NPO法人 地域の芽生え21

地域の活性、子供たちのために頑張っています! また311より被災地支援に全力投球!

全体表示

[ リスト ]

ボランティア報告その

           では仮設住宅支援をご覧下さい。
           この写真提供は一人のリーダーさんと天野さんのものが多く含まれています!
           6ヶ所を走り回っていたため写真が無くて困ってましたので助かりましたm(__)m
 
 
イメージ 1
                         突然エッ! みたいものですよね。  
                         6ヶ所に分かれるミーティングでした!
 
イメージ 2
               このミーティングがないと先に進みませんので大切な時間帯です。
 
イメージ 12
           テーブルの上には「おちゃっこ」のため持参したパン・飲み物・せんべいなどです。
 
イメージ 16
          真剣な眼差しで話に聞き入ってます。 それだけ仮設住宅支援は難しいですね!
          しかし真心で接すれば楽しく会話が弾むからそれでいいのです
 
イメージ 17
           ここの仮設住宅を拠点としましたので残りの5ヵ所にピストで移動しました
 
イメージ 18
                     さぁ「おちゃっこ」の開催で〜す。
                     お婆ちゃんの笑顔が素晴らしいですね
 
イメージ 19
        おじいちゃんも沢山参加してくれて、時には笑い・時には真剣に会話が進みました。
        慣れてきてくれると災害の話になり、東京でもし大地震が起きたら今度は俺たちが
        助けに行くからな!と頼もしい言葉もいただきましたよ。  〜絆〜   
 
イメージ 20
                     藤田代表を囲みボランティアさんとパチリ
 
イメージ 21
                 室内だけでなく外でも子供に接してくれました
 
イメージ 3
            冬ですからこんな機会が少なくなりましたが今日はスマイルスマイル
 
イメージ 4
                          私だって負けないもん!  
                          お姉ちゃん待って〜
 
イメージ 5
            ボランティアさんも参加してますが、かなり息が上がってました。
            でも心和みませんか! もちろんすごい笑い声が聞こえました
 
イメージ 6
             「久しぶりに自転車乗って良かったね」とお婆ちゃんに言われてました。
             久しぶり? と思うかもしれませんがそこに現実が見え隠れしました。
 
イメージ 7
                      こちらは別の場所の一コマです。
                      なにしてるの???
 
イメージ 8
                  何となくまかりましたよね。 つみれ汁の支度ですよ
 
イメージ 9
                      このつみれの原料のさんまのすり身など
                      食材は仮設住宅の方々が持ち寄ったものです。
                      仮設住宅の見本と言ってもいい場所です!
 
イメージ 10
                          じゃーん!  完成です
                          いい匂いでした。もちろん味も
 
イメージ 11
       こちらの仮設住宅では先月24日から一日も欠かさず「おっちゃっこ」を開いてるらしいです。
       すごいですよね。 しかしその裏にはリーダーさんの強い気持があるのです!
 
イメージ 13
      ボランティアも終わりアイトピア商店街へ行きましたが沖縄の民族踊りが練り歩いてました。
      商店街を盛り上げるこのような企画は素晴らしいと思います m(__)m
 
イメージ 14
               石巻の一筋の光です。  東北に勇気を与えて下さい!
               全国の皆さんも応援よろしくお願いします
 
イメージ 15
          民間の底力です。  壊滅的な被害に遭った日本製紙の工場です
          工場の再開は地元の雇用の促進につながります。
          したがってこのような何気ないスナップですが力が入ってしまいます!
 
 
 
    今回紹介できなかった他の仮設住宅は必ずしも盛況な「おちゃっこ」が出来たわけではありません。
    そこには数々の問題が見え隠れしています。この問題を解決するためには地元の力が必要です。
    願いが叶うなら復興庁を被災地に設置し地元目線の支援体制の構築が急務で、予算も地元の方々
    が使いやすいようにしてもらいたいものです!(被災地の方々の意見の集約)
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事