NPO法人 地域の芽生え21

地域の活性、子供たちのために頑張っています! また311より被災地支援に全力投球!

全体表示

[ リスト ]

続きです

引続き1月14日のボランティア作業を報告します。
 
 
イメージ 1
                小菅リーダーが作業前に注意事項を説明しています。
                石の記念碑が倒れるぐらいの津波の勢いが理解できますね!
 
イメージ 2
                       説明後の作業開始直後です。
 
イメージ 13
           見た目にはわかりませんが凍てついてスコップでは歯が立ちません
 
イメージ 18
          太陽の熱で地面が柔らかくなってきましたがツルハシの役割が重要でした。
 
イメージ 19
                  掘れば掘るほど出るのはガラスの破片です
 
イメージ 20
            10ヶ月放置された場所ですから並大抵では再生不可能ですよ
 
イメージ 21
                  ミニ側溝ですがヘドロが満タンに詰まっています。
                  鍬の幅が丁度よくこんな使い方も
 
イメージ 22
                    いつも紹介できないリピーターさんです。
                    やっと紹介できました \(^o^)/
 
イメージ 23
                     スコップで側溝を修理してくれています。
                     蓋をしてしまえば分からないのですが
                     見えないところまで手を抜きません
 
イメージ 24
                      美しい仕事の側溝掃除です。
                      いい仕事してますね〜
 
イメージ 3
                   黄金浜会館から荷物を運んでいます。
                   こちらも二階まで運搬の列ができました!
                   人が入れ違いに並んでいるのを確認してください。
                   重要なポイントですので覚えましょうね
 
イメージ 4
            水道が出ていなかったので水もピストンで運びながらの作業でした。
 
イメージ 5
                  こんな地味な作業が駐車場でのパンクを防止します。
 
イメージ 6
                   細かい作業ですよね!
                   後ろの保原商店さんはタラの切り身を加工しています。
                   社員のみなさんは忙しく働いていました。
                   復旧している姿を嬉しく思いながらシャッターを切っています
 
イメージ 7
                         my熊手持参してくれての作業です。
                         ありがとうございました!!!
 
イメージ 8
                     そして仕上げの均す工程に変わりました。
 
イメージ 9
          こちらは公民館裏です。 誰も手を付けない場所を懸命に整備してくれました。
 
イメージ 10
                     汲み取り式のトイレの場所もなんのその!
                     女神様が降りてくると思いますよ
 
イメージ 11
                           日陰で寒かったですよね。
 
イメージ 12
                     教えなかったのでスミマセンでした。
                     土嚢袋満タンに詰めたので重かった
 
イメージ 14
                             大和撫子強し
 
イメージ 15
                       エッ!  余裕ですか?
 
イメージ 16
                        うん〜!  納得ですな
 
イメージ 17
                    今回の40名の皆さんです。
                    本当にお疲れ様でした! m(__)m
                    昨日館内を白ペンキを塗ったそうです。
 
                  この中に宮城県から直接参加してくれた方がいます。
                  時間がある時にボランティアに参加しているそうです!
                  これが本当の姿ではないでしょうか
                  ボランティア減少に伴い故郷再生は県内の方々が
                  力を合わせてこそ成りうると確信しました
 
                  ボランティアは何処まで行っても所詮はボランティアですが
                  宮城県民の方は何処まで行っても宮城県民ですもんね!
 
                  ボランティアには派手さは必要ありません。
                  必要なのは接着剤のような地味な存在ではないでしょうか!
 
                  
 
                  番外編に続く
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事