新たな時代の幕開け

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ある掲示板に私が投稿した内容の転載です。


まだ地球上には霊的な支配者(アルコン)が残っている状態で、
それらが一掃される事が『イベント』の発生条件だそうです。

・何らかの天体現象が最初のトリガーとなる。
詳細は伏せますが、これによってアルコンが一掃されるトリガーが引かれ、
物理的な『イベント』の発生に至る下準備が整います。

・直後、インターネットはダウンする。
真偽は別として、闇勢力の情報網を遮断する手段としては妥当と考えます。
逮捕が始まった事がバレると末端が悪足掻きで市民に危害を加える危険性があり、
情報網を遮断し、各国の軍隊が同時に行動を開始しなければならない為。
最近は日露・米露・米中等、今までなかった組み合わせの合同演習が増えてますし、
その事を見越しての演習と推測しています。

・ライフラインについて
これについては他所に書かれている程心配する必要は無いと私は考えています。
備蓄を促す声もありますが、その情報を知らない人はどうなるのって話になりますし、
備蓄が無かったら死者が出るようなレベルじゃあ『イベント』なんぞ起こせません。
何かは分かりませんが、必ず救済策があるのでご心配なく。

・繁栄資金(NESARA)の配布
偽情報が多いので憶測ですが、貧困層の救済が最優先になるでしょう。
次にフリエネや新医療技術、新交通機関等の構築に割り当てられます。
あとは善意の活動を行う団体などに。
新しい通貨は金塊を始めとする貴金属の裏打ちされています。
皇室名義の大量の金塊がありますので、日本が繁栄資金のトリガーになるでしょう。

・ファーストコンタクト
上記の混乱がやや落ち着いてからになります。
地球外生命が公式に着陸し、宇宙船内部や新技術をお披露目。
外見が人類に非常に似ているプレアデス星人が初手になる予定。
異なった外見の種族との交流は一般の抵抗がまだまだ強いので時期尚早です。

以降は旧時代の負の遺産の後片付けが主になります。
アスファルトや高層ビル等は段階的に解体されて行きます。
これが一定まで進んだ頃から、私は本格的な行動を開始する予定です。
知り合いの方から話を聞いているので、
情報をシェアさせて頂きます。
この技術がどれだけ凄いかと言いますと、
文字通り社会の在り方を根本から変えてしまうような物です。
下記がその技術の一部です。

・フリーエネルギー
最初は最大の目玉、フリーエネルギー(永久機関)から。
個人でも自家発電規模のなら製作が可能で、
既に作った人もいらっしゃるそうです。
公になれば当然電力利権は粉微塵になります。

・新空輸システム
一言で言うと、空飛ぶ車です。
重力場・磁場を制御して飛行するらしく、
UFOが飛ぶ原理に非常に似ています。
ニューヨーク〜テヘラン(イラン)間の所要最大時間はなんと10分(!)だそうです。
東京から福岡ならカップ麺が出来る間もなく到着しそうです。
車やトラック、公共交通機関はおろかリニアですら時代遅れになってしまいます。

・放射能除染技術
被災地(特に福島)の皆さんに朗報。
新空輸システムの項でも言った重力場・磁場を制御する事によって、
放射能汚染を完全に除去出来るそうです。
当然、瓦礫処理等の利権は完全に吹っ飛びます。

当然、こんな物が公になればありとあらゆる利権は吹き飛びますので、
それが知られない様に情報を隠蔽しているのです。
ロズウェル事件やアポロ月面着陸の偽映像等も、
UFOが飛ぶ原理や技術が公になるのを恐れて隠蔽したのでしょう。

無論、仮にこれが公になれば今の社会は時代遅れになり、
古いシステムに引き返す事は出来なくなります。
私個人の予想としては、実現した後の社会はこうなりそうです。

・貨幣制度の消失
全ての利権の大元である金融方面が崩れる事により、
貨幣制度は移行期間を経て完全に消滅する。
(移行の為の緩衝剤として、
巷で言われるNESARAやレインボー通貨を挟むと思われる)

・地方への人口分散
行きたい所に直ぐに行けるので、都市に住む必要性が無くなる。
(未来の東京は田舎になってるってネタもどっかでありましたね)

・医療、教育、その他の分野の利権消失
大元の利権が消失した事により、
その他の分野の利権も芋ずる式に消失する。
医療では製薬会社等の利権が消失し、
飛躍的な医療技術が公になる。
従い、人類の平均寿命も飛躍的に伸びる。
現代の教育委員会やPTAと言った集団も未来には存在しない。

・地域主体の自給自足型社会
食料を初めとした生活必需品は地域で自給自足される。
過剰生産が無いので残飯等の問題が無く、環境にもクリーン。
当然、利益を独占する企業(と言うか企業と言う概念そのもの)は存在しない。

・UFO、地球外知的生命体の情報開示
飛躍的な技術の公開と同時に、
それらの技術の大元である地球外知的生命体の情報も開示される。
この一連のイベントは「ディスクロージャー」と呼ばれる。
これらのイベントを経て、地球は開国し銀河文明の一員となる。

・次世代型教育
自他を尊重する・自分で考える、感じる・個性を最大限に活かす事を柱とした次世代教育。
もはや宿題や試験はおろか教室に子供を詰め込める多人数教育そのものが時代遅れ。

・人体の変容
これは現在進行形ですが、
宇宙からのエネルギーが流入する事によって人体の変容が促進されます。
人間のDNAは二重螺旋構造ですが、本来は12螺旋だそうです。
(現実に三重螺旋構造のDNAを持った子供が見つかる等、
科学も徐々にですが追いついて来ています)
エネルギーに敏感な人は大規模な太陽フレアの後に体調不良を起こす事もあります。
その時はゆっくり休んでください。

…とこんな感じです。
今年は五黄土星で変化の年と言われますし、
13と言う数字は占星術的にもイレギュラー的な存在です。
7月末には六芒星の極めて珍しい天体配置も起きますし、
いつ起きてもおかしくないです。

(私はこの配置の直前に火星回帰を迎えます。
さらに太陽に海王星が合しているので六芒星に見事に巻き込まれます)

思い返すと、小学生の頃から理想社会への欲求が強かったです。
ずっと長い間これを追い続けて、
起きるって言われて肩すかしを面に喰らったり(ブログの黒歴史はこれの事)。
今年こそ、実現しますよ〜に!(ぽんぽん)


開く コメント(0)

新しい時代を創る使命

ア(ryから移植(13-01-28)

とあるブログにて、インディゴチルドレン・クリスタルチルドレンに関する記事を読んでおりました。
詳しい説明は省きますが、
新しい時代や枠組みを創る為に産まれてきたとされます。
その特性故に幼少期から自分と周りは何かが違うと言う事に気づいており、
疎外感を非常に感じやすいです。

自分から言うのも難ですが、
私もこの節の存在である事を確信しています。
(細かく言うと、インディゴ・クリスタルの複合。
占星術による解釈だと外側がクリスタル、内側がインディゴみたいな感じ)
同族だと基本的に相性はいいので、
この記事を見てる人にも同類が多いかもしれません。

私のパターンの強みは外側がクリスタルなのでそちらに同調出来るが、
内側はインディゴなので強い意志の力があり、簡単に懐柔されない。
繊細さと強かさが同居したイメージ。
この事に気づいた直後から、停滞していた状況が
一気に好転し始めたので既に当たりを付けています。

まあ、結論としては人との繋がりが一番大切です。
毛利元就の三本の矢みたく、絆が強ければ簡単には折れないのです。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事