り窓をコピーした。


今日は、ここまで。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事