愛国の花−花ちゃんブログ

アイムソーリー、野田どじょうソーリー。榴弾砲より花を。高射砲より夢を。平和とお酒を愛します。ニンニン。

全体表示

[ リスト ]

ナチス・ドイツがポーランド侵攻を始めた1939年9月1日にさきだって、ソ連とドイツは独ソ不可侵条約を結んでいました。すなわち、ソ連外相モロトフとドイツ外相リッベントロップの独ソ不可侵条約調印の一週間後の1939年9月1日にドイツ軍はポーランド侵攻を開始し、約1ヶ月でポーランド全土はドイツと東側の一部はソ連によって制圧されたのでした。

ドイツ軍のポーランド侵攻は、宣戦布告なしに開始されました。
その侵攻が始まったのは、ヴェステルプラッテというグダニスクのマルトゥファ・ヴィスワ川の河口にある岬で、そこにはポーランド軍の基地がありました。ドイツ軍は、そのヴェステルプラッテ要塞に攻撃を仕掛けたのです。

<グダニスク>
イメージ 1

具体的には、1939年9月1日現地時間の4時45分に、ヴェステルプラッテ附近に停泊中のドイツ軍の超ど級戦艦シュレスヴィッヒ・ホルシュタインが、何の警告もなしに、280mmと150mm砲でグダニスクのヴェステルプラッテ要塞のポーランド軍守備隊を砲撃し始めました。それ以降、ドイツ軍は海軍歩兵部隊の攻撃、野砲の砲撃、あるいはJu87スツーカによる急降下爆撃をヴェステルプラッテ要塞に加えました。2500人ほどのドイツ軍兵士に対して、ポーランドの守備隊は205人。ポーランドの守備隊は寡兵よく守りましたが、とうとう9月7日には要塞は陥落し、要塞の司令官スハルスキ少佐以下の将兵は降伏しました。

<モニュメント>
イメージ 2

このドイツ軍によるポーランド侵攻が、第2次世界大戦の大きな戦火の始まりでした。よく日本軍による真珠湾攻撃と思っている人がいますが、それは間違いで、真珠湾攻撃は第2次世界大戦のなかで戦われた太平洋戦争の一つのきっかけです(ほかにほぼ同時に行われた陸軍の「仏印」と呼ばれたマレー侵攻があります)。

ポーランドの同盟国であったイギリスとフランスは、相互援護条約を元に9月3日にドイツに宣戦布告しましたが、結局のところ、ヴェステルプラッテのポーランド軍の守備隊が戦っている間、なにもしませんでした。

ヴェステルプラッテの戦闘でのドイツ軍の損害は数百人、ポーランド軍の損害は、14人死亡、53人が負傷だったようです。また、その戦闘で捕虜になった、ポーランド軍無線通信士、カジミェシュ・ラシンスキ軍曹さんは、暗号システムをドイツ軍に教えることを拒んだため、ドイツ軍により処刑されました。

ヴェステルプラッテの戦闘のモニュメントが、戦後建てられました。そのモニュメントに通じる通りは、当時の要塞の司令官スハルスキ少佐にちなんで、「スハルスキ通り」と呼ばれているそうです。

戦闘のあったトーチカは今でも残っており、また廃屋の1つが記念館とされ、シュレスヴィヒ・ホルシュタインから砲撃された、2つの砲弾が入口の前に飾られています。その廃屋には銃弾のあとが、多数残り、戦闘の激しさを物語っています。

<記念館の前に砲弾二つ>
イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事