愛国の花−花ちゃんブログ

アイムソーリー、野田どじょうソーリー。榴弾砲より花を。高射砲より夢を。平和とお酒を愛します。ニンニン。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「エルベ河」という歌は、第二次世界大戦でソ連軍がドイツからの攻撃をはね返し、反攻に転じた頃、ソ連軍とアメリカ軍がエルベ河のほとりで出会い、両軍の兵士たちが「青年は二度と戦争で相まみえない」という「エルベ河の誓い」を行ったことを題材にして作られた「エルベ河の邂逅」(1949年)の主題歌です。これは歌声運動で日本にも紹介され、多くのひとに歌われました。あたしも、学生のときに、この歌をある歌声の店で聞きました。

ファシズムを倒したソ連。そのソ連が日本に与えた影響は、それなりに大きかったと思います。

それは世界最初の社会主義国としてというのもありますし、ナチスドイツを滅ぼしたという反ファシズムの面もあります。冷戦時代には、アメリカに対抗する一方の陣営の盟主でした。しかし、一方いろいろマイナス面もありました。戦後ではソ連から日本への様々な政治的な干渉があり、社会党へ資金を提供するとか、1960年代の初めには部分核停止条約の締結を押しつけるために色々策動するとか、マイナス面も大きかったのです。ソ連は、国際的には日本への工作のほかに、アフガンへ軍隊を送って政権を倒したり、覇権主義的な行動をとり、世界の大きな不信を招きました。国内でも、ゴルバチョフさんの時代に政権への信頼をうしなうとともに、ウクライナ、ベラルーシなどの共和国が独立の動きを活発化し、それにエリツィンさんのロシアが加わって、連邦を維持できず、1991年についにソ連崩壊となりました。これは、「自滅」といってもいいでしょう。

アンドロポフさん、チャルネンコさんの時代は、短かったですが、一番良い時代かなと思います。もしも、ゴルビーではなく、そうした人たちが長生きして政権を担当し続けたら、まだソ連は続いていたかとも思いますが、歴史に「もしも」はないのです。やっぱり、ソ連は崩壊すべく、崩壊しました。

でも、エルミタージュ美術館の絵とか、バレーとか、音楽など、いろんな文化的なことが、日本に入ってきたのは、ソ連の時代です。かわいいマトリョーシカ人形、くまのぬいぐるみなど、子供にも親しみのあるものも多かったのです。

あたしの家には、昔の「今日のソ連邦」というおおきな雑誌が残っています。お父さんがまだ若いころに、どこかでもらってきたものです。それは、ソ連の女の子が日本の折鶴を手にして微笑んでる写真が表紙になってるもの。良い写真で、ほんとによく撮れています。今も、かつてのソ連の文化を担っていた人たちは、ロシアなどにいるかもしれませんが、昔のような国家が保護し、援助してくれるような状態にはないのでしょう。昔は、悪いことも多かったのですが、社会主義の理想を掲げていたことは事実で、今はそれがないわけですから、失望している人も多いでしょう。

YouTubeで「エルベ河」の歌を捜したら、歌声喫茶か、その延長のような映像ばかりでした。この歌はスターリン時代の名残だとか、いろんな批判があるようですが、あたしの好きな歌の一つです。



YouTubeの映像で、前で歌っているちょっとふくよかな女性がうつっていますが、もちろんあたしではありません。たぶん、歌声関係の歌手の人だと思います。

他にも、YouTubeで「エルベ河」を取りあげたものはありましたが、映像が上下にゆれていたり、おじさんの頭がうつっていたり、なんか普通の飲み会の映像に近いものがおおかったので、おとなしい映像ですが、掲示したものにしました。それにしても、高齢者が多いです。別に高齢者を集めたパーティではなく、歌声の行事をやったらそうなったんでしょう。今は若者は、殆どお酒も飲まないし、みんなで歌も歌わないのです。

♪なつかし、ソビエトの地〜

今となっては、すごい歌詞かもしれません。

この記事に

閉じる コメント(6)

赤野です。1984年の5月の連休にソ連観光旅行をしました。まだソ連のころでたしか書記長はチェルネンコのときでした。
その主催旅行社の縁で、しばらく日ソ協会に入ってました。また、その旅行社の紹介で経堂にある日ソ学院(いまは東京ロシア語学院)に毎週日曜、ロシア語を習いにいきました。
このように一時、とてもロシア、ソ連に興味をもったのですが、いまは縁遠くなってしまいました。
また、かわったロシアを見てみたい気がします。

2009/10/31(土) 午後 0:59 [ 岡原耕 ] 返信する

赤野多人さん、コメントありがとうざいます。

あたしも昔のソ連が見てみたかったです。ソ連=ゴルビー&ペレストロイカというイメージが強いもので。昔と今はだいぶ変ったんでしょうね。

日ソ学院は日ソ協会がはじめた語学の学校でしたか。たしか、日ソ協会は鳩山総理のおじいさん鳩山一郎さんが初代会長ですね。

2009/11/1(日) 午前 6:27 愛国の花☆花子 返信する

顔アイコン

こんにちは、メルボルン在住の猫猫教信者です。

日曜日にオーストラリア国営放送が、ルーマニアのチャウシェスクについての番組をやっていました。チャウシェスクは確かに私腹を肥やし、国民を苦しめた独裁者でした。しかし、彼が埋葬されるときに声を上げて泣いた男の人があったし、今でも墓に詣で、花をささげる人たちがいます。社会主義になったことによって、飢え死にの恐怖から解放され、日々の食べ物を得られるようになった人たちです。彼らは今でもチャウシェスクに、そして社会主義に感謝しているのです。

また、だいぶ前ですが、現代キューバに取材した番組も見ました。その中に出てきた、黒人の父親と白人の母親を持つ大学生の女の子は言っていました。「革命がなかったら、黒人の父が大学で勉強することはできなかったし、白人と黒人とが結婚することもできなかった。革命に深く感謝している。」

社会主義諸国には確かに多くの負の側面もあり、経済政策も破綻しましたが、プラス評価に値するものもあったことを認め、マイナスを克服してプラスを取り入れた新しい社会を作っていけたらすばらしいと思います。

2009/11/3(火) 午前 7:27 猫猫教信者 返信する

顔アイコン

はじめまして、初投稿します。私は3年前にエルベ河の、あの場所に行ってきました。河幅はやはり思ったより相当長かったですが、当時ベルリンを目指すため寝る間も惜しんで架橋作業したアメリカ工兵隊員の苦労を思いながら、ゆっくり歩きました。 削除

2009/11/3(火) 午後 7:48 [ 前進観測員 ] 返信する

猫猫教信者さん、コメントありがとうございます。

チャウシェスクさんは極端な例でしょうが、ソ連ではスターリン時代に、その負の部分を隠して来たのが、フルシチョフさんによって暴かれた反動で、プラスの部分まで否定されたところがあると思います。

おっしゃるように、社会主義の今までのマイナス面をなくし、プラス面を取りいれた社会ができれば良いですね。

2009/11/3(火) 午後 11:07 愛国の花☆花子 返信する

前進観測員さん、コメントありがとうございます。

エルベ河の鉄橋は、鉄道ファンにとっては、たまらない場所のようですね。海外のそうした歴史的な場所をゆっくりめぐったなんて、素晴らしいです。

2009/11/3(火) 午後 11:12 愛国の花☆花子 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事